競技スノーボードは
華やかな世界に見られがちだけど
全然、そんな世界じゃないんです。


どの世界でもきっと同じですよね。


SAJナショナルチームを辞めて
4月から10月31日までの半年間、
私がなにをしていたかというと…


早朝〜お昼まで
飲食業のアルバイト

お昼〜夜まで
会社の事務員

毎日働いていました。


アルバイトは学生の時もやったことが
あったけど(学生だったので…)

一度しっかり社会経験がしたい
と思い、こうすることに決めました。


たった半年間だけど毎日働いて
たくさんのことを学びました!


アスリートでいる大変さ
社会人として働く大変さ


フィールドは違うけれど
それぞれの悩みがあります。


毎日同じことの繰り返しで
飽きる仕事もあったけど、
でもその中にやり甲斐を感じる瞬間が
あって、働いている時間は
新鮮でとても楽しかったです。


でもなぜ半年間で辞めたのか?


私が戦うフィールドは
やっぱり雪山だと再確認したからです。


このまま社会人としてやっていこうかと
何度も思いました。
(安定してお金も稼げますしね…!)



でも、挑戦を続けられるのは
自分を強くし続けられるのは
私にはやっぱりスノーボードでした。


夏休みにニュージーランドに練習にいきたい
と言ったら、どちらの仕事でも
応援してくれて快く送り出してくれました…


なので!!

今月からスノーボーダーに戻ります


そして今月から個人で遠征にいきます✈️


今シーズンの目標は

自分の可能性を勘違いしてみる


人の手を借りず自分でできることを
全てやってみます。

日本代表チームじゃなくても!
できることいっぱいあります


1人のプロスノーボーダーとして
挑戦を続けていきます!!!



もう11月ですね。

1年はあっという間ですね。




去年のこの時期は

SAJナショナルチームで
代表合宿ばかりでした。
ワールドカップに向けトレーニングの日々。

肉体的にも精神的にも追い込まれて(笑)


今だから言えるけど

『ほんと下手くそだな』
『クズだな』
『もうやめたら?』
『鬱病』

毎日そんな言葉を言われながら
合宿生活



こんなチーム環境でなにが楽しくて
やっているのか…
ずっと前から気付いていたけど…

それが競技スノーボードを続けていく目的を
見失いかけた始まりでした。


でもこのチームにいなければ
オリンピックを目指すことはできない


葛藤して、私が選んだ道は

『今回の合宿とワールドカップが終わったら
このチームをやめよう




続く→

↑このページのトップへ