東京は雨。
雨は傘をさせば濡れるのをしのげる。

時に無防備になって
今あるすべてを受け入れるのも面白いかもしれない。

何もない空間に石を投げても返ってこないような、
先行きも宛もない時間。

その不確かさをそれごと受け入れることも。
人生は思ったより順風満帆ではない。

沈みかけた船に乗り合わせても、
さてこんな姿でどこまで進んでいけるのやらと、
腕を組んで大海原に挑んでいる風景を胸に持っていたいのよね。

IMG_4633.JPG


 


_T3A3314


「YES」という言葉は
なんだか縦にも横にも
受け入れが広い意味を持つけれど
これほど個人の領域、意識の幅がある言葉はない。
私はすぐに「いいですよ」「了解」と言わない。
(正確には言わないようにしてるの、、)

仕事においてベクトルは同じところに置いていても
頑張ってフレンドリーになることはないと思うの。
作業上、相互理解をすることはしても、
心の距離を縮めることはないと思う。
そんなことをしなくても事は進んでいくのだし、
そんな余計なことがかえって
面倒なことを生み出すこともあるでしょう?

私はとりあえず「NO、、」と言っておく。
それで少しずつ、相手に「YES」のピースを渡しておく。
そうやっていくと「なんだ、結局YESじゃないか」って
ことになったとしても、それはもう景色が違う。
風が右から吹いてくるのか、左からくるのか、
それだけでも違いますからね。
そうやって自分の中に引き込んでしまうと
見内は言いますが、、笑


↑このページのトップへ