月別アーカイブ / 2016年06月



昨日、動画をUPしました。LINE@でのやり取りがで毎日大忙しですがこれも趣味なので楽し
く遊ばせて頂いています(๑˃̵ᴗ˂̵)公開型のブログで熱く語ると大ベテランの方に反感を買うだけ
なので、アクアマリンアクアリウムが楽しくなるような明るいブログ作りを目指します(*'∀'人)♥

IMG_6193
私は連呼している通りポリプの咲きに拘っています。何故ならば咲く珊瑚は良く育ち綺麗に
なるからです。どうしたら咲くのかな?と毎日考えています。

20160629_004428
ミドリイシを飼うのには最低限

「栄養塩と戦ってください」

色揚げと長期飼育はその勝利してからの話になります。

20160629_004424
栄養塩に勝利したら次ぎはアミノ酸(オレンジ)とビタミン(イエロー)と土壌バクテリアを投与させて

「藻とブラウンスライムと戦ってください」

負けると汚い水槽へ早変わり致します。バクテリアが勝つと藻が収まり栄養が珊瑚とバクテリア
(硝化作用促進)に吸収されます。

20160629_004441
藻とブラウンスライムが落ち付けば添加ブーストで色揚げと成長に専念致します。それまでは
色揚げ系は控えて下さい。無駄になるだけなので。ポリプが満開になれば添加ブースト開始!

20160629_004446
ニョキニョキと育ち崩壊しないシステム作りと添加剤を目指しています。まだ2年半ですが確実に
夢は叶っています。海外に負けないような成長感のある珊瑚水槽を目指します。またR2Rで出た
話題や情報も紹介させて頂きますね!今、R2Rではシアノ退治に付いて盛り上がっています。
LINE@の限定で次回に紹介致しますね!何せフォーラムで40ページも投稿されています。

べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
btn_add_line


20160629_004457
植物性プランクトン・珊瑚フード「REEF CHARGE」リーフチャージを暫く投与させているとポリプ
が長くなった気がします。今日の画像は全て昨日撮影した物です。何時もより長くねぇ?

20160629_004500
BPシステムとはバクテリオ・プランクトン・システムの訳で浮遊プランクトン(バクテリオ)を意味
します。つまりプランクトン投与こそがBPシステムの極みともいうべきか。ただ栄養塩が怖いの
で牡蠣、魚卵系のサンゴフードは使い難かった。

20160629_004539
小型水槽でドリーやニモを飼うブログを本日、更新致しました。60水槽で海水魚を飼おうなど腐る
ほどネットや雑誌に紹介されているので私は初心者の方でも小型水槽で飼える方法を紹介致しま
した。

とはいえ水槽のステップアップの一環としてです。F1レーサーになりたいのなら小型のレーシングカート
から学べって奴です。多くの方は小型水槽から始まり水槽アップや増設後、最終的には小型水槽
で終わる事でしょう。

http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/
20160629_004547
私は900X450X450のOF水槽が魚も珊瑚も一番維持し易く飼い易いと思います。玄関水槽
みたいに小型水槽でも飼えますが生体を増やしたいと言う欲が出て来る。

20160629_004605
咲くねぇ~。

20160629_004614
照明(特にLED)に関しては知識不足(経験も)で波長等の質問には答える事が出来ません(๑•﹏•)
知ったかで説明するのも嫌なので。ATI(T5)はお勧め出来ますけど。

IMG_6198
雨の中何か騒がしいぞ?

IMG_6200
蜜蜂の分蜂じゃん。今年も自然の蜜蜂をゲットしました^^ 近所の蜂仲間にプレゼント致します。
しかしデカイ蜂玉だなぁ。ちなみに足刺されました・・。

アクア最新RSS
  • リーフチャージNEW!
  • アジのぶつ切りNEW!
  • ドーシングのキャリブレーション?NEW!
  • 「乗り換えセール」は明日まで!NEW!
  • 手軽に飼おうナンヨウハギ。でも手軽に飼えない海水魚の巻
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    20160628_214238
    植物性プランクトン・珊瑚フード「REEF CHARGE」リーフチャージが良い感じに仕上がって
    来ました。プレウロクリシス(Pleurochrysis)に非常に良くポリプが反応した事を確認しました。
    過剰投与のテストも行いボトル半分使いましたが多く、入れると良く咲くだけで本製品がプラン
    クトン100%のせいか余分な物はスキマーに排出されてしまうようです。

    20160628_214217
    100Lに対し5~10mlが適量だと思います。一瞬だけグリーン色が流れますが直ぐに透明に
    なり水槽が濁る事はありません。アクアショップさんとブロガーさんにもテストして頂く事に。

    20160513_214234
    今年の5月にアクアギフトさんで売れ残りの茶色ぽいオージーのストロベリーを購入した時の
    画像です。

    20160517_195744
    シアンは多いのですがピンク部分が茶色寄りで人気がなかったようです。べっぴん珊瑚の
    レアメタル(バナジウム)とOG-1(W、Co、Cr、Mo)はストロベリーの為にあるような添加剤
    ですのでスポットLEDが無くても色揚げ出来る自信はあります。

    20160628_214550
    本日、撮影。色は良く乗りましたので動画は明日にでもUPします。(FBでは本日公開)
    べっぴん珊瑚の添加剤を使いながら植物性プランクトン・珊瑚フード「REEF CHARGE」
    を使うと吸収効率が上がると思います。(現在は玄関水槽のみ「REEF CHARGE」単独
    使用で他はべっぴん珊瑚と兼用)

    20160628_214329
    バリ・ブリード珊瑚が良く成長しています。珊瑚は色彩よりも成長する姿が魅力でありニョキニョキ
    と育った珊瑚をぜひアクアショップさんの方でも展示水槽という形でユーザーさんにも見せて上げ
    て欲しいと思います。きっと魅力を感じ珊瑚ユーザーがもっともっと増えると思います。

    20160628_214703
    我が家の珊瑚群(数百個)のテストではポリプ食化の可能性は99%成功しています。逆に
    言えばポリプが咲かなかった固体は長期飼育していると白化しました。特に波長の悪い?
    T5ではポリプの咲きは重要なファクターだと感じています。(R2Rのメンバーも良く咲いて
    いますから)

    20160628_214335
    我が家はネシアの珊瑚がメインなので(半分以上がブリード)すが年単位で飼うと固有種以外は
    どれがオージー珊瑚なのかわかりません。このウスエダはアクアギフトさんで購入したネシア産。

    20160628_214341
    植物性プランクトン・珊瑚フード「REEF CHARGE」を使うと更に咲くようになりました。ヨダレが。

    20160628_214540
    珊瑚飼育は本当に面白いです^^ぜひ皆さんも飼って見てくださいね。

    20160628_214600
    ストロベリーのフラグが急に生長モードに入りました。もうフラグではないなぁ。

    20160628_214614
    あんまり水換えはしていません。週末に底砂をプロフォースでデトリタスを抜いて新しい海水を
    足すだけです。大量水換えは逆に珊瑚(粘膜に刺激)には良く無いです。(天然海水なら別)

    20160628_214625
    べっぴん珊瑚使用に関しての相談はLINE@にて。売りっぱなしには致しません。

    20160628_214648
    2年前に初めてオージー珊瑚を関東のアクアショップさんで購入したモジャモジャ君ですが
    (白かった)良く成長しています。ポリプの拡大も確認出来ますね。

    20160628_214658
    例のレッドドラゴン?は・・・ポリプ咲いていますが・・・成長もしていますが・・レッドじゃねぇし。


    アクア最新RSS
  • 難しいよねNEW!
  • 爆乳からのヒント!アクアの活性化を目指して~
  • カーリーかよぉー^^;
  • 水槽を立ち上げてバクテリアで水質作り
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    IMG_1312
    昨日、アフリカさんで特売で購入したドリ・・ナニョウハギとカクレクマノミとウズマキですが
    餌付けは上手く行きました。まぁ初心者向けの魚ですが。横にあるべっぴん瓶のキャップ
    の大きさと比べて見て下さい。3匹とも豆サイズの2センチです。

    kakure-nanyou-set
    アクアギフトさんも安いなぁ。企業努力されていますね!

    http://item.rakuten.co.jp/aquagift/amphiprion-paracanthurus/?scid=we_ich_ranking_rss
    IMG_1316
    初心者の方向けにオーソドックスなシステムで管理しています。この水槽はこれからは下で
    更新致します。コツを掴めば小型のチープな水槽でも十分育てる事が出来ます。60や90㎝
    水槽はウズマキが大きくなってからで良いですよ。手軽な小型のシステム水槽から始めたら。

    小さな水槽でドリー (ナンヨウハギ)を飼う
    http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/

    IMG_1343
    パープルクィーンは本日、10匹居ましたので今のは所落ち0匹です。ただ数匹は引き篭もりながら
    餌を取るので1~2割りは落ちると思います。全ての魚に餌を食べさせる為にアイコンタクトで餌を
    捲くのですが、パープルクィーンは色が単色で動きも早く給餌した固体を見失います。ハナダイは
    ややORPが高目の水質を好みますね。ウズマキは逆に低めにしないと肌が荒れます。

    IMG_1347
    アフリカさんで購入したコーレタンとアクアギフトさんで購入したツユベラ(幼魚)です。激安店
    でも入荷時にきちんとケアしてから販売されていますので状態は平均的にとても良いです。

    IMG_1351
    エキゾチック・アフリカさんで正月に購入したマルセラは大型ヤッコの混泳でも負けずに餌を横取り
    して怒られています(笑)良く泳ぐのでマルセラは広い水槽が適していると思いました。チョウチョウ
    ウオを飼うのが上手い人は180センチ水槽とかで沢山飼っていますよね。昔の人工飼料の粒餌は
    ドライペレットでしたので消化吸収率は粒餌(DP)<生餌(アサリ)でしたが現在はエキストルーダー
    製法なので粒餌(EP)>生餌(アサリ)だそうです。チョウチョウウオは粗脂肪が50%必要ですね。

    IMG_1354
    ハナダイは全てアクアギフトさんから購入しています。ベントラもみんな元気です。ハナダイ
    は殆ど死なせていないので飼育のコツが解りません・・。普通に飼っているだけなので・・・。
    ちなみに何匹か水面から飛び跳ねて床でピチャピチャと跳ねてしまいましたがそれでも元気。

    ただパープルクィーンだけは引き篭もり性が強く神経質で難しく感じました。水もシビアだし。
    ただ粒餌は10匹とも慣れて食べるようになりました。

    IMG_1355
    ディアディムは2年で半分に減りましたがデカク育ちましたよ。ただ引き篭もり性が強く僕の
    顔を見たら潜みます。個人的にはアサヒハナゴイが綺麗で飼い易く安いのでお勧めです。

    0bc1a3f8-s
    ニジハギも3年も経ち大きくなりました。性格がきつい。色彩も変わらず美しいです。時々
    ウサギの餌を手で潰して与えています。ハギ類は喜んでラビットフードを食べますよ。

    IMG_1231
    魚の病気のトラブルは皮膚系が多いと思うので、表皮のコロイドを守るためにも無機人工海水を
    使う場合は水換えが少ないほど浸透圧による表皮の刺激が少なくて済み予防になると思います。
    天然海水(有機)や人工海水(無機)にアミノ酸(アルギン酸等)やバクテリア剤を使うと大量水換え
    させても問題はないと思います。まぁ無機でも慣れると大丈夫ですけどね。

    アクア最新RSS
  • スーパーゴムコーティング、V2
  • HISEAに関する重要なお知らせ
  • ドッグショーの結果。
  • 大きな水槽なんて必要ない!小さな水槽を用意しましょう!
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    20160624100431a21
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    「自社製品からの乗り換えでしたらご使用後何年経っていても当時のご購入価格を100%保証し
    下取りさせて頂き、新製品との差額分だけでご購入いただけるシステムです。


    もちろん他社製品からの乗り換えもご納得の下取り金額でご相談させて頂いております。
    特にV社・E社の製品でしたら高価下取り中です!(笑)

    今日現在までのご相談件数は73件で、その8割以上の方々と既に商談が成立しております。」

    http://juncorporation.jp/
      にて抜粋。
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

    なんじゃ~それ?2年前に買ったLEDを買った価格で買い戻し新型のLEDと交換するって事?
    そんな話は車業界でも聞いた事が無く(残価型ローンやオニキスでも半額保障)それって今後
    はJUNコーポレーションさんが販売するLEDを買わんと損しますね~。本当に。ビックリだわ。

    ただ下取りした中古のLEDはどうするのだろう?もしかして水没?大阪のアクア業界は怖い。

    20160626_162857
    添加剤を運びにエキゾチックアフリカさんへ。マイクロアルジェ・珊瑚フード(試供)も。

    (2016年6月26日コルベット使用運行記録)
    20160626_175936
    安!!!!!小型のケントロが1匹580円でした。沢山売れたそうです。そりゃ~そうだ。
    一人3匹ぐらい買われたそうですが580X3匹でも1.740円+税・・・。1匹の価格じゃん^^;

    20160626_175927
    ウズマキが1匹1.800円で何匹も居ました。サザナミヤッコのSサイズは1.280円。
    安い=特価=状態が悪いみたいに思ってません?それが餌爆喰いだったので
    私もコインサイズのウズマキを1匹購入しました。

    20160626_180018
    カクレクマノミも1匹380円と激安!1匹購入しました!ナンヨウハギも1匹2.000円だった
    ので購入しました。本日購入したタンクメイトは明日から別ブログでスタートします!

    小さな水槽でドリー (ナンヨウハギ)を飼おうよ
    http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/

    20160626_175842
    マイクロアルジェの珊瑚フードはエキゾチックアフリカさんでも試供して頂きます。

    20160626_180153
    富士山の珊瑚フード(2本目)もポリプは良く咲いて良かったとの事ですが、入れ過ぎると
    栄養塩が出て飼育水が悪くなる事から現時点では販売を見送ります。ちょっと使い難い。

    20160626_211828
    ナンヨウハギとカクレクマノミとウズマキを白点イヤ~ンのテスターとして迎えました。
    まぁ白点が出て使うよりも濾過(システム)を見直し出さないようにしなければ長期飼育
    はとても出来ません。が、出たものはどうしようもないので銅を使わない金属イオンでシスト
    分解した子虫を攻撃する添加剤(薬ではない)を試します。ベテランならこんなの使わずに
    即効性のある硫酸銅を使えって言いますけど(笑)

    20160626_211838
    明日死んでいたらスマン。2センチの超チビだから死ぬかも。水槽は6.5Lだし。(総水量)

    20160625_233345
    上記の白点イヤ~ン(仮名)は胡散臭いけど、こっちは大丈夫です。(笑)

    20160626_212837
    今日もご機嫌な珊瑚たち♪

    アクア最新RSS
  • ヒレナガごっこ、日曜ごっこ。NEW!
  • 嬉しかったなぁNEW!
  • ブログのタイトルNEW!
  • 大好評!『乗り換えセール』実施中!
  • ベトナムへ
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら



    image
    珊瑚フードに適していると思われるプレウロクリシス、デュ ナリエラ・サリーナ、クロネラ、スピルリナ
    を研究所から送って頂きました。

    画像提供:マイクロアルジェコーポレーション株式会社 MAC総合研究所
    20160625_193540
    試験飼料として色々と試します。アクアショップさんにもテスト協力して貰います。販売する時は
    1種類のみで(複合培養植物性プランクトン)価格は500ml(ペットボトル)2.000円の予定です。

    もっとも珊瑚フードに適しているプレウロクリシス(Pleurochrysis)を主原料とし
    カルシウム成分、不飽和脂肪酸、EPA、DHAを多く含みます。沖縄宮古島の培養ファームで生まれべっぴん珊瑚は純国産に拘っています。

    20160625_192459
    同研究所の薬学・医学博士には勉強させて頂いています。

    20160625_140810
    20160625_140836
    今回、使用する培養植物性プランクトンの成分を含むデーター資料を沢山送って頂きました。

    海外サイトで培養植物性プランクトンシステムを詳しく説明されていますので紹介されて頂きます。

    http://saltwateraquariumblog.com/home-cultures-phyto-rotifers-copepods/dosing-phytoplankton-in-a-marine-aquarium/

    文章の中に植物性プランクトンを投与する際にはスキマーを止めると記載されていますが他のサイト
    ではそのまま回したままで大丈夫だと書かれていました。珊瑚の餌に使う植物性プランクトンは栄養
    をブーストさせる役目を与える為かマイクロアルジェの商品名には〇×ブースト、〇×ブースターなどが
    目にします。

    アクア最新RSS
  • 茶ゴケNEW!
  • Lumini Asta120
  • 水槽縮小計画 ~実行編~ その壱
  • かめのかわ
  • 300円で買ったショウガ破片が1年たったら
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    20160624_203144
    マイクロアルジェ・プランクトン・フードをテストしていますがアミノ酸と兼用にした方が咲きは良い
    ですね。テスト中のプレウロクリシス(Pleurochrysis)はカルシウム成分を多く含み、不飽和脂肪
    EPAやDHAがスバ抜けて入っています。(クロレラやスピルリナには殆どその成分は無い)

    01565aa4
    新鮮な牡蠣をメインにムール貝・魚卵・甘海老を使った珊瑚フーどは1年半前に開発しアクアギフト
    さんやべっぴん珊瑚テスターさんに試験飼料を。珊瑚の咲きは良くなるのですが飼育水を
    濁らし長く使用すると栄養塩が出やすく、また開封後数週間で傷みが出て使い難い事から販売を
    見送りました。この様な事情から珊瑚フード開発は何度も挫折しています。

    2015年3月18日
    http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/archives/43869417.html2015

    20160624_203206
    今回のCulturing Phytoplankton-system(培養植物性プランクトンシステム)の開発には
    マイクロアルジェコーポレーション株式会社 MAC総合研究所さんがご協力頂いています。
    海外のマイクロアルジェ・プランクトン・フードのデーターを元に種類を選んで調合致します。

    http://www.mac-bio.co.jp/corp.htm

    20160624_203209
    明日に新しいマイクロアルジェ・プランクトンが届きますがプレウロクリシス(Pleurochrysis)のみ
    でも効果は良く出ていると思います。プレウロクリシス(Pleurochrysis)は臭いがキツイね。

    20160624_201136
    Culturing Phytoplankton-system(培養植物性プランクトンシステム)は珊瑚の色揚げのシステム
    ではありませんが、プランクトンにはたんぱく質、ミネラル、アミノ酸、ビタミン、金属イオン(特にカル
    シウム)、脂肪酸が含まれているので成長に必要な成分は補給出来るでしょう。高性能ライトとの
    相性は宜しいかと。

    20160624_201128
    マイクロアルジェ・・・そんなに凄い珊瑚フードでもないですが・・使い易いのが特徴です^^
    栄養化の低い(EPAやDHA)クロレラやスピルリナだけなら要らんけど。

    20160624_201040
    我が家のLPSはアミノ酸を使ってから無給餌ですが元気です。レッドのクラビラ以外は5~
    7年飼育しています。(バッキーの頃に購入)

    20160624_201045
    LPSは丈夫で良いね!ただ魚に突かれるのがネック。

    20160624_203221
    手前味噌で悪いですがべっぴん珊瑚は良く咲く添加剤だと思います。咲くと面白い^^)/

    20160624_203225
    120水槽のライトの調子が悪いけど添加剤で十分にカバー出来そうです。エーエイトさんから
    譲って頂いたT5なので長く使ってますよね。4年?

    20160624_203229
    アミノ酸とビタミンをブースト添加させてブラウンスライムが出る手前がベストです。余ったアミノ酸
    とビタミンはバクテリアに消費され生物層が豊かになりますから。

    20160624_203235
    色が濃い!!しかも成長点が多い!!

    20160624_203238
    ブリード(ハイマツ)も良く育ちます。

    20160624_203253
    ブリードが成長して(2年前にROSSOさんで購入)テーブル珊瑚になりました。

    20160624_203300
    1年前に購入した(AGさん)オージーのピンク系のクシハダが徐々に成長し色彩はやや濃く
    なりました。ピンク系のクシハダは難しいと言いますが私はOG-1が効果的だと思います。

    20160624_203305
    照明の波長に頼ると影の部分が褐色化しますが添加剤で色揚げさせると共肉の根元まで
    ポリプが咲いて色揚りします。

    アクア最新RSS
  • 水槽縮小計画 ~実行編~ その壱NEW!
  • かめのかわNEW!
  • サンゴ飼育における成功の秘訣!
  • 300円で買ったショウガ破片が1年たったら
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    IMG_6131
    我が家にはハナダイが沢山泳いでいます。ディアディムはもう2年飼育していますが生存率は
    2年で半分って所です。まぁ巨大なトゲアシガニさえ居なければ8割り残っていたと思いますが。

    パープルクィーンもベントラもその他のハナダイも順調で(レスプレが1匹死)ハナダイの飼育の
    コツをつかんで来ました。嫁が。ベントラが一番気が強く(一番小さいのに)丈夫で飼い易いと
    感じています。ベントラは飼い易いがパープルクィーンは臆病で飼い難い印象です。

    ハナダイはとてもデリケートな魚で水質が悪いと皮膚と鰭が傷み潜むようになります。攻撃的な
    魚やトゲアシガニなど怪我の元になる生体はさせるようにしたいです。数は多いと当然飼い易く
    なりますが水槽に馴染むと数匹でも問題ないようです。

    餌付けは冷凍シュリンプを水流に流すと良いのですが警戒心が強く隠れて中々出てこない事
    もありますが、ハナダイは絶食に強く3週間なら餌を切っても痩せないので急がずに根気よく与
    えます。ただ人工飼料まで食べていても白い糞が出て痩せてしまうようでしたら採集の悪影響
    だと思って諦めるしかないようです。

    ハナダイを観察していると釣りの撒き餌に群がる外道の魚に見えて来ますので、餌付けに関し
    ては難しく考えなくても良さそうです。又、アクアギフトさんで購入したパープルクィーンは我が
    家では全て人工飼料を食べていますが、相当臆病で妻が寄るとパープルクィーンが集まるの
    に私が寄ると隠れて出て来ません。面の悪いおっさんは餌やり機を使うと良いかもね(笑)

    シマヤッコも気が付けば半年以上飼ってますが、このまま年単位の飼育は出来ると思います。
    ハナダイより水質には強く飼いやすい。シマヤッコより強い魚さえ入れなければ飼育は容易だ
    と思います。ハナダイ、ベラとの組み合わせは良いですが他のケントロやハギやスズメダイは
    要注意かも。

    チョウチョウウオの飼育に関してはマルセラを半年飼っているだけなので語る資格はあり
    ませんが、マルセラに関しては珊瑚水槽でも大型ヤッコ水槽でも簡単に飼えると思います。
    マルセラやバーゲスやティンカーなどロア属はヤッコ同様の扱いで十分かと。

    IMG_6137
    魚を長期飼育を願うのなら水質変化の少ない大きな水槽を用意して、雑菌(ビブリオ)を抑える為
    に殺菌灯を備え、水質を保つ為にスキマーを設置すると思います。過去、魚水槽ではそうしていました。

    しかし現代っ子みたいに「砂場で遊ぶとばい菌が付くから駄目」とか言って抗菌グッズの溢れた
    環境で育てる方が果たして健康に育つのでしょうか?年中エアコンの部屋で遊ぶ子供は風邪を
    引かないのでしょうか?家の床に落ちた食べ物を口にするとお腹を壊すのでしょうか?

    魚を健康に飼うコツとは悪い環境(水質変化あり。ばい菌有り)に慣らす事だと思います。つまり
    免疫力と体力を付けること。解りやすく言うと昭和の子供だね。それはミドリイシにも言える事で
    環境が少し変わるくらいで白化するようでは駄目だと思います。その方法の続きをLINE@で次回
    に書きますね!

    べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    montaje-easybooster25
    海外で流行っているCulturing Phytoplankton-system(培養植物性プランクトンシステム)
    を簡単に説明すると、珊瑚飼育に植物性プランクトンだけ与えて育てるシステムです。

    以前は珊瑚フード(牡蠣、魚卵、ツボワムシ、動植物性プランクトン等)を使ったBCメゾット
    がありましたが栄養塩が出やすく保存も悪くて、最近はその欠点が少ないCulturing Phyt
    oplankton-system(培養植物性プランクトンシステム)に変わったようです。

    「なら昔からクロレラやスピルリナはあるじゃん」と思いますよね。NannochlorisやLSOCH
    RYSIS、ナンノクロロプシスなど高いミネラルと栄養化を備えたEPAやDHAを多く含む培養植物性プランクトンの
    登場で大きく変わりました。


    easybooster-prof-uso2


    Easybooster composition:
    Isochrysis T-ISO (33%) / Nannochloropsis (31%) / Tetraselmis (18%) / Phaeodactylum
     (18%) The special characteristics of each one of the microalgae in this formula provide
    an optimum nutritional profile for aquarium animals.

    Easybooster prof composition:
    Four species of Easy Reefs® microalgae are used:
    Isochrysis T-Iso (33,3%) / Nannochloropsis (31%) / Tetraselmis (18%) / Phaeodactylum (18%), thus obtaining optimum nutritional balance.

    http://www.easyreefs.com/en/easybooster_en.html
    IMG_6126


    アクア最新RSS

  • 入れてみたNEW!
  • ブログの反響が凄すぎますの巻NEW!
  • チワワの赤ちゃん^^
  • ホワイトフェイスがトリートメントタンクで特訓中
  • 自作Zeni-Naiyoリアクター武蔵 故障したので修理編
  • ようこそ宮古島《再来島》



  • livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    20160621_131740
    国内ではマイクロアルジェ・プランクトン・フードと聞いてもピンと来ませんが、海外ではハイエンド
    ユーザーのリーファーが強く愛用されています。過去にも国内ではクロレラやスピルリナの国内
    培養藻を使った乾燥及び冷凍珊瑚フードがありましたが栄養化は低く効果は少ないと思います。

    海外ではクロレラやスピルリナより栄養化の高いNannochlorisやLSOCHRYSIS、ナンノクロロプ
    シス(培養エネルギー用プランクトン)を使った珊瑚フードが次々と登場しています。

    中でも珊瑚の餌としてカルシウム成分を多く含み不飽和脂肪酸も非常に高くアミノ酸、たんぱく質、
    ビタミン
    最も相応しいとされるプリュウロクリシスを試験飼料として試している所です。

    DSCN3260
    海外(REEF2REEF)でもマニアの間では自家培養でマイクロアルジェ・プランクトン・フード
    を使っている方が時々居られます。

    grow-out
    とても真似出来ません^^; 活ブラインでも面倒なのに・・。

    phyto-pharm
    何か自家製は大変そうです。R2Rでマイクロアルジェ・プランクトン・フードを詳しく語るフォーラムを
    下に貼りますね!

    A Step-by-Step Guide to Culturing Phytoplankton

    Background

    It all started when I first saw a mandarin dragonet (Synchiropus splendidus) and decided that I wanted a pair for my 65 gallon tank. My profession is an engineer, so I tend to do a lot of research before jumping into something new. The research quickly led me to realize that my tank wasn’t large enough to support two mandarins on its own and that I would have to supplement the available copepods in the aquarium somehow. After a search at the local LFS, I recognized that I couldn’t afford to buy bottles of copepods every week and, to make a mandarin cost efficient, I would have to culture copepods on my own. I found some good news during the initial research- copepods are very hardy and live on detritus and other plankton found in the water column and settled on the substrate. Further research led to some bad news, it’s very hard to culture copepods on just detritus as the ammonia and nitrates build up quickly in a small culturing vessel, which leads to the culture’s crash. In addition, the most nutritious copepods are cultured on phytoplankton.

    Introduction to phytoplankton

    So, what is phytoplankton? Phytoplankton is a single-cell creature that makes up the base of the food chain in the ocean. It is responsible for half of the photosynthesis that takes place in the entire world! The next step up in the food chain is zooplankton, which include rotifers, copepods, Mysis shrimp, etc. These tiny organisms eat phytoplankton and are in turn eaten by corals, anemones, sea horses, fish and even the blue whale.
    There are many types of phytoplankton. The most commonly cultured one in the marine aquarium hobby is Nannochloropsis oculata, usually referred to as Nanno. Nanno is very nutritious. However, it also has a very hard outer membrane and is hard for some zooplankton to digest. Rotifers have no problem with it, but copepods do. Another common type of phytoplankton used is Isochrysus galbana (Tahitian Strain), also referred to as T. Iso. T. Iso is another nutritious form of phytoplankton and balances well with Nanno. I also culture a diatom, Thalassiosira weissflogii (TW), since diatoms make up a large portion of a copepods diet in nature. Others use Tetraselmus (Tet) or Pavlova, which are supposed to be good and somewhat easy to culture, but I have never tried them myself. Nannochloris is another type of phytoplankton that is sometimes measured. I would recommend not using it for culturing zooplankton since it is not as nutritious as the other ones mentioned.

    As I mentioned before, phytoplankton can be a very nutritious food. Specifically, it is the high amounts of EPA and DHA that make them so beneficial. Nanno and T. Iso are commonly cultured and fed to zooplankton because Nanno is high in EPA (30%) but low in DHA (0%) and T. Iso is low in EPA (3%) and relatively high in DHA (10%) and they are both fairly easy to culture. However, for the phytoplankton to be nutritious, it needs to grow on a nutritionally based diet.

    I’ve seen several well written guides that talk about growing phytoplankton with common household fertilizer. While easy and convenient, after talks with several phycologists, they all said that it results in phytoplankton that is green (or brown), but nutritionally deficient. All of them recommended using fertilizer based on Guillard’s F/2. The one I use is Micro Plankton Grow from Florida Aqua Farms.

    All phytoplankton grows in a certain pattern. The first part of the cycle is the initial cycle where the cells are just starting to divide. This is a relatively slow period of growth and lasts around a day (depending on the initial culture concentration). Next begins the exponential growth period. This is where the phytoplankton has the most nutrition and usually lasts between 6 and 10 days. After the growth curve is a period of no growth where the phytoplankton is basically using up its stored energy and nutrients because it has already consumed all the nutrients from the water. This period varies in time but can last several days for most phyto, but is relatively quick for T. Iso.

    This growth curve is why it is important to harvest your culture during a set period of time when it is most nutritional and before it crashes. Normally, this will be between 7 and 10 days from the time the culture is started. It is particularly important with T. Iso because of the short period of time from its exponential growth period until it crashes.


    http://www.reef2reef.com/threads/culturing-phytoplankton.59497/

    Phytoplankto-Set-Up

    私は自家製培養をして売るつもりはありません。そんなに暇でないから。でも大手企業のマイクロ
    アルジェ・コーポレーション社とコラボして最高の国内産マイクロアルジェ・プランクトン・フードを
    完成させたいと思います。

    尚、従来の珊瑚フードは牡蠣エキス、魚卵、動植物性プランクトン、ツボワムシ等が主成分の為に
    栄養塩が出やすくしかも開封後、数週間で痛むので使い難かったですがマイクロアルジェ・プランク
    トン・フードは原料が藻だけなのでその様な心配が余りありません。

    「またマイクロアルジェ・プランクトン・フードが流行っているというのはミニミニの妄想では?」と
    言われそうなので海外のマイクロアルジェ・プランクトン・フードを紹介します。国内のマイクロアル
    ジェ・プランクトンが非常に高価なのですが何とか500mlを2.000円で販売出来るように企業努力
    を試みて見ます。ベルリンシステムやソフトコーラル・ハードコーラルにも使用出来る低栄養塩を
    保てる珊瑚フードになるでしょう。

    nannochloropsis-oculata-green-phytoplankton

    image
    reef_soup


    Reef-Starter-Pack

    001

    2940_0_lebendes_phytoplankton_nyos_phyto_maxx

    culturepack591ml

    Nanno_Phytoplankton_large

    IMG_2843

    20160619_190945
    チャイナマーケットhttp://chinamart.jp/から届きました。

    20160619_191433
    ミツバチの巣枠から蜜を絞る遠心分離機です。国内で買うと10万円もしますがチャイナマーケット
    (タオバオ)だと7200円です。送料はEMSで5000円。

    20160621_131409
    色々買いました。国内の10/1の価格でした。

    20160619_194238
    これは国内で購入したダニ避けの農薬です。

    20160621_130620
    国内では12.000円しますが1.000円で買いました。情報、知恵、計画、行動、の4つがとても
    必要な時代になったと思います。

    アクア最新RSS
  • ホワイトフェイスがトリートメントタンクで特訓中
  • 雨ばっか・・・
  • 自作Zeni-Naiyoリアクター武蔵 故障したので修理編
  • ようこそ宮古島《再来島》
  • Pixie 絶賛改良中!G2モデルに新化
  • 立ち上げ
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    20160621_131740
    カルシウム成分を多く含み不飽和脂肪酸も非常に高くアミノ酸、たんぱく質、ビタミンも含む
    プレウロクリシス(Pleurochrysis)が届きテストを開始しています。100グラムでウン万円。
    大手企業のマイクロアルジェ・コーポレーション社さんとべっぴん珊瑚とのコラボ企画です。

    IMG_6125
    今回の珊瑚フードはマイクロアルジェ・コーポレーション社さん以外にも大手養殖フードメーカーさん
    からもご協力を頂きます。使用材料を成分分析規格書を頂きました。適当に作っている訳ではあり
    ません。全て国内生産100%です。

    maxresdefault
    HLLE(頭皮欠損)にはアミノ酸のサプリメントが有効だとREEF2REEFで書かれていました。
    特に活性炭を使うとHLLE(頭皮欠損)になりやすいそうです。アミノ酸のサプリメントを餌に
    混ぜると深い傷は消えませんが皮膚は塞がるとの事です。

    One reason I feel there is a connection, often when fish affected with the disease are fed
     Selcon (an amino acid supplement) enhanced food, the lateral line erosion stops and existing
     pits are able to heal (though severe scars do remain).
    http://www.reef2reef.com/threads/keeping-surgeonfish-successfully.253490/#post-2991947

    実は我が家でもHLLE(頭皮欠損)で骸骨化したクィーンや他のヤッコが魚馳走様さまを与えて
    から目立たなくなりました。※1 下のリンクで確認してください。
    http://blog.livedoor.jp/miniminigtr34/archives/41370777.html  

    ※1 薬事法により補足。文章は効能の1例であり効果・効能を保障するものではありません。

    20160621_131857
    プレウロクリシス(Pleurochrysis)の試験飼料を試します。プレウロクリシスの培養は世界中で
    マイクロアルジェ・コーポレーション社さんだけです。

    IMG_6124
    珊瑚にアミノ酸の添加は必要なのか?

    REEF2REEF(USA)では「必要派」と「不必要派」と分かれています。これは国内と同じですね。
    「不必要派」の意見としては珊瑚はアミノ酸もビタミンも体内で合成出来るから添加は無駄と言う
    事です。ただアスパラギン酸だけは体内で作れないから有効だと。

    「Here's my two cents.....none of these would be beneficial to mess around with. By
    education,I'm a biochemist, and fully aware of the essential amino acid needs for
    humans (mammals).
    That list you provide is for mammals. I am not aware of the essential amino acid needs
    of corals, but have to believe they get this need met in what they are being fed (fish poop
     for one). The non-essential amino acids are just a waste to add to your tank.....non essential
     means that the animalitself produces this amino acid.

    Provide a stable environment with proper alk/calc/mag, with good light, and you'll be throwing
    the quickly growing corals away. No additional amino acids needed. It's marketing voodoo.


    しかし「不必要派」は極少数の意見で、多くのリーファーは有効だと投稿されていました。アミノ酸
    投与の有効性の理由に下の論文が上げられています。
    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1218179/pdf/9078264.pdf
    http://jeb.biologists.org/content/jexbio/211/6/860.full.pdf


    この様な投稿もありました。

    「アミノ酸の投与はサンゴもリーフタンクで生き残るために必要ではありませんが、良い色、成長と
    ポリープ拡張したい場合はアミノ酸の投与が必要であると思います。
    長い時間アミノ酸を投与し、
    私のサンゴが良い色をしている理由の一つがアミノ酸の添加剤 であることを確信しています。」

    I think dosing of amino acids is not necessary for corals to survive in a well fed tank, but you
     want better colors, growth and polyp extension then aminos are necessary. I'm dosing
    aminos from long time and I'm convinced that one of the reasons for good colors of my corals
     are aminons. http://www.reef2reef.com/threads/diy-amino-acid.237840/

    20160621_201526
    R2Rで有効性ではないかと思われるアミノ酸の種類です。

    L-Isoleucine 115
    L-Leucine 205
    L-Lysine 185
    L-Methionine 35
    L-Phenylalanine 72
    L-Threonine 141
    L-Tryptophan 37
    L-Valine 141
    Non-Essential Amino Acids
    L-Alanine 135
    L-Arginine 306
    L-Aspartic Acid 246
    L-Cysteine 38
    L-Glutamic Acid 454
    L-Glutamine 200
    Glycine 167
    L-Histidine 37
    L-Hydroxyproline 44
    L-Ornithine 24
    L-Proline 179
    L-Serine 106
    L-Tyrosine 66
    http://www.reef2reef.com/threads/diy-amino-acid.237840/

    べっぴん珊瑚に含まれているアミノ酸の種類はグルタミン酸、アスパラギン酸、アルギン酸、
    スレオニン、セリン、プロリン、グリシン、アラニン、バリン、メチオニン、イソロイシン、チロシン、
    フェニールアラシン、リジン、ヒスチジンの16種類なので殆どカバーしていると思います。

    20160621_201555
    R2Rではアミノ酸の添加を行う理由に次ぎの3つを上げられていました。

    最初の方法は、タンパク質のビルディング ブロックとしてです。その点、アミノ酸投与は重要にな
    ります。
    アスパラギン酸は、それが石灰化に大きく関与しているし、十分な量に内部では合成され
    ませんので有用である可能性が高いのいずれかです。
    以来、我々 は、食品 (植物プランクトン
    などの自然食品かもしれないより低い野生の) リーフタンクでどのように利用可能なを知ることが
    出来ない合理的なアミノ酸です。


    2 番目の方法は、窒素の源としてです。それがあります無機栄養素が低い場合この点で特に
    重要であります。
    アトルガン点アミノ酸の正確な可能性があります。重要ではない限りサンゴが
    それを代謝することができます。
    それは私はリストのうちアミノ酸が代謝することが出来るほど
    有効窒素を達成っている珊瑚を見たことがないからです。


    3 番目の方法は、(ウォッカのエタノール) や酢の酢酸と同様エネルギー源として細菌や他の生物
    によって使用される有機炭素を投与する方法です。
    それは常にいくつかの窒素を含んでいるので
    それが他の有機物と同じくらい硝酸塩を減らすが、それは継続するプロセスの低すぎるとなる窒素
    をさせないリン酸塩を減らす可能性があります。アミノ酸の投与は自然界で
    バクテリアの偏性を無
    くすでしょう。

    There are three possible ways that amino acids might be useful, and whether that holds in any
     given tank or not may depend on the circumstances.

    The first way is as a building block for proteins. In that regard, the identity of the amino acids
     dosed will be important. Aspartic acid may be one of the more likely to be useful since it is
    heavily involved in calcification and is not internally synthesized in sufficient quantities. Since
    we cannot know how available it is in foods in a reef tank (where natural foods such as
     phytoplankton may be lower than in the wild), it seems a reasonable amino acid to dose.
     Exactly which others are useful in this regard, I am not sure.

    The second way is as a source of nitrogen. It may be especially important in this regard when
    inorganic nutrients are low. Int aht regard, the exact identity of the amino acid may not be critical,
     as long as the coral can metabolize it. That said, I've never seen a list of which amino acids can
     be metabolized by corals to usefully attain nitrogen.

    The third way is purely as a way of dosing organic carbon that is used by bacteria and other
    organisms as an energy source (just like ethanol in vodka or acetate in vinegar). Since it always contains some nitrogen, it may nto reduce nitrate as much as other organics, but it will may
    reduce phosphate while not letting nitrogen become too low for the process to continue. In
     this context,
    the only requirement is that some bacteria metabolize it, and I expect that is true for almost
    any natural amino acid.
    20160621_201603
    今日の画像は全て本日撮影しました。R2Rでは効果が出るかどうかはアミノ酸の商品によるとも。
    確かにアミノ酸系の添加剤を投与してもポリプが咲かないのもありますから。アミノ酸は旨味エキス
    なので指で舐めて味が旨くなかったらポリプも咲かないでしょう。

    20160621_201608
    R2Rでも私も同じ意見でした。アミノ酸を投与すると良く咲いて良く成長するので色も綺麗に
    なると。

    biom氏投稿 Well-Known Member

    I think dosing of amino acids is not necessary for corals to survive in a well fed tank, but you
     want better colors, growth and polyp extension then aminos are necessary. I'm dosing aminos
     from long time and I'm convinced that one of the reasons for good colors of my corals are amin
    ons. Currently I'm using mix of 8 aminos with good results, but tried almost all aminos on the
    market and they are all good.


    20160621_201618
    海外の意見としてまとめるとこうです。「アミノ酸は絶対に必要ではないが有効ではある」と。
    現に海外の全てのリーフコンディショナーの会社はアミノ酸のケミカルを出していますから。

    我が家でも波長は海外のリーフタンク並に適当(UV無し)ですが色彩も成長も悪くは無いと
    思います。アミノ酸の有効性は感じています、と言うか添加無しではもう飼えないです。

    20160621_201621
    でもメタハラなら添加無しでも大丈夫だと思います。たぶん。(空想)

    20160621_201638
    初めて買ったオージー珊瑚(関東のアクアショップさんで購入)がコレ。白くてモジャモジャ
    していましたが今は濃くなり擬岩に貼り付いています。

    20160621_201644
    これは数年前に関東のアクアショップさんで購入したコエダ・スギですがとても綺麗になりますね。
    とても丈夫だし。

    20160621_201648
    天然海水は元々有機なのでアミノ酸は必要ないと思われます。人工海水にアミノ酸を投与
    させると有機になり天然海水に近くなると思います。(魚の表皮や共肉のコロイドを守る)

    IMG_6122
    プレウロクリシス(Pleurochrysis)フードはハナダイが良く食べた・・。

    アクア最新RSS
  • ようこそ宮古島《再来島》NEW!
  • Pixie 絶賛改良中!G2モデルに新化
  • 立ち上げ
  • 海水魚最強の粒餌作り
  • 頂いたフラグ
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら





    面白い宣伝ですね。プロレーサーの小山美姫さん(18)でハンドル捌きとシフト操作が素晴らしい。
    でもS660の車の方も凄いなぁ。片輪浮かせているのに2点シートベルトのノーマルシートで姿勢が
    ブレないんだ。

    bugatthiveironn_blue
    2億6900万円のスポーツカー、ブガッティ・ヴェイロン16.4ですが実物は見た事がありません。
    北野武さんと楽しんごさんが最近購入し話題になりましたね。何でもレストラン経営が成功
    したんだとか。この車はV8エンジンを2台積みターボ搭載で400キロオーバーです。まぁどこで出すんやって話ですがスーパーカーはそれで良いのです(笑)

    a0051152_7581729
    ランボルギーニアヴェンタドール LP 700-4です。先日、ロッソカーズに2台在庫していました。
    何時かは所有してみたいスーパーカーですが5000万円は・・。ドアは斜め上に開き凄いオーラ
    を持った車です。10年前、ランボルギーニ・ディアブロを所有していましたが、ドアが上に開くと
    混んだ駐車場ではとても楽に出られます。が、立体駐車場ではドアが上がると天井に当たる
    事も。ランボルギーニは乗って楽しむ車ではなく眺めて楽しむ車です。載ると壊れるし財産価値が下がるから。

    Mclaren-P1-GTR-image-11
    マクラーレンP1です。1億円ですね。マクラーレンは武井壮さんが所有されているそうです。
    ロッソカーズで先日置いていましたが意外とコンパクトで乗り易そうでした。買えないけど(笑)マクラーレンは値落ちしないから投資に良いかも。

    F12ベルリネッタ
    フェラーリF12です。マラネロの次ぎの次ぎのモデルですね。3800万円だとか。フロント
    エンジンのフェラーリはアメ車みたいな乗り心地ですがとても速かったです。マラネロと
    モデナを比べるとモデナの方が楽しかったです。フェラーリはサウンドの良いV8のミッド。もう360モデナも3モデル前になるんだ。早いな。

    946254
    フェラーリ488です。遂にターボが搭載されました。NAの方が個人的には好きですが。でも相当良い車らしいです。

    z-1
    コルベットC7もZ51(カーボン多用のサーキットモデル)とZO6(スーチャー搭載)が出て
    来ましたね。上の3台とも同じに見えるのは歳のせい?価格も上がったなぁ。

    DSC04699
    ポルシェも過去に3台乗り換えましたが今回の997GT-3は良くなりましたね!ただ24.00万円は
    高過ぎる!それにポルシェはもうMTが無いんですよ。

    画像引用
    https://www.carnny.com/magazine/p662
    http://www.idea-webtools.com/2014/10/Mclaren-P1-GTR-image.html
    http://ferrari-blog.info/
    image

    CREATE THE SEAの植村代表がべっぴん珊瑚に関しての記事をUPされています^^
    http://blog.livedoor.jp/us0204us/

    動画を撮りました。


    アクア最新RSS
  • アカヒレ漬けNEW!
  • HISEA A1プラチナ始動!
  • 海水魚最強の粒餌作り
  • 頂いたフラグ
  • 柴犬?カワウソ?チワワ?
  • 自作Zeni-Naiyoリアクター武蔵 故障したので分解編
  • べっぴん珊瑚使用者の方に使用説明等を公式アカウントLINE@で配信いたします。
    btn_add_line



    livedoorのブログ(RSSとリンク)はこちら

    ↑このページのトップへ