桜、散ってしまいましたね。

皆さんはお花見いかれましたでしょうか?

私は何回か、行きましたよ

と、今日はお知らせです

丸善名古屋本店 丸善ゼミナール

1000021613_1.jpg

あ、ちっちゃかった

すみません


詳しくは、リンクをクリックしていただければと思います。

連休初日、もしくは、連休始まってるよー、という方もいらっしゃると思いますが、
ちょろっと足をお運び頂けますと嬉しいです。

5月3日は名古屋でお待ちしております






 

花粉が凄くて、もう、鼻が出る……

皆さんはいかがでしょうか?

さて、先日は調味料の取材に行っておりました。
いやー、調味料は奥が深い。しかしながら、面白い。
調味料好きの私としては、大興奮でございましたよ

 さて、今日は縄文時代の中期に、とてもおおきな縄文集落が点在した
山梨県の釈迦堂遺跡博物館で開催中


「 峡東の土偶展」

のご案内です。

実はわたし、行けてません
ですが、館の方から図録をお送り頂いたので、
これは皆さんに先にお知らせしなければと思いましてね


IMG_4996.jpg


この表紙!
皆さんも見たことがあるのではないでしょうか?

この子は現在、東京国立博物館に収蔵されているのですが、
大正6年(1917年)の100年前、この子を発見した宮本直吉さんが、
東京国立博物館(当時は東京帝室博物館)に寄贈したんですって!



まじかー

拙著『土偶のリアル』にも書いたのですが、
当時は様々な土偶や土器が、東京国立博物館や東京大学に収められたようです。
この子もそのひとつ。

当時はそれが当たり前だったし、そのおかげで遺物が守られた点は大きいです。

ですが、今となってはなー
この子が山梨に居たらなー

もう、インパクトありまくりですからね、この子
いや、猫ちゃうけど

さてさて、ぼやきはこのくらいにして……

中をチラミセ

IMG_4999.jpg

衝撃の後ろ姿

頭に穴空いてるーーーーー
そして、頭部は結構複雑に作られているようです。

IMG_4997.jpg

他に、出産土偶ね。
これが発見当時

「男性土偶だ!」

と言われたのですが、その後の研究によって

「いや、股の間の突起物は、出産中の子どもだ!」

ということに見解が改められました。
これ一体ではなく、数体あるようです。

いやー、リアルだよね。
こういうのを見ると、土偶の意味を考えます。
その場の様子を立体として残すことの意味とはなんだったのか。

IMG_4998.jpg

はちまき土偶って(笑)

IMG_5002.jpg

見てみて!
この子の目!衝撃だったの
中には、片目がペケポンに切られている子も居るのですが、
この子は初めて見ました。
凄い世界だなー。
縄文人のこころの中には、なにがあったんだろう。
どんな風に世界が見えていたんだろう?

IMG_5001.jpg

IMG_5003.jpg

この子、大好き❤️
悪い顔しとるw
めっちゃ悪役やんかー

図録には、まだまだたくさんの土偶が載っています。
縄文王国山梨ですからね


会期は

5月29日(月)

までのようです。

気候も良くなってきてますし、よろしければ足をお運び下さいませね

 

はー、もう3月も中旬ですね

アップしたい土偶たちがいるのですが、
手が回らず、何とも申し訳ございません。

そんな状況なのに、告知はしてしまうという

でも、させてくださーい


明日3月18日(土)の午前中から、
京都国立博物館の広場にて、京都のゆるキャラが集るイベントがあるのです。

京都のゆるキャラって、これがまた、結構いるんですよ!

でね、そこの一角で、
こっそりと書籍の販売をさせていただきます

既刊本をすべてお持ちしますので、
よろしければ、散歩がてら御越し下さいませ


土偶のお話や、縄文時代のお話など、ゆっくりさせていただけると思います。

じつは、そういう時間が一番好きだったりします

花粉は飛んでるしなかなかお外に出られない方もいらっしゃると思いますが、
お時間、体調が許す方、そして京都にプラッとお越し頂ける方は、
ぜひとも京都国立博物館にお越し頂ければと思います。

おまちしておりまーす

あ、くまもんも来るらしいですよ!

 

↑このページのトップへ