特にね、お金がない、って状態がこわいんですよ。特に現金ね。
で、働きに出たら出たで、人間、特に女性がこわい自分がいるのです。
なんでかな、って考えてみたら、たぶん、ちっちゃかった頃、お金がないから余裕がないお母さん、ワケわからずにパニクるお母さん、の記憶から来ているのかもしれないなぁと。

そのわりには、贅沢をしたがる父さん。

音楽に対するブロックだって、結局、お金がない、置場所がないっていうのが原因でしたからね。

そう、モノを溜め込むことも、実際こわいのです。
モノが溢れて、肝心要のことをはじめられる資金がなかったりする位なら、モノを処分してしまう自分がいて。

あと、ちっちゃかった頃、友達を家に呼んだら嫌がられてしまう母さんが嫌だった記憶があるんです。
だから、友達が家にくるのを拒絶したくない自分がいて。
なのに、実際来るとなるとこわいのです。

だから、借金がある、という状態が嫌いです。
お金にたいする執着がすごくある。
もう、理性ではどうしようもないくらい。

ハッキリいって、どこから手をつけたら、こわいという不安が無くなるのか判らない位。

不安が強すぎて、身動き出来ないままの私、余計に悪化する私がいるのです。

大丈夫、食べてはいけてるから。
そう、自分に言い聞かせても、難しい位。

お金貯めてから、ピアノ教室通おうかな、とか、そんな感じですね。
とりあえずやってみようよ、が出来ないくらい、お金に執着しているのです。

だいぶ、常識やら性のアレコレを思い付く限り取っ払ってきたつもりだけど、それでも、まだまだ足りない。
本当に、必要な光と繋がるためには、もっと煙突掃除が必要っぽいのです。

そう、このブログも、私の出すコンテンツも、結局は自分の煙突掃除のためのものです。
じゃなきゃ、私よりもっと上手に説明できるプロたちの情報が溢れかえる中で、紙の本だって、手軽に買える範囲で良質な情報が出回る中で、沢山の優秀な過去ブログの蓄積がある中で、わざわざ今更な情報を出す必要があるでしょうか?

とはいえ、私のつくるものが、ひょっとしたら、あなたの扉をひらくきっかけになるかもしれない。
私のことを表現してみることで、何か私なりに発見があって、ぽろっとシンクロが起きるきっかけになるかもしれない。

誰にもわからない可能性にかけながら、私は、もがいてみるのです。