月別アーカイブ / 2015年03月

そろそろ、3月が終わりますね。
 
2014年度が終わるこの3月に、あなたはこれから1年間をどのように過ごすかお決まりですか?
2008年から始まった天王星と冥王星の90度。さらにこの配置を刺激するように活動宮(カーデイナルサイン)に大天体の多くが集合し、一部の占星術家の間では「カーデイナルクライマックス」などと呼ばれました。今年2015年は天王星と冥王星の90度の最後の年です。


天王星は変革を、冥王星は物事を極限にまで推し進める効果を持ち、前回は60年代の末に起こって社会的にもさまざまな変化を引き起こしました。僕たちの周りで起きてきたことを見てみると、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災や原発問題等、大きな変革を促すきっかけとなるような出来事が起きています。
この時代の激変のなかを僕たちは生きてきて、そしてそれを未来につなげていこうとしているわけです。


では、あなた自身にカーディナルクライマックスという星の配置はどのようなメッセージを示し、影響を与えてきたのでしょう。ここ数年を振り返って、自分の変化を確かめるきっかけにしてもらえると幸いです。

興味のある方は是非、こちらへ!(スマートフォン専用サイトです。)

こちら、告知が遅れていてすみません!

4月にも博多で二つイベントがあるのでした。
一つは、サンクチュアリ出版の『12星座の君へ』関連です。
こちらでは、星占いが好きな方のために、トークとサインを。
このシリーズ、おかげさまで50万部を超えてヒットしています!

▼イベント詳細はコチラです。


もう一つはもう少しデイープなもの。
占術スクールカイロンさんの主催で神話とタロットをテーマに講座です。
監訳させていただいた『神託のタロット』(リズ・グリーン他著)の出版を記念して
神話の世界とタロットについて少し掘り下げて話します。
心理学者ユングとタロットとの関係は?神話の世界とタロットって関係があるの?
神話学者ジョセフ・キャンベルって?などなど。
ぜひお越しくださいませ。

▼イベント詳細はコチラです。

みなさん「国際占星術デー」ってご存知でしょうか?
明日3月21日は春分の日であり、「国際占星術デー」です!

占星術団体(AFAN)によって提唱されたのがきっかけで、毎年、太陽が占星術上の牡羊座に入る日を、「占星術の日」にしていこうという運動です。

子供の日だとかバレンタインデーと同じように、
「占星術を愛でる祝日があってもいいんじゃないか!」ということではじまりました。

僕も占星術に関わる者として運動に参加し、もっと占いが盛り上がってほしいと思っています!
でも、自分から旗を振って、何かの「運動」を始めることは本来、性に合わないところがあるので、これまであまり積極的ではなかったのですが、以前、何かの会合で、この動きのことをお話ししたところ、同席していたたくさんの占星術家たちが関心を示してくれました。

僕としても、どんなことをしてみたら楽しいか考えてみました!
①星占い、占星術、星好きな仲間同士で集まって食事をしたり、お茶をする。
②占星術の勉強会をする。
③占星術家のところにいってホロスコープを見てもらう。
④占星術サイトで自分の星を細かくチェックする(もちろん、ぼくのサイトがお勧めですよ!)。
 :
 :
 :
⑩プロの占星術家の方は、特別ディスカウントなどしてみる。
などなど、色々な案が浮かびました!

特別な事は何もありません。「1年に1度占いを楽しめるチャンスがあればいいなあ」ということです。

僕も「早速実践してみよう!」ということで、国際占星術デー限定の特別企画をご用意しました。
⑩の「特別ディスカウント企画」です!

いつもは占い見てくれている人も、
そうでない人も、この機会に僕の占いをお楽しみ下さい!

↓スマートフォン公式サイト 国際占星術デー限定特別企画ページ↓
※スマートフォン限定企画です。スマートフォンにてアクセス下さい。
i_astrologyday_header_sp640

↑このページのトップへ