Mili 公式ブログ

アーティスト / ミュージシャン 全世界で700万DLを超える人気スマホ音楽ゲーム「Deemo」の中で最も人気のあるアーティスト。 幻想的で物語性がある楽曲、聴いた者を一瞬で虜にする歌声と旋律が最大の特徴。 メンバーはコンポーザー「Yamato Kasai」トリリンガルボーカリスト「momocashew(モモカシュー)」 プレイヤー「Yukihito Mitomo」「Shoto Yoshida」クリエイター「Ame Yamaguchi」「Ao Fujimori」の5人

こんばんは!
Miliのボーカルのmomocashewです!
たまに「ですます」を使って丁寧にブログを書きます!

今はカナダの実家で休んでいます!
でも一ヶ月だと長すぎて、
まだ3週間も経ってないのにもうカナダ飽きた!
確かにカナダは安くお肉と果物と野菜をいっぱい食べれるけど、
でもやっぱ東京の方が便利・・・!!
アマゾンプライムも当日届けるし!どこにも電車で行けるし!
店員さんの態度も丁寧だし!!!
アマゾンプライムも!当日!!届ける!!!し!!!!!!!
(カナダだと、プライムでもたまに5日くらいかかる・・・)



今回のブログは、
私はなぜMiliをやり始めたことについて語りましょう。

Miliの楽曲隊の他のメンバーと違って、
本当はMiliを始まった1年前までは、
全く音楽を作るのに経験や興味なかったのです。

その時は音楽を作る気もなかったし、
そもそも自分は音楽を作れる人間だと思ってません。
もちろん、歌うのは好きだったし、
音楽を聴くのも好きだった。
けど音楽を作る人は自分とのレベル違いが大きいと感じました。

そんな思いを変わった原因は、
当時流行っていた「ボーカロイド」 でした。

その時、海外のボーカロイド制作会社が「Oliver」という
12歳のイギリス聖歌隊の少年英語ボーカロイドを発売していました。
金髪!!!そして左目に包帯!!!!そして素足に包帯!!!!!!

ショタ好きな私にとって、それは致命的な設定でした。
そして、初めて曲を作りたい気持ちが出来ました。

不純な曲を作って、可愛い12歳美少年に歌ってもらいたい
っと思って、 曲を作り始めました。

当時はもう一つ「VY2」という
カタナをイメージしたボーカロイドも大好きだったが、(外人はやっぱ侍要素に弱い)
日本語で作詞するのは私にとって難しすぎたのであんまり使えなかった・・・ 


とにかく、
動機は疑わしいが、
ボカロPをはじまったのです! 
ガンガン曲を作ってたのです!!


それてそれて、
その時はちょうど、ハモさんの「It's a wonderful world.」という曲を歌って、
ハモさんと繋がりがてきた頃です。

後で知らせたんですが、
ハモさんは新たにユニットを組んで、
私をボーカルとして誘った理由の一つは、
自分は作曲できることでした。

だからだから!!
今のMiliがいるのは、
ショタのおかげです!!!
ショタのチカラです!!!!! 



ちなみに、
先週新曲「world.execute(me);」を公開しました!
英語の歌詞をJava言語で頑張って表現しました!!
プログラマーが楽しめれば嬉しいです!
そしてプログラミングを学んでいる学生さんも、
ちょっとだけでもJavaに好きになれば最高です!
私はJava大好きなので!!

まだ聴いていない方はどうぞ!一回聴いてくれてと幸せです!
もちろん歌詞字幕と和訳字幕もついてます!右下の「CC」ボタンを押せば出ます!
字幕言語は歯車ボタンを押して変更できます!
コメントも全部読むから、感想とか何かあったらコメントで教えてください!

  
あと、
チャンネル登録って何?のような質問はよくあるらしいですが、
説明しましょう!

MiliのYoutubeチャンネル登録をすると、
Youtubeの登録したチャンネルのページにMiliの新しい動画は自動的に現れますよ!
一刻も早く新曲聴きたい!!っと思ってる人はチャンネル登録がオススメです!



では、今日のブログはここまで!
さよならバイバイグッドモーニング!!

今回は私、葛西(作曲兼ギター)です

今回はゲームブログじゃないです。
なんだと そんな馬鹿な
と思ってるそこのあなた。

私はMiliの猫奴隷担当ですよ。
ゲームばっかりやってる暇なんて無いんですよ。
今は6/1私の家にやってきた子猫(バーマン)のカルア(雌・生後二ヶ月)さんの事でめっちゃ忙しいんです。
07-2
ひゃぁねこちゃ~~ん かわいいでちゅねぇ~~

ブログやってる場合じゃねぇ!!!
一緒に寝たり、遊んだり、飯用意したり、多忙なんです。



そんな多忙な中、先ほどMiliの新曲が公開されました。
「world.execute(me);」


この曲はイントロのベースリフ、低い音で『ドゥルドゥル』言ってるあのフレーズです。
そのフレーズがゆきひと氏から「これよくね?ナウくね?これ拡げてくれ葛西」とのことだったので、
そっから僕が頂いて拡げました。
拡げてくれって言われても4小節分のフレーズです。
たったの
4小節(正確には1小節分のループ)です。
『あほなのかなこの人』って一瞬思いましたが、かっこいいので意地でも仕上げてやると思い、
この曲のきっかけとなりました。
ギターに関してはサビのリフの裏拍子を感じやすいフレーズ重視、後はノリのためになるべくシンプルに・・・
最終的にはプログラミングにかけた詞や、
それに合わせて描いて頂いた「たかくらかずき」さんのインパクトのあるイラスト。
バンドサウンドも納得の行くレコーディングにミックス・マスタリングを施してもらい、本当に素晴らしい作品になったと思います。

今回のこの曲は、個人的な想い入れが強く、なにせ私ダンスロックめっちゃくちゃ好きなんです。
なのでダンスロック制作する際は、常に自分の中のハードルが高く、少しでも納得いかなかったら速攻ボツにしてるくらいです。
なので仕上がったことが殆ど無いんです。好き過ぎる故に理想が高いのです。
それが、なんということでしょう。完成したではありませんか。

とまぁ、縦ノリ(上下に体を揺らしたくなるノリ)のすげぇ曲ができたと自負しております。

文字数多くて気持ち悪くなったので、この辺で!
後は聞いて感じて踊り狂えばいい!!!

他人よりも勝ってると自信を持って言えることは視力。

どうもMili吉田です。人間ひとつぐらい取り柄があるものですね。

実はですね、先週が本来の僕のターンだったんですが、"のっぴきならねぇ事情" があったため、急遽行人さんに順番を変わってもらいました。

ツイッターでも報告させてもらいましたが、ちょうど一週間前、娘が産まれました。
夜に妻と病院に行き、そこから産まれるまで付き添っていました。 大変ですね出産は。

そんな "のっぴきならねぇ事情" のため今週が僕のターンです。 ごきげんよう。

んで!!!!!!!!! 
その "のっぴきならねぇ事情" のため、今回やろうと思っていた『本人が叩いてみた動画』ですが、延期でお願いします!! さぁせん!!!
次回までには・・・ できるかな。 なんとかしたい。


さてさて。。。
そういや少し前ですが、レコーディングがありました。 音源に向けて動いています。
これがドラム。 ここでイヤホンにオケを流してもらいながら叩き、レコーディングをしていきます。
ドラム
「へー、せーのでみんなでやるんじゃないんだー」 って思う方もいるかと思いますが、大抵の場合そうじゃないんです。
そういう録り方も  "一発録り" と言って、レコーディング方法のひとつとしてありますが、あまり多くはないです。

何故かというと、せーので演奏した場合、仮に誰かがミスをすると全員でやり直しになるので、場合によっては時間がかかってしまうというデメリットがあるからです。
あと、例えば自分としては70点ぐらいの微妙なテイクでも、全体としてオッケーが出てしまえばそれが採用されてしまうので悲劇を生む原因にもなります。

逆にメリットは、うまくいけば時間や費用の節約になることやLIVE感や臨場感が出る、などがありますね。
細かいことを気にせずこのメリット重視で! って場合はこの一発録りを採用するケースがあります。

例えるなら、集合写真を撮るとして、普通に全員で並んで撮るのがこの一発録り。
一人一人それぞれ個別に撮った "奇跡の一枚" を合成して集合写真にするのが通常のレコーディング方法。 ですかね。

そんなこんなで、アルバム鋭意制作中です。 しばし待たれよ。


さて、今回はもうひとつ話題を。

話は変わるんですがこの前、髪を切ったんですよ。 僕は妹が美容師をしているので毎回妹に切ってもらっています(いい歳こいてとか言うんじゃない)
コミュニケーション能力に難があるので、美容室に行くのが上級クエスト並の難易度でお金を消費してまで行きたくないので助かっています。

更に僕はいわゆるオシャレに疎い人間で、若く軽快な語り口の美容師に「今日はトップどんな感じで?!」とか聞かれるとあらゆる負の感情が渦巻いてそれが全て顔に出てしまう為、やはり美容室向きではないのです。

というわけでそへんを全て理解している妹に頼んでいるわけなんですが、にしてもイメージはちゃんと伝えないとと思い、毎回スマホでヘアカタログを開き画像を見せるんです。
そこでいつも思うんですけど、ああいうヘアカタログって顔の形で似合う似合わないがあるじゃないですか。

のくせにカタログに登場する人の顔が、ボーダーを着てるガリガリエグザイル派生のガテン系ばかりなんです。

この二極化なカタログで髪型を選べっていうノーチャンス。

あのですね、カタログとしては美しくないのかもしれないけど、もっと中肉中背を入れるべき。
ニュースを見てくださいよ。 手配される容疑者はたいてい中肉中背。 捕まった容疑者もたいてい中肉中背。 世の中は中肉中背。

もっと中間を取ってほしい。吉田の切な願いです。


最後! 今日の一品。(これはやるんだ)
9
今回は手軽に名古屋の味、手羽先唐揚げです!
地元愛知県。 愛知と言えば名古屋。 名古屋と言えば名古屋飯。 その奇抜なラインナップの中でもこれはダントツでとっつきやすいメニューだと思います。

簡単、安い、美味しい、良い事だらけの手羽先唐揚げ。
以前、県外の友達に作ったらとても喜ばれました。

前回と同じく、長くなるとあれなのでレシピ詳細はこちらの個人ブログにて! →手羽先唐揚げ

以上です! じゃまた次回! ごきげんよう!

↑このページのトップへ