NGT48劇場支配人 
今村悦朗です。 

先ほど公式サイト等でお知らせ致しましたが、3月13日(月)にNGT48メンバー及びスタッフが、胃腸炎等と診断されました。本件については、速やかに新潟市保健所に連絡を取り、その結果、「症状はノロウイルスによるものであり、上記劇場において弁当を提供した飲食店を原因とする食中毒であると断定した」との報告を昨日16日(木)に受けました。 

当日、体調不良を訴えたメンバーについては予定をキャンセルし、病院にて診断を受けさせました。治療と休養の結果、現在、大事を取って安静にしている者も一部いますが、ほとんどのメンバー及びスタッフは体調を回復しており、普段通りの生活を送っています。 

本件に関して公式サイトにて発表しました通り、この週末から来週にかけてNGT48が参加するイベントについて変更がありましたので、重ねてお知らせさせていただきます。 

明日3月18日(土)にHARD OFF ECOスタジアム新潟にて行われているイベント「NGT48 ここからプレーボール!」については、メンバーの体調が回復していること、ステージを離れた客席から観覧するライブイベントであることから判断し、予定通り実施致します。ただし、少しでも体調の悪いメンバーがいた場合は、大事を取って休演とさせていただきます。 

19日(日)に予定されている「NGT48デビューシングル『青春時計』発売記念 ミニ握手会@アーバンドックららぽーと豊洲」と、20日(月・祝)に予定されている「AKB48「サムネイル」劇場盤発売記念大写真会」については、ファンの皆様と至近距離で交流するイベントの為、万が一に備え、NGT48メンバーの出演は見合わせる判断を致しました。 

公式サイトでの発表でもありました通り、今後のNGT48の活動につきましても、医療機関等と密に相談して決定して参ります。これに伴い、保健所の指導の下、万全を期し、劇場の消毒作業も徹底して行う為、明日18日(土)からの3日間に予定していた劇場ロビー開放については中止とさせていただきます。 

イベントに参加予定であった皆様、ファンの皆様、関係者各位には、ご迷惑とご心配をおかけし、大変申し訳ありません。謹んで、お詫び申し上げます。 

3月17日(金) 
NGT48劇場支配人 
今村悦朗

NGT48劇場支配人
今村悦朗です。
 
 
NGT48にとってメジャーデビューとなる1stシングルの発売日・4月12日(水)まで、いよいよ2カ月を切りました。
 
先日、表題曲のMV撮影を、NGT48のホームタウンである「万代シテイ」をはじめ、美しい街・新潟を象徴する「萬代橋」や「やすらぎ堤」などで行わせていただきました。撮影を行うにあたり、多くのエキストラの皆様、新潟の皆様に多大なるご協力をいただきました。中でも、いつもNGT48の活動にご理解・ご協力をいただいている万代シテイの関係各位には、今回も全面的にサポートをしていただきました。皆様に、あらためまして御礼申し上げます。
 
他の楽曲についても、アリオラジャパンの皆様はじめ、メンバー・スタッフで、デビューを飾るにふさわしい作品に仕上げていきますので、ご期待下さい。
 
さて、シングルリリースに合わせ、NGT48単独では初となる握手会が順次全国で行われます(スケジュールや会場などの詳細は、ソニー・ミュージックレーベルズ アリオラジャパンNGT48サイト http://www.sonymusic.co.jp/artist/ngt48/ をご覧ください)。かねてよりメンバーが「全国へ朱鷺のように羽ばたけますように」と言葉にして待ち望んでいたことが、現実になる時がついに来ました。
 
しかし、これは新潟を離れるということではありません。NGT48は、その成り立ちからずっと県や市、地元企業にお力添えをいただき、新潟の皆様に見守っていただきながら、ここまで歩んでまいりました。それは、これからも変わることはありません。「全国へ羽ばたく」とは、新潟を拠点に、新潟を愛し、新潟に愛されるグループを目指しながら、NGT48自身だけでなく新潟の魅力や素晴らしさを全国にお届けしていくということです。全国デビューということで、目線や気持ちが外に向きがちですが、このことはNGT48を応援して下さる皆様、そしてメンバーにも理解してほしいと思います。
 
そこで、今まさに全国へ羽ばたこうとしているメンバーたちの姿を、まずは親鳥ともいうべき新潟の皆様やファンの皆様に見届けていただこうと、握手会に先がけた特別イベントを、新潟で開催することに致しました。
 
開催日は、3月18日(土)。場所は、HARD OFF ECOスタジアム新潟。そう、ちょうど9カ月前の6月18日(土)に、AKB48選抜総選挙が行われ、NGT48のメジャーデビュー決定が発表された思い出の地です。そこで、記念すべきNGT48のメジャーデビューシングルのパフォーマンスを、皆様にご覧いただきたいと思います。
 
イベントは、デビューシングル表題曲の披露だけにとどまらず、カップリング曲はもちろん、それ以外の楽曲も織り交ぜたセットリストで、メジャーデビューを記念したライブイベントとして行います。少しでも多くの方にご覧いただきたいので、2回ライブで行い、基本的に無料でどなたでもご参加いただけるイベントにしました。尚、CDの事前予約をしていただいた方は優先エリアでのご観覧いただけますので、よろしくお願いします(イベントの参加方法や注意事項などの詳細については、前出のソニー・ミュージックレーベルズ アリオラジャパン NGT48公式サイトをご確認ください)。
 
とは言え、3万人を収容するスタジアムを埋め尽くせる程の力量は、今のNGT48にはありません。そこで、NGT48にとって初めての総選挙の際に、メンバーが緊張の面持ちで座り、色々なことを見て学んだ場所である球場のライト側の一部をお借りした形で開催する企画に致しました。内野やレフト側は使用しませんので、少しさみしい感じに映るかもしれません。しかし、NGT48はまだまだこれから。「今は、球場をいっぱいにはできないけれど、いつの日かここをNGT48推しの皆様で埋め尽くして単独コンサートを開催しよう!」とメンバーを鼓舞する想いも込めて、あえてこの会場を選びました。
 
イベントタイトルは、「祝・メジャーデビュー!NGT48ここからプレーボール!@ HARD OFF ECOスタジアム新潟」。ここで多くの皆様からいただいた声援を羽ばたく力に変えて、その後の全国でのイベントに臨んでいきたいと思いますので、是非、ご家族・ご友人などをお誘いの上、ご参加下さい。
 
尚、本日公開されている握手会の他にも、ミニ握手会といった発売記念イベントを、新潟県内や全国で行う準備も進めています。こちらも、お楽しみにしていただければ幸いです。
 
NGT48にとって、また新たな記念日となる3月18日(土)、HARD OFF ECOスタジアム新潟で、お待ちしています。
 
 
2月22日
NGT48劇場支配人
今村悦朗

NGT48劇場支配人

今村悦朗です。

 

TDCホールでのAKB48グループの全ての日程が、本日、無事終了致しました。

 

20日(水)には、NGT48にとって初めてとなる単独コンサートを開催させていただきました。メジャーデビュー前のグループに、このような機会をいただき、感謝のひと言に尽きます。

 

そのご厚意に応える為、一度きりしかない初の単独コンサートを成功させようと、演出面にはいつも以上に、こだわらさせていただきました。この1年を振り返りながら、メンバーたちの顔を思い出しながら、色々と考えを巡らせました。そして、上越新幹線Maxとき315号の旅に、この1年間のNGT48の活動の軌跡を重ね合わせ、本編を東京・新潟間の所要時間と同じ2時間7分で上演する構成にしました。

 

中井りかによるSHOWROOMの会場限定配信、高倉萌香がセンターを務める欅坂46の「サイレントマジョリティー」、総選挙や運動会などNGT48にとって思い出深い出来事と楽曲がリンクしたコーナー、加藤美南をNGT48に導いてくれた高橋みなみさんへの敬意を込めた「愛しさのアクセル」、新潟駅のひとつ手前の燕三条駅の出発に合わせた「最終ベルが鳴る」、小熊倫実の勇ましい大太鼓のパフォーマンスからの「佐渡へ渡る」…など、ひとつひとつの演出や楽曲に意味を持たせました。

 

それらを実現する為に、メンバーには、かなり厳しい要求もしました。リハーサルでは、喝を入れる為に、これまでにないくらい叱りましたし、怒鳴りもしました。初の単独なことに加え、時間的制約もあり、メンバーにとっては、毎日、不安とプレッシャーとの戦いだったと思います。

 

それでも、みんな必死にくらいついてきてくれました。その陰には、私の見えないところでの、キャプテン北原里英の統率や、百戦錬磨の柏木由紀のアドバイスがあったことでしょう。2人には、本当に頭が下がります。

 

何より、2,000人のお客様に(全国の映画館でご覧いただいたお客様にも)、自分たちだけのコンサートを観ていただけた、楽しんでいただけた、それこそがメンバーにとって大きな財産になったに違いありません。本当に素晴らしい経験をさせていただきました。

 

そして、大変お待たせいたしましたが、来たる4月12日(水)に1stシングルをリリースすることを発表させていただきました。表題曲は、チームNIIIの16人に担当してもらい、センターは中井りかが務めます。

 

デビューシングルについて、時間の都合もあり、コンサートではお知らせできなかったことがありますので、ここでお伝えさせていただきます。

 

今回のシングルには、表題曲も含め計6曲が収録されます。研究生の10人だからこそ任せたいと思う楽曲もあります。あとメンバーをシャッフルしたユニットで楽しんでもらう楽曲もあります。これまでのNGT48のイメージにはない挑戦をする楽曲もあります。

 

先ほど「研究生10人」と書きましたが、3月に保育士の道に進む為に巣立っていく水澤彩佳にも、デビューシングルに何かしらの形で参加してもらいます。卒業後に発売されるシングルに、卒業生が参加するのは異例中の異例ですが、アリオラ・ジャパンの皆様をはじめ関係各位に、NGT48にとっての「26人」という意味や、グループにおける「みーずん先生」の存在を説明させていただき、ご理解を得ました。感謝致します。

 

レコーディングやMV撮影は、これから始まりますが、メンバーはじめスタッフ、アリオラ・ジャパンの皆様で最善を尽くし、多くの方に「これが新潟のグループNGT48です」と胸を張って全国にお届けできる作品に致しますので、ご期待ください。

 

そして、昨日・今日と開催されたリクエストアワーでは、「Maxとき315号」がAKB48グループ969曲の中で1位に輝きました。また、5位に「NGT48」、7位に「君はどこにいる?」が、それぞれがランクインさせていただきました。トップ10に、NGT48の対象楽曲の3曲すべてが入るという奇跡が起こりました。

 

思えば、新潟に新たなグループが発足し劇場が出来ること、そして私がその支配人に就任することがサプライズ発表されたのが、2年前のTDCホールでのリクアワでのことでした。本当に全く知らされていませんでした。名古屋の栄で、これからこうしていこう、こう変えていくんだ、と色々と奮闘していた時期だったこともあり、正直、驚きと動揺を隠せませんでした。

 

当時のことを思うと、2年後、同じ場所で、NGT48が誰一人欠けることなく単独コンサートを開催できたこと、リクアワで1位を獲得するという最高のプレゼントをいただけたことは、本当に「未来はいつも思ったよりもやさしくて」としか表現できません。

 

もちろん、このやさしい未来に私を連れて来てくれたのは、いつも応援してくれる皆様であり、投票してくれた皆様であり、私を支えてくれているスタッフであり、そして26人のメンバーたちです。

 

最後に、あらためまして、単独コンサートをご覧いただいた皆様、ご投票いただいた皆様、ご声援を送っていただいた皆様、ご支援していただいている行政や企業の皆様、そして変わらず見守ってくれている新潟県の皆様、NGT48に関わる皆様に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

そして、メンバーのみんな、おめでとう!

 

2017年1月22日

NGT48劇場支配人

今村悦朗

↑このページのトップへ