こんばんは僕です。


タイトルが一瞬下ネタに感じた人は合格です。廊下で待ってなさい。

下ネタじゃないよ。
暴飲暴食、みたいなことね。

つまり落書きに近いカタチになる。


そんなもの何のために公開するんだねって話ではあるんだけど、


まさに話題は、「つまるところコレは、誰のための人生なのか」っていうところだ。



僕は今まで「結局自分のため」と思ってきた。


他人に尽くしたり捧げたり施したりも、そうすることで結果的に自分に「幸福感」がもたらされるのだから。




もちろん、わざわざこの話をしてるからには、僕はこのごろ「この持論は間違っているかもしれない」と思っとるわけです。



旅行の行先にしろ、コンパの会場にしろ、

選択肢が複数あれば当然、希望者が多い方が優先される。

当然、幸福度は、希望者のは高く、「それ以外の少数派」のは低い。

しかし「全体の幸福度の合計」で言えば、コレが最善だ、っていうのは、明らかなわけです。




こういった「幸福の多数決」に直面した場合。の、少数派の立ち回りについて。


何かしらの、ガマンか不満か、それらに類するものに曝されます。

それは決して本意ではありません。そりゃそうですとも。

しかしそれが集団の最善だと、マイノリティ自身も「分かって」います。

集団の最善であることは「本意」なんです。



これ文章にすると「そりゃそうだ」ってことしか書いてないんですよね。


しかし、これ読んで

「は?そういうもんでしょ」っていう人と、

「うわぁわかる……苦しい……」ってなる人

に、分かれると思うんです。




そして後者の人こそ、今回の研究対象であるわけです。



もちろん、幸福の多数決から「下りること」も出来ます。

いつもいつも自分が少数派になる必要はないんです。

同じような感覚の人で集まれば、自分は憧れの多数派になることも可能なわけですから。


しかし問題は、「少数派」の人も「んなこたァわかってる」ということです。


では何故、と思うでしょ。多数派歴の長い人ほど。


それが自分でも、わかったり、わかんなかったりするんですよ。



サボって見えんのかな。

頭に来るよな。




ちょっと「共依存」みたいな構図なのかな、とも思ってきた。


DVの加害者と被害者の関係。

被害者側も「私が居てあげなきゃ」と思う。

逃げれば逃げられる。

人道的にも、ルール的にも、逃げる方法はいっぱいある。

けど選ばない。自分から率先して、そうしない。


そうなっちゃったら損なのは、文字にしたらこんなにハッキリ分かるのになぁ。







他人の幸せを水無しで飲み込む人達へ。


まずあなたは、当然悪じゃない。不必要でもない。

しかし、必要でもない。それは誰しもがそう。
今は多数派をやってるあの人もそう。

人道的にもルール的にも、道はいくつもある。

そっちを選べとは誰も言わない。選ぶなとも言わない。


自分が損するのはオススメはしない。

だけどわかります、自分が貧乏くじに回れば、っていうその気持ちは分かります。





俺は、そういう人のために歌いたいと思います。




けい

こんばんは。



僕です。




ツアー3連戦をブログにまとめとこうの企画、ようやくセミファイナル神戸まできました。


やっと先週末の出来事から解放されると考えると晴れやかな気持ちでしかありません。笑




ただまあ、セミファイナル神戸、思いの丈もそれなりに。








神戸という街を語る前に、歴史を振り返る必要があるのではないだろうか。




とも思ったんですが、なんせ夜中だし正直メンドくさいので(笑)、
非常にザックリと。



色々説明を割愛して大胆に言ってしまえば、神戸は「日本アカペラ発祥の地」と言っていいのではないのでしょうか。


Permanent Fishはその地で、言わば「本家分派」として、血筋を守りつつ革新を図ろうっていうチャレンジャーなわけ。



それとは別に東京アカペラの文化もあったりして、ゴスペラーズやTRY-TONEが居たりして。


かく言う俺らはそのどちらにも属さない(俺個人は東京血統の枝の枝)。





決してアカペラを冒涜しているつもりはないし、愛しているのだけど、

だからこそ他の誰とも違う自分たちの音を確立してやろうと定石や常識を蹴散らしているアウトロー集団。



わかりますかね。


本家の土地で、現地の革新派と他所者の破壊主義が手を取る感じ。


ワクワクするしニヤニヤしてるけど、奥底ではお互いバチバチしてる。


そんな感じ。

たまらんでしょ。





伝わらなかった人は、アレだ、ごめんなさい。笑




とにかく、セミファイナルが「神戸でパーマンと2マン」って決まった瞬間から、

俺はもう、気が気じゃなかったんです。笑



いざ当日、言っても俺はパーマン大好きなので(笑)

リハーサルから目と耳をパラボラにして見てた。




彼らには彼らの音がある。

緻密で繊細だけど、それ自体が目的ではない。

手段として、何かを届ける道具としての「音」の仕事を全うしている。


そこにあるのは母のような優しさであり、友と居るような心強さ。

その奥にあるのは、誰にも平等に降る不条理な「絶望」だ。

だからこそ、彼らの音は希望に満ちている。ねえ、夜中だから変なテンションだよ俺。



羨ましいな、と少し思った。


例え描く対象が彼らと同じでも、僕らが彩るのは葛藤と怒りだ。

だからこそ、僕らは肯定をやめてはいけないな、と強く思う。


Permanent Fishの歌を聴いて、改めて思った。






本番のことは正直、あまり覚えていない。(笑)



ただ、映像資料を見る限り、音を発するという自分の仕事に、必死に向き合ったんだと思う。



結果が良かったかどうかは俺が決めることじゃない。

強いて言えば、楽しかったのと4回脚が攣ったのは覚えてる。



アカペラがどうとか、そんなのは逆にどうでもよかったんだろうな。


音を出してるのは自分だっていう、喜びが常にあった。



神戸という街で、Permanent Fishとのライブという状況だったからこそ、そう思ったのだと思う。


この感覚は忘れたくない。

だから俺はパーマンに感謝してる。


本当にありがとう。




そしてそれを見届けてくれた皆さん。




本当にありがとう。






いけね、タケシさんとSex machine歌ったこととか触れてねえ。笑




まあ、それは他のメンバーが書くでしょ、多分。






いい神戸でした。



早くまたヤりてえなぁ。






そんな訳で三連戦を終え、

非常にテンションの上がった男達は、夜中の高速を走り東京へ帰ったのでした。


俺は運転できないから応援担当だけどね!



楽しい週末でした。





とりあえず、以上。







けい

こんばんは。



僕です。





作業してたんですが、パソコンに顔突っ込んで寝てました。


やり直しです。笑





さて先日、土曜日。


Flick The Switch!ツアーの大阪公演でした。




大阪という土地には特別な想いが、

あったりなかったりします。



まず、僕がJARNZΩになる直前、サポートとして初めて行った遠征先が大阪でした。

その後にもツアーで行ったりしたけど、どういう訳か、悲しい思い出の多い大阪。

もちろん楽しいことも沢山あったんだけどね。

ライブやJARNZΩに関しては、こと辛かった思い出が強くこびり付いてる大阪でした。
僕にとってはね。



で、今回のツアーで乗り込んだ、hillsパン工場もまた、

僕にとっては辛い思い出の現場だったりしました。




だからどうしてもいい思い出作りたかったんです。


東京から仲間と一緒に乗り込んだ、今回の大阪。





トップバッターを飾ってくれたCLOWN'S CROWNさん。初めての共演でした。

さすが大阪人というか、人を喜ばせようっていうエネルギーを猛烈に感じるステージでしたね。

ボーカルグループとしてのジャンルは、うちと少し違うけど、やっぱり勝手に仲間意識が湧くもので。

ああいうのやってみたいなぁ、と思ってた時期があったりするんです僕。

恐らく自分には不向きだとは思うんだけど。笑

自分が出来ないことをやってる人って本当に尊敬する。



そして遊吟。

JARNZΩとの出会いは古くて、実は今回僕個人としては、遊吟と会うのは初めましてでした。

2人とも爽やかなお兄さんでした。

歌や音に対しての愛を感じる人達ですね。

そうだそうだ、音を楽しむのが音楽だ。
って、強く思いました。何ででしょうね。

一気に憧れの先輩になりました。会えてよかった。



そしてSissy。
直前まで楽屋で俺らと話してくれて、ステージでも俺らのこと話してくれて。

それ見てたら、なんだかツアーのファイナルみたいな気持ちになってしまいました。笑

今年はSissyと一層仲良くなれそうな気がします。




さて僕らのライブは、とにかく今の僕らを全部置いてこよう!ってな気持ちで、

攻めの姿勢で臨んだライブでした。


皆さんがどう思ったかは皆さんにしかわからない事だけどさ、

俺は楽しかったよ。笑


却って初めて大阪で「自分こういうモンです!」って演奏ができた気がする。

いい思い出出来てよかったよ。



また行きたいなぁ。

やっぱ色んなとこにJARNZΩ撒きたいよ。

ツアーっていいなぁ。





そう思った大阪でした。



ヘトヘトで宿泊先に戻り、次の日の神戸に想いを馳せつつ眠りについたのでした。





また次回。





けい

↑このページのトップへ