先日、BLOGOSさんの取材で、とあるキャンプに行ってきました。今回はそのレポートです。

アレルギーのある子と親の悩み #BLOGOS でも読めます。一億層活躍うんぬんで少し有名になってきた「ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)」の概念についても触れました。

15年以上続く、アレルギーのある子とその親をサポートするキャンプ

CpY6P5uUIAYJXrC
こ数年大きく報道される機会の多い、子どものアレルギー関連死。12年には調布市で、当時小学5年生の女の子が食物アレルギーによるアナフェラキシーショックで死亡した。死亡事故の検証委員会が作成した資料によると、少女の学校ではアレルゲンを除去した「除去食」の提供が行われており、おかわりの際に確認するNGリストも作成されていた。しかし、さまざまな不運、もっといえばヒューマンエラーが重なり、少女は誤ってアレルゲンである粉チーズ入りのチヂミを口にしてしまったのだ。


年々増加する子どものアレルギーは、当事者である子どもたちやその親にとって大きな負担となっている。「食べられない」ものがある子どもは、個別に弁当を持参するなど対応に苦労せざるを得ない。国はアレルギーのある子の給食に関して、可能なかぎり学校給食の中で対応するよう推進しているが(参照:学校給食実施基準の施行について)、当事者である親子の不安と苦労はつきない。


そうした親子のサポートを続ける団体がある。NPO法人「アトピッ子地球の子ネットワーク」だ。筆者は今回、同法人が主催したアレルギーをもつ子とその親のための「夏休み環境教育キャンプ2016」に参加してきた。キャンプは15年以上続く、夏の恒例行事。
CpY6Cq4UAAEo6UA
 

親たちにとっては悩みや課題を相談しあえる場所、子どもは子どもたちで一緒に行動し、同じものを食べる喜びを共有する行事として定着している。今年も約30家族が参加し、ボランティアの学生、主催者団体も含めると、100人以上が2泊3日を共に過ごした。
 


キャンプ会場は、相模原にある神奈川県立藤野芸術の家。入ってすぐの教室で、参加者は丸や四角に切ったコルクに自分の名前を書き込む。アレルギーをもつ子どもは小学生が多い印象だが、中高生も目立つ。高校生はボランティアとしてかかわるが、なかには「3歳の時から15年間、このキャンプに参加している」という子もいた。教えてもらいながら、名札を作る。
free_m (2)
CpY6VTTUMAQ3oOs
 


震災時、子に与える食べ物がなくて消えたくなるほど不安だった

全体でのオリエンテーションと、アイスブレイクを兼ねた自己紹介のゲームが終わると、親子別々のプログラムが始まる。子どもたちは最初の方こそ、ぎこちなくグループに別れていたものの、すぐに仲良くなり、元気よく昆虫採集へ出かけていく。


保護者は2時間のワークショップ。輪になって座り、1人数分で自己紹介をしあった。数回目の参加で、「子どもの方から『来年も参加できるよね?』と言ってくる」と語る保護者も目立ち、家族そろって楽しみにしている人も多いようだ。今回は東北や熊本など被災地からの優先枠があり、震災の経験を話す保護者も数組いた。宮城から2人の子どもと参加したある女性は、今回が2回目の参加だという。
 

彼女は「震災直後は、避難所で子どもに食べさせられるものがなかった。『もう消えてしまいたい』とすら思いました」と、涙を交えて話した。そんなときに偶然、知人に教えてもらって参加したこのキャンプで、同じような悩みをもつ保護者と出会い、救われたという。
free_m (2)
 

熊本から参加した3歳の子をもつ女性は、「アトピッ子地球の子ネットワークさんから、避難所に物資を届けてもらって本当に助かった。それまでは本当に怖かった」と話す。避難所での苦しく不安な経験を思い出すと、思わず皆涙ぐんでしまう。福島から参加した夫婦は震災後、「とにかく薬も食べ物もなかった」と振り返る。当時幼かった子どもは今、多感な小学校高学年になり、「私は『普通の人』じゃないから」と悩みを吐露することもあるという。「特に女の子だからか、成長して友人関係が複雑になってくると辛いのかもしれない」。

思春期にさしかかると反発も…

アレルギーのある子は、給食の時間に「私はみんなとちがう」と疎外感をもってしまうことが多い。同じような子どもが学年におらず、1人だけお弁当の持参を余儀なくされるケースもあるからだ。友人からの些細な一言で傷つき、不安を抱える子もいる。
CpaOh7GVYAA-n1V
 

親だって同じだ。子どもが小学校に入って手を離れ、友だちと遊びに行くようになると、食事の管理がしづらくなる。どんなものを食べたか把握しようと、「『今日何食べた?』と聞いても、『お母さんうるさい!』と言い返されてしまう」と語る母親もいた。子どもが小さいときにはなかった苦労だ。「反抗期の子どもにどう接するか、このキャンプでは親子が離れて過ごすので、互いに成長できれば嬉しい」(小学5年の子をもつ母親)。「2泊3日を通して、同じ境遇の家族と触れ合い、勇気をもらえたら」と語る保護者もいた。

キャンプ場ではすでに、ボランティアによる夜ご飯の準備が着々と進んでいる。1日目のメニューはカレーと野菜ピクルス、ブロッコリー、わかめスープ。大量の野菜が次々に切られ、アレルゲンフリーの調味料で料理されていく。
free_m (1)
free_m (3)
 

家族みんなで同じものが食べたい

近年、核家族化や共働き家庭の増加にともない、ひとりでご飯を食べる「孤食」や、家族がそれぞれ別々のものを好き勝手に食べる「個食」など、家族の食卓は変化している。食育の必要性が叫ばれる一方で、アレルギーのある子どもたちへの対応はほとんど「家庭任せ」になっているのが現状だ。ある保護者はこう語る。


「家族みんなで同じものが食べたい。兄弟で1人だけ違うものを食べさせるより、同じ料理を囲みたいんです。これは心の問題だと思う」


だから、母親たちは一生懸命工夫して、手作りをする。市販のカレールウには小麦など多くのアレルゲンが入っているため、カレー粉から手作りしているという家庭もあった。食品スーパーでは化学調味料無添加のものを選びたいが、なかなか見つからない。

free_m (3)

そんな苦労があるからか、「2泊3日、なんにも料理をしなくてよいので、本当に開放感がある」と語る保護者は多かった。皆、うんうんとうなずいている。一般的な家庭でも毎日の料理は大変なのに、卵や乳製品アレルギー、魚介類アレルギーなどのある子どものために献立を考える母親の苦労は計り知れない。あれもだめ、これもだめだけど、どうにかして美味しいものを家族みんなで食べられるようにしたい。ワークショップの後半では、エスビー食品株式会社の社員も交えて、アレルギーのある子をもつ家庭のためにどんな商品があるとよいか、意見を出しあった。


議論は活発で、あっという間に2時間がたつ。荷物を移動して、いよいよ夕食だ。

友だち、兄弟と一緒のご飯が食べられる

free_m

「いただきまーす!」まずは子どもたちから、カレーにピクルス、野菜の煮物、わかめスープなどが配膳される。ピクルスはアレルゲンの有無によって2種類作られるなど、配慮が行き届いている。ふだん給食の時間に1人でお弁当を食べ、「私は普通じゃない」と母親に打ち明けたあの子も、きっと「みんな一緒」を楽しんだはずだ。


筆者も少しだけ、夕食をいただいた。カレーは辛すぎず、野菜のうまみが効いていてコクがある。ピクルスもよく味が染みていて美味しい。何より、周りの子どもたちが皆笑顔で、お腹いっぱい食べている様子をみると幸せな気持ちになった。保護者たちも笑顔で、楽しそう。ふだん子どもの食を管理するプレッシャーから、つかの間解き放たれているようだ。
 

ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)の必要性とアレルギー問題

日本財団の森常務理事は、笑顔で走り回る子どもたちを眺めながらこう語る。

「今、子どもたちの10%にアレルギーがあると言われています。社会的な差別にもつながっている。本来はメディア、学校、医療現場、企業それぞれが対応すべきなのですが、現状では学校と家庭だけに任されている」

森常務理事はこのキャンプを通じて、それぞれの家族が「痛み」と「喜び」を共有してくれたら、と考えている。


「ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)の概念からすれば、アレルギーのある子どもたちを社会全体で包み込んでいくための啓蒙活動がもっと必要なんです」

日本社会では、「みんな一緒が当たり前、違うことは許されない」風潮が根強い。「兄弟で、友だちで、みんな一緒の食事を囲みたい」と訴える保護者たちから、こうした「みんな一緒」の呪縛を感じたのも事実だ。しかしその願いは、単なる同調圧力とはまた違ったものであるとも思う。
CpaOf74VUAIX5Q9

 

家族で同じものを食べたいという、それは切なる思いなのだ。保護者たちのプライベートな領域における願いと、社会における同調圧力は、どちらも「みんな一緒」がいいという点では同じかもしれないが、決定的な違いがある。ある特定の他者を思いやっているかどうか、という違いだ。その思いを、社会は支える必要がある。マイノリティであるわが子を思い、「一緒なものを食べさせてあげたい」と親がいうとき、ソーシャル・インクルージョンの概念がいかに、公的領域(社会)と私的領域(家庭の食卓)をつなぐ重要な概念かが分かるのである。



**************



■北条かやツイッターはこちら → https://twitter.com/kaya_hojo


■著作一覧■



本当は結婚したくないのだ症候群

本当は結婚したくないのだ症候群
1,404円
Amazon



整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)

整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)
929円
Amazon



キャバ嬢の社会学 (星海社新書)

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)
886円
Amazon



こじらせ女子の日常

こじらせ女子の日常
1,058円
Amazon


■note 

B面の北条かやは、読み放題8000円で、もうすぐ80記事。Yさんとの日常雑記になってます。よろしければぜひ。高いよね、高いけどね……楽しんでいただけると嬉しいです。

 

こちらから見られます。


*************

お仕事のご依頼はFBページまでメッセージを下さい。企画書など、詳細をいただけると助かります。


著作一覧は、こちらから閲覧できます。


■すぐに分かる「北条かや」(※インタビューまとめ)
男も女も、みんな「コスプレ」をして生きている。
文章で何かを伝えたい。そんなマグマのようなものがあった。
21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を 第3回 北条かや 

【連載!】旬なハチロクに会いたい Vol.3 北条かや 

いやー、綺麗かった。

13866823_10157105236320004_1048857610_n

八重洲形成外科・美容皮膚科の原かや院長と、アンチエイジングに関する対談をしてきました。

女医がすすめる20代後半からのたるみ治療〜対談・原かや院長✕北条かや〜アラサーからのアンチエイジング前編http://call-to-beauty.com/column/c259/


長~いですが、お肌の曲がり角を迎えたかも……と感じておられる女性の皆さんにはぜひ、読んでほしい内容に仕上がりました(自画自賛!)


自分自身、


・「アンチエイジングしたいけど、何から手を付ければいいのかわからない」


・「そもそも化粧品の効果ってあるの?何を使えばいいの?」


・「どれくらい若返ることができる?」


など、これまで疑問だらけでした。


レーザーとか、ちょこちょこ受けてたんですが、広告につられて、仕組みをよく理解していなかったんですよね。対談ではそのへんの仕組みも色々教えてもらえました。

0053

かや先生(偶然にも同じ名前でびっくり!)は、1人のお子さんがいるワーキングマザーでもあります。忙しい中でも美を保つ秘訣はいったい、なんなのか、


そのあたりも、根掘り葉掘り聞いてきました。 ※写真よりも、実物はもっともっと美しいです。私の好きなタイプのお顔です……


対談(http://call-to-beauty.com/column/c259/)した結果、出てきたキーワードは……・


・アラサーからのアンチエイジングは1年に1度でいい


・化粧品のなかでも、お医者さんが認める有効成分がある!


・レーザーと一口にいっても、波長によって効果が違うので、自分にあったものを選ぶのが大事


しかしですね、ショックだったのは……
 

私がいちばん気にしている、目元の老化です。


0030


30にもなると、目元にシワができてきて、落ち窪んだ感じになってくるんですよ。特に疲れていると。


そういう目元を元に戻すのは、メスを入れないかぎり難しいそうです(あくまで現状では……ですが)。


チーンチーンチーンチーンチーンチーン


ただし、私は眼鏡をかけているので、目元のエイジングサインが隠せるというメリットがある……メガネ眼鏡W.O.P 7002W.O.P 7002メガネ(口笛)


メガネの意外な利点、発見。(((((((((((っ・ω・)っ ブーン


私「でも本当は、メガネを外しても若々しいのが理想なんですけどね……」


かや先生「メガネ似合うからいいじゃない♡」


……美しい先生にそう言われたら、「そうですね!」と、受け入れられる気がしました。


女医がすすめる20代後半からのたるみ治療〜対談・原かや院長(八重洲形成外科・美容皮膚科)✕北条かや〜アラサーからのアンチエイジング前編

http://call-to-beauty.com/column/c259/ 

0010

ぜひぜひ、読んでみてくださると嬉しいです!後編も順次、公開します。



**************

■北条かやツイッターはこちら → https://twitter.com/kaya_hojo
北条かや  kaya_hojo さん   Twitter
 


■著作一覧■



本当は結婚したくないのだ症候群

本当は結婚したくないのだ症候群
1,404円
Amazon

整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)

整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)
929円
Amazon

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)

キャバ嬢の社会学 (星海社新書)
886円
Amazon

こじらせ女子の日常

こじらせ女子の日常
1,058円
Amazon


■note 

B面の北条かやは、読み放題8000円で、もうすぐ80記事。Yさんとの日常雑記になってます。よろしければぜひ。高いよね、高いけどね……楽しんでいただけると嬉しいです。

 

こちらから見られます。


*************

お仕事のご依頼はFBページまでメッセージを下さい。企画書など、詳細をいただけると助かります。
著作一覧は、こちらから閲覧できます。
■すぐに分かる「北条かや」(※インタビューまとめ)
男も女も、みんな「コスプレ」をして生きている。
文章で何かを伝えたい。そんなマグマのようなものがあった。
21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を 第3回 北条かや 

【連載!】旬なハチロクに会いたい Vol.3 北条かや  

↑このページのトップへ