月別アーカイブ / 2015年05月

さて先日は久々の都内ライブでした
下北沢シェルター、やっぱり気持ちの良いハコだなぁ

この日はいつものセッティングと若干違い
普段使用している
ヴォーカルエフェクター及びDrのトリガー音源スネアのパッドを減らしたセッティングで行った
当日お気づきの方はいただろうか

目的はセッティングの遅延による時間超過の回避とトラブル等を未然に防ぐ為だったりする

ライブのタイムテーブル等によって危険を感じた場合、その場での変更をしたりもする

ヴォーカルエフェクターは俺のマイクに仕込んであり
イコライザー、ショートディレイを掛けてある
基本常にエフェクトは掛けっぱなしで、曲によってエフェクトを変えたりもする

Drはパッドで叩く事によって音源の電子的なスネアを出す、今のスカボロのライブサウンドのキモになっている効果である

まあとにかくも今のスカボロは機材も複雑かつ大量なのだ

この二つの効果を最大に発揮しているのが

マーチのベースを大きくフィーチャリングし、裏タイトル
「フルーツマーチ」
との誉れ高い

「X fruit」である

この曲はキックもパッド、スネアもパッドによる電子の音のみで生の音が聴こえてこない
歌も当然エフェクト入れまくりで無機質な雰囲気を作り出しているのだが

当日は変更により
キックもスネアも生+音源のほう
歌も生音声で行った
Dメロのところは普段声にファズを掛けて歪ませているのだが
今回は生声の為、いつもの4%増しに張り上げ、声を歪ませた

セッティングを減らす事はやもすると、単純に手を抜いた簡易な方法、とも思われがちだが
いつものライブとも違う「生々しいライブ」を作る効果がある

よって先日のシェルターは、より生々しいスカボロの迫力を前面に出したライブが出来たと思われる

「X フルーツ」も生々しい演奏によって

「生Xフルーツ」という生グレープフルーツサワーのようなプチ高級感すら漂う響きである

しかし、よくよく考えてみたらこの曲の生バージョンなんて
今までリハでもやってみたことなかったな・・・うん・・気が付かなかった


さて久々の都内のライブをやったと思ったら
明日は代官山でライブである

代官山・・俺にはなかなか縁の無い地域であるが初なので楽しみである

皆さんも「山ガール山ボーイ」となっておいで頂きたい

私はというと完全なる「海」派であるが。



さてGWも終わりですな。

とはいえだからと言って私は何処へと行った訳でも無く全く変わらない日常を送っていた訳ですが

連休となると危なっかしい運転の車が多くなって嫌なのだ

年間2万キロ近く自分の車で走り、かつ機材車で全国走りまくる中、多分今無事故無違反で5年目に入っているような気がする

正確には憶えておらんが

免許を取得以来、最も念願のゴールド免許に近い位置にいるのだ

休みの日だけ運転、とかペーパーとかでは無く、下駄がわりに車を使っていてのゴールドは本物であろう

正にリアルゴールドである

と書くと安っぽい栄養ドリンクみたいだがまあよい

危なっかしい車よ、俺の栄光の邪魔をしないで頂きたい

連休中に走っていると、地元の通しか普段使用しないマニアックな道に素人が紛れ込んで来たりする

一台しか通れない長い細い道で、対向車が入ったら通り過ぎるまで待つ、という暗黙のルールを破り突入してきて、挙句道の大混乱を招く

また意味の解らんクラクションを鳴らす奴がいたりする。

思わず車を降りて何のメッセージだったのか聞いてみたくなったりする

「Scars Borough今日ライブですよね、行きますよ!」

とかの意味ならとても嬉しいメッセージだが、そんなことでも無いのだろう

先日、GW中の名古屋日帰りライブを行なって来たのだが、行きの横浜町田付近で事故渋滞が起きた

隣の車線のイカしたスポーツカーがクラクションをパーパー鳴らしながら前を詰めてた

誰が見ても渋滞で動かないのは解るのに


うんこでも漏れそうだったのか

或いはただのチンカス野郎なのか

高速道路では前に入ってきて前走車の車間距離を詰めつつもパカパカとビビリブレーキを踏む奴が出る

車間距離を保て
ブレーキを踏むな

お前みたいな奴が自然渋滞を作るんじゃ

名古屋の戻りでやはり渋滞に当たった

ノロノロと進みつつ、我々が月の満ち欠けと人間のバイオリズムの関係性を話し合っていたとき、隣の車線の黄色いアクアの車内から

「オッパーイ!オッパーイ!!」

と絶叫が聴こえてきた

これも満月による人体の影響なのだろうか。

事故率の高さもわからんでも無い気がした。


↑このページのトップへ