月別アーカイブ / 2017年03月

2017年6月10日と11日の二日間、
平安神宮や劇場、美術館などを有し、京都が誇る文化エリアもある"岡崎"で、
京都発・ジャンルレスな音楽祭『KYOTO OKAZAKI LOOPS』が開催されます。
その中の一つのプログラムとして、
『マチネの終わりに』を聴く ー朗読会×ギターコンサートーの上演が決定しました!

自身も京都に縁がある作家・平野啓一郎、そして『マチネの終わりに』の構想段階から関わり、
『マチネの終わりに』CD及びコンサートでギターを演奏した世界的ギタリスト・福田進一氏の2名が、
今回のプログラムのために再びそろって出演します。

朗読会では、小説『マチネの終わりに』の名シーンを朗読し、
各場面に登場するギター曲も生演奏でお届けします。さらに、二名によるトークショーも。

文化に触れられる街・京都で、『マチネの終わりに』の世界を感じ、また浸ってみませんか?

<イベント情報>
KYOTO OKAZAKI LOOPS 2017
『マチネの終わりに』を聴くー朗読会×ギターコンサートー
日時:2017/6/11(日) ?18:00開場/18:30開演
場所:京都国立近代美術館 1階ロビー特設会場
(アクセスはこちら:http://www.momak.go.jp/Japanese/access.html)
出演:平野啓一郎(小説家)、福田進一(ギタリスト)
料金(税込):一般券 2,800円(当日 3,000円)
全席自由

チケット発売は2017/3/25(土) AM10:00より!!
チケット購入方法の詳細はOKAZAKI LOOPS 公式サイトへ。
ちけっとぴあ/ローソンチケット/e+等で発売しております。
http://okazaki-loops.com/tickets/

(スタッフ)

literature_01.jpg
平野啓一郎の小説『マチネの終わりに』の毎日新聞連載時の挿絵を担当し、単行本『マチネの終わりに』の装丁も手がけたデザイナー・石井正信氏の個展が千代田区のアーツ千代田3111にあるAI KOWADA GALLERYで開催されます。

テーマは「literature(文学)」。
『マチネの終わりに』への挿絵をきっかけに文学への興味を掻き立てられた石井氏が、様々な文学作品からインスピレーションを得てペンで描いた幻想的な世界が、それぞれ一枚の絵となり、飾られています。

<イベント詳細>
石井正信 個展 "literature"
会期:2017/3/18(土)-2017/3/26(日) 14:00-18:00
※会期中無休
会場:AI KOWADA GALLERY
東京都千代田区外神田6丁目11-14 アーツ千代田3331、2F

(スタッフ)

170314_k2.jpg
編集者であり『中身化する社会』『物欲なき世界』の著者でも知られる菅付雅信氏がホストを務める対談トーク・シリーズ『これからのライフ』の第8回に、平野啓一郎がトークゲストとして登壇します。

平野が掲げる<分人主義>や、これからの"文学"の行方について、菅付氏とたっぷりと語りあう2時間。
新しく始まる年度の初めに、平野と菅付氏のトークイベントで生き方や文学そのものについて一緒に考えてみませんか?

<イベント詳細>
菅付雅信連続トーク「これからのライフ」 第8回:平野啓一郎「これからの文学」
日時:2017年04月06日(木) 19:00~21:00
会場:東京・代官山蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
定員:70名(※先着順)
会費:2000円(税込)
参加申込方法:代官山蔦屋書店の店頭、お電話、オンラインストアでお申し込みできます。

*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の30分前より入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承ください。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

イベント詳細・申し込みはこちらから

(スタッフ)

↑このページのトップへ