コンサル先の中小企業で

話を聞くと、

営業よりも事務職の方が、

応募が多いそうです。


事務職は、

バブル期までは、高校や、短大

を出た女性が就く職業でした。


その後の不景気で、

事務職は、派遣に変わり、

正社員では、ほとんど採用が、

なかったのです。


最近の雇用拡大により、

やっと、企業が事務職を採用

し始めました。


今は、男性の事務職の応募も

あるそうです。


事務職は、責任がなく、

定時で帰宅できるようなイメージが

あるみたいですねー。


昔と違い、お客様とのやり取り

も必要なので、

楽だからという発想では、

勤まらないかもしれません。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2851.JPG

セブンイレブンの

プライベートブランドが、

大好きな私。


ひと昔前でしたら、

メーカーのお菓子が、

スーパーに並んでいる風景が、

当たり前でした。


今では、

コンビニ側が主導権を持って、

メーカーに作ってもらい、

セブンイレブンなどのブランド名で、

販売しています。


特に、

セブンイレブンのプライベート商品(PB)が、

美味しいですね。

チョコもアイスも。


メーカー側も、

自社で、商品を開発して売り込む

のではなく、コンビニなど、お客様の

意図をくみ取って、一緒に商品を開発

する時代なのです。


お客様が必要としていないものは、

要らないのです。


メーカーの存在意義も、

だいぶ変わってきました。


営業スタイルも、昔のような売り込み

スタイルではなく、

いかに、お客様の要望をくみ取るかが、

大切なのです。
 
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3081.JPG

私が、営業研修で講師をすると、

「自社に合った営業方法に、噛み砕いて

もらえるので、分かりやすい」

と言われます。


私は、事例を、使い分けます。

一般的な営業の話しは、しません。


たいていの営業研修は、

講師が、世間一般的なことしか、

話しをしないことが、多いようです。


私は、

電子部品、半導体、パソコン

を、扱ってきました。


会社は、

メーカー、商社の両方を、

経験しました。


日本の会社、海外の会社、

両方と取引しました。


消費財(パソコンや文房具など、個人向けに売っているもの)

生産財(企業に売る材料みたいなもの)

両方、経験しました。


車載のトヨタグループから、

 AVのソニーや、

パチンコメーカー、

工作機械など、

幅広く担当しました。


おかげで、

ほとんどの業界のことが分かります!

 
会社員のときは、キャリアに

一貫性がないと、悩んでいましたが、

今では、これが強みになっています。


人生、すべてがつながります!

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2503.JPG



↑このページのトップへ