良く聞かれることが森川さんは新しいことを成功させているということは未来が見れるのですか?と決まれます。もちろん未来が見えたら失敗することもなくギャンブルで稼いだり苦労することはないでしょう。未来は見れません。ただ見ようと努力をします。

未来は見えないけど近未来や近似値はもしかしてどこかにあるかもしれません。例えばIT産業であればシリコンバレーには多少の未来はあるでしょうし、両親や上司を見ると自分の未来が若干見えたりするかも知れません。大事な事が見る努力をすることと仮説を立てて実行することなのではないかと思います。

良く新規事業をやる際に釣りのようなものだとお話します。水の下にいる魚は見れないけど過去の釣りの経験や周りの釣果を見て仮説を立てて行動に移します。そして仮説をつぶしながら最終的に釣果につながるというプロセスです。これを砂漠に迷ったときにオアシスを見つけるプロセスと話すこともあります。この場合は仮説を立て、整理をして進むべき方向を45度以内くらいに絞り進む中で答えを導くという進め方です。

やはり明確に未来が見える人はほぼいないでしょう。ただうっすらと見える中でいかに早く仮説を立て実行するかが重要です。成功している人はそれ以上に多くの失敗をしている人だと思います。ただ意味のないまったく成功につながらない失敗はしてはならないし、成功につながる失敗はむしろ失敗ではなくテストと呼べるものになるでしょう。