月別アーカイブ / 2012年11月

11/27(火)。

東京代官山UNIT。


私にとって、2012年の空想委員会の活動が終わりました。


いや、この一年の活動というよりは、空想委員会というバンドを作ったところからの一つの区切りですね。


ワンマンライブツアーをやるのが、漠然とした夢でした。


たくさんある目標の一つが達成されたわけです。




応援してくださるみなさんのおかげです。



ありがとうございます。






ライブのことを振り返ってみたいところですが、なんか、それをここで文章にしてしまうと記憶が軽くなってしまいそうな気がして、うまくできないでいます。



思い出せるのは断片的な映像です。




とりあえず、自分が白衣を着たのは覚えてます。


それを脱いだのも覚えてます。



「男子がたくさん来てくれて嬉しいなぁ」って思ったのも覚えてます。



ずっと応援してくれている人の顔が見えて、「いつもありがたいなぁ」って思ったのも覚えてます。



初めて見る顔がたくさんあって、「空想委員会に気付いてくれてありがとう」って思ったのも覚えてます。



新曲でシェイカーを投げたのも覚えてます。







断片的な映像の数々。


敢えて言葉にしないで、この映像のまま、私はずっと記憶していきます。





バンドやっててよかったと、心から思ったライブでした。




どうもありがとう。










そして、何かが終わると、何かが始まるのです。



アンコールの時に発表されたこと。



それは、



4/14(日)。

恵比寿LIQUID ROOM。



次のワンマンライブが決定いたしました。




実は、我々メンバーはアンコールの時に発表する内容を


『3月に新作リリース決定』


だけだと思っていました。




ところが、水面下ではこのワンマンに向けての準備が進んでおりまして(メンバーには内緒にされていた)、会場に来てくださったみなさんと同じタイミングで知ることになったのです。






…。










なんて面白いことをやってくれるんだ!

うちのスタッフは!!







面白いです。



いわゆる、ドッキリです。w




あまりに突然のことでステージ上で頭が真っ白になり、しばらく思考停止状態に陥りましたけど、我に返って思いました。






こんなにありがたいことはない。







空想委員会が恵比寿LIQUID ROOMさんでライブをすることに関して、いろんな意見が私の耳に入ってきてます。




いろんな人が、いろんなことを言ってますけど、誤解して欲しくないのは






空想委員会のメンバーが強制的に誰かにやらされているのではなくて、僕らがやりたいからやっている


ということです。



絶対にそこは誤った認識をして欲しくないです。







現在、空想委員会はどこの会社にも所属していません。


全部自分たちでやってます。



しかし、活動の規模が大きくなるにつれて、メンバーと今までのスタッフだけでは手に負えないことも出てきます。



そういったときに、その道のプロフェッショナルの方の力を貸していただきながら、活動しているというのが現状です。





プロモーションビデオを作るのは、映像制作のプロフェッショナルに。


グッズなどの絵を描くのは、絵のプロフェッショナルに。


ライブの会場を決めたり、予定を組むのはその道のプロフェッショナルに。







それぞれの分野で力を発揮できる人に、力を貸してもらって活動をしているのです。



ここには誰が偉いとか、誰が権限を持っているとか、そういう力関係は一切ありません。




一番に優先されるのはメンバーの意思なのです。


そうやって活動してます。







だから、私はステージで初めてLIQUID ROOMさんでのワンマンが発表されたときに、ありがたいと思ったんです。






メンバーとスタッフの全員が目標を共有していることが確認できたからです。



みんなが同じ目標に向かって頑張ってます。




メンバーの意思を最大限に考慮したうえで、スタッフが頑張って攻めのライブを組んでくれたんだということを理解してください。








我々は目標に向かって最大限の努力をするだけです。


今までもそういう風にやってきましたし、これからもそうすることでしか前に進めないということはわかっているからです。






空想委員会というチームでもっと団結して、頑張るだけです。





人それぞれ、いろいろ思うことはあると思いますが、我々はずっと本気でやってきたし、これからも本気です。





そういった姿勢を理解していただけない方がいることは、本当に寂しいことですが、人それぞれ考え方は違いますし、こればっかりは仕方ないことだなぁとも思っています。





夢に向かって、僕らは変わらず音楽をやるだけです。




無謀な挑戦だと笑われても気にしません。



前だけ見て進みます。









空想委員会 委員長 三浦隆一

こんばんは!

先日27日に代官山ユニットにて行われたライブをもって今回のワンマンツアーは終了しました!
今回このツアーに関わってくれた全ての方に感謝いたしますm(__)m

仙台、名古屋、大阪、福岡、東京、どこの会場もすごく盛り上がり、お客さんの楽しそうにしてくれている表情がステージからよく見えました。本当に幸せ涙
このツアーで、みなさんと会えたこと、心から嬉しかったです!
このツアーで、岡田語録もたくさん産まれましたが。。。w
いただいたたくさんの差し入れもありがとうございました!!

よく岡田さんの笑顔がーとか言ってもらえるのですが、いやいや、みんながそうやって笑顔でいてくれるからこそ僕も笑顔になれるのですよ!と。本当に感謝いっぱいです!!

ファイナルのユニットは、空想委員会のライブの日にしては珍しく、天気もすごくよくてライブ日和!たくさんの方に集まってもらえました。

そして、僕たちメンバーには内緒で、極秘で進められていたことが、アンコールの曲前にいきなりスクリーンで発表されて、お客さんと一緒に知ることとなりました。あれには本当に驚きました。驚きすぎて頭真っ白。。。



 2013年4月14日(日)
 恵比寿LIQUID ROOMにてワンマンライブ決定



キャパ900人と、空想委員会史上最も大きい会場でのワンマン。とても怖くて不安ですが、でもこれは、空想のライブ制作等を担当していただいているプロの方々やマネージャーから与えられたチャンスと試練だと思っています。





空想委員会を始めてからはまだ3年ですが、音楽を始めてからは10年が過ぎようとしてます。アコギ一本で一人で路上ライブをやったり、お客さん0人の中でライブをやったこともたくさんあります。この恵比寿LIQUID ROOMという所は憧れの場所の一つ。大好きなバンドを見にも行っています。いつかこのステージで。。。なんて昔からある夢の一つです。このステージに立つことはそう簡単なことじゃないこともわかっています。かなりの努力をしなければいけないこともわかっています。でも、数々の大物アーティストさんのライブ制作を行っているプロの方々が、今、このワンマンにGOサインを出してくれたことって、無理なことではない。って思ってくれたからだと思っていますし、今、このワンマンをやる理由があるからだと思っています。大きな会場でライブができることは素直に嬉しいです。けどそれだけで終わりにはしません。それだけで終わりにできません。大きな会場でライブがやりたい!って思っていて、そのメンバーの思いに対して一生懸命に考えてくれる空想チームのみなさんには本当に感謝しています。大好きです。そしてこのワンマンが決まった以上、応援してくれているお客さんには、最大限に楽しんでもらえるように!!!!ここ絶対!!!!今までで一番楽しいライブだったって言わせてやる!!!!せっかくのチャンス!絶対に物にしてやる!!!!死ぬ気で頑張る!!!!





と、熱くなってしまいましたが、詳細はこちらー!



空想委員会史上最大のワンマンライブ

-----------------------------------------

空想トラベルがお送りする修学旅行へようこそ!
イベント名:『空想トラベル推奨「学校では教えてくれない修学旅行~ときめかずメモリアル~』

日時:4月14日(日) 集合 16:45 開始 17:30
会場:恵比寿LIQUID ROOM
前売:\3000+1drink
出演:空想委員会

■チケット申し込み方法
・先行特別デザインチケット販売(ライブ当日に、おみやげ付き!)
販売期間:12/1(土)10:00~12/24(月祝)23:00
7S-TICKET

・一般販売
ローソンチケット(Lコード 79513)(一般発売期間: 2013年2月23日(土)販売開始)
e+(一般発売期間: 2013年2月23日(土)販売開始)
チケットぴあ(Pコード 185-977)(一般発売期間: 2013年2月23日(土)販売開始)

※学生キャッシュバックキャンペーン
小学生/中学生/高校生の方は会場にて¥500キャッシュバックいたします。
中学生/高校生の方は学生証を、小学生は年齢を証明できるものを持参下さい。
キャッシュバックは当日、会場に来られた方に限ります。
当日、学生証をお持ちにならなかった方へはキャッシュバックはいたしませんのでご注意下さい。

-----------------------------------------



詳しい詳細はこちら



先行販売は12/1から!もう明日から始まっちゃいます!
早めの整理番号を手に入れちゃって、是非前の方で見てください(^^)/

このライブは日曜日、ですが前日の13日から様々なプレイガイドが開催されます!
空想委員会ゆかりの地、オススメする名所・飲食店、今まで公開されていない動画や写真、グッズなど展示するギャラリー等々盛りだくさん!!
13日は東京観光、14日はリキッドワンマンという一泊二日プランなどオススメ!



と、せっかくなのでライブ以外にも楽しんでもらえるような企画を考えています。
みんなにとって、本当に楽しい日になるように、空想委員会はたくさん考えています!

是非、13日から14日にかけてたくさん楽しんじゃってください☆

11/18に福岡でワンマンライブをしてから、今日まであっという間に過ぎてしまいました。

今日は11/26。


明日はいよいよ「全国一斉秋季特別講習ツアー」のファイナルが行われます。




明日のライブを前に、気持ちの整理をしようと思います。







私の中で、空想委員会の2012年の活動は、明日のライブで終わると思っています。


今年の3月に行った「恋愛下手の伝え方ツアー」は昨年12/28にリリースした「恋愛下手の伝え方」というアルバムのツアー。


そういった意味で、私的には「恋愛下手の伝え方ツアー」は2011年の活動の集大成という認識でした。





そのツアーが終わったところから2012年の活動が始まったのです。



ツアー終了と同時に、次回作へ向けての準備が始まりました。


それが終わった頃に「夏休みツアー」がスタート。



このツアーでは各地のフェスに出演させていただいたり、学生バンドさんからのオファーでライブに出演させていただいたり、たくさんライブを行いました。




「夏休みツアー」が終わってすぐに新作がリリースされました。


『僕はまだ必要十分条件を満たしていない。』と『完全犯罪彼女』の2タイトル同時リリースとなりました。



リリース直後には「リリース記念ワンマンライブ」を行い、11月からツアーが始まったのです。





そのツアーが明日終わります。







空想委員会の2012年はこれが全てです。


文字にしてみると本当にシンプルです。




でも、その一つ一つにすごくドラマチックな物語がありました。




今年、我々が行った活動のうちの何がきっかけで空想委員会というバンドに気付いてくれたかは、人それぞれだと思います。



いつから空想委員会を知っていたかも人それぞれだと思います。







いつからでも、何がきっかけでもいいです。






空想委員会というバンドの存在に気付いてくれて、本当に感謝してます。








ありがとうございます。











音楽というのは、演奏する人と聴く人がいないと成立しません。



私がどんなに声を張り上げて歌を歌おうとも、耳を傾けてくれる人がいないと、そこには「音楽」は生まれません。







私の音楽に耳を傾けてくれてありがとう。



空想委員会に居場所をくれてありがとう。









明日のライブは、この一年で貯まりに貯まった感謝の気持ちを演奏に込めたいと思います。







バンド活動をしながらいつも思うのは、「貰うばかりで何も返せていないなぁ」ということです。




少しでも何かを返せるように、歌います。











バンドの活動というのはリリースした作品と共にあります。



明日のツアーファイナルが終わった瞬間から、我々は次の作品に向けて動き出すのです。




明日のライブが終わったら、私は一足先に2013年の気持ちに切り替わります。




言うなれば、明日は大晦日です。





今年一年を締めくくる意味で、みなさんも楽しんでいただけたら嬉しいです。








空想委員会 委員長 三浦隆一



-------------------------------------------------------------------------------------


イベント名:空想委員会『全国一斉秋季特別講習ツアー』ツアーファイナル
日時:11月27日(火) Open 18:00 Start 19:00
会場:代官山UNIT
限定グッズ付先行:\4000+1drink / 前売:\3000+1drink / 当日:\3500+1drink
出演:空想委員会




※明日のライブ、当日券があります。前売り券を買い損ねた方、明日の予定がまだわからない方は是非当日券をお買い求めください。





↑このページのトップへ