月別アーカイブ / 2016年07月

こんばんは。

空想委員会の三浦です。


今日は音楽に全く関係のない話をしましょう。

近頃、街中は野生のポケモンを捕まえようとするトレーナーの皆さんで盛り上がってますが、私はとりあえずトレーナーにはなってません。

「トレーナーになりましたか?」とか「どのモンスターが好きですか?」と質問されたんですが、今後もトレーナーになる予定はありませんし、好きなモンスターも特にいません。

散歩は大好きなので周りのみんなにはトレーナーに向いてると言われるんですが、正直それどころではないのですね。




歩きながら捕まえようとしてるものは、歌のテーマとか、歌詞にしたい言葉とか、メロディとかなんですよねぇ…








ミュージシャンっぽくね?w


 

というのは冗談で、結構歩きながら考え事してるのでそれで十分楽しいのです。



まあ、あと探すべきはモンスターではなくて彼女もしくは嫁候補の美人さんですよね。

そっちの方が重要なのですねー。




スタッフさんとかがアプリで遊んでるの見てると非常に楽しそうなので、これを読んでるトレーナーのみんなも周りに配慮しつつ、安全に遊んでねー。



ということで、今日は全く音楽的ではない話をお送りいたしました。

たまにはこういうどうでもいい話もいいよね。



また気が向いたら書きますー。


いつもコメントありがとうです。


 

こんばんは。
三浦です。

先ほど大阪から東京に戻ってきました。

家に帰るまでがツアー。
つまりこれにてツアー終了となります。
ありがとうございました。


「大歌の改新」で一緒にライブをしてくれた

the quiet room
ココロオークション
サイダーガール
LILI LIMIT
Halo at 四畳半
ドラマストア
Rick Rack
Amelie
CRAZY VODKA TONIC
the irony
セプテンバーミー

本当にありがとう。

今回の「大歌の改新」は新世代のバンドと一緒にライブをする企画でしたが、どのバンドもホントに刺激的で毎回新たな何かをもらった感じがしています。
やっぱりかっこいいバンドはかっこいい。
それを証明できたライブだったと思います。
きっと会場で初めて観たバンドに心をつかまれた方もたくさんいたでしょう。
これからも応援してあげてください。
空想委員会はさらにその上をいくかっこよさを出していきます!
空想委員会ももちろんよろしくね!


そしてもう一つの「リクエストワンマン」の方は空想委員会のメンバーの力だけでは絶対にできないライブでした。
ライブを作るために力を貸してくださった全てのスタッフさん、そして会場に足を運んでくれた全ての皆さんに感謝です。
ありがとうございました。


毎回スリルとサスペンスが満載のライブで、ステージに立っててとても楽しかったです。
いや、ステージとフロアの境なんてなかったのかもしれません。
それくらい私は「何が起こるんだろうなー?」って良い意味で他人事でした。w
でも心のどこかでは「何が起こってもなんとかなる」って自信もありました。

きっと昔の空想委員会だったらこういうライブはできなかったと思います。
今の空想委員会だからこそできたライブでした。
またいつかこういう形のライブをしたいですね。



個人的には今回のツアーでバンドとしての新しい筋肉が鍛えられたような感覚があります。
そしてバンドとしてより自由になった感じがしています。


9月22日の野音でもっといろんな楽しい事ができそうな予感がして、本当にわくわくしています。
未来につながる本当に良いツアーでした。
やってよかったぞー!

今回のツアーで得たものを全部野音のワンマンにぶつけるんで、絶対遊びにきてください。
期待しててください。

空想委員会の音楽に関わってくれてありがとう。



空想委員会 三浦隆一 

↑このページのトップへ