月別アーカイブ / 2016年01月


昨年より半月板損傷と診断されたぜあらる。ですが、医師との相談により治療に専念する為、今年行われる47都道府県ツアーの参加を見送る事になりました。

1月に手術を行ってから術後経過を見つつ
リハビリに入りますが、医師によると
「日常生活に支障はないが、膝周りの筋肉を元に戻す必要がある。さらに、長時間のダンスを行うにあたって再発しないようにトレーニングしないと膝をかばう事により他所に負担をかけ膝以外の箇所を怪我する可能性が高くなる」との事でした。

47都道府県ツアーを回りながらの通院は身体に大変負担がかかることを考慮し、本人と相談の上、今回の判断となりました。

尚、本人の希望により
鹿児島ファンミと47都道府県ツアー初日の
ディファ有明公演にはMCとして
参加させていただきます。

大変申し訳ありませんが、
何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

まずはなんといっても、

昨日は、あおいちゃんがお誕生日でしたね。

本当におめでとうございました。

昨年は、

\ウチノコガイチバーン/

みたいな年になって。

これからどうなっちゃうのかな。

なんて、

なんだかあおいちゃんが遠くに行ってしまうんじゃないか

そんな冷静と情熱の間的な何か

ジレンマ的なsomethingが


二重螺旋構造のように押し寄せてきたこともありましたが、

もうちょっと一緒に踊っていたいなって思うから

来年も、お誕生日をお祝いさせてね。

あ、でも仮面ライダーになるならそのときは遠慮せずに言ってね(真顔)


( ∵ ) ←こんな感じの顔


なにはともあれ!

本当におめでとう!



はいはい。



前置きはこのくらいにしておきまして。

すごい重ったいスタートを迎えました

兄の更新するブログでございますが。

重たいといえば、

先日、

タイでライブを何度か(6回)

させていただきまして、

当然?のことながら飛行機に乗った訳なんですが

そこでは大半の時間を映画を見て過ごしたんですよ。

で、

各映画のクライマックスで号泣するんですよ。

飛行機で。

公共交通機関で。

隣がK'suke先生だったんですが、

Guardians of the Galaxyという映画をおすすめされて

見たんですけど、

なんというか、

技術がすごくて、

内容とか、ストーリーとか

そういうもの重視ではないお話だと

自分でもよくよく思い返すと思うんですけど、

例に漏れず泣きまして、

さすがにその時は先生に、



「病んでるの?」



って言われました。



というわけで、

もしかしたら病んでるのかもしれませんが、

前回、

兄として第11回目のブログのときに、


""""""""""""""""""""""""""""""
次みなさんの前に立てるのが

鹿児島ファンミだね~。

さびしいけど、

そんな期間すら楽しんでね~。

""""""""""""""""""""""""""""""

みたいなこと書いたと思うんですけど、

いや~。

ほんとにさびしいな~って思ってます。笑

早くみんなに会いたいな~。

みたいな

ファンミもそうですけど、

次のライブまであと何日かな~。

みたいな

みんなもおんなじようなこと考えていてくれてたら

うれしいな~。笑

・・・

なになに?

そんなの?

兄だけだって?



またまた~笑



はい。



ファンミっていう言葉を見ると、

ファ○チキを思い出す

にーちゃんです。



映画の話が出たんで、

見た映画をちょこっと紹介しようかな。



兄が今回見た映画は、

・The WALK
・バクマン
・オデッセイ(原題: The Martian)
・Guradians of the Galaxy


です。



一番おすすめなのは、

オデッセイですね。

火星に行った宇宙飛行士たちが、

隊員の一人を置き去りにして地球へ戻ることになってしまったんですが、

そこで取り残された一人が、

科学力を頼りに生き延び、

なんとかして地球に戻ろうとするSF映画です。

自分はそういった科学だとか、

小難しい話が結構好きなので、

とっても面白く見れました。

また

SF的な要素をただただゴリ押ししてくるだけでなく、

感動的な結末へと向かう中での

ヒューマンドラマもあり、

公共交通機関で号泣するに至りました。



せっかくなので、

その他の映画にも1つずつコメントを・・・

・The WALK

映画全体からフランスの香りがしました。

アメリカンジョークとはまた違った

独特の笑いの感覚が敷き詰められていて

それがすごく印象に残っています。

おすすめはオデッセイですが、

個人的にこの中で一番好きな作品はこちらになります。

むちゃくちゃ感動しました。

クライマックスで主人公に訪れる変化。

道徳の教材にしたい。難易度は高いけど。

ただの史実としてでなく、ドラマを楽しんでください。

ただ、好き嫌いは分かれると思います。



・バクマン

原作がマンガだということもありますが、

それを非常に面白く

新しい形で表現していました。

自分があまり映画をみないこともありますが、

映像作品としてとにかく斬新でした。

あと山田孝之かっこいい。



・Guardians of the Galaxy

山寺宏一。

ほんとそれ。



登場人物のバランスが秀逸ですね。

海外版ジブリ作品のような

そんな印象を受けました。

いつだったかジブリ作品の特番を見たときに、

宮崎駿監督作品の魅力の一つに、

愛くるしいキャラクターの存在がある。

というような類の話を見ました。

魔女の宅急便のジジ

ナウシカのキツネリス

ハウルのカルシファー

こういったキャラクターの中には、

原作には登場しないものもいるとか。

Guardians of the Galaxyのメインキャラクターは

5人ほど出てきますが、

全て異種族。

そして異彩を放つアライグマと樹木。

どれをとっても現実世界にはないけれど、

そこから透けて見える

自分たちリアルな世界の感情論。

正義と正義がぶつかり合うと、

どちらかが悪に見える。

覗いた方向が、たまたま反対だっただけなのに。

そんな世界で芽生える、新しい友情の形。

スタートは変わっているけれど、

最後はぼくたちにも見覚えのある優しい気持ちが

彼らの間を通うようになっていく。

そんなことって、結構ありますよね?



ふ~。

なんだか映画評論家みたいなことしてますが、

映画は全然詳しくありません。

小学生の作文並みの文章ですが、

気になった方は、ぜひ見てみてください。



※個人の感想です



ではでは、次回もお楽しみに!

ばいば~い ノシ








隔週水曜日の担当は
改行多用のフォーゲルです!







なんだかお久しぶりな感じがしますが
今年2回目







先日むすめん。では

Tokyo Crazy Kawaiiで

タイに行かせていただきましたー!

{617EC5CA-8169-47EF-8A61-B5A165D45490:01}


タイのスーパーはものっそい
高さまで商品が詰まれてて
一番上は全然届かないくらい…。
かなしみ




タイでは1日2回ステージに
出させてもらったんですが
ショッピングモールの中では
地元の方々に足を止めてもらえるように
頑張りましたー!


実際ステージの周りでは
4階位まで人が上から
見てくださって
ありがたかったですハッピー!






ご飯もすんごい美味しかったし
今回は少し観光もできたので
大満足ー!
{8653C1BC-BDC0-4AED-96B6-F15861CC1F15:01}
/とみたんセレクションのポーチ\
使いやすいサイズで10人全員分!
ありがたやー!


帰国した時は
寒さで戻りたいと思ったけど
やっぱ日本にいると安心
{74918F1B-26F8-4A1A-8098-D00D9762CFFE:01}
/タイの空港\



タイまで約6時間位機内で過ごす時間が
あったんですけど
映画見てました

アン・ハサウェイと
ロバート・デ・ニーロ主演の
『マイ・インターン』

片桐はいりと
向井理主演の
『小野寺の弟・小野寺の姉』

佐藤健
神木隆之介主演の
『バクマン』


雑誌読むつもりで買い込んで行ったのに
全然読まなかった






今度海外行く時は10人で
行ってみたいなー!









ツイートやらで
写メなど見てくれた方々も
ありがとうございましたー!






んじゃらめ!め!

↑このページのトップへ