月別アーカイブ / 2013年07月

やすひさ てっぺいです。

おはようございます!

今日もメッセージ受け取ってもらって嬉しいです。
ありがとうございます!

今日も早起きして、メッセージを書いています。

余裕ある執筆活動がなかなかできないので(やべーやべー)と思っている今日この頃、あなたはいかがお過ごしでしょうか?

今日は水曜日で深夜会議(23:00~27:00)なので早起きすると一日がすごく長いのですが、昨日昼寝をうまく活用しようと『1分間仮眠法』という本を買って読んでみましたので、対策はできております(笑)

平和戦略会議の小川参謀長から「てっぺいちゃんはそれを買う前にちゃんと寝ようよw」とツッコミが入ったのは言うまでもありません。


最近、この『「争わなけど勝っている人」養成無料メール講座』( http://goo.gl/X1JV8 )と平和戦略会議の『平和戦略メッセージ(仮)』( http://goo.gl/jKE164 )にメッセージを送っておりますが、そろそろそれをまとめて体系化しようと思っています。

著書の中でしか書いていないことなんかもうまくまとめて体系化しようと思っています。

そもそも、今のメール講座って本を書く前に書いたもので、構成とかもうちょっとわかりやすくできるんじゃないかな?と思っていたのですが、上述のメルマガなどできちんとそれぞれのポイントについて足りない部分をかいてきていたので、これを著書をまとめた要領で、うまくまとめたらいいんじゃないか!と試みようと改めて体系化を始めております。

その中で、ちょっと掘り下げたいなと思っているポイントで低驚力(ていきょうりょく)というものがあります。

やすひさが考え方の根底として押えておくべきやり方を、メール講座では2つ紹介しております。

1つは【プラス変換】する力=プラス変換力、もう一つは【突詰力】です。

でも、他にもいくつか大切な力があるよなぁとまとめていたら5つのチカラがあるんだぁと見えてきました。





 それの一つが低驚力(ていきょうりょく)です





やすひさの著書『日本唐揚協会のつくりかた』( http://goo.gl/SSS33 )のあとがきに書かせてもらったのですが、(もちろん読んでるとは思いますが(笑)、もしあなたがまだ読んでいないなら、買って読んでみてください!)



大人になるとキャパシティーが広がって、そんじょそこらのことでは驚かなくなります。

あなたも最近驚いていないんじゃないですか?^^


やすひさは驚きのレベルを低くしています。


これは割とワザとというか、意識をして驚きのレベルを下げています。

端的にいうと、普通のことに驚きます。

著書では中学生時代に友だちのジョリーの技に圧倒的に驚き、その技を練習し、マスターして、今大人になってもその技が役に立っている というエピソードを書かせてもらっています。


やすひさは、いつも朗らかに日々を暮しており、怒りとか悲しみとかマイナスの感情はあまり好きでないので出てきません。

また、急な感情の揺れみたいなものもあまりありませんが、日常の当り前の中に、非当たり前を探しており、

それを見つけると、すごく驚くんです。
それを見つけると、すぐに心を動かします。

驚くことで、心が動きます。




 心が動く=感動




ということです。

日常は驚きを積み上げてできていると思っており、それを探す宝探しみたいなイメージです。


人の発言にはいつも驚いていますし、驚いたら心に深く刻まれるというか、記憶に残りやすくなります。
面白い現象に出会ったら、これまたいつも驚いていますし、心に深く刻まれ記憶しています。

意識していない場合は、普通に当たり前のこととして流れて消費されること になります。

これだと、記憶にも残らず、日々がつまらないものになりかねません。


やすひさは、言ったことや細かいことを色々覚えています。(大切なことをよく忘れていると方々から怒られるますが、置いておいてください(笑))

雑学的な知識の定着なんかは、驚いたら覚えます^^

漫画を読んでも、知らなかった新しい知識に驚き、覚えます。




 驚きのレベルを低くすることで、圧倒的に人生を得していると思っています。




驚きのレベルは人それぞれだと思いますが、自分の中で(これはギリギリ驚けないかな…)というものも、ギリギリなら全部引き上げて驚きます。

驚きのレベルを下げるってどうするんだと思われますが、(驚こう)と思っていると、ちょっとしたことで驚けるようになります(笑)




 (驚こう)と意識しておくだけで、驚きのレベルは下がります




なんでも驚くことにより、引き出しも増えて、思考の応用力とでも言いましょうか、発想力とでも言いましょうか、そういうものまで大きく広くなるように感じています。

結果、係わる人達へ色々なものを提供できるようになるわけです。




 【低驚】力をつけることで、色々な応用、発想を【提供】できるようになる




あなたは、最近驚いていますか?

驚きのレベル、今より少し下げてみてはいかがでしょうか?








ピーストライブ ~平和戦略会議公開セミナー~
⇒ http://www.reservestock.jp/event_series/3546/((proposal_code))




お問い合わせフォーム
⇒ http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/269



☆サービス一覧とご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。
⇒ http://www.reservestock.jp/reserve_form/index/286/((proposal_code))


お客様の声
http://www.reservestock.jp/page/user_recommend/286

おはようございます!

やすひさてっぺい@平和戦略会議 です!

いやいやぁ

昨日はキョーカイサミットだったんですけど、激しい時間をすごしました。

帰りも微妙に遅くなってしまったので、早寝早起きをしてメルマガを書こうとおもったのですが、やっぱり眠くて結局いつも通りの時間に起きて、慌てて書いております^^

最近、このパターンが続くので定番化しておりますが、クオリティーチェックが甘くなるのでもう少し余裕ある生活を送りたい!ということで、段取り能力向上を図っていこうと決意し始めております。

さてさて、眠い目をこすりながら何のお話をしようかと思い起こしておりますが、うまくまとまってきませんね(笑)


まとめるで思い出しましたけど、最近、自分の考えを改めてまとめ始めています。


今までのメールマガジンなどで溜め込んだ、それぞれの事柄に対して掘り下げた考えのまとめ(記事)を、さらに体系化したものにしようと思っています。

今流れているやすひさのメール講座『「争わないけど勝っている」人養成メール講座』は本を出版する前に書いたものなんですけど、本を出版する過程で本のつくりかたがなんとなくわかってきたので、キチンとそれに則ってまとめてみようと思っています。


その辺のお話をしようかな

整理をしている中で、




 「全員から好かれる必要はない」
 「自分の好きな人とだけ係わって生きていける」




という記事を最近どこかで書いたのですが、とても共感頂きました。

ただ、これってとても勘違いしやすい表現だなぁと反省したりしたのを覚えております。


そもそも、自分の周りの人は大体自分を好きだとやすひさは勝手に思っております(笑)
自己肯定力が無い人は、自分のことを嫌いなんじゃないかと戦々恐々としていますけどね^^

どんな風に考えていても自分のことを好きな人は絶対います。
別に何とも思っていない人もいます。
そして、やっぱり自分を嫌いな人もいるわけです。

で、これは一般的な法則に当てはまります。

人が集まるとそういう風にグルーピングされるという法則なんですけど、2:8(ニッパチ)の法則とか、3:4:3(サシミ)の法則とか言われるものです。

不思議とそういう風に当てはまるんですよねぇ。


で、どんなに人の為にやっても、どんなにうまくやっても、必ずアンチが生まれます。

理由はわかりません。

妬みとか、やっかみとか、やすひさはそういう感情は理解でできません。
ただ、たまに妬み嫉みを持つ人に絡まれたりすることがありますので、あるということはわかっています。

やすひさが元気溌剌に楽しくやっていると…

「けっ!あいつうまくやりやがって!実際、あいつはどーだこーだ」

と言って悪口を方々で言っている人がいたりするわけです。
回りまわってやすひさにたどり着きます。

あまりうれしい気分ではありませんよね。

まあ、でもですね…




 そういうもんです




大なり小なり、必ずアンチが存在します。

最大3割もの人がアンチあなたです^^


つらいですよね。

正直へこみますよ。

悪口言われても大丈夫な人になりたいですよね。

完全に見下した相手だったり、完全に敵認定している相手だったりすると全く大丈夫なんですけど、そいう相手って人生で数人いるかいないかですからねぇ。


こまった心理状態になるんですが、これも視点とプラス変換で大丈夫なんです。



ポイントはどこを軸とするか、どこに注目するか、どこをフィーチャーするか、なんですよ。



3割のアンチは、すでに存在している!
今まで気づいていなかっただけで、昔から存在している!

これを素直に認めた上で…




 自分を応援してくれる人が最大3割いるんです。




アンチがいるということは、確実にそれぐらい強い想いの応援者が存在します。


これは法則です。

不思議に思うなら検証してみてください。

やすひさも検証をしてみましたが、好き嫌いという軸で考えても他の軸で考えても大体当てはまります。
人数が増えれば増えるほど、この法則は効力を発揮してきます。

やすひさもテレビに出たり、メディア出演等でそれなりに目立っていますのでやすひさを知っている人という母数が多いです。
なので、知らないところで結構な抵抗勢力が存在するかもしれません。知りませんけど。

でもですね、3割のやすひさを知っている人はやすひさを好きなんですよ。


嫌いではないって人も大いに存在します。


やすひさの為を思って、色々苦言を呈してくれる人もいますよ。
ハッキリ言ってくれる人を煙たがって、敵認定するバカな判断をすることとは全く意味が違いますからね。

そういう人は、好きなんです。あなたのことが。

だから、足りないところを惜しいと思っていってくれる希少で貴重な人です。


やすひさを好きな人の中の2~3割はこういう人だったりします。大なり小なり。

全体で言えば、1割以下の人たちです。


まあ、それは置いておいて、



 1.全員から好かれるということはあり得ません



絶対ありえません。
大体好きだけど、ここがちょっとなとかもありますし、人間関係でも色々ありますから、全員から好かれるというのは無理!

それでいいんです!

そして、もうちょっと踏み込んだところで、





 2.自分の好きな人(自分を好きな人)だけと係って生きていける





んですよということです。
自分が嫌いな人(つまり、自分を嫌いな人)は、あなたにとって、あまり良いコトはありません。

簡潔に言えば、関わってても特に自分が良くなるようなことはありません。

なので、離れていいんです。


組織内で嫌いというか合わない人がいるのはしょうがないですよ。
目的が、その組織の向上ですから、合わないけど能力があればそれを使いたいのが組織ですからね。

そういう時は、その人の良いコトを陰口で言い続けて、なんとなく空気を変えちゃうとか、あまりにひどいようであれば排除するように動くとか、選択肢がいくつかありますけど、別に無理してべたべたに係る必要はありません。


ポイントは、無理をしない


ということです。
もちろん職場環境を優位に持っていくとか、事業を軌道に乗せるとか、そういう時は無理してでも取るべきポジションがあって、大いに無理しろと言いますけど、必要以上に無理すると必要以上に何かと戦わなくちゃいけなくなるので、結果疲弊して負けます。

楽をしろとは言ってないですよ。無理をしないと言っています。
楽をするなら仕組みを作ってください。


何にしても無理をしないで、今日も一日やっちゃいましょう!


移動したり、色々してて書き終わったら、もうお昼だった…

良い午後をお過ごしください(笑)



お客様の声
http://www.reservestock.jp/page/user_recommend/1503


この記事に対するあなたの感想をお待ちしております。
http://www.reservestock.jp/subscribe/9790#kansou

[Peacetrategy] 求めることと許すこと というメッセージを『平和戦略メッセージ』というメルマガで書きまして、それを転載させて頂きます。
このような話を様々な角度で延々とお伝えするこのメルマガに興味がありましたら受け取ってみてください。
http://www.reservestock.jp/subscribe/9790

続きは↓

求めることと許すこと



あなたへ

おはようございます!

今週もはじまりました!

やすひさてっぺい です。

先週は平和戦略会議、岡空事務総長がセンターのピーストライブ、だいぶ面白かったですね^^

【パートナーシップと平和戦略】

という内容の話しをしてもらいましたが、なかなか面白い視点でのメッセージだったのではないかと思います。

ライブと映像とでは、同じ内容でも全く違うものですので一度足を運んでみて欲しいと思っています。
多分、5倍や10倍は軽く伝わり方が違いますので、試しに、ホント試しで時間創ってみてください。

ちなみに映像収録を同時にやるのでNGがあると取り直したりするんですが、同じ話は二度とできないので、聞けている人はかなりレアな話を聞いています^^

次回は…

スモールビジネス(中小零細SOHO)と平和戦略
http://www.reservestock.jp/events/18326/

で、小川参謀長が初のセンターでしゃべくりまくります(笑)

日付時間確定しました!
なので、申し込んで大丈夫になりました!

http://www.reservestock.jp/events/18326/

どうぞお時間創って遊びに来てください。
その後の懇親会が面白いので、その後も時間空けておいてくださいね^^


さてさて、
やすひさは岡空さんの様に【パートナーシップ】という切り口で突き詰めたことはそれほどなかったのですが、それを含めた【人間関係】なら、延々と突詰め続けた経験があります。

きっかけは小学校の頃でしょうか…
中学校になって、そこに磨きをかけていくことになるのですが、そのあたりは話が長くなるのでまた今度にして…

何にしても、すべては人間関係です。

人間関係以外で大きく人が苦しむことは無いと考えています。

お金の苦しさは、人間関係の延長線上にあるものと捉えられると考えられるのですが、もしそうだとしたら、人間関係が唯一の自分を苦しめるものなのです!


よくお話しする中で、

自分を突き詰めていく
自分と折り合いをつけていく
自分を許す
自分を…

というキーワードがありますが、これも一つの人間関係だと考えられます。
自分とのコミュニケーションの問題です。


本当はここの部分が一番のキーポイントになるので多くの時間を割くのですが、そうは言っても自分の内面だけに絞る必要もない人も大いにいるわけで(笑)

なので、ちょっと外に目を向けた人間関係の考察についてお話ししようと思います。

ここでいう人間関係とは、自己と他者(相手)との関係性についてです。





自分以外の人間、例えば夫婦関係、恋人関係、親子関係、友人関係、仕事関係、その他諸々





これらの関係性で、諍(いさか)いが起きる時ってどんな時だか考えたことはありますか?

まあ、色々ありますよね。

状況、立場、時期、関係性、それらの組み合わせによりあらゆることが起こりえますので、いつどんな時に諍いが起こるかなんてわかりませんよね。

ただ、やすひさは自分の範囲内(少しは他者同士でも)で、あらゆる状況でなぜ諍いが起きたのかを検証していたことがあります。

で、これには一つの共通する行動や考え方が存在することがわかりました。


それは…




  (他者をコントロールしたい)




という気持ちです。

こう言うと、なんだか世界征服を狙っている悪い人みたいな聞こえ方をしますので、もうちょっと身近な言い方をしますと…





  見返りを求める気持ち





です。
(なんでこうしてくれないの?こうしてほしかったのに!)
って思ったことありませんか?

仕事上でもそうですよね。

部下に対して、(こう指示したのに、なんでこうできないんだ?)
上司に対して、(なんでこの人はこういう言い方しかできないんだ?)

こんなこといつでもどこでもあったりしません?

どんな関係性でも、【求める】ことを大体しています。


ただですね。

ちょっとよく考えてほしいんですけど、





 やってくれるから、相手を好きなんですか?
 やってくれるから、相手と関係性をつないでいるんですか?





仕事だったら、お金が介在するからある程度あるにしても、それ以外の金銭が絡まない関係性において、そんな付き合い方してますか?

もちろん、人間関係を構築していく最中に、その人の人間性をジャッジするうえで「やる人、やらない人」は重要な項目です。
でも、やらない人でも、やらない人として受け入れていた友人や恋人をあなたの過去にいなかったって断言できます?

たぶん、いるんですよ(笑)

やすひさが何を言いたいかというと、





 好きか嫌いか と やるかやらないか は連動性を持たせる必要がない!





という事なんです!

前回の岡空さんのライブで、例に出ていたアホな男性の話しですけど…
そもそも、世の男性が女性に対して威張っているなんていうのは、論外ですよ!
それは、その男性が終わっているだけで世の中の男性をまとめてダメなレッテル貼らないでやってくださいね(笑)

男性、女性の機能的役目、例えば力が強いとか、子どもが生めるとか、があって、それは個性の一環であるわけです。

人間にはそれぞれ様々なパラメーターがあるわけですから、こちらは得意で優位だけど、こちらは不得意で不利なんてよくあるわけで、角度が違えば何事も全然違う訳ですよ。

優劣を勝手につけて、威張っている人はほおっておきましょう。



で、ここからはこれまた勝手に見つけた結論なんですけど…





 自分の好きな人としか関わらないでも生きていける





ことが分っています。
そうしている人の方が、圧倒的に心豊かに幸せに生きているように見えます。

あなたは、自分の好きな人とだけの関係性で生きていくことはOKです。
これは誰がなんと言おうと、生きていけます。
その内また詳しくお伝えしますけど、趣旨からずれるので今回は置いておきます。


話しをすこし戻しますね。


で、他者は求めるけどやってくれたりやってくれなかったりします。

状況や気分、能力や環境によって、やったり、やらなかったり、やれなかったりします。


でも…






  それで良くないですか?






人間関係において、求めることは正直必要ないと思うんですよ。
もちろん求めるだけは求めて良いんですよ。

ただ、相手がやるかどうかは、相手が決めることです。

それを自分が他人を自分の思い通りにさせようなんて、おこがましにも程がある!


「なんで~~ないの?」って人を自分の思い通りに動かそうとする魔法の言葉ですけど、自分の勝手を押しつけているだけの証拠の言葉でもあるわけです。


やすひさは近しい人たちへ、求めることはしても、それをやってくれるかどうかは正直あまり期待をしていません。


もちろん、頼むからには、求めるからには、やすひさが必要としている事柄があるので、それをやってくれそうな能力や経験がある人へなるべくお願いをしますよね。

で、やってくれるかどうかはやすひさとその人(相手)との人間関係がどれほど築けていたか?が問われるだけです。

完全に鏡の法則が当てはまります。

自分が相手に対してできることであれば、相手も自分にしてくれたりします。

でも、状況や環境、諸事情により無理な場合ももちろんあります。

そんなのあたりまえです。

なので、無理なら無理でいいんです。


ここで期待をしていたらどうなりますか?

その人間関係を考え直す必要まで出てきますよね。

そして勝手に落胆して、勝手に自分が期待したせいで相手と距離を置くことになりますよね。


そっちのほうが「さみしいなぁ」だと思いませんか?!


やすひさが今回人間関係で必要なことは、






 好きな人は許す






ということを伝えたいです。
これで良いんだと思います。

どうせ結局最後は許しているんですから。

愛することは、求めることでなく、許すことなんだとやすひさは思っています。

それは、関係を持つすべての人に対しての愛です。

どうしても許せないことがあった場合は、よく話し合ってどうしても折り合いがつかない場合は離れるしかありませんが、大抵の場合大したことではないはずです。


好きかどうかを自分に問い、好きならなんでも良いと思います。

嫌い?という感覚はあまりわかりませんが、関係を良く思っていないのであれば、関係を保つ必要は無いので、その憂いを外して、自分が好きな人達へ愛を注いでください。



こんな風にやすひさは人間関係を突き詰めてみました。

実際の指標には、星座を使ったりしていますけどね^^

あなたはどんなふうに人間関係を突き詰めていますか?


よかったら、あなたの突詰めた結果や、この記事に対するあなたの感想をお待ちしております。

フェイスブックにて感想頂くか、
http://www.reservestock.jp/subscribe/9790#kansou

このメールに感想を返信頂ければ幸いです。



いつもメッセージ、受け取ってもらって、ありがとうございます!
まじでうれしいです!
ありがとうございます!


近々、映像完全公開しますので、おたのしみに!




あ![YOUTUBE]平和戦略会議チャンネル できました!
軽く覗いて見てください。

[YOUTUBE]平和戦略会議チャンネル
http://www.youtube.com/peacetrategy/


それと、これを忘れては大変でした。
安久鉄兵議長の著書(平和戦略の教科書)が絶賛発売中です!

『日本唐揚協会のつくりかた』メタモル出版
Amazon → http://goo.gl/SSS33


講師陣のメルマガ、メール講座ご紹介

安久鉄兵議長 の 無料メール講座
『「争わないけど勝っている人」養成メール講座』 → http://goo.gl/ZZyjI

小川影久参謀長 の メールマガジン
『「戦わずして勝つ」通信』 → http://goo.gl/vb8Wz

↑このページのトップへ