I Don't Like Mondays 公式ブログ

オシャレな女の子を踊らせる為、2012 年、表参道でバンドを結成。合言葉は「BE PLAY BOY」 ※ 尚、月曜日はバンドの定休日とさせて頂きます。月曜日が祝日の場合は翌日に振り替え。

なぜ俺が金髪なのか

 


多分俺が一番似合うから。

 


とか言いたいところなのだが 

そんな事はなく、

 


外国人のようになりたかった。



けどなれなく、、、、

 

 
 

初めはなんとなくバンドに一人くらい

 

 金髪のやつがいた方がいいんじゃない。

 

とりあえず謙二がやればいいんでない?

 

 

という軽いノリで、

 

 

始まってしまい、

 

なんだかんだで

 

2年くらい

 

髪の毛を拷問しながら

 

今の金髪というスタイルを維持している。

 

 

髪様ごめんなさい。

 

 

 

 

初めは違和感しかなかったし、

 

あんまり好きになれなかったけど、

 

なんだかんだで今はとてもしっくりきてるし、

 

今のスタイルが今までで一番好きだと思えているし、

 

昔より金髪が洗練されてきてると思う。笑

 

 

 

 

自分にはコレは絶対合わないなって、

 

思っているそこのあなた!

 

 

実は自分が思い込んでいるだけで、

 

そうでない可能性も充分にあり得る。

 

自分一人で勝手に決めつけ過ぎずに、

 

色んな人の意見を聞きましょう。

 

そして実行してみよう。

 

 

そこにはきっと

 
 

色々なヒントが眠ってるよ。

 

 

きっと。。

 



 1463989488005

Kenji

突然ですが、洋楽ってみなさん聴きますか?

IDon't Like Mondays.のリスナーの皆さんは洋楽聴く人結構いると思うんですけど、中には歌詞がわからないからあんまり聴かないっていう人もいると思うんです。


僕は中学時代にハードロックと呼ばれるジャンルに目覚めてから、ひたすら洋楽ばかり聴いてたんですけど、最近”ある一曲”のおかげで聴き方が少し変わったんです。


今僕らはほとんど毎日のように曲作りしてるんですが、それが捗らなかった日の帰りに、iPodからbryan adamsの「18 till I die」という曲が流れてきました。

これは高校生の頃にCDショップで出会った曲なんですが当時の僕には、

”よくあるアメリカンロック”という認識で全く響きませんでした。

懐かしい気持ちのせいか、
結構真剣に聴き込んでいると、当時は聴こえてなかった音や、歌い方のニュアンスや、ギターなどなど、
聴いているうちに終わってしまったので、

せっかくなら和訳も見ながらもう一回聴いてみると、なんだか妙に元気が湧いてきました。

特に、サビの
”It sure feels good to be alive”
”someday I'll be 18 goin on 55”


『生きるって素晴らしいだろう
いつか55歳になったって18歳さ。』


という、、まあ日本語で言われても


ふーん。


となりがちな言葉も

西海岸のカラッとしたアメリカンロックのサウンドに、30代後半でもバリバリのロック少年のブライアンの声で歌われる

1人の人間の悩みなどはちっぽけなものだとか妙に前向きになったりしてきまして。

色々考えた結果、
英語という異なる言語だからこそ、伝わるものもあるんじゃないか、という気がしました!
(これがフランス語とかなら、また聴こえ方も違うだろうけど)


日本の曲しか聴かないっていう方や
洋楽にも興味はあるけど、ちょっと…
という方も、
充分に洋楽を聴いている方も
世界の素晴らしい音楽をもっと貪欲に聴いてもらえたら嬉しいです!!


次の新曲は、夏にぴったりのアッパーチューンになりそうだよ。

お楽しみに!

choji

1463388644706


あなたが今この瞬間このブログを読むことが

 

あなたが産まれた瞬間から、

 

どころか、

 

遥か昔、この宇宙が誕生したビッグバンの瞬間から決まっていたのである。

 

とか言われて、んな馬鹿な!と思うかもしれない。

 

しかし、その「んな馬鹿な!?」という考えも、「んなのありえねーよウンコ!」という考えがうまれるのも、それすら実は決まっているのである。笑

 

 

 

宇宙をビリヤード台に例えると分かり易い。

 

僕が1番初めのブレイクショットで白い球を打つ。白い球は一つの球にぶつかり、そして他の球たちと複雑にぶつかり合い時には壁にもぶつかり、

 

ぶつかり、カン、カン、

そして、数秒後にコロコロコロと

左手前のポケットに例えば7の球が落ちるとしよう。

 

では、この7の球はいつ、左手前のポケットの入ることが決まったのだろう。

 

それは、1番初めに僕が白い球を打つブレイクショットの瞬間である。

 

そこで全ての球の動きは決まったのだ。

 

そこで決まっていなければ寧ろおかしな事になる。途中で、ぶつかったのに、ぶつかってない。とか、ぶつかっていないのに、ぶつかったとかはあり得ない。

 

そんなことが起きたら、そもそもビリヤードはビリヤードではなくなってしまうし、果てしなくつまんないゲームになってしまう。

 

つまり、ビリヤードでいう、そのブレイクショットが宇宙でいうビッグバンである。

  

 

まあ、こんな事から、宇宙誕生の瞬間から全てが決まってるのである。

 

今この瞬間、貴方がここまでこのブログを読むということも決まっていた。(^^)ニコ

 

 

まあ、こんな話をすると、なんだ人生ちょーつまんないじゃん!って思う人、じゃあ生きる意味あるの?!と思う人、なんかやる気なくしたわーという人もいるだろう。

 

そんな決まった人生つまんないじゃん!と思う人のために、一つ少しいいことを教えよう。

 

 

それは、宇宙は一つではないということ。だ。

 

沢山あるのだ。笑

 

どれぐらい沢山かというと。

 

無限に。  

 

これは既に多くの学者たちが、これをマルチバース理論(多宇宙論)としてあげてる。←まあ詳しくは自分で調べてくれ。

 

 

可能性という可能性、全てのパターンの宇宙が存在しているのだ。

 

そしてそれらは全て同時に存在している。

 

これが、みんな大好きパラレルワールド!笑 

 

パラレルワールドについての解釈は様々であるが、現実点での僕の解釈をもとに、言うならば、

 

あなたが今この瞬間、

ニヤニヤしながらこのブログを読んでる宇宙もあれば、真顔で読んでる宇宙もあれば、鼻クソほじりながら読んでる宇宙もあれば、ほじった鼻クソを食ってる宇宙もあれば、食おうとしたけど、プライドが許さなくて食うのを断念した宇宙もある。

 

そしてそれらが全てのパターンが同時に存在しているということである。下品でごめんね。

 

まあ、そこまでは、知ってる人も多いかと。  

 

ただその先が重要なのである。

 

実は、毎瞬間、毎瞬間、次の自分がどの宇宙で存在したいかは自分自身で決められるのだ。

 

驚きの真実!笑

 

(まあ、ここまでで頭の中???という人もいるかもしれないけど、まあボーと読んでくれ。)

 

つまり、次の瞬間から、どーゆー宇宙に存在したいか、言い換えれば、どーゆー自分(またはどーゆー世界における自分)を選択するかは自分で決められるということ。

 

よって人生は自分の選択してきたことしか起こりえないと同時に、自分が望んだことしか起こりえないということ。実はこれまでも気付かぬうちに自分で決めてきたのだ。

 

全然思い通りなもんか!鼻毛!と思っても、今のあなたは心の底で望んで選択した自分なのである。   

 

大抵の場合、意識の表面上ではなく深層部での望みであるから、自分では望んでないと感じてしまうが。

 

まーよーするに、宇宙を単体でみると最初から最後まで決まってるが、そんな宇宙がありとあらゆるパターンあるなら、しかも自分の意思で行き来できるのであるなら、

 

決まってるけど、自由である。

ということになる。

 

重要なのは、あすの自分がどうでありたいか。

そして、今どうありたいのか?

 

今から自分で選べばいい。

 

つまり、昨日までの自分にしがみつく必要はない。

 

 

 

さてと。

おれは可愛い子探してくるね

チャオ。

 

注)このブログで、紹介した内容が真実であるかどうかの保証は、まるでありません。あくまでも僕が女の子を口説く時に話す話を掻い摘んでご紹介してるだけです。( ^ω^ )

 

 

 1462784492677

↑このページのトップへ