「立春」を過ぎ、暦の上では早くも「春」。
立春を迎えると少しずつ春めいた天気に変わっていくと言いますが、まだまだ冷たい北風が身にしみますね。

こんばんは、鏡リュウジ公式サイト運営スタッフです。

星の上では今日、幸運の星である木星が逆行を開始します。

立春を過ぎて早々に木星逆行だなんて、なんだか気になる星回りですよね。
line_banner_supermoon_161111.jpg
そこで今回は、これから訪れる「春」に向けて、この時期注意しておきたいポイントを鏡先生にお聞きしました。

――「木星逆行」期間、どんなことに注意をしたら良いですか?

木星は拡大と発展の星。
現代占星術の父アラン・レオは木星をUplifter、高揚させるもの、と呼びました。
この木星がいつもとは違うイレギュラーな動きをするということは、拡大と発展のマイナス面も出やすいということ。

無駄遣いをしてしまったり、極端な精神性を求めてしまう、なんてことがあるかもしれません。
とくに「これが絶対に正しいんだから」と突き進むのはマイナス。
木星が天秤座にある今、バランスのとれた思考、行動をとっていくということが必要です。

――「木星逆行」に続き、明日2/7は水星が水瓶座に入ります。どのようなことがキーとなっていくのでしょうか?

水瓶座の水星は、とても聡明な水星です。
この世界のさまざまな多様性を愛して、そして違うからこそこの世界には価値があると考えることができる水星なのです。
抽象的な考えと具体的な事象の二つをバランスよく、把握して受け入れていくことができるはずです。

――なんだか知的センスが磨かれそうな時期ですね!

そういえば、英国の超名門大学で学んでいた人に聞いたのですが、授業で意見や研究を発表したときに「君の意見はまだまだ普通だ」と指導されたこがあるそうです。
ユニークであることの価値、常識とは違うことの価値を大切にするその知性のありようは、水瓶座の水星的だなと思ったことがあります。

木星逆行に続く水星の水瓶座入りは、私たちの偏りがちな思考や行動を正してくれるラッキーな星回りなのかもしれません。

恋がうまくいかなかったり仕事でつまずいてしまったり……。そんなことが続いているなら、この機会に占ってみて。

きっと運命を変えるヒントがそこにあるはず。

【運命を変えるヒントがほしいあなたにおススメ】
~不安で、満たされないあなたの心を癒します~

~あなたの一途な想いは報われる?~
★まだ望みはある?この想い、報われる?【あの人の本音と最終未来】※スマートフォンサイトからご覧いただけます。

~ホロスコープに描かれた配置の意味とは?運命を切り開くヒントがここに~