_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8249.JPG
昨日たまたま路上に大きな犬を繋いで募金を募ってる方々を見ました。

うーん。なんかとても寒そうでかわいそうだった。

人が沢山集まるイベントでの保護猫譲渡会とかも、猫が怯えててみてらんない。

よっぽどペットショップにいる子の方が幸せそうに見えた。

いや、人が沢山集まるイベントであれば、そりゃ多くの人に見てもらえて里親が見つかりやすいかも知れないのです。

でも、あんなに騒音やらで怯えててる猫を見てると、どうしてもそれが「猫のため」には見えないんですよ。

もうね。本当に見てて辛い。

猫(保護猫)の里親がすぐ見つかるけど、見つかるまでの間の喧騒によるストレスと、なかなか里親見つからないけど、ゆったり暮らせる子。どっちが幸せなんだろう。

そもそもストレスを与えてまで直ぐに里親を見つけることが良いことなのか。わかりません。

何が正義で何が悪なのかを判断するのは人それぞれです。

ただ、その正義という大義名分で誰かが傷つくようなことをする。
それは正義ではないと僕は思うんです。

何が言いたいかって、猫は可愛いってことです。