少し前、万能細胞なる存在があるのかないのかで世間が一瞬にぎやかにやりましたが、今日は【万能才能】について書いてみようと思います。

まず"万能才能"とは何ぞや⁈っていう話ですけども、これはさっき僕が作った造語です。

さて。

とりあえず、順を追って説明しますね。

僕が物心ついた頃には既に、学校社会を中心に《個性》と《平等》が重要視されていました。この二つの要素はどう考えても両立不可能に思いますが、この矛盾した思想を善しとする風潮は未だ社会に蔓延しています。

まぁ、でも。

みんな本気で自分に個性があるとか世の中が平等だとかは考えてないですよね?(ね?)この思想はあくまでも"理想"であって、流れる雲をぼーっと眺めるくらいのテンションで付き合うのが正しいです。

ですが時々。

不思議なことに、個性と平等を両立させて生きている人を見かけます。人とは違う個性を光らせながらも、決して周囲に不平等を感じさせない"人間の亜種"ともいえる存在が。

彼・彼女らは一体何者なのでしょうか。

僕はそんな人間たちは一様に、きっと今の時代に特化した特別な才能を持っていると考えています。それが冒頭でも述べた【万能才能】です。

この能力は、決して大衆を魅了するカリスマ性やある分野においての一流の性質を孕んだ才能(俗に言う"天賦の才")とは少し異なります。

本物の天才というものが社会的な立ち位置でいうと上の上(悪くても上の中くらい)に位置すると仮定すると、万能才能を持つ人間は常に"上の下〜中の上"あたりに存在します。故に彼・彼女らは絶対に矢面に立つことはありません。組織においては幹部やナンバー2以上にはならないでしょう。

この「ならない」というのがポイントで、万能才能を持つ人間は、条件さえ揃えば本物の天才にも引けを取らないスキルを発揮できます。しかし、彼・彼女らにはそういう"野心"がないのです。というより、常に"安全地帯"から出ようとしません。そこが、この才能の真髄とも言えるのですが。

僕はこの万能才能を持つ人間こそが、混沌とした時代に生きる"真の勝ち組"だと思います。このご時世に人生に勝ち負けを謳うのも些か野暮かもしれませんが、事実、世の中には格差が存在し、学歴や肩書きで人生の質は大きく変わるのは確かです。

そんな生まれた環境や表面的な部分で人生を左右されてしまうのは、どうしても"両極端"に位置する人間です。万能才能を持つ人間は、この人生を左右されてしまう"危険な匂い"を敏感に察知して自分が一番安全に生きられるポジション、つまり"上の下〜中の上エリア"へ一早く身をおきます。

彼・彼女らの実態は、一昔前までは"器用貧乏"や"八方美人"と呼ばれてきた人種が、進化を遂げた姿であると推測できます。何でもそこそこ出来て誰にでも優しい人がそう呼ばれていましたが、彼・彼女らは社会生活において圧倒的に"損"をすることが多かったはずです。影ながらの努力やその成果に対し、妥当な報酬をもらえることも少なかったでしょう。

その悶々とした憤りを抱えながら十数年の時を経て、ついに自分たちの才能をコントロールすることに成功したのです。

SNSとグローバル化の影響で【人類総監視世界】となってしまった今。余程の才能と運がない限り、目立つことはリスクでしかありません。しかし、あまり底辺に落ちるのも、それまたリスクが高いです。

となると。

今の時代で最もリスクが低いのは【ニッチ】な環境。それも平均よりも少し上に位置する【隙間】です。その事実に気づいている人は少なくはないですが、だからこそ競争率は意外に高い。万能才能を持つ人間は、この"隙間"に入るスキルが異様に高く、一瞬で人類滅亡するくらいの大事がなければ最後の最後まで生き延びることができるでしょう。

彼・彼女らこそが時代が生んだ"新人類"です。そして、ここまで黙っていましたが、僕もそのひとり(才覚者)です。

さぁ、みなさん。

新しい時代はもう既に始まっているのですよ。目に見えるものだけを見ている人はこれから来る荒れ狂う波に飲み込まれてしまうでしょう。僕は数年前から危険を察知し準備を始めていました。選ばれし人間だけが、正しく在れる"真に強い人間"だけが生き残る世界が、もう目の前に迫ってきています。このブログを読んでいる人たちはもう手遅れな人がほとんどかと思いますが、もし自分に万能才能があるかもしれないと少しでも感じている方。今すぐ準備を始めてください。今ならギリギリ間に合うかもしれません。共にこの混沌とした世界に打ち勝ち、僕らで素晴らしい理想郷を創っていきましょう。




p.s.
この文章は僕が酔った勢いで書いたものであり、支離滅裂で事実無根。完全なる嘘八百で構成されたオールフィクションブログです。何なんですか万能才能って。知りませんよ、そんな怪しい言葉。冷静になって読み返したら自分で苦笑いしましたよ。もともと何が書きたかったのかすら分かりませんが、ブログを始めて2日目でこんな感じになるなんてヤバい人だと思われそうですね。みなさん、僕は真面目な好青年ですよー。ただちょっと妄想癖があるだけですよー。一応弁解しておきます。次の記事がどんな感じになるのかは、僕自身まったく予想がつきませんが、物好きな方はこれからもどうぞよろしくお願い致します。


LINEブロガー・奎太

明けましておめでとう!
2017年がはじまりました!!

・・さて。


▼ご挨拶

どうもはじめまして。
LINEブロガーの奎太(ケイタ)です。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6698.JPG

こういう場での自己紹介って何をどう書けば印象に残るか全然わからないから、試しに今年(2016年)に受けた超当たると噂の《占い結果》を書いてみますね。٩( 'ω' )و



▼基礎情報

1991年(平成3年)滋賀県生まれ。
牡羊座のB型。



▼占い結果(自己紹介)

常に新しいものに没頭していく人生。
災難多くも勤勉で克服していく人生。

人一倍好奇心が強く、夢を求める冒険家。常に新しいものに没頭する反面、宗教・哲学・心理学など〈 心の問題 〉に関心を持つ。古いもの好きで、教祖的存在になる素質あり。

人が良く、内向的で神経質。人間嫌いの面もある。一つのことに凝り固まり没頭するタイプで、良くも悪くも吉凶が表面化しやすい。また、頑固で猜疑心が強いところもあり、流行も追わず信仰にも興味がない。

カカア天下になりやすい。

性格は温順にして同情心あり。平和を好む。何事も事なきを願うため、積極性に欠ける小心者。人の上に立つよりも、旧来の業を守り、地道に進むが良し。新規事業や目新しいことよりも単調な業務が適す。あまり欲を出すと駄目。先祖の財産を減らしかねないことになる。

人生の前半後半に明暗が分かれる。少青年時代まで幸福であるが、思いがけない運命の逆転に遭い苦労する。逆のこともあり、若くして苦労あれば後半良好となる可能性もあり。

片親に縁薄く別れることがある。自己の運勢も悪く苦労する。ただし、学芸に才あり。早くよりその方向にて努力すれば、程々の運を得る。

穏やかな発展運があり、徐々に才能を開花させ若々しい中年期となる気運があるが、無理に伸びようとすると破綻しやすいので漸進的に進むが吉。

心が広く、情も深い。ただ、常に流れて休息しない。水の流れのように人生も安定せず、常に動き変化する人生となり、人のために使われ苦労することが多くなるが、家業そのものは次第に栄えていく。

技術・芸術・学術に独自の世界を築き、開運していくマイペース人間で晩成型。幼少期、母の愛情に飢えることがある。

とかく家族との縁がうすく、家族・身内と疎遠になるか、生家を離れて生活する傾向がある。家庭内のもめごとも多く、肉親にも力になれないことがある。

中年期に最高運が回り、住居と名声に恵まれる。人一倍努力するので上昇するときは速いが、若い時から不摂生をした場合は中年期を越えた頃からいろいろな支障がでるので、若いときの生き方が晩年の運命を決める。

晩年は病気と名誉失墜などの可能性があるが、神仏を頼ると平穏に暮らすことができる。女性関係が多いが、結婚後は子が宝となり家族を大切にする恐妻家となる。


・・・らしいです。

なんかそこそこ波乱万丈な人生を送りそうじゃないですか?٩( ᐛ )و

他には〈 国家資格 〉を活かした仕事に就いたり、結婚する時は〈 養子 〉に入ったりする可能性が高いとか言われました。あとは、墓参り等をしっかりやって、ご先祖への感謝を忘れないことも大事みたいです。まぁ、それは当たり前のことですけどね。



▼補足情報

それから人生には、大きく分けて《三つの時期》があるそうで。下の表は、僕の人生の大まかな流れを表したものです。現在は25歳ですけど、過去の良かった時期・辛かった時期を思い出すとかなり正確に当たってます。
ここ2〜3年は相当キツい運勢でしたが、26歳からは徐々に良い方向に開けていくらしいので、いろいろと頑張っていきますよー✳︎


【清算準備期】
0〜4歳(0-1-2-3-4)
23〜31歳(23-24-25-26-27-28-29-30-31)
50〜58歳(50-51-52-53-54-55-56-57-58)
77〜85歳(77-78-79-80-81-82-83-84-85)

【発展開花期】
5〜13歳(5-6-7-8-9-10-11-12-13)
32〜40歳(32-33-34-35-36-37-38-39-40)
59〜67歳(59-60-61-62-63-64-65-66-67)
86〜89歳(86-87-88-89

【清算後退期】
14〜22歳(14-15-16-17-18-19-20-21-22
41〜49歳(41-42-43-44-45-46-47-48-49)
68〜76歳(68-69-70-71-72-73-74-75-76)

緑色・・・外的要因が力を持つ年齢
赤色・・・内的要因が力を持つ年齢
青色・・・体調の変化に気をつける年齢
紫色・・・赤色と青色が混合した年齢



▼最後にひとこと

初っぱなから長文を書いてみましたけど、初見で最後まで読んでくださった方はありがとうございました✳︎

ブログの方向性が定まるまでは支離滅裂な記事が多くなるかと思いますが、良かったら時々のぞきに来てください\( 'ω')/

↑このページのトップへ