さて先日取り掛かっていたプログラムが終了、明日のマスタリングを待つのみとなり、春からドーっと続いていた日々からひと段落つきました

早速ご褒美のリフレッシュにと海へ

春の親イカシーズンはもう終わり時期ではあるが、そんな事はどうでもいい
思いっきりロッドをぶん投げて思いっきりシャクれればそれだけでストレス解消になるのだ

釣り場へ到着すると誰も居ない

流石にシーズン終了となると、エギンガーもヤエンのおっちゃんも皆無か

大潮の夕マヅメ満潮前後の狙いだったが、潮が流れていない

なーんも反応が無いままひたすら投げてはシャクる

まぁこれはこれでいい運動ではある

3時間経ち、もういい加減帰ろうかなーと思った頃、潮が動き出しエギに引き重り感が出たので集中力を回復し追い風に乗せて60m程遠投

スラッグジャーク×2
高速2段シャクリ
ハイピッチショートジャーク×4
カーブフォール

ドスン!と乗ってキツめのドラグが走る

やっと来たかー!と無事ギャフ打ち

ぱっと見た目は念願の2kg超え
遂に1.9kgからの記録更新かー!と思ったが帰りに計測したらまさかの1.8kg

今年も記録更新ならず、か

いや、この夏あと一回チャレンジしたる。

ご無沙汰しております
私は相変わらず元気に過ごしております

というのは少し嘘で
ウィルス性胃腸炎でぶっ倒れてました

全身の痛みと共に熱が39度まで上がり
腹痛にやられ
熱が下がったと思ったら今度は頭痛が押し寄せ
今日やっとまともに歩けるようになりました

確かいつぞやのスカボロのツアー直前にもこれになって
ヒヤヒヤした事があったわ

うーん今回は何が原因だったんだろう
あの二枚貝の仕業なのだろうか・・?
いや全く散々な5日間でした

さて仕事の方は
作詞を担当していたプログラムが無事終了
全8曲書き上げ完パケしました

今回の作詞作業で
自分の中で改めて
「作詞とは」とか色々な事を再確認出来たというか
また進化できた感があって有意義だったな

本音を言うと作詞は大嫌いである
だって苦しいんだもの

ギターを持って何か口ずさんでいれば
何がしかメロディが生まれるのと違って
作詞って唸っているだけで何も出てこないし
テーマを見つけるまでが本当に苦しい

自分の闇の中にあるドロドロとした内蔵を引っこ抜いてくる

そんな作業な気がする

だけど嫌い嫌いといいながら
ずっとその作業に没頭し続ける日々になると
不思議とこのペースならずっと作れる気になってくる
今完全に作詞脳になっているからなんだろう

しかしひとたびストップすれば
次にやるときにはまた
嫌い嫌い辛いから
に戻るのだ

しゃーない

さて現在残るは
もう一つのRecプログラムのみ
そこに全力を注ぎつつ
新しいプロジェクトへの準備に取り掛かるのである

という時のウィルス性なんちゃらなのであった
全く無駄な時間だったぜ

願わくば後々意味のあるものであるならいい
ああ、あの時あの病気に掛かっていて良かったよ
そう言えるのなら私は納得しよう

しかし例えばどんなシチュエーションじゃ、それ?

ああ、はやくカレーを食べたい。

暑いですな

さて私は相変わらず歌詞歌詞詞詞死という日々プラス別プログラムも入ってきて賑やかな人生を送っています

しかし良い加減精神的に煮詰まって来て、ちょっとこれはリフレッシュして頭を一回クリアにし無いと駄目だな、と

こういう時は母なる海へと抱かれるのが一番である

というわけで先週南伊豆まで行ってきました

車をひた走らせ各港を回るも平日なのに人だらけ

こいつら詞も書いてい無いくせにふざけた野郎達だぜ

わざわざ人だらけの中でやる気も起きず、ウロウロ

するととあるひなびた漁港は釣り人ゼロ

目の前は青々とした海と空

これだよこれ

思いっきりのフルキャスト、ビシバシアクションを入れラインに集中

数投目で足元近くまでエギが戻ってきたのを目視していると、デカイカがピューとチェイスして来た

抱け抱け、とエギをフリーフォールさせたら引ったくっていったのを確認

思いっきりアワセを入れて、ドラグが持って行かれる引きを堪能しながらランディング

サイトエギングで1.1kgのオスアオリゲッチュ


この日は2時間で3杯、うち1匹はメスなのでリリース

上出来な1日であった

クーラーが重ければ重い程アングラーの帰りの足取りは軽く
クーラーが軽ければ軽い程アングラーの足取りは重いものである

軽い足取りとなった私はその勢いで難航してた曲の歌詞を仕上げられましたとさ

めでたしめでたし。

↑このページのトップへ