伊東歌詞太郎です!


月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。
というわけで、気が付いたらなんとブログ更新1か月が経過しておりました!

2月28日にブログ毎日更新を決めてから本日3月28日まで、 
毎日更新、約束を破らずにできてほっとしてます。


とはいえ、2月は28日までしかないから、実質0.94か月しか経ってないじゃん!
と思っちゃったけど、そのへん曖昧にしておいたほうがこれからも更新できる気がする。


朝一で北海道から帰ってきたら、
みみとぽんがびっくりしてました。

「歌詞太郎なんでこんなに早い時間にー?」

って顔で迎えてくれました。
お前たちにも北海道の魚を食べさせてあげたかったぞと思った。

 
あるバンドの友達が、新しいMVができたから見てよ!
と連絡をくれました。 
youtubeに投稿されたもので、めっちゃかっこよかった。
いい音楽には本当に刺激を受ける。
僕は早く、「ほんとうの歌」が歌いたいなって今日も強く思った。


関連動画って、横に出てくるじゃないですか。
そこに、また別のあるバンドのMVが出てたんです。


彼らとはかなり前に数回会ったことがあった。
いわゆる対バンってやつで、 
普通のブッキングライブではなく、詳しくは言えないけど、
なんていうかこう、大きなイベントでの共演が何度かあったんです。

去年、活動休止したことは知っていました。
ラストライブ、めっちゃ行きたかったんだよなー。
僕もその日ライブだったからいけなかったけど。

ごめんよ、具体名が出せなくて!
具体名出さないままこういう話を書くと、読んでる側が感情移入しにくそうなんだけど、
この気持ちをテキストに残したくなってしまったのさ(笑)!


彼らはほんとにみんないいやつだった。
優しかった。


関連動画から超久しぶりにそのバンドの音源を聞いたんです。
一生懸命で優しかった。
ボーカルの方が歌詞を書いているんだけど、
やっぱり優しい歌詞だった。優しい歌声だった。

人柄が表れるのが歌詞だよ。やっぱりそうなんだよ。

音楽にとって、特に歌モノにとって、
歌詞はとっても大切な柱です。

それって当たり前すぎてほとんどの人が口にしないし、
当たり前すぎて気づいてないのかもしれない。
「その曲、その音楽」が語られるときに、細かいギミックを語りたがる。
なぜなんだろう。

僕は彼らの曲を聞いて、こんなことを考えてしまうくらい、
胸にその曲が染み入った。

いい曲だった。
二度と聞くことはできないって思うとこれ書いてても胸が苦しくなる。

そんなことを感じてる僕もバンド解散させてるから、
もう二度とできない曲を作ってしまっている。


僕のバンドはお客さんがライブしたら10人くらい来てくれる規模、
つまりは日本中に数あるバンドの、ごく平均的な動員数だった。

去年活動休止した彼らは、
当時で1回のライブで50人くらいお客さんが来ていたように見えた。
バンドの平均的な動員数の10人を大幅に超える、人気バンドだった。

僕ははっきりと彼らを覚えてるけど、
彼らは僕のことは忘れてるんじゃないかなー?

だって当時と

名前が違う
体つきも違う
顔も違う
性別も違う

違いだらけで識別できませんよ。


いろんなことを端折って表現すると、
続けることが一番大切なんだなって思った。


バンドのファンの意見の中に、

「応援してるバンドがいつ解散するのかわからないから、
 行けるライブはなるべくすべて目に焼き付けておきたい」

というものをよく聞きます。
僕がいただくお手紙にも、そのことが書いてあったりします。


ここで言わせてくれ!
絶対に大丈夫だから。 
だって歌詞太郎はバンドじゃないしー!

伊東歌詞太郎は僕しかいないんだから解散なんてしない。

死ぬまで歌をうたい続ける。本気でそう思って生きてます。
そのためには、同じ場所にとどまって成長と前進をやめたらいけない。


いつまでもここにはいない、忘れない限り前に進めるさ。
 
(本日の記事はいくつかフライングエイプリルフールかましました。)

伊東歌詞太郎です!



本日は札幌にてライブを終えて、先ほどホテルに戻って手紙を読み漁ってます!!
いつもありがとう。

こちらまだ雪残ってるけど、今日は本当に快晴で気持ちの良い1日でした!!
東京よりも暖かかった気がする。
朝出て来たんだけど東京、雪降ってたからね…?三寒四温とはまさに今のこと。

春に向かって来てるなー。

こんな時間になってしまった!
手短に北海道の驚きを伝えますと、コンビニで買ったこの天然水、東京で買えるどの天然水とも明らかに味が違う。

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6631.JPG

甘い、明らかに水の甘みを感じる。
北海道は水もうまいのか…!

書いていて思ったけど、東京よりも水が美味しいところは日本にめっちゃいっぱいありそうだね(笑)?

明日もハチャメチャに早いのでここまでにしておきます!
いただいたお手紙、読み切って眠ります。

また明日ブログでね!

伊東歌詞太郎です!



いやー、熱い放送だった。今週のぼくラジ。
明日の放送もあるから詳しく言えないけど、熱いよ。
明日放送のエリアの人は聞いたほうがいいよー!

radikoプレミアムで聞いてくれてるあなたもありがとう。 
おかげさまで今日も今とても明るくて幸せな気持ちでいます。
両ひざにはみみとぽんがいるし。
こんなに平和な家でブログ書いてます。今日も遅くなってごめん。


なんだか最近思うのは、
音楽やることが当たり前の日常になってきてるので、
なんだかそれをお伝えすることが少なくなってきてる気がします。

以前であれば隅田川で曲作っても、多摩川で曲作っても、
宮下公園で歌詞書いても、終わったらツイートとかしてたんですが、
ふと毎日それをやってることに気が付いてしまい、
息をすることを報告してるような、難しい気持ちになったことがありました。

楽しさは変わらないけど、
なんかやったことを言うことに対して気恥ずかしさを感じるようになってきた気がします。

ちなみに今日は朝起きて、ずっと曲作りしてました。
これは近頃ずっと当たり前にやってることなので、言わなくなっちゃったなー。
3年前も毎日曲作りしてることは変わらないのに、
これあんあまりいい変化じゃないような気がしてる...?


毎日ブログを書くといいことがいくつかあって、
その中の一つに、毎日その日の自分と向き合うことができるというのがあるなと感じます。

ブログ書くためには、今日自分が何をなしたか、朝から思い出します。
その中から書けるお話を広げていくことになるんですが、
自分と向き合ういい時間になってる。

そこで気づいた上記のこと。 
毎日書くのは1か月限定でそろそろその期間も終わっちゃうのですが、
僕はここで出来上がったコミュニケーションが大切に思ってるし、
書かなくなったらもっと僕は音楽やってることとか伝えなくなってしまうのではないかと思うと、
毎日ではないにせよ、精いっぱい更新したいです。

頑張れば毎日って意外といけちゃってるからね!
このまま毎日やれちゃうかな??


そんなわけで、もうひと頑張りしてきます!
聞いてもらいたい曲がある。どれも完成間近。
ゆっくりなペースかもしれないけど順番に発表されます。

もし聞いてくれたら本当にうれしいです! 

↑このページのトップへ