人生相談の13回目です。

(質問)

小池先生,初めまして。
23歳男性です、私は今まで人生の目標が無く地元の会社で働きながらなんとなく生きてきました、
ですが脚本家になりたいという夢が浮かび上がり東京へ上京し専門学校に入ってそれを叶えたいと思いついたものの、
今までいい加減に生きてきたツケが回って来て、親に猛反対されたり心配させてしまうのでは、
仕事を辞める決心が付くだろうか、東京で生きて行けるだろうかなど自分に言い訳をしてしまい
今のままでは自分の人生を後悔する事が頭で分かっていても行動に移せません、

助言をいただければ幸いです。


(僕の思うこと)

これは、あらゆる自由業に就く人たちが皆通ってきた不安です。

安定した生活を取るのか、不安定だけれど夢を追いかけるのか。

これは成功した後にでも、付きまとう不安です。
だから、芸能界などで成功しても副業で飲食店などに手を出すのです。
どれほど成功しても、生活の不安、将来の不安はずっと付きまとってくるのです。

ましてや、あなたは、まだ、脚本家になるのかどうか迷っている段階です。
不安があってもしょうがないでしょう。

ここで、あなたに聞きたいのは、今の時点で、あなたは作品を一本でも書いたことがありますか?
そして、その作品を最後まで完成させたことがありますか?
ということです。

そのレベルがどうであれ、23歳現在で作品を書いたことが無ければ、あなたの脚本家になりたいという夢は、
今の退屈な生活からの逃避願望でしかありません。

心から脚本家になりたいと思っているのなら、あなたは既に、作品を書き始めているはずです。
心から物書きになりたいのであれば、親の反対や生活の不安など振り払って、もう飛び出しているはずです。

着地点を考えてから飛ぶのではなく、飛んでから着地点を考えるのです。

地元で会社員をしながら、脚本の勉強をすることは可能です。上京しなくても、脚本家になる道はあります。

僕の印象では、あなたは脚本家にはなれないでしょう。

なぜなら、あなたは僕に、文章の書き方ではなく、脚本家になれるかどうかを訊ねたからです。

脚本家になれる才能を信じていれば、そのような質問はされなかったと思います。

飛ぶ前から、着地点のことばかり考えているようでは、この厳しい物書きの世界で成功するのは無理です。

自分の才能を信じるのであれば、脚本家にはなれないと言った僕を見返してください。
どうだ!俺は売れっ子の脚本家になったぞと、僕を見返してください。










      






人生相談の13回目です。

(質問)

小池先生,初めまして。
23歳男性です、私は今まで人生の目標が無く地元の会社で働きながらなんとなく生きてきました、
ですが脚本家になりたいという夢が浮かび上がり東京へ上京し専門学校に入ってそれを叶えたいと思いついたものの、
今までいい加減に生きてきたツケが回って来て、親に猛反対されたり心配させてしまうのでは、
仕事を辞める決心が付くだろうか、東京で生きて行けるだろうかなど自分に言い訳をしてしまい
今のままでは自分の人生を後悔する事が頭で分かっていても行動に移せません、

助言をいただければ幸いです。


(僕の思うこと)

これは、あらゆる自由業に就く人たちが皆通ってきた不安です。

安定した生活を取るのか、不安定だけれど夢を追いかけるのか。

これは成功した後にでも、付きまとう不安です。
だから、芸能界などで成功しても副業で飲食店などに手を出すのです。
どれほど成功しても、生活の不安、将来の不安はずっと付きまとってくるのです。

ましてや、あなたは、まだ、脚本家になるのかどうか迷っている段階です。
不安があってもしょうがないでしょう。

ここで、あなたに聞きたいのは、今の時点で、あなたは作品を一本でも書いたことがありますか?
そして、その作品を最後まで完成させたことがありますか?
ということです。

そのレベルがどうであれ、23歳現在で作品を書いたことが無ければ、あなたの脚本家になりたいという夢は、
今の退屈な生活からの逃避願望でしかありません。

心から脚本家になりたいと思っているのなら、あなたは既に、作品を書き始めているはずです。
心から物書きになりたいのであれば、親の反対や生活の不安など振り払って、もう飛び出しているはずです。

着地点を考えてから飛ぶのではなく、飛んでから着地点を考えるのです。

地元で会社員をしながら、脚本の勉強をすることは可能です。上京しなくても、脚本家になる道はあります。

僕の印象では、あなたは脚本家にはなれないでしょう。

なぜなら、あなたは僕に、文章の書き方ではなく、脚本家になれるかどうかを訊ねたからです。

脚本家になれる才能を信じていれば、そのような質問はされなかったと思います。

飛ぶ前から、着地点のことばかり考えているようでは、この厳しい物書きの世界で成功するのは無理です。

自分の才能を信じるのであれば、脚本家にはなれないと言った僕を見返してください。
どうだ!俺は売れっ子の脚本家になったぞと、僕を見返してください。










      






   

人生相談の12回目です。



(質問)


小池先生こんにちは。
いつもtwitterでの呟きを拝読させていただいております。
私は35歳になる2児の母親をしています。極々平凡な主婦です。

大変失礼なことを言うようで気が退けるのですが…
私は、最近とみに歳を取っていく事、老いていく事が怖いのです。
年老いて、身体が思うように動かなくなっていく事や、
子どもたちに疎まれやしないかとか、
抵抗力や体力が衰えていく様を想像するだけで非常に気持ちが沈みます。
以前先生は歳を重ねることの良さを仰っていたので、
どうやって私のような悩みを持たずに(持っていたとしても気に病まずに)過ごされているのか、
日々を生き生きと過ごされているのか、
非常に気になったので教えて戴けたらと思い今回ここに書き込みをした次第です。

よろしくお願いいたします。




(僕の思うこと)


タイトルそのものが、僕の答えです。


きっとあなたは年を取ることが不得意なタイプなのですね。


最近、年を重ね、若さを卒業することに失敗した人と出会いました。


僕が時々訪れる料理屋があります。

そこの常連で、とてもお金持ちの夫婦が来ます。


そして、会うたびに、奥さんの顔が整形を重ね突っ張って行きます。

直視すると悪いなと目を合わせるのを遠慮するぐらいです。


元々は、美しい人でした。


しかし、年を重ねることによって得られる美について思い至る知性は無かったようです。


ある日、そこで食事をしている時に、僕は耳を疑うような彼女の発言を耳にしました。


「年下の男性が私に視線を送ってくるのよね」。


それは、まるで、自分の魅力に若い男が興味を持っていると言わんばかりに得意気でした。


違うのです。整形に整形を重ねた年配の女性の奇異な姿から目が離せなかっただけなのです。

しかし、彼女には、そう勘違いしてしまうほど「若くありたい病」を患っている自覚すらないのです。


老いを受け入れるということは、「感性の領域」ではなく、「知性の領域」なのです。


あなたは、子どもさんが二人いらっしゃると書かれていますが、その子どもさんが、年に似合わない

大人びたファッションや言動をされたらどう思われますか?


子どもを持つ親が、ゆっくりゆっくりと年相応の大人になって欲しいなあと願うような気持で、

自分も、ゆっくりゆっくりと、老いを受け入れていけばいいのです。


年を取ることは、目に見えるところでは衰えて行きますが、目に見えないところで得るものは沢山あります。


年を取ることは、ある意味「進化」です。


最後に一言。


カッコいい年寄りは、カッコいい若者がなるのです。


カッコ悪い若者は、カッコ悪い年寄りになるのです。


今の自分に自信が無い人が、魅力的な年寄りにはなれません。


あなたが今心配すべきは、年を取ってからの自分を想像する取り越し苦労ではなく、

35歳の現在の自分が充実していてカッコいいかどうかなのです。


 






 


 














↑このページのトップへ