ドラムの翔太朗だい!!!

今日はお日柄もよく、皆様、黄金週間真っ只中でしょうかね。

5月っていいですよね。

洗濯物が良く乾くし、なんとなく風の匂いもやわらかくてやさしい気がします。


と、そんな今日はMAYからはじまるランデブーツアーに出演してくださるアーティストのご紹介をさせていただきます!


ウソツキ

率直に言って、大好きです。
出会いは最近で、カフカという僕の友達のかっこいいロックバンドのLIVEを観に行った時のこと。
自分が出演していないバンドの打ち上げに出たりする事はほとんどない僕でした。
だけど、その日のカフカのLIVEが素敵だったし、カフカメンバーは昔からの仲で、スタッフの方々も仲良しなので、お邪魔させていただくことにしました。
そこで何やらくっきり二重で、でっかくて、強そうで、それでいてひたすら優しそうな一人の男に出会ったんです。
それがウソツキのドラマー林山拓斗さんでした。
僕はそれまでにウソツキの名前やアー写を観た事ある!というくらいでした。
そこで出会って、気になりすぎて連絡先を教えてもらい、帰宅してMVを見て、すぐに好きになっちゃいました(笑)
出会った時、たくちゃんとはカレーの話しやラーメンの話しで盛り上がったのですが、ドラムや音楽の話しは一切してませんでした(笑)

その後はハルバンという広島のサーキットイベントで観に行ったり、MVをこれでもかというほど観たり、ツイッターで動きを追ってみたり、ウソツキの日のLIVEに行って、ウソツキキャップを購入してみたり。
もう、大好きになってしまいました。
どこが好きなのか。
楽屋であったり、ステージで観てるくらいですが、彼らのその暖かくそしてまったく飾らない人柄に惚れたんだなって思います。
なんというか、そのまま。
自然体。達観してる。仙人みたい。山の上で修行してs、、あれ?好きなところの話しでは無くなってしまいましたね。

そう。だけど、本当に。
彼らはつねにひとりの人間でいるなって思うんです。

あと好きなところ
・ロマンチックな歌詞
・超キャッチーな楽曲
・ルックス
・衣装!!!!!!

そう!衣装!ハルバンでみた時、みんな白が基調となった衣装を着用してて、しかもすんごいそれがあってて、パフォーマンスも凄すぎて興奮気味に楽屋で
「めっちゃかっこよかったです!衣装も素敵ですね!!!!!」
と伝えたら(どなたにお伝えしたか忘れてしまいました、、)
「ありがとうございます!僕も気に入ってます!けどこの衣装、今日で最後なんです、、」
と!!!!!!!!
ショッキングミシシッピ(これ、僕がよくプライベートで使うショックなことが起きた時の言葉です)

だけど、ご安心を。
先日のリキッドルームでのウソツキの日も、衣装も超素敵でした。


ではMVを一緒に観ていきまっしょ。


新木場発、銀河鉄道
この曲、ハルバンの時にやってて、ロマンチックすぎて、一瞬で惚れました。
すぐ調べて、この曲だ!ってなりました。
ギターの音で汽笛とガタンゴトン感を忠実に再現してます。
もうね、歌詞、現実と非現実のマッチング。
もうね、最高です。
ロマンチック。
_____
天の川越え 乗り間違えないよう
慎重に慎重に駅を数えてく
代々木上原で乗り継ぎしたら
キミに花を買っていこう
_____
好き!
好き!
好き!
花、買ってきてくれるってさ!
もしデートする予定がある方はこの曲聞いて気持ちを高めておくと良いのでは?
楽曲全体に素敵な言葉が詰まっています。
だけど、最後、感動して泣いちゃうかもな〜。
だから、デートの前日はやめておいた方がいいかも!(笑)
あ、けどけど、泣いたあとの顔で会って、彼が
「どうしたの?何かあったの?」
なんて聞いてきて
「◯◯くんと会える事を考えながらカレー作ってて、玉ネギ切ってたら、泣けてきちゃって」
とか言ったら
「キミの言ってること、よくわかんないけど、好きかも!」
とかなったりして。
(なるわけないよね、ていうか俺の考えたこのストーリーどうなってるんでしょうか)
とにかく、いかなる時でも聞いてください。

個人的にはMVで目の前を汽車が通過するときのたくちゃんのまばたきが好きです。
目が綺麗すぎる!
僕はくっきり一重です
みんなちがって、みんないい(笑)

この楽曲には「良さ」しかないです!以上!




惑星TOKYO
竹田さんのボーカリゼーション。
ブレスを巧みに操って、まさに竹田さんにしか歌えない歌を歌っているなって思います。
語尾や、歌い出し、薄いガラス細工のように繊細で触れたら壊れてしまいそうなボーカルラインです。
この絶妙な録音をできる技術。
そう!
演奏技術もウソツキはバケモノなんですよ!(普段の僕ですと、バンド名も「ウソツキ」ではなく「バケモノ」と名乗ればいいのにとかくだらないことを言いますが、今日はエレガントに、言わない翔太朗でいようと思います。)
LIVEで観るとわかりやすいんですけど、メンバーのみなさん「僕は箸より重いものをもったことがないよ」ってくらい上品に見えて、いざ楽器を持ってステージにあがると楽器を使いこなすわ使いこなすわ、弾き倒すわ弾き倒すわ。
どうしてそんな使いこなせるんですか!?
と尋ねたくなるくらい。
で、ライブのあと、藤井さんに
「めっちゃベース上手ですよね!凄すぎてびっくりしました!」
と言ったら
「ありがとうございます!だけど、人前で楽器を演奏する者としては当然だと思っています(にこにこ)」
というようなとても素敵なお言葉を頂戴して
僕はもう、春風の一番いいやつに包まれたような気持ちになりました。
「大将!今日は春風の一番いいやつ頂戴!」
「へいおまち!」

あぁ、考えているとメンバーにお会いしたくなる、これは恋かしら。
ギターのよしけんさんのウソツキの日でのトークも最高だったし。。。ギターはもう鬼です。あんなに弾きまくってもきちんとPOPに仕上がるのはスーパーギタリストの手腕も非常に重要な役割を担っていると思います。音も超美しいし。。

この曲もハルバンの時に初めて聴きました。
応答どうぞ。
竹田さんの歌詞って、人の心に浮かぶ様々な感情をひとつの曲にまとめられていて、こんな歌詞ってあるの!?って思います。
さまざまな心情を一曲の中で歌うと、散らばってしまいそうなものなのに、言葉たちがストーリーとともに曲にしっかりくっついて、しっかりまとまっている。
そして、すごくパーソナルで、すごく開かれてる。
歌詞に関して、僕は素人ですが、「とにかくすごい」ことは良くわかります。


あの、好きなMV曲多すぎるのでもうひとつくらいいいですか?
いいでーす!


一生分のラブレター
すんごいロマンチックな楽曲です。
僕もこうありたいと思います。
何回だって恋をする。
すごく私的な話しですが、10年以上前に僕が大好きなアーティストのLIVEで購入したパンフレットの中にそのアーティストのサポートミュージシャンが書いたコラムのようなものがあって、そこで見たものを思い出しました。
それは下記のようなもの。
「僕は奥さんに毎日愛してるって言うようにしています。どうしてそうするようになったかというと、友人のミュージシャンが最近奥さんを亡くして、その時にこう思ったって聞いたからなんです。「◯◯(奥さん)は突然天国にいってしまったけど、俺が最後に◯◯に自分の気持ちを伝えたのはいつだったんだろう。天国に旅立つ時に俺がどう思ってるのかとか考えたりしなかったかな、、、」と。」
友人ミュージシャンの話しを聞いたサポートミュージシャンはそれから、まわりの人や愛する人に対して思った感謝や愛の気持ちはなるべく言葉にするようにしていると書いてありました。
素敵すぎて、深く感銘を受けました。
僕もそれを見て、まわりの人や愛する人に対して思ったポジティブなメッセージは表現するようにしています。
一生分のラブレターを聞いて、歌詞を読んで、これを強く思い出しました。
あ、あわよくば、竹田さんのお嫁さんになりたい!
ロマンチックな気持ちをありがとう、ウソツキ!
僕はMAGIC OF LiFEのボーカルの高津戸信幸氏の書く歌詞も大好きなので、きっとウソツキの歌詞が好きな人にも届くと信じています。
高津戸氏はMAGIC OF LiFEの「スターチス」という曲でとてもロマンチックな言葉をメロディに乗せています。もしお時間あれば是非。
僕が高津戸氏とおんなじ船に乗るきっかけになった曲。
もしよかったら、対バンの前に出演アーティストの楽曲を聞いておいてくださいね

聞いておかなくても、必ず素敵な音楽に巡り合えることも約束しますが。





では、夕方前の運試し!



じゃん








けん







ぽん










🖐



今日はこれから、大好きなジョーカーゲームに触れてきます
ではでは、またね。

ばいなら。


みんなも素敵な一日を過ごしているといいな。