さて夏も終わり

というかあんな暑い日々はひたすら屋内で仕事しまくるのが正解、という感じで制作作業するのみであった

第2クールも来月半ばには完了予定で、今は第3クールに向けての曲書きも同時進行中

早くも年内からの逆算で慌ただしく、既に心は年末だったりする

春に構想を描いていた、ライブでのギターサウンドの新セッティング案も、年明け以降に試し始める感じになりそうだ

何と先の話であろうか

現実はまだ9月、か

しかし一年の長いタームの中でライブと共に制作を続けていると、また新しい扉を発見して楽しいのである

歩んできたロックミュージックの中にまた進化出来るものを見つけられるのが嬉しくてたまらないのだ

苦しみは伴うものだが、充実もしている、というのは幸せな事であろう

さていよいよ22日は下北沢でWho the Bitchとのツーマンライブである

当日はスペシャルなイベントとなろう夜なので是非御期待あれ