こんばんは。

ご無沙汰してます。
空想委員会の委員長、三浦です。

前回のブログから更新がずいぶん久しぶりになってしまいました。

前回は「大歌の改新、折り返したよ」っていう内容だったんですね。

しかも約1ヶ月前。w


気付いたらもう年の瀬ですよ。w

そして、「大歌の改新」は昨日の東京・立川公演で無事に終了いたしました。


改めて、共謀者として一緒にライブをしてくれた総勢33組のバンドと、会場に足を運んで、一緒にライブを作ってくれた全ての方、そしてスタッフの方に御礼申し上げます。


本当にありがとうございました。


いつも思っていることですが、私は本当に非力で無力です。

一人では何もできません。

そんな私でも31公演という長い長いツアーを歌い切ることができたのは、多くの方に助けていただいたからだと思っています。



バンド史上、最もきついツアーでした。

ただ、バンド史上、最も楽しいツアーでした。


ツアーを終えてみて、心から「このツアーをやってよかった」と言えます。

私にとってもバンドにとっても、大きな転機となるツアーだったんじゃないかと思います。

時間が経って、このツアーをやった意味がもっともっと大きくなってくるんじゃないかという予感もします。


「大歌の改新」、やってよかったです!

こういう機会をくれて、ありがとう!!


本当にいい企画でした。



ツアーが終わって、私はどんな状態かというと、わりと元気です。

いつも通りです。


なんなら、「明日からまた遠征に行って」って言われたら、「わかりました」って、すぐ行けるくらいフラットな状態です。

ま、行かないけどね。w


とりあえず、31公演を歌い続けた喉を労りたいと思います。

次に皆さんの前で歌を歌う機会があるとするなら、年末のカウントダウンライブですかね。

あとは来年2/1の「大歌の改新 外伝」ですね。



そのときまでに、私は「大歌の改新」で得たものをしっかり消化し、自分のものにし、少しでも成長していたいと思います。


それが次の歌に繋がっていくと思います。


31公演も歌う場所と時間をくれて、本当にありがとうございました。


空想委員会委員長 三浦隆一