昨日は沢山の方々に来て頂き、本当にありがとうございました

ウチらとしては、何時もと変わらず緊張感と高揚感を表現すべくのステージを目指して、非常に気持ち良いライブが出来たと思ってます

スカボロらしい区切りの付け方だったんじゃないかな

さてこれからの予定は未定なので

当分の間は全国の漁港がステージだ、と言わんべくエギンガーとしての表現をしていく事になろうと思います

ライブ〔釣果〕
ツアー〔遠征釣行〕
の告知を行います

もちろんリリースもあります

釣り人はマナーが大事ですから


てな感じでこれからも宜しく

昨日、盟友ロンドンラッツ。からメッセージ付きのお酒を貰いました

本当にいつもほっこりとした気持ちにさせられます。


さて昨日は渋谷ミルキーウェイでライブでした

来てくれた皆様どうもありがとう

疾走系ライブで楽しめました

いよいよ残すは3月のラスト一本か、早いなぁ

一ヶ月以上空くから鈍らないようにしなくては



こんな時だから良い機会、と現在ある機材のチェックとメンテをしよう、と思い

久々に広げてみると出るは出るは

ケースに入れっぱなしの懐かしく古いギターとか、こんなのどういう経緯であるのかわからんギターとか、あるはずのフレットレスベースがなかったりとか、まあよい

エフェクト関係や録音機材もワラワラ出現してきて、そういや目の前にあるデカい卓とか巨大なオープンリールのレコーダーも今や全く使用せずの骨董品である

protools使う前はこの卓とA–DATを使っていたなあ、などと感慨に浸りつつも飽和状態のこの部屋にただ立ち尽くすばかりだ

まずはビンテージからメンテナンスだな、と地味な作業を開始中

こんな作業始めちゃっていつ片付くのだろう、とちと不安な夜更けではある。

昨日は@渋谷チェルシーホテル「ACOUSTIC BUMP SHOW」に「KYOKO&本郷」のアコースティックセットでの出演をさせて頂きました

最高に楽しい夜でしたな

-0
.Clack
Flower in a shelter
Remove
パンプルムース
These days(カバー)
X-fruit
Papapa
エネルギヤ(カバー)
Move over(カバー)

普段はステージの立ち位置が上手なんだけど

演奏中アイコンタクトしやすいように下手にセット

ギターのネック側を向きつつ振り向かずに済む

何だかこの立ち位置も新鮮

キョーコと二人でのアコースティックは初めてだった訳だけど

普段のバンドサウンドと違って最小限のサウンドの構成ゆえ

歌本来がストレートに伝わっていいね

ステージを降りて、二人して達成感を感じつつ

あ~もう終わっちゃったんだねぇ、と

10曲もやったのにあっという間だったな

アコースティック、いいですな

トップの出演だったので、その後ビールを飲みながら

二人のステージを堪能

思えばチェルシーでお酒を飲んだのは

スカボロ初ツアーファイナルの打ち上げ以来だわ


さわお君、yokoちゃん

誘ってくれてありがとうございました!


 

↑このページのトップへ