黒木渚 オフィシャルブログ

独特の文学的歌詞で、女性の強さや心理を生々しく歌い上げる、孤高のミュージシャン黒木渚のオフィシャルブログ。制作、リリース、ツアーの裏側からプライベートなことまで。

全国ワンマンツアー「ふざけんな世界、ふざけろよツアー」に来て頂いた全ての皆さん、本当にありがとうございました!

先日の東京国際フォーラムでのファイナルにて完結いたしました。

心から楽しんだツアーでした。
毎回ツアーをやる度に「最高傑作を!」と意気込んでいますが、正直スタートするまでは緊張だらけです。

私だけ盛り上がっていても何にも始まらないので。
実際に会場に来てくれた皆と一緒になって、初めて思い描いていたものが具現化されていくのを見るのは、最高にスリリングだし、クセになる。

今ツアーのキーワードでもあった「チクショーチクショーふざけんな」という言葉。

ツアー通して何回叫んだか分からないですが、みんなで青筋立てながら大声出しているうちに、私の抱えていたつまんないストレスも全部どっかに吹っ飛んでいきました。

スッキリした。

しかし、大勢で「チクショーチクショーふざけんな」と大合唱している光景はなんだか現実離れしていて面白かったな。
馬鹿げていて、楽しくて、それでもちゃんと皆音楽の中に居て、感動も高揚もごちゃまぜでした。思い出しても最高。

ファイナルは会場がホールだったこともあり、演出・衣装・装飾もプラスαで準備してました。

一番やりたかった映像の演出を取り入れることができて嬉しかった。
スクリーンと舞台装飾の機能を両方兼ね備えたものを作ってもらい、ステージにどーんと配置。
合体して強くなるロボみたいでかっこ良かった。

歌詞の投影も、演奏に合わせて1行ずつ手動で出して貰っていたのです。
映像チームも演奏で参加していたようなものですね。

そして、カイワレの曲中で映し出されたのは人形劇。
ファイナルに来られなかった皆さんはどんなものか分からないと思うので、近々カイワレの映像を動画でアップしようと思っています。

カイワレ映像を作って下さったのは、「君が私をダメにする」のMVを撮影して下さった竹葉リサ監督です。

人形を操ってくださったのは『一糸座』の皆さん。
江戸時代から脈絡と続く人形劇の文化を、現代に継承する、いわば糸あやつり人形のプロフェッショナル集団なのです。

伝統的な人形劇と言えば、浄瑠璃みたいに和装で古典の演目をやるイメージだったのですが、一糸座の皆さんは古典に留まらず現代劇も素晴らしい。

今回のカイワレにピッタリなキャスト(お人形達)に竹葉監督も惚れ込んで、映像作品に協力して貰ったのです。

ファイナルを終えてすぐ、神奈川芸術劇場に足を運び、一糸座の公演を観に行きました。

日本とチェコの国際共同公演、『ゴーレム』という作品でした。

モダンで哲学的で…もう凄い…。
語彙が追いつきません。
『いいもの見ちゃった…』
というシンプルな感想。
私、お芝居終わってからまだゴーレムモードです、抜け出せない。

芝居や劇を観に行くと、ストーリーがあって、時間軸があって、最終的な『結末』に導かれるというのが一般的ですよね。
ゴーレムをみて、その根幹を揺るがされた気がしました。

意味や結末の最終決定権を、大胆に客席に放り投げてくる。
1番面白い作業を私達にさせてくれるというか。

観客の感性を信じていなければできないことです。
いやー、素晴らしかった。

まだやってるので、お芝居など好きな方は是非、神奈川芸術劇場に観に行ってみてね。


かくして今ツアーで得たものの膨大さに驚いている私ですが、
たくさん貰ったエネルギーや養分を次に向けて使います。

曲もつくるし、小説も書くし、フェスも出るし、ビルボードで洒落たワンマンやるし、美味しいビールもたらふく飲むぞ。

みなさんまた楽しい夜に会いましょう!

IMG_2289
IMG_2318

ワンマンツアーがスタートし、初日福岡は盛大に楽しませて貰いました。
来てくれた皆さんありがとうございました!

 kuroki_fukuokaoneman

そんな中、大きいお知らせが2つ。

まずは『ap bank fes 2016』への参戦が決まりました!
2日間のうち、7月30日のステージに出演させていただきます。

0426_artist_raf-1024x557

自分がap bank fesに出演する日が来るとは…。
光栄です。全力でやらせて頂きます。

それからもうひとつのニュース。

7月2日に全国公開の映画『全員、片想い』の主題歌をかかせていただきました。

 kata_POSTER_0426-725x1024

タイトルは『灯台』


片想いをテーマにした作品なので、灯台も片想いについて歌っています。

弦もたっぷり波のように、メロディでも語るつもりで作りました。バラードをつくるのは楽しい。

みなさん是非聴いて下さいね。
そして、いい恋しろよ。ふふ。

IMG_6272

ワンマンツアーツアーファイナル東京公演の打ち合わせ中ー。

さあ、本日から全国ツアーがスタートします。

毎回ツアー直前になると謎の禁欲期間を設けて戦に備える私です。

19日は自分のお誕生日だったのですが、絶賛禁欲中なのでビールも我慢し、
静かにゾンビについての学術研究のドキュメンタリービデオを見てました。

前回のツアー「自由律」がとても良いツアーだったなと思えた分、
今回のふざけんなツアーも楽しまないと、と気合いが入ります。

ストイックに過ごすのはツアー前日まで。
スタートした瞬間に私は自分自身を開放します。

参戦してくれる皆さんも、日常生活で削げ落ちた部分を取り返すつもりで来てね!
愉快な気持ちというのは、案外難しい方法でなく生み出せるものだな、と活動を通して実感しています。

沢山の人が集まって腹の底から大きな声を出すとか、
好きなように足を踏みならすとか、
そうやって自由に過ごす人々をただ見ているだけでも。

そうそう、今回のツアーで私のライブに初めて参加します!という声もサイン会で頂いたりしてます。
「ライブ自体が初めての経験なので、どうしたらいいか良く分からないですが・・・」とか「若い人がたくさんいるから、足を引っ張ってしまわないか心配で・・・」という声もたまにお聞きします。

でも、大丈夫。
開演してしまえば客席の照明は落ちて、明るいのはステージだけ。
隣が知らないお客さんばかりでも気にならなくなるはず。

手拍子や掛け声にもルールは無いから、何も知らなくても大丈夫。
好きなように受け取って楽しんでくれたらいいよ。

どうにか楽しさを表現したいけど、どうしていいか分からない!という時は、
ステージの上にいる私とメンバーの真似をして動くとほぐれてくると思う。

恥ずかしければ無理に手をあげたりする必要もありません。
モラル的な部分も私はみなさんに全てお任せしています。

毎回参加してくれるファンの皆さんもいっしょくたになって、とにかく私達ぐちゃぐちゃに楽しもうぜ!


ツアー初日は福岡会場です。
まだ余震も続いているし、チケットはあるのに来られないという方も沢山いらっしゃると思います。
安全面のこともあるし、ライブを決行するかどうかよく考える必要もありました。

Twitterに寄せられた九州の皆からの声も参考にして、私なりに考えた結果、
やはり今ツアーの初日は福岡に向かいたいと思いました。

3月あたりから福岡や熊本にキャンペーンで伺っていましたが、その時、私は「地元でのライブは、精神的にとてもリラックスできます。ツアー初日の緊張感を、九州のみんなに吹きとばして貰って、エネルギー補給をして全国に飛び出していきたい」とお話しました。

けれど今はあの時と真逆の気持ちでいます。
私が、エネルギーを届けに行きたいのです。

今回残念ながら来られなくなってしまった皆さんにも、また必ず私からライブで会いにいきます。
九州のみんな待っててね。

↑このページのトップへ