もう11月ですか、早いねぇ


今年があと2ヶ月というのが信じられない

気分的にはまだ初夏位なのだが

いや流石にそりゃ無いな


今年はスカボロ活動休止後

色々なアーティストとの制作に関わらせて貰った

とはいえ制作のスタッフという訳でもなく

一緒に考えたり悩んだりとか

いちバンドマンとしての視点で携わる事位しか出来ないのだが


若いバンドと仕事をしていると

教えてる事よりむしろこっちが勉強させて貰っている事が多い

改めて自分で再認識する事柄とか

今まで素通りしてきた音楽に出会ったり

はたまた「こいつ良い曲つくりやがったな」

と軽く嫉妬したり


凄く刺激を貰って楽しい日々を送らせて貰ってます

だから余計に今年は早く感じているのかもな


そんな中で自分の中に沸き上がるフツフツとしたもの

今までとも違う、新しい視点での自分の音楽を作りたい

などとフツフツってたりしてます


しかし最近遊びに行ってもいないし

長距離夜走りもしてないなー

ロードに出てないからそりゃそうだが


無駄に新東名でも疾走してやろうかしらん。


さて本日11月2日に

ヴォーカルグループ「JARNZΩ」のニューアルバムが発売されました

「Flick The Switch !」全10曲

■価格:2,700円(税込)

■発売日:2016.11.02

■品番:GUJR-2005

今回、俺は全面的に作詞で参加させて頂いた入魂作です

是非聴いて下さい。



さて本日は自宅作業にてアレンジデモ制作中

毎度思う事だが歌系を入れるのが面倒くさい

打ち込み系ならパパパパンと入れてきゃいいし
ギターベースならポポポポンと弾きゃいい

歌を唄うのが面倒くさい

労力が要るし、うまくニュアンスも出さないと変だし
ましてや高音がキツくて制御するのも大変だ
高すぎて出ないなんて事もある

いや、別に俺が歌いたい訳でやってるんじゃ無いんだよ、と
録りながら心の中で弁解もしたりする

面倒くさいのでシンセの笛みたいなのでメロを入れると
スーパーでかかっているBGMみたいになるし
なにせ曲の雰囲気すら解らん

ああ面倒くさい
何ならナポリタンでも喰ってからやるかー、と
億劫になってくる
今お腹も減ったし、実際に喰ってくるとしよう



腹も満たされたし
自分の声をサンプリングする事とする

つまり
「ダーーーーー」という声を音程分録音し
サンプラーに入れて、打ち込みにするのだ
鍵盤のサンプリングみたいなもんである

以前、同様な事をやってみた事はあるのだが
「あーーー」みたいなソフトな声なのでハマらないのだ

今回はバックコーラス音で力強い音でないといけない
何種類か似たようなものを作らないといかんので
この際作ってしまおう
ただ「だーりーらー♪」にしたいが
「だーだーだー♪」になってしまうが妥協しよう
はい時間一杯です
ボチボチやるとしますか。


最後にお知らせを 

私も制作に関わらせていただいた
Brave Backのライブ会場限定シングル
本日リリースしました
メンバーは高校を卒業したばかりの10代で
パンクで熱くかっこいい作品となってます
是非ライブ会場で買って下さい
2016年10月7日(金)発売
Brave Back限定シングル
「the "HATE" e.p.」
1.シンガロン
2.愛のベーゼ
500円(tax in)
revaya Records / GURV-4002

さて引っ越しの荷物整理もままならず
作業部屋が未だ物置部屋の状態であります

もう年内に何とかなればいいや、と
ロングスパンで考えている今日この頃です

この夏、音楽制作ソフトを新たにしました
今までPro ToolsというDAWを使っていましたが
レコーディングスタジオと同じ奴に変えた方が
色々と都合いいかなーと
「Studio One」を導入

使ってみると、何といっても音が良い
懐の深い音像な気がします
Pro Toolsは平面的でカクカクした音像のイメージ
故にわかりやすい感じでもあります。
あくまで個人的なイメージです。

Studio Oneは慣れると使い勝手が良さそう
だが当然、色々とPro Toolsと使い方の違いや
ショートカットをまだまだ覚え切れていないが故
「どれだったっけ?ムキー!」となったりします

なので今日現在
エディット作業はStudio One
チャチャっとデモ等制作はPro Tools
と二段構えで使用中

まあ年内に使い慣れればいいや、と
部屋同様ロングスパンって事で

Wavesのプラグインも仕込んで
色んなエフェクトを一つ一つ試しているだけで一日が終わってしま
楽しいが、俺ごときは結局数種類程度しか使わんのだろうな


さて、俺も制作にかかわらせて貰ったアルバムがリリースされました
INKY MAPという
若く、才能を凄く感じさせるバンドで
アルバムも傑作揃いの素晴らしい出来です
是非聴いてみて下さい。
●タイトル:BLISTER ON MY FOOT
●品番:GURV-2003
●価格:¥2,500+税
●発売元:GROWING UP Inc. / revaya Records
●収録曲:
01. Knockdown Intercom
02. Escape
03. Rainy Day
04. New World
05. Mess
06. Revolt
07. Saturation
08. Over And Over
09. Drunken Driver
10. Synapse

↑このページのトップへ