東京の都立高校で、生徒指導の一環として「地毛証明書」の提出が求められ、保護者が「髪の色が栗毛色」「縮れ毛である」と書いたり、子どもの時の写真を添付することを求められるケースがある、というニュースに衝撃を受けた。

正確に言えば、「衝撃を受ける」とともに「日本の世間ってそんなものだよな」という第二弾の驚きがきて、そちらの方がより衝撃的だったかもしれない。

記事によると、このような方針をとっているのは、「私立高との競争が激しく、生活指導をきちんとしていることを保護者や生徒にアピールするねらいもある」とのこと。

つまり、日本の「世間」は、「髪の毛がちゃんとしていないと生活指導ができていない」という印象を持つということだ。

そのことについては、思い当たるふしがある。

先日、私はある就活イベントで、とても素敵な社長さんとお話した。

お人柄も、経営方針も、すべて素晴らしかったのだけれども、ただ一点、就活生が髪の毛を黒くしてくるのは「当然だ」とその社長さんがおっしゃったのには、心底驚いた。
その社長さんによると、会社の業態として営業が多く、「社員が黒髪でないと、クライアントの受けが悪い」というのである。
つまり、日本には、そのような「世間」があるということだ。

続けて、社長さんは、「社員や、就活生が黒髪になるのは、当然です。こちらもプロですから」とおっしゃった。

ぼくは本当にびっくりして、それから1分くらい、どうしてそのような考え方が間違っているのか、人権問題であるのかをお話したが、就活生中心の会場はしーんとして、どうやらそのようなことを言う人をあまり見たことがなかったようだった。

言うまでもなく、髪の毛が「黒い」のがデフォルトだというのは、全く根拠のない思い込みに過ぎない。

直毛が当然、というのも、全く根拠のない思い込みに過ぎない。

世界を見れば、いろいろな色の髪の毛があって、縮れているひともいるということは明白だが、世間は、「日本人は髪の毛が黒くてまっすぐなのが当たり前だ」と思っているということだろう。

さらに言えば、日本人だって遺伝的にいろいろな人がいる。 「日本人は髪の毛が黒くてまっすぐなのが当たり前だ」という仮説は成り立たない。

そのような世間の思い込みが、いかに愚かで、ツッコミどころ満載かということは敢えてここに書かなくてもわかると思うので、省略する。

問題は、学校の教育現場や、会社の社長さん(会社もまた、公的な存在である)が、何の反省もなく、「日本人は髪の毛が黒くてまっすぐなのが当たり前だ」という愚かな思い込みに従った教育指導、経営を行って、それで恥じないということだ。

私は、ここに、日本における「世間」というものの愚かしさ、恐ろしさ、そして、「長いものに巻かれて」安心して生きている人たちの、思考停止を見る。

「世間に合わせた」思考停止こそが、日本のもっとも深い病根だと私は思う。

今回の「地毛証明書」の件について、より悪いのは都立高校か、それとも世間なのか、私にはわからない。

敢えて言えば、どちらも悪いのだろう。

一つ、ここで書いておきたい。

そのような理不尽で、意味のない指導を受けて、傷つき、悩んでいる高校生たちへ。

君たちは全く悪くない。君たちの方が正しい。おかしいのは、世間であり、都立高校の方なのです。

rainbowneko
 





 TEDの最終日、聴衆代表による「フィードバック」があった。
 事前にクリス・アンダーソンにメールで申し込んだ人から選ばれた人たちで、一分以内で、今回のトークの感想や批判を言う。全部で十人くらいだった。

 一分経つと、マイクのスイッチが自動的に切れて、何も聞こえなくなる。

 TEDの舞台からは、カウントダウンの秒数が見えるようになっている。
 それがゼロになると、本当に音声が消えてしまったので、笑ってしまった。

 聴衆代表のフィードバックは、期待値をはるかに上回るもので、TEDのコミュニティのすばらしさを改めて感じさせた。
 一番大きな拍手(ほとんど全員がスタンディング・オベーション)を受けていたのは、テニスのセレーナ・ウィリアムズさんのセッションについてのコメントである。

 聴き手が一人登場して、セレーナさんに質問する、というかたちになったのだが、結婚したきっかけや、妊娠のことなどプライベートなことを中心に話が進んでいった。 
 (聴き手は、どうも、アメリカのテレビのパーソナリティーみたいな人だったようだ)。
 
 これに対して、壇上(TEDの、丸いステージ)に立った聴衆代表が、「セレーナは、アスリートとして卓越しているのであって、そのアスリートとしてのチャレンジの話とか、努力の話をもっと聞きたかった。男性アスリートだったら、あんな会話になっていただろうか?」と問題提起して、会場から、「イエーィ!」とものすごい歓声が上がった。

 実は、全部言い終わらないうちに、一分経ってマイクが消えてしまったのだけれども、聴衆がずっとスタンディング・オベーションしたままだったので、クリス・アンダーソンが、「戻っておいで!」とセンターステージに呼び戻して、残りの部分(ほんとうに10秒くらい)を話させた。

 次に順番待ちで立っていた人が、「私の1分を譲ってあげてもよかったくらい、素晴らしかった」と発言して、それでまた聴衆がものすごい拍手をした。

 あと一人大きな拍手を受けていたのは、内容自体はすばらしかったデイヴィッド・ミリバンドさんを批判したコメントだった。
 デイヴィッド・ミリバンドさんは、元イギリスの外務大臣で、今、難民支援の仕事をされているのだが(話の内容は情熱的で構成も素晴らしく、ぜひTEDのホームページで見てほしい)、その聴衆代表は、「デイヴィッド・ミリバンドが立っているべきなのは、このTEDのステージではない。今、イギリスは、どういう状況か。Brexitで、移民たちが厳しい立場に置かれようとしている。テレサ・メイ首相に対抗するはずの労働党の党首ジェレミー・コービンは全くダメだ。イギリスに戻って、首相を目指すべきなのではないか」と話して、喝采を受けていた。

 TEDはコミュニティで、話の内容を厳しくしかし温かく吟味して、ほんとうに素晴らしいアイデアだったら惜しみなく拍手を送る、そのような反応の素早さがスピーカーに一つのプレッシャーとなって質を支えているように思う。

hammockneko20160330
 

「広げるに値するアイデア」(ideas worth spreading)をスローガンに、さまざまなスピーカーが登壇するTEDだが、実は、非常に大きな秘密がある。

 その秘密は、最終日の最後のセッションの、ほんとうに最後のトークで明らかにされる。
 コメディアンが登場して、それまでのトークを「笑い」にするのだ。

 TEDのスピーカーは、もちろん、真剣に、自分が伝えたいメッセージを話す。
 そのメッセージは、考え抜かれ、練り上げられたもので、世の中を変えたいという熱意に満ちたものだ。

 ところが、最終日の、本当の最後のトークは、コメディアンの役割。
 それまでの、真剣でポジティヴなメッセージを、敢えて笑いにすることで、全体としてのバランスをとっているのだ。

 論理の破綻や、生真面目すぎるところや、ツッコミどころや、聴衆が抱く素朴な疑問などを、次々と指摘し、時にはこき下ろし、時には援護し、容赦なく標的にしていく。

 司会のクリス・アンダーソンも、毎年この時を楽しみにしていて、いつもにやにや笑いながら、スピーカーを紹介する。
 今年のスピーカーは、コメディアンの Julia Sweeneyだった。

  Julia Sweeneyは、昨年もこの役を請け負っていた。
 
 真面目で、前向きなメッセージほど、それをあとからメタ認知して、そのダメなところや行き届かないところを笑いにすることで、全く別の角度から問題を考えることができる。
 Julia Sweeneyは、手にしたメモを見ながら、次から次へとトークにツッコミを入れていって、聴衆は大爆笑していた。

 自分たちの熱いメッセージに、敢えてツッコミを入れる。
 このような感覚があって初めて、TEDの全体としてのバランスがとれてくるし、クオリティも保たれる。

 Julia Sweeneyには、彼女としてのTEDのトークもあるけれども、この、最終日の最後の「笑いのメタ認知」は、基本的に公開されない。
 だから、この最後のトークは、TEDの隠された秘密なのだと思う。

cloverneko
 

↑このページのトップへ