いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。 
NGT48劇場支配人の今村悦朗です。 

本日・3月25日(土)、水澤彩佳の卒業公演が行われました。NGT48にとっては初めて迎えた卒業公演。その準備を粛々と進めつつも、メンバーやスタッフは数日前から、みーずん先生がこの場所からいなくなってしまうという現実からは、なるべく目を背けていたように思います。私もです。 

それくらい今日という日は、NGT48にとって大きな節目となる一日でした。その大切な卒業公演を、温かい雰囲気の中で最後まで全うさせてくれた、ご観覧の皆様(場内、ロビー、DMMでご覧いただいた全ての皆様)、全国から声援を送って下さった皆様に、心より御礼申し上げます。 

公演後には、AKB48グループ恒例の壁写を外す儀式がNGT48劇場では初めて行われました。そして、続けて新潟だけの特別な儀式も実施しました。公演観覧者が記念に赤いボールを入れるエントランスの横の壁に、卒業生がサイン入りの白いボール(赤いボールより大きいサイズです)を入れるという儀式です。今後、赤いボールが入れ替えられる時が来ても、卒業生のボールはずっと残っていき、劇場を見守り続けます。劇場にお越しになり、このボールをご覧になったら、みーずん先生を思い出していただければと思います。 

昨年末、水澤が卒業を発表した際、「元々保育士を目指していたのに、なぜ合格させたのか?」といった趣旨のご意見を多くいただきました。色々なご意見があってしかりだと思いますので、それはひとつのご意見として受け止めます。ただ、「なぜ」の理由に答えるとしたら、それは単純に、オーディションの受験者の中で、ひときわ目を惹く魅力的な存在だったからに他なりません(これは、ドラフトの2人も含めた24名全員に当てはまります)。 

メンバーと運営サイドを分けて捉えられている方もいるかと思いますが、私としては、メンバーもスタッフも「NGT48」という一大プロジェクトを一緒に作り上げていく、「仲間」だという想いが活動の根幹にあります。水澤を見て、「この子に仲間になってほしい」と思った、そういうことです。保育士を目指していてすぐ卒業するかもしれない…なんて発想は微塵も浮かびませんでした。 

実際、NGT48の立ち上げになくてはならない仲間の一人で、必要不可欠な1期生メンバーだったことは確かですし、これまでのNGT48を見守っていただいている方には、ご理解いただけるのではないでしょうか。 

水澤がいてくれたから、南区PR大使のお仕事がまとまり、新潟市との繋がりがより深まりました。スタッフには出来ない、“お姉さん”または“先生”として、まだ幼いメンバーたちの世話役や相談役も積極的にしてくれました。これは、ほんの一例。他にも、水澤がいてくれてよかったと感じた場面に、この1年半の間に何度も出会っています。 

2015年の夏から2016年の春にかけては、結成、お披露目、レギュラー番組のスタート、様々なイベント出演、そして劇場オープンと、NGT48にとって初めての経験ばかりで、それを進めていくだけでも相当に大変だった時期です。その間、水澤は、保育士の免許を取得する為に、厳しいレッスンの合間を縫って勉強や実習を同時に進めていました。これは並大抵の覚悟や努力でできることではありません。仲間として、そして一人の人間として尊敬します。 

その間、我々の至らなさもあり、辛い思いもさせたでしょうし、悲しい涙も流させてしまったことでしょう。今振り返っても申し訳なく思うことも多々あります。それでも保育士になる準備を進めながら、最後までNGT48メンバーとして、ともに歩んでくれたことに感謝しています。 

明日は、万代シテイパークで、「水澤彩佳ソロ握手会」が開催されます。こちらの勝手かつ急なお願いを実現させる為に奔走していただいた、アリオラジャパンのスタッフや万代シテイの皆様、そして関係各位に、NGT48を代表して御礼申し上げます。 

水澤が公の場にNGT48メンバーとして出るのは、この握手会が最後となります。つまり、みーずん先生とのお別れの時が近づいているということです。私も、苦楽を共にした仲間との別れは、正直辛いですし、さみしいです。でも、決して悲しいことではありません。水澤が、かねてからの夢だった保育士の道に、NGT48での経験を一緒に連れて歩み出す、希望に満ちた門出なのですから。苦しいことも悲しいことも喜びに変えるNGT48らしく、明るく笑顔で、送り出してあげていただければ幸いです。 

水澤彩佳、卒業おめでとう。そして、今まで本当にありがとう。 
君と新潟で出会えて、よかった。 
これからの君に、幸多からんことを心より祈っています。 

2017年3月25日
NGT48劇場支配人
今村悦朗

NGT48劇場支配人 
今村悦朗です。 

先ほど公式サイト等でお知らせ致しましたが、3月13日(月)にNGT48メンバー及びスタッフが、胃腸炎等と診断されました。本件については、速やかに新潟市保健所に連絡を取り、その結果、「症状はノロウイルスによるものであり、上記劇場において弁当を提供した飲食店を原因とする食中毒であると断定した」との報告を昨日16日(木)に受けました。 

当日、体調不良を訴えたメンバーについては予定をキャンセルし、病院にて診断を受けさせました。治療と休養の結果、現在、大事を取って安静にしている者も一部いますが、ほとんどのメンバー及びスタッフは体調を回復しており、普段通りの生活を送っています。 

本件に関して公式サイトにて発表しました通り、この週末から来週にかけてNGT48が参加するイベントについて変更がありましたので、重ねてお知らせさせていただきます。 

明日3月18日(土)にHARD OFF ECOスタジアム新潟にて行われているイベント「NGT48 ここからプレーボール!」については、メンバーの体調が回復していること、ステージを離れた客席から観覧するライブイベントであることから判断し、予定通り実施致します。ただし、少しでも体調の悪いメンバーがいた場合は、大事を取って休演とさせていただきます。 

19日(日)に予定されている「NGT48デビューシングル『青春時計』発売記念 ミニ握手会@アーバンドックららぽーと豊洲」と、20日(月・祝)に予定されている「AKB48「サムネイル」劇場盤発売記念大写真会」については、ファンの皆様と至近距離で交流するイベントの為、万が一に備え、NGT48メンバーの出演は見合わせる判断を致しました。 

公式サイトでの発表でもありました通り、今後のNGT48の活動につきましても、医療機関等と密に相談して決定して参ります。これに伴い、保健所の指導の下、万全を期し、劇場の消毒作業も徹底して行う為、明日18日(土)からの3日間に予定していた劇場ロビー開放については中止とさせていただきます。 

イベントに参加予定であった皆様、ファンの皆様、関係者各位には、ご迷惑とご心配をおかけし、大変申し訳ありません。謹んで、お詫び申し上げます。 

3月17日(金) 
NGT48劇場支配人 
今村悦朗

NGT48劇場支配人
今村悦朗です。
 
 
NGT48にとってメジャーデビューとなる1stシングルの発売日・4月12日(水)まで、いよいよ2カ月を切りました。
 
先日、表題曲のMV撮影を、NGT48のホームタウンである「万代シテイ」をはじめ、美しい街・新潟を象徴する「萬代橋」や「やすらぎ堤」などで行わせていただきました。撮影を行うにあたり、多くのエキストラの皆様、新潟の皆様に多大なるご協力をいただきました。中でも、いつもNGT48の活動にご理解・ご協力をいただいている万代シテイの関係各位には、今回も全面的にサポートをしていただきました。皆様に、あらためまして御礼申し上げます。
 
他の楽曲についても、アリオラジャパンの皆様はじめ、メンバー・スタッフで、デビューを飾るにふさわしい作品に仕上げていきますので、ご期待下さい。
 
さて、シングルリリースに合わせ、NGT48単独では初となる握手会が順次全国で行われます(スケジュールや会場などの詳細は、ソニー・ミュージックレーベルズ アリオラジャパンNGT48サイト http://www.sonymusic.co.jp/artist/ngt48/ をご覧ください)。かねてよりメンバーが「全国へ朱鷺のように羽ばたけますように」と言葉にして待ち望んでいたことが、現実になる時がついに来ました。
 
しかし、これは新潟を離れるということではありません。NGT48は、その成り立ちからずっと県や市、地元企業にお力添えをいただき、新潟の皆様に見守っていただきながら、ここまで歩んでまいりました。それは、これからも変わることはありません。「全国へ羽ばたく」とは、新潟を拠点に、新潟を愛し、新潟に愛されるグループを目指しながら、NGT48自身だけでなく新潟の魅力や素晴らしさを全国にお届けしていくということです。全国デビューということで、目線や気持ちが外に向きがちですが、このことはNGT48を応援して下さる皆様、そしてメンバーにも理解してほしいと思います。
 
そこで、今まさに全国へ羽ばたこうとしているメンバーたちの姿を、まずは親鳥ともいうべき新潟の皆様やファンの皆様に見届けていただこうと、握手会に先がけた特別イベントを、新潟で開催することに致しました。
 
開催日は、3月18日(土)。場所は、HARD OFF ECOスタジアム新潟。そう、ちょうど9カ月前の6月18日(土)に、AKB48選抜総選挙が行われ、NGT48のメジャーデビュー決定が発表された思い出の地です。そこで、記念すべきNGT48のメジャーデビューシングルのパフォーマンスを、皆様にご覧いただきたいと思います。
 
イベントは、デビューシングル表題曲の披露だけにとどまらず、カップリング曲はもちろん、それ以外の楽曲も織り交ぜたセットリストで、メジャーデビューを記念したライブイベントとして行います。少しでも多くの方にご覧いただきたいので、2回ライブで行い、基本的に無料でどなたでもご参加いただけるイベントにしました。尚、CDの事前予約をしていただいた方は優先エリアでのご観覧いただけますので、よろしくお願いします(イベントの参加方法や注意事項などの詳細については、前出のソニー・ミュージックレーベルズ アリオラジャパン NGT48公式サイトをご確認ください)。
 
とは言え、3万人を収容するスタジアムを埋め尽くせる程の力量は、今のNGT48にはありません。そこで、NGT48にとって初めての総選挙の際に、メンバーが緊張の面持ちで座り、色々なことを見て学んだ場所である球場のライト側の一部をお借りした形で開催する企画に致しました。内野やレフト側は使用しませんので、少しさみしい感じに映るかもしれません。しかし、NGT48はまだまだこれから。「今は、球場をいっぱいにはできないけれど、いつの日かここをNGT48推しの皆様で埋め尽くして単独コンサートを開催しよう!」とメンバーを鼓舞する想いも込めて、あえてこの会場を選びました。
 
イベントタイトルは、「祝・メジャーデビュー!NGT48ここからプレーボール!@ HARD OFF ECOスタジアム新潟」。ここで多くの皆様からいただいた声援を羽ばたく力に変えて、その後の全国でのイベントに臨んでいきたいと思いますので、是非、ご家族・ご友人などをお誘いの上、ご参加下さい。
 
尚、本日公開されている握手会の他にも、ミニ握手会といった発売記念イベントを、新潟県内や全国で行う準備も進めています。こちらも、お楽しみにしていただければ幸いです。
 
NGT48にとって、また新たな記念日となる3月18日(土)、HARD OFF ECOスタジアム新潟で、お待ちしています。
 
 
2月22日
NGT48劇場支配人
今村悦朗

↑このページのトップへ