月別アーカイブ / 2017年03月

imgrc0073184837.gif
バリのブリードと言えばスギが人気あります。この画像はスギではなくヤスリサンゴと呼び我が家の玄関の珊瑚水槽に一年半前から入れています。蛍光たんぱくが多いのでLEDに向いていて成長はやや遅めです。飼育自体は容易ですが色揚げは若干難しいかな。

20170328_134939.jpg
これはブリードでは入荷しませんがスギの仲間でヒメマツと呼びハイマツみたいにポリプが良く咲きます。ポリプにも色が載っていると大変綺麗に見えます。飼育は簡単で色落ちもあまりしません。以前はピンクのツツハナと一緒に良く入荷されていましたが…。

2a7fdd55-s.jpg
ブリードでもっともポピュラーなグリーンのスギミドリイシです。この蛍光グリーンのスギは直ぐに根本から白化するのでベテランほど避ける傾向があります。

20170316_190303.jpg
ブリードの珊瑚にはスギが沢山入荷しますが私は好んで購入しています。白化するのに?!

20170330_194242.jpg
これがそのバリブリード珊瑚の蛍光グリーンのスギの仲間ですが例に漏れず下から白化しました。対策は放置に限ります。毎回そうしてます。

20170330_194249.jpg
画像のようにいずれ白化は止まりライブロック化して珊瑚はポリプ食化します。そして成長を。

20170330_194254.jpg
ブリードのグリーンのスギは全部そんな感じですね。それでブリードなのに変な型になっています。でもこうなると丈夫です。

20170330_194301.jpg
そのユビを小さく切断してボンドで貼り付けると直ぐに根付きます。

20170330_194310.jpg
120水槽でも同じですね。良く画像を見ると根本に白化が始まりましたが、それ以上のスピードで上に伸びます。これは自然界でも普通に起こるようです。逆に根本がライブロック化して枝が伸びるのでブリードらしくない迫力が出ます。

20170331_124115.jpg
ミドリイシ飼育で一番悩む事はライト選びですよね。私が参加するREEF2REEFで実績のある灯具はT5だとATIでLEDではラディオンプロやアトランティックやハイドラですね。ライトに関するフォーラムのカテゴリーが出ているメーカーに人気があります。


LED

20170331_124055.jpg
先ほど上から撮影して見ました。上から見ると鮮やかで綺麗に見えますね(#^.^#)スポットLEDやUVが無くても添加剤メインで色揚げは可能です。カルシウムリアクターも無し。ATIのライトにH&Sのスキマーにゼオライト(モンモリ)リアクター仕様です。

20170331_124142.jpg
海水の水槽が5本に錦鯉の生け簀が一つでメンテナンスが大変です。しかも水槽がデカイ(/≧◇≦\)ヤギとウサギの飼育と休む間もない。

20170331_124215.jpg
水槽をセットしてから3日後に魚を入れてます。南海魚園さんのフエヤッコ、アクアギフトさんのインドスダレ3匹、アフリカさんのキイロハギ3匹。キイロハギの1匹は買った時から痩せていて餌を食べずに直ぐに落ちましたがあとは全部元気にしてます。(#^.^#)

スキマーとかウールマットがなくろ過がタワシだけなので土壌バクテリアを毎日投与しています。







dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


3ae425e8

 
べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

20170330_130754.jpg
本日、我が家の水槽を全て撮影しました。(錦鯉は撮り忘れた)ここ数年と殆どの代わり映えは無いですね。魚水槽の方も。今後はもう実験する事はないかな?器材トラブルだけは怖いけど。

20170330_130811.jpg
ブリード珊瑚は綺麗でライブロックも土台に付いているしボキッ折りでないからリスクも少なく価格も比較的安いのでお薦め致します。ブリードは直ぐに成長しますから。

20170330_130813.jpg
この画像の真ん中にある珊瑚は型が変でしょう。2年前にブリードが先端から白化したので折って放置していたら被覆してこうなりました。何故か縦に伸びず横に広がるばかりです。珊瑚は何を考えているのか解らずそこが面白いですね。


20170330_130318.jpg
嫁さんのパープルウィーンは去年の7月に10匹アクアギフトさんで購入し一ヶ月後には5匹に減ったので5匹追加。それから現在もその10匹のまま飼えています。シマヤッコやベントラやマルセラは初めに餌に魚馳走さま(アミノ酸+ビタミン)を漬けてしっかりと太らせてから普通の人工飼料だけに戻します。ずーと魚馳走さまを使うとお魚がデブになるので^^;

20170330_130846.jpg
玄関の55水槽はオーバーフローでないからごちゃごちゃしてますね。水槽のガラス面の汚れが水垢で酷い場合は炭素源のすっぴんを減らして土壌バクテリアを増やして脱窒させて下さい。

20170330_130817.jpg
元々は大型ヤッコがメインでした。魚も長く飼うと犬みたいです。

20170330_130935.jpg
もう白点が出ないですね。魚も徐々に太って来ました。

Screenshot_20170329-195109.png

「白点大魔王は銅イオンだから劇薬指定?」

白点大魔王は乳児用ミルクに添加されている銅イオンを使用しています。乳児のミルクには銅が必要で認可量の6mg/L又は320μg/100g含ませているようです。つまり白点大魔王より赤ちゃんミルクの方が銅濃度は高いです。

硫酸銅は確かに劇薬に指定されていますがその致死量とは200mg/kg。成人の体重が50kgだと10.000mg(10グラム)以上を一度に摂取すると死にます。白点大魔王だと500mlを10本近く一気に飲まないと致死量には達しません。

硫酸銅の致死量は大人で10グラムですが実は塩も危なくて大人だと30~100グラムで致死量に達します。水でも大人が一度に6リットル以上飲むと死にますからね。尚、銅イオンの固形物は薬事法により規制させています。





dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


3ae425e8

 
べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

ec4da88e.jpg

ZENI-NAIYOシステムの質問が良く届きますので今回は説明させて頂きます。
底砂を厚くして脱窒を行うDSBシステム
(ディープ・サンド・ベット)の
スポンジ版でスポンジ嫌気システム
とも言います。砂だと硫化水素が出たり何年も使うとリンが蓄積して交換を要しますがスポンジだと手入れが楽になります。


ZENI-NAIYOシステム(スポンジ嫌気システム)は
3つのバージョン
があります。


■底面間欠噴き出し式ZENI-NAIYOシステム


詳しくは 
でも説明されていますが無数に穴を開けた塩ビパイプを間欠(3時間毎)で噴出して半強制濾過を行い砂に埋めた嫌気スポンジで脱窒を行うシステムです。連続通水では栄養塩が増えます。利点は半強制濾過で生物層が豊かになりアンモニアが早く分解出来る事。欠点は底砂が厚くなる(3㎝ほど)事です。大きな水槽向けです。(90~)現在、我が家の120水槽、アクアギフトさんの珊瑚水槽全部、エキゾチックアフリカさんの珊瑚販売水槽に使用されています。


■外部フィルター式ZENI-NAIYOシステム


エーハイム(2217等)など外部フィルターの中に嫌気スポンジをドーツ状に入れてライブロックを穴に詰める方法です。我が家の55㎝水槽で1年以上回しましたが安定が良く飼育水槽がスッキリします。擬岩や底砂無しでも可能です。外部フィルターは強制濾過ではないので(ライブロック程度)連続通水させます。小型水槽向けです。利点は飼育水槽内をベアタンク化が可能。欠点は大きな外部フィルターを使うのでスペースが必要な事。


■サンプスポンジ嫌気システム


ただ嫌気スポンジをサンプに沈めただけです。現在55水槽と嫁さん水槽に使用しています。サンプが広くないとスポンジが設置出来ないので中型水槽向けになります。利点は簡単。欠点は強制濾過が働かないので水質の安定感はやや劣る。


アフリカさんでZENI-NAIYOを組んでいる様子はこちら↓



img_0.jpg


ZENI-NAIYOシステムの詳しい解説はこちら↓

 
さんのブログ



20140802081954aff.jpg

こんな感じで自作します。非常に簡単です。(画像はJUNさん)


5b203cca.jpg

四角いパイプの中にスポンジを置きます。(要固定)その上に珊瑚砂の3~5番を敷きます。水中ポンプはカミハタのRIO90~180で十分です。強いと底砂が舞います。


20150921224521092.jpg

ZENI-NAIYOシステムは土壌バクテリアで立ち上げます。金の掛からないシステムです。


20150919_191153

リーフ用のデオライト(べっぴん珊瑚はAl
10/3
Mg
2/3
N型。ZEOVITはNa
2/3
Si
8
O
20
・(OH)
4
K型)は表面を溶かしイオン交換するミネラル系鉱石(アクア用のゼオライトや活性炭の様

に多孔質では無い)なので定期的にポンピングさせて表面の粘膜(ヌルヌルして有機質

を取り込む)を剥がして再生化させる必要があります。剥がれた有機質はスキマーに取ら

れるかバクテリアや珊瑚の餌になります。


ゼオライト(モンモリロナイト)自体からも下記のミネラルを放出しますので珊瑚飼育に適し

ているでしょう。またOHラジカル効果により褐虫藻を抑える働きがあります。


モンモリロナイト

pH(H2O)

6.0

塩基置換容量(me/100g)

64.5

塩基飽和度(me/100g)

99.5

置換性塩基(me/100g)

有効態養分量(me/100g)

 カルシウム

36.3

 カルシウム

1,016

 マグネシウム

22.3

 マグネシウム

446

 カリウム

4.0

 カリウム

192

 ナトリウム

1.6

 ナトリウム

50

北海道農業試験場農芸化学部 分析



20170329_163440.jpg

エーハイムの故障で(25年使用)外部式ZENI-NAIYOからサンプ式に変えました。そのせいで珊瑚を1個白化。シマヤッコ、ベントラなど魚は年単位で飼えています。チチュウカイクリングも元気です。昼間は出て来ないけど。


20170329_163452.jpg

嫌気スポンジの上にスキマーを置いています。べっぴんセメントの塊を入れたらPHとCAとKHが安定しました。藻やコケが減ったのでPHとCAとKHが不足していたのね。


small.jpg

■外部フィルター式ZENI-NAIYOシステム


画像

20170329_163349.jpg

■サンプスポンジ嫌気システム


20170329_163228.jpg

■サンプスポンジ嫌気システム(嫁水槽)


20170329_183433.jpg

本日撮影。
■底面間欠噴き出し式ZENI-NAIYOシステム


20170329_183425.jpg

本日撮影。
■底面間欠噴き出し式ZENI-NAIYOシステム



20170329_183420.jpg

本日撮影。
■サンプスポンジ嫌気システム(嫁水槽)


Screenshot_20170329-195109.png





白点大魔王の現在販売店



アクアギフト

エキゾチックアフリカ(大阪)


イーストアフリカ(埼玉)


南海魚園


1490772392442.jpg

今日、南海魚園さんからべっぴん珊瑚アミノ酸を使って頂き効果を確認されたそうです。その画像を送って頂きました。<(==)>


画像は長い間、咲いていないイボヤギだそうです。

画像提供 南海魚園
1490772652616.jpg
ポリプが盛り上がって来ましたね!
画像提供 南海魚園
1490772405882.jpg
咲きました!

画像提供 南海魚園

@nankaigyoen1

海水魚、 エビ、 サンゴ類 生体専門店 問屋販売業務 営業時間 9時〜18時

大阪市住之江区御崎6-13-12-201
2016年1月に登録
小売も行っています。来店歓迎!


dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


3ae425e8

 
べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。








20170328_205633.jpg

嫁さんの90規格水槽の珊瑚を今回はUPさせて貰います。画像の通りポリプ食化して良い感じです。120水槽はT5にLED(ゼンスイの凡庸タイプ。青と白の素子)を点灯させていますが嫁さんはT5のみです。と言うのも120水槽の方は水深が600mmもあり又、ATIの安定器が故障してアクアギフト製と入れ替えていますので追加しました。


ストロベリーもピンクが徐々に濃くなって来ました。ストロベリーはべっぴん珊瑚のOG-1とレアメタルが効果的だと思います。


20170328_205609.jpg

オージーのウスエダは切り口が擬岩に活着し色彩も濃くなりました。ウスエダは水流を与えると駄目になるので置き場所を気を付けて下さい。リーフチャージとアミノ酸とビタミンを投与するだけで波長は照度は適当で大丈夫でしょう。我が家はウスエダだらけなので


20170328_210057.jpg

120水槽で白化させた3年物のバヌアツのウスエダは嫁さんの水槽で順調に育てています。成長モードに入ったので大きくさせて120水槽に戻す予定です。


20170328_205739.jpg

このブリード(バリ)の形を見ると解ると思いますが根元の部分が白化してそのまま上に育ちました。そしてポリプ食化してボーボーに。我が家はポリプ食化に拘った飼育法(アミノ酸、ビタミン、珊瑚フード)をしています。


20170328_205647.jpg

嫁さん水槽はウスエダのワンダーランドなのでユサユサと揺れて見ていて楽しいです。ウスエダだけは波長で攻めると強光障害が起こり弱るかもしれません。ポリプが良く咲くのでストロベリー同様に添加剤での色揚げが容易です。逆にポリプが咲かないと添加剤の効果が出難くなります。


20170328_205655.jpg

スギだってボーボーに咲きます。ポリプ食化すると下(擬岩)に成長するので丈夫になります。イメージとしてはアミノ酸のべっぴんオレンジでポリプを誘発(咲く)させてリーフチャージでポリプに給餌(カルシウム成分、不飽和脂肪酸、EPA、DHA)させるイメージです。茶石の元になる褐虫藻はモンモリやOG-1や低栄養塩環境で制御させます。また褐虫藻を減らした方が良く咲くようになります。


20170328_205659.jpg

純白だった珊瑚は画像左の通りベージュ色に落ち着きました。


20170328_205708.jpg

これもオージーのウスエダですがリーフチャージを入れると咲き乱れます。リーフチャージは消灯後に入れて下さいね。左のパープルのコモン(神戸のJさんから頂いた2年物)も良く咲いています。


20170328_205713.jpg

T5だとUV不足でグリーンがイエローに傾くので鉄分(べっぴんグリーン)を補給して色彩を濃くします。鉄分はリン酸も除去しますので(リン酸+鉄→リン酸化鉄に変換→沈殿)一石二鳥です。


20170328_205718.jpg

このテーブル珊瑚は初めから居るので成長しましたね。


20170328_205723.jpg

これも長く居るウスエダです。


20170328_205728.jpg

あっちこっちに活着しています。


20170328_205733.jpg

120水槽のバヌアツのパープル珊瑚(下の広告画像の奴)も3つの水槽に分けましたが全て元気に育っています。


珊瑚飼育にはアミノ酸や珊瑚フード等を給餌させてポリプを育てるstyleとポリプは咲かせず波長メインにして光の依存で褐虫藻を育てるstyleと分かれます。

日本は古くからメタハラを多灯し大量の水換え+リン酸吸着剤を使っていた事から後者の波長に頼る飼育styleが現在でも定着しています。波長だけで飼うstyle(添加無し)は褐虫藻が多く飼育環境の変化に強い国産の珊瑚が合っていると思います。

添加剤は古くから海外では良く使われ、更に魚に生餌(冷凍)を与える事で水質が豊栄養状態になっています。そこに炭素源にバイオパレットやウォッカなどをブレンドさせて低栄養塩環境を作ります。海外のリーフタンクの珊瑚達は良く咲いてますからね。

珊瑚にとって海水(水質)は畑の土でありライトは太陽です。両方とも珊瑚が生きていく上で重要なファクターである事には違いません。

最新RSS

dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


3ae425e8

 
べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

20170327_130102.jpg
本日、ポリプがご機嫌だったので撮影しました。嫌気スポンジの使い方がイマイチ解らないと質問がありましたので簡単に説明致します。

嫌気スポンジはエーハイムなどの外部フィルター又はサンプに沈めますが飼育水を通さない(強制濾過不可)のがコツです。スポンジを厚い底砂の代わりに使うので無酸素の場所を作って栄養塩を減らします。それを脱窒と呼びます。

ミドリイシなどの珊瑚は綺麗な海水(低栄養塩環境)を好むので脱窒を使うか、大量水換えをするかの二者選択になります。私が推薦するBPsystemは無酸素の場所が必要(嫌気領域)なのでスポンジがその役目を果たします。

20170327_130324.jpg
土壌バクテリアは他のメーカーさんのバクテリアとは違い嫌気バクテリアがメインになっています。元々は生ゴミを処理するコンポストの土壌細菌ですので汚物を分解する修理能力は高いです。またスッピンには土壌バクテリアの餌(培養液)が含みますので兼用する事により効果はアップします。

20170327_130331.jpg
ミドリイシ飼育は水質を安定させるのに兎に角時間が掛かるものなので気長に楽しんでください(#^.^#)

bClCAuSWvA.jpg
透明度もバッチリです。T5の場合は透明度が悪いと色が揚りません。そう言う意味ではパワーのあるLEDは有利ですね!T5とLEDとではメリットだけを言うならLEDの勝ちでしょう。カラフルな素子で演出効果(ライトマジック)もあります。

20170326_200132.jpg
ジェムタンさんはどんどんと大きくなります。綺麗なハギですね。

20170327_130035.jpg 
なぜか私が水槽の前に立つとパープルクィーンが中央の穴に潜みます。

20170327_222330.jpg
PPタワシ濾過+土壌バクテリアの立ち上げで全員元気にしています^^白点大魔王は2400円(税抜き)になりました。
最新RSS

dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


3ae425e8

 
べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。






ime.gif

白点大魔王がとうとう出撃致します。テスターさんの成功と失敗をデーターとして見直し白点やコショウなど厄介者を白点大魔王が成敗致します。これは
白点除去剤のフルキット
です。


20170201_000653.jpg
白点大魔王の特徴は次の通りです。


■銅イオンで素早く撃退。これ1本で2.000リットル(2トン)の水量を対応致します。


■業界初の銅中和剤(200L対応)を同封。計量カップ付き。


■取り扱い完全マニュアルを付属しています。QRコードで個別にサポート致します。



IMG_8896.JPG

白点大魔王使用説明書


キット内容


□本製品500ml□ 使用説明書 □計量カップ □中和剤(200L対応)価格税抜き2.400円


内容:銅イオン+金属イオン複合物(天然海水成分)


魚に付いた白点やコショウなど除去します。魚専用で珊瑚や貝やエビ(甲殻類)やイソギンチャクには使用出来ません。


魚種類A

 ハナダイ(ベントラ、キンギョ、パープルクィーン等)

     小型ヤッコ(フレーム、レモンピール、ルリ等)

     幼魚 (ウズマキなど5センチ以下の幼魚)


魚種類B

 スズメダイ (ルリ、デバ、クマノミ、ミスジ等)

      大型ヤッコ (タテキン、ブルーフェス、クィーン等)

      チョウチョウウオ (トゲ、フウライ、チョウハン等)

      ハギ (キイロ、ナンヨウ、パープルタン等)

      ベラ類 (ツユ、コガネ等)ゴンベ類、フグ類


使用説明 


1日目初回 50リットルに対し本製品を良く振り魚種類Aの場合は2.5mlで魚種類Bの場合は5ml入れて下さい。


12時間後に50リットルに対し本製品を魚種類Aの場合は2.5mlで魚種類Bの場合は5ml入れて下さい。必ず銅テスターを使ってAは0.15ppmでBは0.25ppmに調整して下さい。異変があれば銅中和剤を入れるか水を換えて立て直してください。


翌日にも銅テスターを使い銅を少量足して0.25ppmに戻して下さい。ろ過で変わりますが50リットルに対し本製品を魚種類Aの場合は0.5mlで魚種類Bの場合は1ml程度だと思います。ろ過が強ければもう少し増えるでしょう。


白点やコショウが取れても4日ほど続けて下さい。白点は3~4日で魚から離れて床に落ち、増殖(シスト分解)を行い子虫(セロント)が生まれた時に本製品が撃退し魚に再び付かない様に致します。一旦、魚の皮膚に食い込んだ白点(親虫)は魚の粘膜に保護されているので銅イオンでは殺せません。


銅中和剤 

(2NaHCO3 + 2H20 + H2SO4→  2CO2 + 4H2O + Na2SO4)

一袋で総水量200リットルが中和出来ます。50リットルに対し中和剤を大さじ1杯をコップ1杯(180cc)溶かして1日1回投与して下さい。翌日も銅が検出した場合は同じ量を再度投与して下さい。天然ミネラル成分(PHバッファー剤)なので少々多く投与してもPHが少し上昇する程度で問題ありません。白点が取れてから3日後に半分水を換えて中和剤を使用して下さい。


注意事項

魚が餌を食べなくなる事があります。

生体の死亡、発病、珊瑚の死亡等は保障致しません

手や目に入った場合は流水で洗い医者の指示に従ってください

貝、エビ、珊瑚、イソギンチャク、海藻には使用出来ません


IMG_8898.JPG
SERAとREDSEAの銅テスターがありますがどちらでも構いません。個人的にはREDSEAの銅テスターの方が素早く試薬が反応するので便利でした。SERAは日本語の取り扱い説明書が無いので少し迷います。


IMG_8891.JPG
我が家では1匹も死にませんでした。魚水魚の
総卸業者の南海魚園さんのご協力で詳しいデーターが取れました。


IMG_8892.JPG
残留銅の影響も無く良く餌を食べています。銅イオンを使うと暫くは餌を食べなくなる事があります。


中和剤e.jpg
銅中和剤は2時間から6時間後に効果が出て来ます。炭酸銅(固形)に変わり濾過マットに溜まります。


Screenshot_20170323-204051.png
Screenshot_20170316-211807.png
Screenshot_20170316-205037.png


20170301_160237.jpg
1487756718152.jpg



1487756709561.jpg




最新RSS



dd
べっぴん珊瑚公式サイト 


3ae425e8

 
べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

btn_add_line

恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

20170325_161022.jpg
今日は夕方にスーパーカー専門店のロッソカーズへ。ランボルギーニ・アヴェンタドールがありました。これ欲しいですが5000万円・・。500万円の高級車のクラウンが10台買えます(><)100回払いの長期ローンしても月に50万?金利忘れてた・・。

20170325_161015.jpg
ランボルギーニのガヤルドです。パールホワイトかぁ。ビアンコ富士とも呼ばれますね。

20170325_161019.jpg
リフトの上にもランボルギーニが。

20170325_161028.jpg
フェラーリ458イタリア・スパイダーです。美しい・・・。3300万円~はするでしょう。

20170325_161030.jpg
手前からランボルギーニ・ムルシエラゴLP640にフェラーリF430・ハーマンにフェラーリ360モデナ・スパイダー。

20170325_161046.jpg
ランボルギーニ・アヴェンタドールです。車高が低い!白くてダクトが多く機動戦士ガンダムに見える。

20170325_171952.jpg
アクアギフトの若王子からべっぴん珊瑚の在庫が無くなったと急に連絡が入り用意して向いました。皆さんありがとうございました。

20170325_175555.jpg
珊瑚の輸入量が増えたので店内で色揚げした固体をお買い得価格で放出中です。
http://aqua-gift.com/fish_newitem/2066/
20170325_175651.jpg
オージーのパープル(青)の在庫のウスエダが数個残っていますが切り口まで共肉が多いポリプ食化していました。店内で既に成長モードです。この便は当たりロット(店内で白化無し)なので弱い水流+適当な照明(ハイスペック必要なし)で+リーフチャージで飼育が出来るハズです。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/aquagift/
20170325_175701.jpg
ミドリイシで大して水流が必要ない珊瑚はウスエダだけ。ただし水質変化には敏感です。波長よりも餌で育てる珊瑚です。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/aquagift/
20170325_175704.jpg
オージーのパープルのウスエダは綺麗ですね。トゲはフィジーとトンガが綺麗です。アクアギフトさんはリーフチャージを使用されています。嫌気スポンジを底砂に埋め込み塩ビパイプで噴き上げるゼニナイヨシステムです。この方法が一番水質が安定します。(我が120水槽やアフリカさんのSPS販売水槽でも使用中)

IMG_8829.JPG
嫌気スポンジは下のアクアショップさんで在庫させて頂いています。(数に限り有り)
材質は固めで硫化水素のリスクが少なくサンプ等に沈めるだけで簡単に脱窒が出来て低栄養塩環境が作れます。カットして使って下さい。(価格は税抜き2.000円)50cmX50cmX4cm(厚)1枚で150水槽対応
エキゾチックアフリカ
 
アクアギフト 
CREATE THE SEA
 APN・岐阜・名古屋

IMG_8817.JPG
世界一安いオリジナルの低栄養塩システムです。

20170325_193331.jpg
エキゾチックアフリカさんへ。ブルーのヒメマツとピンクのツツハナ(完売)です。本日、アフリカさんに嫌気スポンジを展示販売していますので栄養塩にお困りの方はぜひ試してください。
http://exoticafrica1.jugem.jp/

http://exoticafrica1.jugem.jp/

最新RSS


  • 犯人は?NEW!
  • 面白そうなアクア用LEDライト!NEW!
  • お祝いNEW!
  • クーラーにダクトファン取り付け
  • 修理をお願いしたら・・・グレードアップ?
  • とーちゃんの春からの目標は。
  • べっぴん珊瑚 発泡到着
  • アカメカブトトカゲ脱皮
  • 褐色化⁈
  • 小型水槽改修しました…
  • 自作水槽台改 コントロールキャビネット?
  • チェンジングカラータイルフィッシュ

  • dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    3ae425e8

     
    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

    20170324_131748.jpg
    本日撮影しました。実験に使っているキイロハギの3匹はこの120水槽に入れます。流石にチョウチョウウオはポンプ突くから駄目だろうな。

    LEDやメタハラだと少々ポリプを突つかれて咲きが落ちても波長に依存しているので大丈夫ですが、T5の場合は咲かなくなると致命的です。T5はくそ波長のせいでポリプが咲きやすい反面、咲かなくなると白化のリスクが増えます。

    そう言う意味ではT5にUV付きスポットLEDの補助灯の組み合わせは最良でしょう。波長は豊かに超した事有りませんが強光障害には気を付けてください。光りは珊瑚を包み込むように照らす物で光線を射す物ではありませんから。

    20170324_132041.jpg
    フラグのストロベリーが現在回復中でピンクとシアンが徐々に戻って来ました。本当にあの時は全滅するかと思いましたよ((( ;゚Д゚)))
    20170324_132054.jpg
    テストは今後玄関の55水槽で試してからにします。今はべっぴんセメントを使ってPHとKHとカルシウム濃度を調べていますがこれが思いの外安定しているのでどうしたものか…。水酸化カルシウムの直投与はもう懲り懲りです(/≧◇≦\)

    20170324_131940.jpg
    珊瑚水槽が鉄板になるのに1年は掛かります。ゼオビットのポール氏でさえ水槽立ち上げに11か月掛かったそうです。systemは一発で決める必要性があり途中で変更ばかりでは遅れるばかり。それは魚水槽でも同じですが。

    20170324_131951.jpg
    珊瑚の調子が絶好の時は照明も水流も添加も強めが良いですが、調子がイマイチの時はどれも弱めが良いと思います。人間も調子が悪い時にそれ運動しろ!それ飯を沢山食え!と言われたらゲー吐くわ。調子が悪い時はそーとしてあげましよう。

    20170324_132012.jpg
    珊瑚飼育は初めの珊瑚選びと入荷状態で半分は決まると言って良いでしょう。初心者の方ほどピンクやブルーの綺麗なクシハダを買われますが色揚げに関してはストロベリー、ウスエダ同様に上級者向けです。初心者に勧めたいのが台付きのスギとユビです。テーブルを選ぶのなら蛍光グリーンですね。

    20170324_132018.jpg
    珊瑚飼育の基本は珊瑚に触れない!水質変化をさせない!メンテをサボらない!です。
    水換えのスパンや量は個々の環境で変わりますからみずから見極めてルーティンを(* ´ ▽ ` *)

    20170324_132027.jpg
    ご神体がまた成長して来ました^^嬉しいです。

    最新RSS



    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    3ae425e8

     
    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。


    20170322_214537.jpg
    変な場所にミューカスが?まるで犬のヨダレみたいですね^^;

    20170322_214520.jpg
    犯人はヘビガイでした。ピンセットで除去しました。サンゴフジツボは放置させていますがカーリーとヘビガイとミノウミウシとキモガニだけは我が家では駆除します。

    image_large 
    世界のadvancedaquaristブログに「ヘビガイはサンゴの成長を妨げ時には殺す」と記事に出ていました。英文の記事によると

    ヘビガイ(チューブワーム)は管の先端から粘膜の網を投げプランクトンを捕まえます。研究者は6つの珊瑚礁をある実験を致しました。完全にヘビガイの粘膜が無い(0%)珊瑚礁と粘膜を覆った(100%)珊瑚礁を調査しハギなどの草食魚の生態を観察されたそうです。

    調査の結果は粘膜があるのと無いのとでは草食魚は2倍も藻を捕食する活動が変わるとの事でした。ヘビガイの放す粘膜ネットは草食魚の活動を妨げ藻類を増やす事で珊瑚礁にダメージを与えるそうです。

    NaOH(水酸化ナトリウム)やエポキシ樹脂や瞬間接着剤でヘビガイを封鎖すると良いそうな。又、ベラは好んで食べるので放すと良いと書かれていました。


    blog_sm
    ソース 
    オージーのウスエダは水流の弱い場所に置きますが、ストロベリーは水流の強い場所に置きます。ストロベリーは420nm付近の波長が必要ですのでT5の場合はアクアギフト製の390nmかアクトロニック管を入れます。ストロベリーなどオージー珊瑚は産卵が重なる冬の時期だけ入荷時の当たり外れが大きいです。

    20170323_130236.jpg
    珊瑚水槽では苔や藻が大発生する事が良くあります。藻が付いたライブロックやブリード珊瑚を入れ、水質に栄養と強い照明を与えれば藻や苔の育つ条件が全て揃います。対策ですがウェーブポンプに絡む藻をマメに掃除して放置します。カニやハギが居れば掃除をしてくれるでしょう。水槽が安定すると軈て枯れて自然消滅しその頃から一気に水槽が立ち上がります。

    20170323_130253.jpg 
    珊瑚水槽はレイアウトを作った後に嫌気スポンジ又は厚い砂を敷き、泡戻りの少ないスキマーと容量を十分に確保したクーラーと実績のあるライトをセットして、水槽かサンプに少量のライブロックを転がし土壌バクテリア添加すればと二週間後に透明度が上がり珊瑚と魚が飼えるハズです。それから生体が落ち着けば添加剤を開始します。又、スタート時からゼオライト(モンモリ)を強制濾過として使うと水質は早く安定するでしょう。(初期はZENI-NAIYOの強制濾過が有効)

    20170323_130300.jpg
    前回は酸化と還元の話をさせて頂きましたが、栄養塩が出るギリギリまで魚を増やすと珊瑚の調子は良くなります。それには嫌気領域と炭素源とのバランスが大事で、嫌気スポンジが水垢でベトベトになると脱窒能力が上がり炭素源を多く添加出来るので魚と珊瑚の両立も可能となります。これがBPsystemの強みですから。

    20170323_130309.jpg
    お薦めの珊瑚はここに写っているバリブリード珊瑚の蛍光グリーンのスギです。これで様子を見てから難しい珊瑚に挑戦されると良いでしょう。釣りで例えるのならこのブリードのスギはアジ釣りでストロベリーはクロダイ釣りかな。

    20170323_130317.jpg
    これは蛍光レッド系のハイマツです。蛍光レッドは色揚げ出来ますがソリッド(非蛍光)のレッドは茶色になりやすいで初心者の方にはお薦め致しません。

    20170323_130322.jpg
    私はポリプ咲きに拘っています。ユラユラ揺れるポリプを見ると癒されるから。(* ´ ▽ ` *)

    20170323_130325.jpg 
    ブルーやピンク(ストロベリー等)の色揚げにはバナジウム(レアメタル)が効果的です。またグリーンの色揚げには鉄分(グリーン)が有効です。ある程度は金属イオンの濃度を上げてあげないと効果は出て来ません。

    20170323_130329.jpg
    これは元々はブリードのレッド系のハイマツでした。3年前の↓当時の画像。ハイマツが違う形に・・。

    20141122_213818
    2014年11月28日のブログ画像です。初めはこれでした。2個とも現在居ます。

    20170323_130331.jpg
    べっぴん珊瑚は3つの水槽ともブルーが良く出ますのでブルーが得意だと思います。LEDでもブルーは良く出ますので。


    Screenshot_20170323-213310.png

    ヨッシーさんからの要望で白点大魔王のテストをして頂きました。パープルサージョンは既に重症です・・(汗)ハギ類は銅に弱いので硫酸銅が使い難いんですよね。直ぐに倒れるから。

    20170201_000653.jpg
    白点が増えそうなネーミングだなぁ。

    Screenshot_20170323-213531.png

    銅テスターも用意して頂きました。
    Screenshot_20170323-204051.png



    本日、完治したと報告を頂きました。まだセントロが潜んでいるかもしれませんので0.3ppmを残留させて4日間続けてもらいっています。

    1490271927181.jpg

    餌も食べるようになり回復傾向だそうです。銅テスターを使えばリクスは低い気がします。他の方も成功されています。(失敗も1例あり。改良して対策致しました)

    Screenshot_20170316-211807.png
    Screenshot_20170316-205037.png



    最新RSS
    NANOライト MarineタイプNEW!


    dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    3ae425e8

     
    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

    20170322_145720.jpg
    今日は九州から来られた勇希パパさんと松原ICで待ち合わせ~♪娘さんの引越しの為に関東に行った帰りだそうでお疲れ様でした。奥様も同乗されていました^^ 長い旅でラブワゴンですね!先日は関東のアクアリストさんともスイハイされていたそうです^^ ハイエースにべっぴん珊瑚のステッカーが。日本縦断の宣伝をして頂きありがとうございました<(==)>

    http://blogs.yahoo.co.jp/airtechnica1961/folder/652117.html
    20170322_152614.jpg
    珊瑚を物色中の勇希パパさん。連休開けのせいか売約中の売り切ればかりで・・。アクアギフトさんは在庫期間が長い固体ほど色揚りします。勇希パパさんは笑顔が素敵で気さくな方でした。次回はぜひお食事でもして長くお話したいです^^スマホの待ち受け画面が娘さんかと思えばなぜか8頭身の菜々緒さん(笑)

    20170322_155432.jpg
    途中まで一緒にランディブー(死語?)

    20170322_164241.jpg
    お土産ありがとうございました。美味しく頂きました^^

    IMG_8889.JPG
    今日の実験水槽です。特に変化はなくインドスダレもキイロハギもフエヤッコも人工飼料をパクパクと食べています。

    IMG_8874.JPG
    ベントラ(ハナダイ)は1年過ぎましたがベントラの寿命は2年だと聞きます。ディアディムは2年過ぎていますが・・。でもベントラは丈夫ですね!

    IMG_8876.JPG
    大型ヤッコは飼育してから8年突破しました。3年物のサザナミトサカハギは隠れています。最後に追加したのが嫁さん水槽に入れていたマルセラで13ヶ月目。

    IMG_8877.JPG
    アクアギフトさんで購入したパープルクィーンも10匹を維持したまま半年が経ちました。ただ飛び出しが怖い。

    IMG_8879.JPG
    ここにインドスダレとキイロハギとフエヤッコを放すと・・・。インドスダレはポリプ喰いそうだな。

    IMG_8882.JPG
    順調に回復しています。

    IMG_8883.JPG
    リーフチャージが良い感じですね!アクアギフトさんもアフリカさんも咲きが良くなると評判です^^少しサンプの縁が緑になるけど・・。

    最新RSS


  • 本当にポップアイ?NEW!
  • 今日のアブロニア
  • 褐色化⁈
  • After a year
  • スコティッシュフォールドからスポッテッドマンダリンまで。
  • 小型水槽改修しました…
  • もうすぐ到着
  • SEAHOG DCスキマー仕様変更のお知らせ
  • 自作水槽台改 コントロールキャビネット?
  • チェンジングカラータイルフィッシュ
  • いくぜー関西!!
  • 我慢ならない・・・ ヽ(#`⌒´)ノ

  • dd
    べっぴん珊瑚公式サイト 


    3ae425e8

     
    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。

    btn_add_line

    恐れ入りますがトラブル防止の為、べっぴん珊瑚ユーザー以外の方はお断りしています。

    ↑このページのトップへ