卒業しました!っていう投稿で溢れるFBを見ていて思うこと、

「ああ、みんな日本人やってるなあ」

なぜなら、フランスの大学には入学式も卒業式もないらしい。ましてや袴なんて着ないし、大学生活がいかに充実してたかを周りに自慢する投稿の数々もない。
もはやこれ、日本の文化だと思う。
そしてそれを日本の文化だとも意識せずに長々と投稿している人たち。。それが普通だと思いながら。


言いたいのは一番はこれじゃなく、

〜に入ってよかった、出会えて良かった

というセリフ!
よく見るけど、

ここに入ったからこうなってよかった、それ以外じゃありえなかった

みたいなニュアンス、

よく見るけど、

いや、たとえ別のところに行った人生だったとしても同じこと言うでしょ?!

ってこと。(笑)ララランドを見て、フランス語字幕だったのもあって完璧にはりかいしてないんだけど、先輩の映画のコメントで

他の選択肢をとっていたらまた違う人生になっていたってことがなんちゃらかんちゃら〜

っていうのをみて、


いま選んだ選択肢が全部の選択肢の中で一番幸せになれるものだったかどうかはわからないし、まあまず選ぶところに戻ることもできないんだけど、



今が一番幸せ

って思うことはいいけど

〜〜選んでよかった  

というセリフには毎回モヤモヤしてた、




ただ、何を選んでもこれを選んでよかったと思える人が一番人生幸せになれるとは思う、

問題は、
それを、snsでいうこと!!!

事実ではないことも言葉にすれば事実になる。〜を選んでほんとうによかったという言葉の裏には、 〜を選んでればなぁ〜ってことも多少なりともあるはずで。


どの人のFBみても、
全部ちゃんといい話になってて。

卒業できたのはとても祝うべきことだけど、

だらだらダラダラと 

〜に入って最高の友人たちと出会い最高の〜
〜なしではありえなかった〜
〜を選んでよかった〜

という投稿は、みてて
ほんとかよ、うそはいってるだろ!

と思ってしまう。

過去のエピソードを言葉によって美化しまくるの、嫌い。そして、めちゃめちゃ美化できる言葉も、きらいかもしれない、

ちゃんと正しく、ウソのない言葉を使えるようにしよう、という戒めも含めた批判でした。(笑)

批判って、自分への戒めでもあります。










わたしは日本にいた時、働きたくないなーと思っていたしできるなら働かずに幸せに生きたいとかおもってたんだけど、
留学に来てその考えが変わった

例えば旅行すると、空港で働く人、CAさんたち、パン屋さん、ホテルの人、レストランで運ぶ人、電車の運転手、チケットを売る人、宮殿のツアーをする人、店員さん、
いろんな 働く人 に助けられてるなぁって実感する。そして、どの社会でも 働く人 がいるんだってこと(当たり前だけど。(笑)
フランスパン失業率が高いらしくて、そういう話を聞いてから、はたらく人は偉いな、すごいなぁ、と思うようになった。
サラリーマンやOLが働くイメージとしてすぐ浮かぶけど、別に何をしたって、働いてお金を稼ぐことはすごいことだと思うようになった。なんだっていんじゃないかなって。
働いて、お金をもらって生活して、社会を支える一員になるということ、
って、お金で世界が回ってるこの世には大事なことだと思うし、生きるために働く、以上にも 働く ことには意味があると思う、
例えばいろんな人を助けたり、喜ばせたり、何かに貢献したり。そしてそれは自分の喜びにもなるはず。

って言葉にする以上にもっともっと、意味があるという気がするんだけど、言葉にしづらいな、、笑



海外にいくってことは、いろんな社会を見るってことで、へぇ、こんなに遠くでもこういう構造はかわらないんだ、とか、日本よりかなり素の人間が集まってる社会だな、それでもまあ社会はまわるんだな、とか。


人間について、社会について、(笑)いろいろ知ることができたと思う。




と、いうことを考えてたら 反論したくなるようなツイートがあったことを思い出しました。




"自分探しの旅とかいって外国で自分見つかったらこわくね?" というツイート、たしか、


だれがいったのか知らないけどちょっとムカついた、何にっていうと、やってもないのに想像して決めつけること、と、そうやってまわりを批判することで自分を正当化しようとする姿勢  (笑)


自分を見つける、っていうことについても考えた。

"価値"っていうものは、例えば今価値があるとされてるものがただ一つだけ、それ以外のものはこの世界にないとしたら。
その価値はまだあるのかな、と。

素晴らしい画質の良さのカメラも、カメラがそれしかなかったらそれは 価値がある という発想にならないと思うし、

この地球は素晴らしい という発想も、他の星がたくさんあることを知らなかったら思わないことだろう



価値は、比べる対象があるからうまれるものなのかなっておもった だから自分がどういう人なのか知るにも、まわりのなかで自分がどういう位置にいるのか、ってことなのかなと

それは性格でも考え方でも国籍でもどんな社会に属してそれによってどういう性質の人間になったのか、でも。


単純に 比較対象を広げる というか、視野を広げることで、自分が何を考えてるのか、どういう人間なのか、っていうのはさらにはっきりしやすくなるんじゃないかな

例えば一つのものと比べて こっちにはこういう価値があります といっても、それがどの程度の価値なのか、わかりにくいけれど、比較対象を100まで広げたら、そのぶん位置あいも決まってきてはっきりしてくるのでは(数学、グラフをイメージしてみた



っていう意味で、外国で自分を見つけるのはありだとおもうし、ありえることだと思います。
ただ、数日間いくだけよりも長くいるほうが色々と実感できるなって思う!自分さがしてきますっていって数日旅行に行って見つかるかは知らない、、笑

現地の人と話したり、なるべくその社会に溶け込もうとするといろいろわかってくることがあるような気がする。




思考も同じなのかな?
わたしはきょねん、自分の考えにほぼとりつかれてたことがあって、もうそればっか考えてたんだけど、
現実はいつも同じで変わらないとして、それをどう捉えるかの問題だったと思う、
例えばこの世界をつまらないと思うのか、面白いと思うのか、。
見えているものは同じでも人によって捉え方が違えば、その人たちにとっての現実はそれぞれ違うものになる。

全てにおいていろんな視点があるということを知ること、それをうまくコントロールできるようになること、が大事だなとおもった。わたしは。笑(まじで
一つの考えにとりつかれることも視野が狭くなってるってことで、
だから、常につねに、視野を広げていく姿勢でいたいなって思ったし、視点をいろいろ変えられる柔軟性も同時に大切だと思う。








留学に来てみて
やってもないことを批判したり、やったことないからやらないとか、たしかに不安になったりするけど、それでもなんとかやってみる、っていうの大事だなっておもった!
一時期行きたくない時もあったけど、
そんなのやってみないとわからないもんね、、、!!


やったことないことに対してあれこれ考えるよりは、まずやってみる、ってことが
大事だと思う。


(笑)



以上そのツイートに対しての批判とわたしの意見でした。








あなたはどう思う?
スパゲティ食べてくる!







この間、電気屋さんにいたら、店の外でデモが起きて。多分それはもともとやるって言われてて、その周辺のお店は6時にお店を閉めるように言われてたらしかったり、駅の出口が一つ封鎖されていたりした。(その時は気づかなかったけど

フラッシュモブみたいにたくさんの人が押し寄せて、
多分声明の内容は、
警察官が処罰されないのはおかしい、
ということだったかな、


こわすぎてこわすぎてお店の人の後ろに隠れて ねーーこれだいじょうぶなのこわい〜〜って嘆いてたら
お店の人たちに笑われた、、(笑)
みんな強すぎるよ!
絶対大丈夫よ心配しないで、って みんな野次馬のようにお店から外を見てて、写真撮ったり、
いや、すごすぎか、、と思った

撃ってはないと思うんだけど銃声音みたいな音がしたり、警察が催涙ガスまいたら場が盛り上がったりで、警察にあらがってるかんじ、
警察を煽ってる感じ、



フランスではよく抗議とかデモとか多いらしくて、自分の意見を主張するっていう雰囲気がすごくあるなと思った。

この間授業の途中に2人入ってきて、
大学について意見したり投票してくださいっていうやつで、
「今は生徒の数があふれてて授業に席がなかったり先生が足りなかったりとか色々問題あるでしょう。学部に対する意見でもいいので、ブースを設けてるので是非きてください、学生の権利?のために!」
みたいなのを話してる女の人と、その後の男の人の話はよくわからなかったんだけど、

その後先生が、
大学のあり方についての右翼的な考えの団体と左翼の団体ね、

って言ってた!

学生なのに、自分たちの権利が侵されているってなると積極的に動くのすごい

自分の意見を主張する、っていうのと、他の誰かが意見を主張してても「まあ主張したいならすれば」的な感じで、批判したり、なにあの人たち、という雰囲気はない。日本みたいに、他と違うことをすると浮く、って感じはなくて、「あの人たちはそういう考えなのね」って感じで周りから見守っている感じ。
デモにもなんにも恐れないし。笑

暴徒化したらどうしようって思ったもん、人って集まって何かを主張しだすとこわいんだなって思った、けど、それを弾圧したら絶対ダメだと思う、だから警察とかも、ひどい事態にならないように見守る、抑える、感じできてた。

フランスは、全然進歩しようとしてない国だ、って思ってたんだけど、そうやって何か不満を感じたりするとすぐ主張にかかる、それは日本と違うかなって、日本は、やらなきゃいけないことを課題として真面目にやってるから様々な面で進んでるけど、個人として積極的に動くことは少ないように思う。フランスは、やらなきゃいけないことはテキトーだけど、自分から動くのが得意。個人個人のレベルでは、何かを変えたいと思ったらちゃんと動く、意識があると思う。学生それぞれ、みんないろんな夢を持ってたりするのも、受け身な日本人とは違うと感じた。




長くなった



話は戻ってデモの日の夜、

パリのどこいってもテロっぽい雰囲気があるっていう夢で、起きてからほんとに日本帰りたくなったんだけど、
でもフランスにいるのは、わたしたちより、大勢のフランス人なわけで。友達たちも、フランスに住んでいて、、。
フランスに滞在することがそこまで危ないわけじゃないよね、だって、フランス人はいつだってフランスにいるんだし。


テロを計画していた人たちがまた捕まったってきいて、
安心安全とは全然かけ離れてるなって思った、オリンピックできるのかなぁ、、?
スリもあるしまったく安心安全ではない😂😂😂



世界の一番いいあり方ってなんなんだろう、
それを望むわたしたちには何ができるんだろう。


世界史ではいつの時代も争いがあって、だから人間が生きる限り争いは絶えないのかな。





めっちゃ、難しい。








↑このページのトップへ