こんにちは、野崎弁当です。




さて東京はまだまだ暑いわけですが、暦の上ではもう9月。
僕の出身地である北海道なんかは、もうすっかり秋風が吹いているのではないでしょうか。

夏が好きな僕としては寂しいところでは有りますが、秋は秋で風情があって良いもの。
「読書の秋」と言われるように本を読むことにも精が出る季節ですので、また新たな楽しみが訪れると思えばウキウキしてきますね。


ところで読書といえば、「若者の読書離れ」なんて言葉が随分前から言われています。図書館で働いていた頃を思い出してみると結構多くの若者が本を借りていたように思うので、僕としては「そんな声高に叫ぶほど若者は読書から離れてないのでは?」という気がしてます。昔に比べて娯楽やツール、興味の対象が増えたことで、比率として読書に割く時間が少なくなっていくのは必然だと思いますので、逆にそのような状況の中でも多くの若者から読書という文化が失われていないことを、もっと評価したほうが良いのではないかなあとか思ってます。


とはいえ、「活字が苦手」「文字を読むのが苦手」という若者が多いのもこれまた事実。個人的には、「文字を読む」という行いはとても面白いものだと思いますので、是非是非皆様にはもっと「文字を読む」ことを好きで居てほしいなあと思っています。




ということで前置きが長くなりましたが、今日はそんな「文字」を使って遊びたいと思います。


★ルール

1:言葉を用意する
2:言葉をひらがなに直す
3:ひらがなを並べ替える
4:違う言葉にして楽しむ。


お気づきの方は多いと思いますが、要するに「アナグラム」です。

最近広告がめっちゃ出るwikipediaによると、アナグラムとは、「言葉遊びの一つで、単語または文の中の文字をいくつか入れ替えることによって、全く別の意味にさせる遊びである」とのことです。



例えば、

 



野崎弁当





のざきべんとう





きのうべんざと


↓ 


昨日便座と……



ということになります。昨日、便座と一体何が繰り広げられたのでしょうか。意味深ですね。含みを持たせることによってどことなく甘美な香りがします。トイレなのに。





 どんどんいきましょう。







大根との友情


大根といえばぜあらる。ですね。ぜっちゃんとの友情を文字に表した、素敵な言葉だと思います。





大根との友情





だいこんとのゆうじょう





だいじょゆうのうんこと


↓ 


大女優のうんこと……



いったい何をしたというのでしょうか。大女優と何かをしたのならわかります。でも違います。うんこです。大女優と何かをしただけでもすごいことなのに、今回は対象がうんこです。大女優が対象ではなく、大女優のうんこが対象です。一体何が行われたのでしょう。まさか一夜の過ちでしょうか。大女優のうんこと一夜を共にしたのでしょうか。個室で。ちなみに僕はアイドルなんでうんことかわからないです。HAHAHAHA。

 


 

どんどんいきましょう。



舞台役者の選考会


舞台に立つ者を決定する、いわゆるオーディションですね。





舞台役者の選考会





ぶたいやくしゃのせんこうかい





こぶたのやくかうせいしゃいん


↓ 


子豚の役買う正社員



演劇か何かのオーディションで、金品を渡す代わりに「子豚の役を俺にくれ!」と正社員がせがんだのでしょうが。どうせ汚いことをして役を買うならもっといい役を買えば良いのにと思います。
それかもしくは、怪しいネオンが輝く会員制のお店に行った正社員さんが、そこにいる高圧的な態度の女性に「今日は子豚になりますんで好きにして下さい!」と言ってお金を払い、いたぶられようとしているのでしょうか。何か会社で嫌なことがあったのでしょう。



 



どんどんいきましょう。



寝る前に母のお店にラテ


きっとお母さんは夜にお仕事をしているのでしょう。そんなお母さんを気遣って、「お仕事頑張ってね」と、寝る前に温かいラテを差し入れで持っていく……。なんて美しい話なのでしょうか。親子愛が感じられます。





寝る前に母のお店にラテ





ねるまえにははのおみせにらて





おまえはせみのはらににてるね


↓ 


お前はセミの腹に似てるね



悪口です。どう見ても悪口です。さっきまでの温かい雰囲気は何だったのでしょう。だいたいセミの腹がいったいどんなものなのかがわかりません。でもなんとなく、なんとなくですけどめちゃ気持ち悪そうです。こんなクソみたいな悪口を言うやつは大女優のうんこをぶつけられれば良いと思います。







どんどんいきましょう。



裁判を傍聴するデカ


「デカ」とは刑事の事ですね。気になる事件があったのか、それとも担当の事件なのかわかりませんが、鋭い顔で裁判を膨張している刑事の姿が浮かんできます。





裁判を傍聴するデカ





さいばんをぼうちょうするでか





うるさいばんちょうをかぼすで


↓ 


うるさい番長をかぼすで……



恐ろしいですね。かぼすで一体何をされるというのでしょう。やはり果汁で目を狙うのでしょうか。いじめられた仕返しに番長の寝室へそっと忍び込み、うっすら開いた目をめがけてかぼすの果汁をきゅーっとああああ痛いいいいいいいあああああ。それか単純に殴打でしょうか。いじめられた仕返しに番長の寝室へそっと忍び込み、冷凍庫でカチカチに凍らせたかぼすを振り下ろし……! 恐ろしいです。かぼすを解凍して食べてしまえば凶器の証拠隠滅も図れるのですから、これは完全犯罪の香りがします。決して大女優のうんこの香りではありません。



  



それでは最後です。



バスで喜ぶ父


何かお祝いの一報を受けたのでしょうか。居てもたっても居られず、バスの中で喜んでしまうお父さん。かわいいですね。





バスで喜ぶ父





ばすでよろこぶちち





ちばでぶちころすよ


↓ 


千葉でブチ殺すよ




やめて!!!!!!