こんばんは。
もう前回いつブログを書いたんだか思い出せないくらい久しぶりの更新です。
三浦です。

今日も特に書く事決まってないけどこうやって始めてみましたが、さてどうしましょう。

ちなみにたしか前回は野音でのライブの後から私の更新が途絶えたんですが、今振り返ってみてもあのときは完全に余裕なかったですね。
野音終わってすぐに大歌の改新始まったし、精神的にもブログ書きたい気分じゃなかったんだと思います。
で、そうこうしているうちにこのLINE BLOGの仕様が変わってて、ログインしようとしたらできなくなっててですね。
ログインの仕方を会社に確認してもらったり。
そうこうしてたらまたレコーディング始まったり。(色恋沙汰の音沙汰のレコーディングね)


もうあらゆる理由をつけて今日までブログを書かないできたわけです。
でも今日はやるぞと。
2017年は更新していくぞと決意を新たにしているわけです。

ただ、ここで問題が。


書きたい事がないです。

前は独り遊びでやったことを書いたりとかしてましたけど、最近もう全く遊んでなかったから書く事ないわけですよ。ネタ切れ。
しかも、空想委員会のモバイルファンサイトでは月一回コラムみたいなのを書いてるでしょ。(そこで思った事を自由に書いてる)
あと私は地元青森の「デーリー東北」という新聞で月に一回エッセイを書いてます。(自分が八戸にいた頃と今現在考えてる事が少しずつ結びついていくような内容)
さらには毎月一回のレギュラーラジオ(レインボータウンFM「ミュージックデリバリー」)では自分が読んだ本を紹介するコーナーが始まったし。
なんなら恋愛事情に関してはリリースされた音源の歌詞を読んでもらえればそのままだしね。
Twitterもちょこちょこ更新してるし、インスタグラムもやってます。(最近インスタグラムの方がTwitterより楽しい)



何を書いたら読みたいですか?


ちょっとこの場を借りてお題を募集したいと思います。
まあ、皆さん知っての通り私は本当に気分屋なので貰ったお題について必ず書くかといわれたら約束はできませんけど。
しかも言わない方がいい事も世の中には沢山ありますしね。


もうすでに自分のことを発信するという事において飽和状態の三浦に新たな視点をください。
そしたら今年はブログの更新頑張れるわ。


ということで、お題待ってます。
コメント欄に頂戴ね。

よろしくお願いします〜。

ご機嫌いかがでしょうか。

ボーカルギターの三浦です。
久しぶりのブログ更新です。

時間が空いてしまいましたが、この場で改めて感謝の気持ちを書かせてください。

日比谷野音でのワンマンに参加してくださった皆さん、力を貸してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
おかげさまで無事に終われました。

そしてこの夏を悔いを残す事なく、突っ走れました。
劇的に夏革命できました。



改めて、自分ひとりでは何にもできないし、みんなの協力があってこそ空想委員会が存在できているのだと感じられました。

ライブのMCでも言いましたけど、だからこそ関わってくれている全ての人が胸を張れるバンドになりたいなと思いました。

いや、必ずなります。
約束です。


今年の夏は私の人生にとって特別大きな意味を持ってきそうです。
一緒に楽しんでくれてありがとう。



野音でのワンマンが終わった後も後夜祭がありましたし、その翌日もDJイベント「空想DISCO」に顔を出したりと結構バタバタしてまして。
そうこうしてる間にもう次に向けての動きが始まりました。

12/21には新しいCDのリリースが決まっています。
タイトルは『色恋沙汰の音沙汰』といいます。
お察しの通り、恋愛にまつわる曲が入ってます。恋愛にまつわるetcです。
皆さん、恋してますか?
恋にまつわる曲が生まれたということは、私はそういうことです。

こないだ友達の結婚式に招いていただいたのでますますそういうモードに拍車がかかってます。
もしかしたらこのまま勢いに乗っていきなり電撃結婚とか発表もあるかもしれませんけど、そのときはそのときでよろしくです。


おっとすいません。
話が脱線してしまいましたね。
戻しましょう。

今年もたくさん学園祭に呼んでいただいてまして、観覧無料のところもあるので是非遊びにきて欲しいです。

そして11月からはいよいよ「大歌の改新 第三期」が始まります。
今回の共謀者(対バン相手)も非常にかっこいいバンドばかりです。
かっこいいバンドしかいません。

日本各地に歌いに行きますので、お近くの会場でお会いしましょう。
早くみんなの前で歌いたいです。


そんなわけで、空想委員会は年末までノンストップで駆け抜けますので、皆さんついてきてね。
夏だけでなく秋も冬も楽しませるバンドが空想委員会ですから、期待しててください。 
よろしくー!!!



最後まで読んでくれてありがとう。
いつもコメントありがとう。


 

まだこんにちはの時間かな?
こんにちは!ベースの岡田です。

もう先週になってしまうんですが、QVCマリンフィールドにて試合前国歌斉唱をやらせていただきました。関係者の方、そしてわざわざ応援しに来てくれた方、遠くから応援してくれてた方、たまたま立ち会ってくれた方など、たくさんの方に心から感謝しています。

僕にとってこのQVCマリンフィールドという場所は本当に特別な場所で、今日はその想いを書こうと思います。

前にも書きましたが僕は昔野球少年でした。
小3から中3までの6年間。本当に野球が好きで、野球ばっかりやっていた少年時代。練習に行くのはもちろん、帰ってきても家の外で一人で練習したりととにかく大好きでした。
小学生の時に地元の少年野球チームに入っていたんですが、もちろん大会もよくありました。その中で大きな大会があって、その開会式でこのマリンフィールドに初めて立ちました。プロの選手が活躍するグラウンドに立った岡田少年はとにかく感動したんです。大好きな野球で、頑張ってたくさん努力してプロになって活躍している選手が立つ、特別な場所にいると思うと、幼いなりに何か感じて、背筋を伸ばした記憶があります。

また、いくつかの少年野球チームが合同で千葉ロッテマリーンズの選手に野球を教えてもらえるという貴重な体験もしました。その時は天気が悪く、室内練習場でやったんですが、プロの選手に教えてもらえる貴重な体験、そしてその時のマリーンズの選手の優しさ、気さくさに惚れ、一発でマリーンズファンになりました。
そして中学生になり、担任の先生がマリーンズファンってこともあり、先生と一緒にマリンフィールドに試合を見に行くようになりました。それまでプロの試合を見に行く機会がなかったんですが、先生のおかげで初めて見に行きました。
プロ野球の試合を初めて見に行ったのもこのQVCマリンフィールド。
千葉県にずっと住んでるし、千葉で野球をやっていたら当然この場所は憧れの場所。

プロ野球選手になってこのマリンフィールドに立つ!!って夢は叶いませんでしたが、違う形ではあるけどこのグラウンドにまた立つ!!って夢が叶った瞬間でした。僕にとっては本当に幸せなことだし、嬉しいことだし、母もすごく喜んでくれました。

かなり緊張もしたし想像以上の環境で悔しいところもありましたが、でも今回のことは僕にとって一生心に残るし、これからの自分の力になります。宝物。

改めて、関係者の方、応援に来てくれた方、応援してくれてた方、たまたま立ち会った方、全ての方にありがとうございました!!

そして、僕の夢に全力で協力してくれたマネージャー野崎さん、そして許可をくれた社長テディさん、今の僕がある空想委員会のメンバーに心から感謝です!

thumb_IMG_1680_1024
 
thumb_IMG_1681_1024

thumb_IMG_1682_1024

 

↑このページのトップへ