ご無沙汰ではありますがさて6月に入りましたな

我々スカボロは現在ツアー中

本日は水戸、明日は甲府、そして翌日からレコーディング

いよいよ怒涛のスケジュールの始まりである

そんな日々に備えてピックを1000枚程新しく用意しましたのよ

新調したという割りには前回の物と見た目は殆ど変わらず

地味に一カ所だけ変えましたわ

1000枚というと使い切るのに相当掛かりそうなイメージではあるが、意外とそうでもない

リハやステージで弾けばすぐガリガリ君になるし、へたすりゃ日に10枚位ボロボロにしたりする

また脱衣所やソファーを動かしたりすると現れる

車のシートの下やカバンのポケットからも出てきたりする

ゴキブリのごとくそこかしこに現れたりするが、私はゴキブリは大嫌いである

ましてやゴキブリは全然出てきていない

故に俺のピックはゴキブリ以上のワラワラ具合である

ゴキブリ並みに繁殖してくれれば有り難いのだか、あいにく奴は無機物、業者に発注するしか手は無いのが現状ではある

まあよい

話は変わるが、手巻き煙草の話である

もうピックのピの字も出てこない

私は主にMANITOUのバージニアブルーとバージニアゴールドをブレンドして吸っているのだが、何となく季節で味わいが違うように感じる

考えてみれば植物でしかも無添加無香料だから当然といえば当然か

夏期のそれはシャグの香りが匂い立ち、手で揉みほぐすと、ちょっとベタつく感じ

この時期のシャグは「う〜む、何と素晴らしい味だろう」と感動する

冬季は全体的にパサついた印象、匂いもしてこない

味は普通

昨日、新しいシャグを開けてみた

懐かしい匂いがほのかに感じられた

うむ、旬の夏は確実に近づいてきてるな。