月別アーカイブ / 2013年12月

皆さんこんばんは。あっという間に駆け抜けた2013年がもうすぐ終わろうとしています。昨年はこの時間に出社してましたが今年はお休みいただきました。出社しているスタッフの皆さんお疲れさまです。

今年は1月に1億ユーザーを達成し、春には会社分割するなど怒涛のスタートでした。そしてサービスではウインドランナーやポコパンなど人気ゲームやLINEマンガ、LINE占い、LINEニュースなどが生まれ、海外展開もアジアからスペイン、南米などに展開し夏には早くも2億ユーザー達成。マーケティングでもLINE@のサービスを開始するなどO2Oの展開で具体的な成果が出てきました。

そして8月のLINEカンファレンスで新サービスを発表してビデオ通話が始まり、インドやロシアなどのマーケティングも展開し3億ユーザーに到達。年末ギリギリLINEモールもスタートしました。2013年はサービス面でもビジネス面でも大きく成長しましたが来年は組織面でも大きな成長が期待できそうです。

会社としても個人としても大きな変化があった年でしたがどうやら来年はもっと大きな変化がありそうです。ダーウィンの強いものでも賢いものでもなく変化に対応できたものが生き残るという言葉がありますが、変化に対応しながら、どうせなら楽しんでやろうと思います。

ユーザーの皆さまとパートナー、社員の皆さま来年も宜しくお願いいたします。
daruma

昨日は孫泰蔵さんが代表のMOVIDA JAPAN第5期のアントレプレナー向けメンタリングに参加してきました。メンターがそれぞれ会議室に入り8チームと順番に個別メンタリングをする仕組みで行いました。

チームはアイデアベースのチームから既に事業を開始し黒字化しているところなど様々でしたが、それぞれなんらか課題があって参加しているという状況でした。 まずはアイデアベースのチームに関しては、まずは起業してみたいという気持ちからアイデアを練り上げているところでしたが、その場合海外含め似たようなサービスの調査やユーザーとなるターゲットの本質的なニーズなどの深堀りが足りないようでした。起業したいという気持ちも大事ですが一方でチームの力や自分達のコンセプトを客観的に見る目も必要ですね。

次にある程度事業やサービスが具体的になってきたチームでは、逆に色々な人の意見を取り入れすぎて複雑になったり、また専門家の意見を聞いてスケールしにくくなったりという壁にぶつかっている様子でした。複雑すぎる場合には中途半端が一番良くないのでNO.1で且つ収益が見えるものに絞り込むことをお薦めしました。そしてマニアックになっているものについては目線を変えて例えばB to Cから B to Bの可能性を議論してみたり、 2歩先ではなく半歩先くらいを見てみたらどうかなど様々な意見交換をさせていただきました。

また既に黒字化している、また黒字化が見えている事業のその先というチームについては現在の事業やサービスをより大きく成長している他の産業に置き換えた場合に次にどんな展開が待っているか、競争の仕方や展開の仕方で新しい考え方はないかなと議論させていただきました。事業がある程度うまくいっていると逆にそのものにとらわれすぎて新しい発想がしにくいので、逆転や置き換えの発想、また他コンセプトとの掛け算の発想などを一緒にやって視界を広げるお手伝いをしました。

8チームそれぞれの異なるレベルだったからこそ様々な議論が出来、また様々なメンターと個別に話したからこそ可能性の幅が広がったと思います。チームの皆さんにとってとても良い機会だったと思いますし、また自分自身においても自社のサービスや個人の現状についても振り返る良いきっかけにもなりました。イトケンさんまた次回も声かけてください。

MOVIDA JAPANはこちら
http://www.movidainc.com/

メンターの皆さんとチームの皆さん
movida2movida1

今週はgoogleの東京オフィスを訪問しました。以前渋谷のセルリアンタワーにあった頃に一度訪問しましたが執務スペースには入らなかったので今回じっくり見るのは初めてでした。

オフィス空間は和の空間が具現化されていて会議室の名前の色々な日本語の名前、銭湯みたいなスペースや屋台、祭りなどなどとてもユニークでした。ビリヤードや卓球などアトラクションをする場もありました。食堂でランチをご馳走になったのですが様々なメニューが全て無料。様々な国の人達が楽しそうにディスカッションしながら食べていて大変刺激になりました。

そして最後にYouTubeのスタジオを見学しました。とてもアーティスティックでかつ本格的なスタジオがいくつかあります。そしてこれら全て無料で使用出来るそうです。googleとYouTubeとまた少しカルチャーが異なりながらも成長している会社のオフィス参考になりました。
google2google1google3

↑このページのトップへ