DSCF3619



今日はエクステリアリフォームのお話です。


ホームページからお問い合わせいただいたお客様で
上写真のお庭をリノベーションしたいと。


場所は市川市・・当社から高速道路で45分です。




これまで様々なエクステリアリフォームを行ってきましたが
『カリフォルニア風』なご依頼は初めて。



欧米か! には行ったことがないので
プランニングには結構悩みました。




で、こうなりましたよ。






PB010007


お客様宅は30年ほど前の住宅街です。
敷地は決して広くはない、隣家とも密接している・・


そしてこの雰囲気!笑





もちろんウッドデッキはアイアンウッドで作りました。





PB010023



プランニングしながらも、完成イメージがいまいち湧いてこなかったのは初めて。


それを現実的にしてくれたのはお客様支給の建材や雑貨です。





PB010017





成せばなる!!



こうして当社も多くの経験を重ね、試行錯誤を繰り返し成長しております^^



 

1




先日、大網白里市で開催された産業文化祭へ出店してきました。

当社のブースでは『アイアンウッド  ウリン材』を加工した雑貨を販売。
今回、上の写真のようなガーデン用品にも挑戦しました。




もっとも人気があったのはこちらのカードホルダーです。


P1010008

これもウリン材を加工し、仕上げにクリア塗装をしています。


どのように使うのか?というと・・








P1010007


重量があるので倒れることはありません。
高級感もあり人気の商品となりました。




こちらは、ウッドデッキをご検討中の方へカットサンプルの代わりに送付しております。




ぜひ、、

腐らない天然木、ウリンの質感を確かめてくださいね!

 

DSCF3148




千葉県の高級住宅街『季美の森』
ゴルフ場を囲うように高級住宅が並んでいます。

リビングを一歩出ると目の前にはフェアーウェイ。
そんな光景がある街です。


今回、そんな季美の森にて【 パ ー ゴ ラ 】を製作してきました。




もちろんアイアンウッドを使用。
今回は『セランガンバツ』です。 



DSCF3140



もともとバラが咲き誇るお庭なのですが
今回、パーゴラを製作しそこにバラを絡ませていきたいとのご依頼でした。




ウッドデッキと違い、パーゴラ(バラ棚)を作るには本当に技術が必要です。


DSCF3141








DSCF3142






DSCF3143





地味に地道な作業なのです^^;



DSCF3146




アイアンウッドは超高耐久木材。
そしてとにかく硬い!!



切断する工具 マルノコの刃も一現場で切れなくなります。




DSCF3150


1年後にはしっかりとバラが絡んで育っているそうです。
また1年後に撮影に来ましょう^^



僕が描くウッドデッキ、パーゴラ、ガーデンプランは
天然木を中心にプランニングしています。


基本はアイアンウッド  ウリン材を用いますが
お客様の用途をきちんと聞いて、ウリンよりも安価でそこそこ耐久性のある材種をチョイスすることもあります。





まずはご相談から。
今のお庭をどのうよにしたいですか?^^

お気軽にご相談ください。



⇒公式ホームページ  www.neo-craft.biz


 

↑このページのトップへ