Kalafina 公式ブログ

梶浦由記プロデュースにより2008年1月「oblivious」でデビュー。 昨年行われた初の日本武道館2days公演は大成功を収めた。 3人の異なる声質で奏でられるコーラスワークが魅力。

2016年11月16日(水) リリースWinter Acoustic “Kalafina with Strings”ジャケット写真公開!

2016年11月16日(水) リリースWinter Acoustic “Kalafina with Strings”のジャケット写真公開します。
Fix_Kalafina_with_Strings

こんにちは♪Keikoです(*^^*)
さて、Arena LIVEが終わりステージでもお話した、冬をテーマにしたアコースティックアルバムを製作中のKalafinaです♪

思い返してみると、Kalafinaが初めてアコースティックライヴをやらせていただいたのが、2011年の音霊アコースティックライヴでした。それから、弦のカルテットとピアノ編成でのクリスマスコンサートへと繋がって今に至ります。

始めた当時の音源を聞くとやはり探り探りな所も多々あり、自分たち自身悩みながら歌っているのも伺えます(笑)
今までのバンドサウンドの厚みから一気にシンプルにそぎ落とされた一音、一言、全てに耳がいく…。
そ してKalafinaにとってこの編成に挑戦した事で何よりも3人のハーモニー作りが変わったなぁって。個人のカラーを主張できない部分も出てきたからこ そ、WakanaとHikaruのアプローチをもっと聞かなくちゃって…この作業が私は大好きで。一曲を作り上げるのに時間をかけた分だけ愛情が増え、大切にしたいと思う、これがお客様に届ける時声の温かさ、ハーモニーの豊かさに繋がるんじゃないのかな…と今改めて思います。


私のブースから見える風景はこんな感じです♪
160924_01
左にはHikaruが、遠いけど…目の前にはWakanaが、ライヴでやっている時のようにアイコンタクトをしながら声を重ねて行きます。
とても緊張感ある現場です。
まだまだ始まったばかりのアコースティックアルバム制作…またレポートしますね(´ω`)



そして、最後に、Arena LIVEで共に音楽を奏でて下さった、フルート奏者の赤木りえさんと楽屋でお話しした時に撮った写真を…

160924_02
赤木さんが、『Keikoちゃんここを押さえて♪』と緊張しながらフルートに触る…の図です(笑)
赤木さんのフルートに触れるなんて指が震えますから!!って言いながら、想い出ショットになりました。赤木さんは本当にいつも朗らかにお話して下さいます。
今回は赤木さんが続けていらっしゃる水泳のお話だったり、継続の大切さだったり、やはり楽しい学びの時間にとっても癒されました。赤木さんの奏でるフルートの音色の様にとても素敵なお人柄の赤木さん、、、またご一緒出来る日を心待にしています。

では、また書きます…♪

PS… 先日初めて生放送で行ったBay fmのレギュラーラジオ"Kalafina倶楽部"たくさんのメッセージやTwitterでのコメントありがとうございましたヽ(*´▽)ノ♪ああいった 形でラジオをするのが初めてで緊張していたんですが、直接お客様とお話ししている様な雰囲気で、Arena LIVEの事を話せた時間はとっても楽しかったです!

皆さんのお声を聞ける機会、これからも大事にしたいな(´ω`)
ありがとう。

皆さん、こんにちは。
葡萄の季節ですね。種無し葡萄って凄い…!楽っ…笑
考えて作ってくれた人の偉大さよ…!と思うHikaruです。

9月も後半、秋の味覚が美味しくてついつい食べ過ぎちゃう日々になりそう…皆さん如何お過ごしでしょうか。

KalafinaはKeikoさんがblogで話してくれたように
9月16日、17日に
Kalafina Arena LIVE 2016
@日本武道館
を行いました。

会場に足を運んでくださった皆さん、
ありがとうございます!
気持ちを飛ばしてくださった皆さん、
ありがとうございます!
160919_01
日本武道館での単独LIVEは2度目でした。
当日、再び立ちたいと思っていた場所に立った時に、あの日から今日まで過ごした時間が体から湧き上がるみたいに溢れてきました。意識しなければ深く息をすることが難しいくらいの勢いで。“ここでまた歌える、歌うんだ。”って天井を見上げました。
160919_02
ここにしかない景色。あの日同じように見上げながら決意した思いが降ってくる気がしました。…さて、自分のことはここまで。
今日は、今のKalafina音楽を見聞きしに会場に来てくださる皆さんとの時間。最終準備をしなければ。客席の端から端まで、どんな風にステージが見えるのかを実際に見に行く。これは、来てくださる皆さんお一人お一人と目を合わせて会話するために必要なこと。

他にも細々とした準備をして、いざ開演前。普通にしているだけで聴こえる胸の鼓動。ソワソワする自分の気持ちを落ち着かせるためにストレッチ…。
そして、気合いの円陣。
160919_03
その後、出演直前の3人での円陣もします。
160919_04
この写真の扉の奥でステージ前の意志統一。

ステージスタンバイへ…

BGMが小さくなって消えていく。
…客席の照明が変化する。

衣摺れの音と共にステージ奥から歩いてくるKeiko。
ステージ前方で立ち止まる。言葉はない。無音だ。
会場をゆっくり見渡す。
…マイクを持つ手が徐々に上がって口元へ。

「未来は君に優しいだろうか」

会場にはKeikoの語りかけるような歌声だけが響き、また静寂が訪れる。この静寂の中で、皆さん自身の心の中への旅が始まっていく…

◆アレルヤ
◆believe

◆storia
◆星の謡/花束
◆neverending/君の銀の庭
◆胸の行方
◆ring your bell

◆夏の朝
◆追憶
◆red moon
◆Magia[quattro]
◆to the beginning

◆blaze
◆destination unknown
◆identify
◆signal
◆音楽

◆into the world

込み上げる気持ちを全て一礼に込めて、ステージを後にしました。

皆さんの拍手が鳴り止まない。…嬉しい!
ステージに登場したミュージシャンが軽やかなリズムを奏で始めます。
Kalafinaは…皆さんの近くに行きたくて、アリーナに出ちゃいました!でも、やっぱり全員のお顔をしっかり見るにはステージが一番!なので、アリーナを堪能しながらステージへ!

◆in your eyes
◆One Light

◆光の旋律/夢の大地/光の旋律/ひかりふる
◆far on the water/sprinter/symphonia/未来

ミュージシャンの方々をご紹介致します。

1st violin 今野 均
2nd violin 藤堂昌彦
Viola 長石篤志
Cello 西方正輝
Piano 櫻田泰啓
Percussion 中島オバヲ
Flute 赤木りえ
Flute Eliko
Drums 佐藤強一
Guitar 是永巧一
Bass 高橋“Jr.”知治
Accordion 佐藤芳明
Manipulator 大平佳男

ありがとうございました!!
人(^-^)人(^o^)人(^O^)人

おっと、ミュージシャンは退場したのに、Kalafinaはペンを取り出してセットに何か書いております!
何て書いたのか…?

兵庫1日目
160919_05
兵庫2日目
160919_06
武道館1日目
160919_07
これは「2016.09.16」です!日付を書き忘れたのは自分です…テンション上がり過ぎですね…苦笑
武道館2日目
160919_08
最終日は、ハケを使ってセット全部でメッセージ!

感謝の気持ちを込めて3人で一礼!!
ステージ袖、名残惜しい気持ちを胸に、3人それぞれが一言叫んでステージを降りました。


最終日、拍手が鳴り止まない。
嬉しい…どうしよう…。

…戻ろう!

…戻ったは良いけど…どうしよう…。
皆さんから「もう一回!もう一回!」のコールが!
でも…バンドさんもう着替えちゃってるかも…
ねぇ…ピアノの櫻田さんだけ呼んでもらおう!スタッフさんお願いします!
大丈夫かな…?

笑顔で櫻田さん登場!まだ衣装着てた!セーフっ!

Keikoさんが櫻田さんと曲の相談をする間、ハラハラして待つWakanaさんと自分…笑

Keikoさんがステージに戻ってきた。
「私、さくちゃんと決めてきた。…初めて武道館に立った時のラストは sprinter で終わりました。いい…?みんな、sprinterでいい…?」
この時の皆さんの声を忘れる日は永遠に来ないと思います。凄くあたたかくて熱くて大きかった。

櫻田さんのピアノが鳴り始めて、いつも立ってた場所に向かったけど、何だか遠くて。その数歩の距離分すら惜しくて、歌い出す時にはステージ前ギリギリに立ってました。

◆sprinter

お一人お一人とお互いの存在を確かめ合い、もう一度会う約束をするような感覚でした。声で心で会話してくださってありがとうございます!


今 回アリーナLIVEをしたことで、あれだけ多くの皆さんとひとつになれる時の感覚や押し寄せてくる感情の波の強大なパワーを体感しました。また、 Kalafinaとして、Hikaruとして歌うこと、表現することについても改めて考える公演でした。会場によって違うものを得ることが出来るし、今は それを活かす場所が先に在るという幸運に恵まれているので、しっかりと繋げながら進んで行きたいなと思っています。
皆さんが音楽を最大限に味わえるものを作っていきたい。その為に自分は全てを生かし、捨て、構築しなければ。


次に日本武道館に立つのはイベントです。
「リスアニ!LIVE 2017」
1月27日(金)“CROSS STAGE”
こちらはLiSAさんとのツーマンLIVE!
スペシャルな日になることは間違いないですね!

で もその前に、10月8日の富山でのイベント出演や、11月16日のWinter Acoustic “Kalafina with Strings” リリース、12月の“Kalafina with Strings” Christmas Premium LIVE TOUR 2016と今年だけでも皆さんに様々な形で音楽を届ける機会があるので、ひとつひとつに全身全霊をかけながら向き合って作っていきます。

そして、明日のレギュラーラジオbayfm「Kalafina倶楽部」24時からの初生放送!これまで収録中に生電話をしたことはありましたが、リアルタイムでKalafina倶楽部をマルっとやるのは初めてです!噛んだりしても編集で直せないやつです…笑
今回のアリーナLIVEのお話をしようと思っております。
LIVEの感想や質問などありましたら、メールをkalafina@bayfm.co.jpに送って頂くかTwitterでハッシュタグ(#Kalafina倶楽部)をつけて呟いてくださいね♪リアルタイムで皆さんと繋がれる貴重な時間、是非一緒に作ってください(^-^)


では、また次回まで。



♪Hikaru♪

↑このページのトップへ