アメリカのIT企業の情報は多く入ってきますが、中国のIT企業の情報はあまり日本に多くなく、アリババのみが比較的公開されていると思いますが、今回この巨大企業ファーウェイの本を読んで本当に驚きました。

ファーウェイの経営者はまず顧客中心主義を具現化しています。「目は顧客に、尻は上司に」という言葉を現場に伝えるほどで評価制度にもこれを厳しく入れ込んでいるそうです。また中国的皇帝主義で鶴の一声で決まってしまう文化になると変化に弱くなるので、中庸を大事にする考えを持ち常に白黒はっきりさせるのではなくあいまいな中で現場で早く柔軟に意思決定出来る文化を作っているのだとか。最も驚いたのは組織文化を改革するために自分を含む責任者7000人が一旦退職し新たに入社し直すなど緊張感のあるダイナミックな経営をしています。

この本はベンチャー経営者のみならず日本の大企業の経営者の皆さんにも読んで欲しい本です。
最強の未公開企業 ファーウェイ: 冬は必ずやってくる
china