4月15日開催「LADYBABY 1st JAPANワンマンライブ 2016 ~世界のルールを変えちゃおう~」物販・特典会の詳細を発表いたします。

 LADYBABY物販160415_FIX_OL


◆物販時間帯
【前物販1】15:30〜17:
00(この時間帯のみライブチケットをお持ちでない方も参加可能)
                ※特典会には参加できません。くじ券配布なし。

↓ 一部商品以外は開場後の物販販売分を用意しています

【前物販2】
1800〜1900
【物販&特典会】2030〜(終演後)

◆特典会レギュレーション
物販商品1500円ごとに「くじ券」1枚配布

CD(蓮華チャンス!のみ)1枚購入ごとに「くじ券」1枚配布。CDは会場内で別売場となります。

◆特典会実施内容
くじ券1枚でくじを1回引けます。くじ箱内にはアタリ券とハズレ券が入っています。各物販時間帯でのアタリ券の獲得確率は同一となります。

・アタリ券(握手券、囲みチェキ券)※2ショットチェキの実施はありません。

・ハズレ券3枚でチェキくじ1回(▼メンバーのソロチェキを入った箱から1枚引いていただきます。)

Cf_8isVUMAAOjT_
チェキくじ例

4月13日、LADYBABYの3rdシングル「蓮華チャンス!」がついに発売されます! 今回のシングルでは、下記のCDショップ等でオリジナル特典が付きます。特典の配布は各店舗なくなり次第終了となります。

タワーレコード様・・・缶バッジ、全4種のうちランダムで1種
Amazon.co.jp様・・・・
A4クリアファイル1枚
ヴィレッジヴァンガード様
CDジャケットデザインのミニステッカー1枚
その他の一部CDショップ様
ポストカード1枚
※ニコニコ本社ほか

明日4月13日は、ニコニコ本社でのリリースイベント(フリーライブ・特典会)もよろしくお願いします。
⇒イベント詳細


タワーレコード様(缶バッジ、全4種のうちランダムで1種)
LB3_nov_badge


▼Amazon.co.jp様(A4クリアファイル1枚)
LB3_nov_clear1


▼ヴィレッジヴァンガード様(CDジャケットデザインのミニステッカー1枚)
LB3_nov_sticker 


▼その他の一部CDショップ様 ニコニコ本社ほか(ポストカード1枚)
LB3_nov_postcard

LADYBABY 3rdシングル「蓮華チャンス!」(2016年4月13日発売)のリリース記念イベントを、東京2会場、名古屋1会場で開催します。 

イベント内容・CD購入特典等の詳細は、各会場ごとに必ずご確認ください。



 4月13日(水) 18:30~ ニコニコ本社 B2イベントスペース


◆3会場(全通)参加特典
「蓮華チャンス!」 or 「セシボン・キブン」 B2ポスター メンバー3人のサイン入り
※ 9日開催の会場にて、ご希望の方へスタンプカードを配布します。
※ ポスターの種類は指定できません。

◆リリイベ追加特典『スタッフ林の失敗ステッカー』
スタッフの林が間違えて発注してしまった『スタッフ林の失敗ステッカー』をCD3枚購入の方全員にプレゼントします。(※1会場あたり限定数100枚)
LB3_sticker2_nyukou_sample
※失敗作につきステッカーに切れ目がついておりません。予めご了承下さい。


3rd_event

 

◆新曲MV2曲同時発表!
LADYBABYは、2016年4月13日(水)発売の3rdシングル「蓮華チャンス!/セシボン・キブン」のミュージックビデオを2本同時公開しました。


「蓮華チャンス!/Renge Chance !」Music Clip 


「セシボン・キブン/C'est si bon Kibun」Music Clip 


さらに、発売に向けてリリースイベント、販売店別特典を実施します。

◆リリースイベント発表! ※場所・時間、レギュレーションは近日発表します。
4月9日(土) 東京某所
4月10日(日) 名古屋某所
4月13日(水) 東京某所

全会場購入者(全通特典)には「蓮華チャンス!」B2ポスター(全員のサイン入り)をプレゼント

販売店別特典 ※サンプル画像等の詳細は近日発表
・タワーレコード様 (特製缶バッジ ※全4種のうち1種をランダム封入)
・ヴィレッジヴァンガード様 (特製ステッカー)
・Amazon.co.jp様 (特製クリアファイル) ⇒予約はこちら
・上記外の一部のCDショップ様 (特製ポストカード)

お楽しみに!

【LADYBABY結成1周年 特別企画】

メンバーがいま振り返る激動の2015年(アメリカ遠征の思い出、「ニッポン饅頭」の世界的ヒットの影響etc... )。国内初ワンマンを前に、LADYBABYのことがもっと好きになる(はず!)ロングインタビューを、全5回に分けてお届けします。 インタビュアー:アイドル評論家 山村哲也氏

【LADYBABY 1-Year Anniversary Special Project】

The 3 members look back at their hugely successful 2015, including their tour to America and their worldwide hit “Nippon Manju”, in this interview that was held before their first one-man live in Japan! So you can get to love LADYBABY even more (and you should!), we are specially delivering to you this interview across all boards of our social media. Interview by Tetsuya Yamamura (idol critic)
 

1-1
2015年、デビュー曲「ニッポン饅頭」で世界に激震を与えたLADYBABY。同曲のMVYouTube公開4か月で再生数1000万回を突破、1stワンマンライブはアメリカ・ニューヨークで500枚ソールドアウトの成功をおさめた。メンバー3人は、突然の結成、デビュー、アメリカ遠征という激動の2015年をどう感じ、これまで活動してきたのか? アイドル評論家の山村哲也氏をインタビュアーに迎え、遠征の思い出、ファンへの思い、メンバー同士の印象など、たっぷりと語ってもらった。

LADYBABY released their debut song “Nippon Manju” in 2015 which took the world by storm. The music video to the groundbreaking track surpassed 10 million views on YouTube after just 4 months, and the group performed their first ever one-man live in New York, America to a sold out crowd of 500 people. Tetsuya Yamamura, a critic on Japanese idols, interviewed LADYBABY about how the group came together, their debut, how they feel about their crazy 2015 and America tour, thoughts on their fans, and individual impressions of each other.


初ワンマンライブはNY!
エンタメの本場でLADYBABYのパフォーマンスは通用したのか?

First one-man live in NYC! How well received were LADYBABY at the famous entertainment district?

――先ずは10月に行ったニューヨークでのワンマンライブの事からお聞きしたいと思います。7月にCDデビューしたユニットなのに展開が早いですよね。

――I’d first of all like to ask about your October 2015 one-man live show held in New York. You’ve come along way already considering you just released your debut CD in July (2015).

ビアード そう。すごい早いし、すごいラッキーです。

Beard-chan: We have. It’s all come so fast so we’ve been really lucky.

――日本よりも先にニューヨークでワンマンをやるのはどんな気持ちでした?

――How did you feel about holding your first one-man live in New York rather than Japan?

ビアード 前例がないぐらいのいいリアクションももらえて嬉しかった。ニューヨークの人はパフォーマンス中にミスを見つけると直ぐにバカにするし、海外の若いバンドが初めてニューヨークでライブしてもここまでの大きなリアクションはないと思う。

Beard-chan: The reaction from the crowd was something we hadn’t seen before, it made me very happy. People in New York tend to find mistakes during a performance and make fun of it. I don’t think bands that have just started out and are from overseas have ever received such a great reaction as we were able to.

金子 ニューヨークのライブの時はデビューして3か月だったからまだあまりダンスとかも揃っていなくて。そんな中で完璧さを求められるニューヨークに行ったから怖い気持ちもありましたね。でもいざライブをやってみたら日本以上の盛り上がりと熱さですごかったです。

Rie: The New York concert was held only 3 months after our debut so we didn’t have all the dancing and stuff down to perfection yet. It was pretty scary going to New York because of that, since they would want a perfect performance. But despite all of that, their reactions were much louder and they were a lot more excited than what we have seen at our shows in Japan. It was amazing.


――黒宮さんはLADYBABYとは別にBRATSというロックバンドでも活動しているから今まで色々なライブを経験していると思うのですが、ニューヨークの人達のライブでの反応はどう感じました?

――Rei, you’re part of another group besides LADYBABY, a rock band called BRATS, so I’m sure you’ve had numerous live experiences. How did the reaction from the New York crowd make you feel?

黒宮 バンドやLADYBABYを見に来る日本のお客さんはどちらかと言うとメタルも好きだけどアイドルが好きっていう人の方が多いと思うんですよ。でも海外の人はそれが逆でメタルが好きで日本の文化も好きって人が多いから、ノリ方も普通にロックバンドを見に来た時の感じでそこは違うのかなって思いました。

Rei: I think there are a lot more Japanese fans who, when they come to see BRATS or LADYBABY, are more into the idol genre than metal. On the other hand, there are more overseas fans who like metal, not to mention Japanese culture, and who are really into Japanese culture. Their response was what you would see if you went to see a rock band, which is different from what you would see from a Japanese crowd who had come to see us.

ビアード LADYBABYは西洋にはない不思議で唯一のグループです。だからお客さんも全部の文化の人が来るのですごい。

Beard-chan: LADYBABY is a unique and very different kind of group that you can’t find in the West. Because of that, people from all kinds of cultures came to see us so it was really something amazing.

1-2
画像)ニューヨークでのワンマンライブの模様

金子 確かにそうだよね。日本だと今って新しい形のアイドルグループが色々出て来ているじゃないですか。でも外国の人からしたら日本のアイドルみたいなのは珍しいのかなって思う。LADYBABYはビアちゃんがいる事によって海外の人も入りやすい親近感もあって面白いし、一つ一つの事がすごく大きな印象を与えているし興味深いんじゃないですかね。

Rie: That’s for sure. In Japan, there are lots of different kinds of idol groups debuting right now. But something like a Japanese idol group I think is quite rare to find overseas. It’s a lot of fun to see our overseas fans having an affinity and being able to easily join in with us since LADYBABY has Beard-chan. Every little thing leaves a big impression on our overseas fans so it’s great to see.

――そういう意味ではニューヨークの人達はビアードさんの事をどういう風に見ていたんでしょうか?

――So how exactly did the New York fans see Beard-chan?

ビアード 何かすごく好きみたい()

Beard-chan: They seemed to really like me. (laughs)

――ライブ後に物販とかで現地のファンの人と話したりもしました?

――Did you sell merchandise and talk with fans after the show?

金子 しました。日本との違いだと向こうの人達はすごくフレンドリーでしたね。日本のアイドルファンていきなりがっついたらいけないとかルールみたいなのがあるじゃないですか。でも向こうはそういうのがないから最初ハグから来たりするんですよ。でも海外だとそれが全然嫌じゃなくて、むしろそれぐらいの方が接しやすかったです。あと日本はシャイな人が多いけど、ニューヨークはストレートに伝えてくれる人が多くてそれが印象的でした。

Rie: We did. Compared to our Japanese shows, I would say the people were a lot friendlier. There’s actually a rule in place for Japanese idol fans that they aren’t allowed to hog the idols’ time from other fans. But there wasn’t a rule like that at our New York show, so when meeting with the fans, we started with a hug. Doing that isn’t something strange overseas. On the contrary, it made it easier to connect with people. There are a lot of shy people in Japan, but there are a lot of people in New York who are more forward, so it was nice to see the difference.

――どんな事を言われました?

――What kinds of things did they say to you?

金子 握手しながら英語で「あなた達はすごく素敵なグループだと思います」って。「あなた達を見に来れて嬉しいです」とか「元気になれましたありがとう」みたいな事を言ってました。

Rie: While shaking our hands they said things, in English, like “You’re an amazing and great group”. And things like “I’m so happy I was able to come and see you” and “Thank you for making me happy”.

黒宮 ライブを見たお客さんがテンションの高いまま物販に来て、ビアちゃんもテンションが高いから「わぁーっ」てハグしてチェキ撮って終わりみたいな。

Rei: Fans who saw the performance came over to the merchandise stand really excited. Beard-chan was excited too and would scream “AHHH!” and hug them. We finished with taking a chekki photo with them.

金子 話しをしてくれる人はすごく話すんですけど、それ以上にみんなテンションが高まっていて楽しそうだったし興奮状態でしたね。

Rie: People who came and spoke with us had lots of things to say, but even more so people were really energetic and looked like they were having so much fun. There was a real atmosphere of excitement.

1-3
画像)ニューヨークライブ ファンからの寄せ書きフラッグ

――ニューヨーク以外でも海外ライブをやられていますが国ごとに反応は違ったりしました?

――Besides New York, you are also touring other countries too. Have responses been any different?

ビアード ニューヨーク、ロス、中国、日本、みんな自分のお客様スタイルがあります。例えば日本だとお客さんが一緒にダンスするけどアメリカでは全然ない。

Beard: New York, Los Angeles, China, Japaneveryone has their own way of doing things. For example, in Japan, everyone dances together, but in America not everyone dances.

金子 そうだね。でもどんな国に行ってもLADYBABYの音楽は世界共通だなって思いました。どこで披露しても必ず盛り上がってライブが終わった後にお客さんが興奮しているんですよ。だからそこは一緒かなって。

Rie: That’s true. But I think people like LADYBABY’s music whichever country we go to. Wherever we perform, fans are always energetic, and are always excited when they come and see us after the show. I think that’s where we connect as one.

1-4
画像)ロンドン「HYPERJAPAN」

1-5
画像)ドイツ ワンマンライブ
 

INDEX
⇒【Part 1 】初ワンマンライブはNY! エンタメの本場でLADYBABYのパフォーマンスは通用したのか?
 LADYBABY:Looking back at 2015.
⇒【Part 2 】デビュー曲「ニッポン饅頭」が海外でヒットした魅力とは?
 What made their debut hit “Nippon Manju” a charm overseas?
⇒【Part 3 】新感覚な3人の組み合わせ 結成当時のお互いの印象は?

 What were their impressions of each other upon first meeting?

⇒【Part 4 LADYBABYは“アイドル”?「アイドル嫌い」「アイドルって何?」

 LADYBABY are ‘Idols’? “I hated idols” “I didn’t know what an idol was”

⇒【Part 5 活動1年目総括&3人が目指す次のステージは?
 Final thoughts on their 1st year & what’s next for LADYBABY

 


【インタビュアー】山村哲也
Interviewer Tetsuya Yamamura

アイドル評論家。主な連載に、「諸国漫遊全国アイドル旅」(webサイト「ランキングBOX」)、「ご当地アイドルの創り方連載中」(雑誌「EX MAX!」)など。ほか、GiRL POP、マーキー、IDOL AND READなどで執筆。

Idol critic. Main publications include “Idols Touring Japan” (Japanese: 諸国漫遊全国アイドル旅) on the website “rankingbox” and “Making Local Idols” (Japanese: ご当地アイドルの創り方連載中) in the magazine “EX MAX!” Also writes for GiRL POP, マーキー, IDOL AND READ, and more.

【翻訳 translation/Joshua Kitosi-Isanga】 

【撮影/立花奈央子(オパルス)・林健太(クリアストーン)】

Photography / Naoko Tachibana (Opalus) ・ Kenta Hayashi (Clearstone)

↑このページのトップへ