制服向上委員会と橋本美香は沖縄の宜野湾市海浜公園野外劇場にて開催された『はごろも舞うニライカナイまつり2016』に出演する為、沖縄へ行って来ました。


喜納昌吉さん&チャンプルーズの皆さんが主催のお祭りで、多くのミュージシャンが出演されました。


沖縄で歌うのは2回目。前回はライブハウスでのワンマンライブでしたが、今回、私達の事をご存知ない方が多い中で、こうして歌う場を頂けたこと、心から感謝しております。


セットリストは

「ニッポン」
「新しい日本」
「かわってない わかってない」
「戦争と平和」


沖縄から1日も早く米軍基地がなくなる事を祈って歌いました。


最後までいられれば、沢山のアーティストさん、そして喜納昌吉さん&チャンプルーズの皆さんのステージも拝見出来たのですが、飛行機の時間もあり残念ながら先に会場を後にしました。

とても短い滞在時間でしたが、本当に素晴らしい機会を頂けたことに感謝しております。



゚・*:.。.. 。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*



空港に向かうタクシーでは洋楽がかかっている。


マドンナはよく頑張ってるよね

テイラー・スウィフトはかなり稼いでるらしいよ


と助手席に座る私に話しかけてくれる運転手さん。


私は、


洋楽がお好きなんですか?私はよくAFNを聴いてるんです

あぁあれね、新しいのから古いのまで色んなのが掛かるよね

ラジオってフルコーラスで流してくれる番組少ないですよね

ほんとにね、あれ途中で切られると頭に来るんだ


と音楽の話で盛り上がる。
私はアメリカの「音楽」は好きだ。



楽しくて空港まであっという間だった。
少し距離が縮まった運転手さん、


普天間基地は早く他に移した方が良い。
近くには学校が沢山あるから危険だ。
普段はオスプレイも飛んでいるよ。
今日は飛んでないね
日曜はいつも静かだ
基地も休みなんじゃないか?


と。


空を見上げても
一機も米軍機は飛んでいませんでした。



戦闘機が飛ばない日常をどんなに願っているだろう。



戦争をしたい人なんていないと信じています。

誰にでも母がいて、母が子を思う気持ちは世界中どこだって同じ

殺されていい命なんてない

我が子が誰かを殺す事を願っている母なんていない



そう思うのです。


平和を願う人々の想いは、
必ず、絶対、大きな力となる。


だから私は、
小さな力かもしれないけど、
平和を願い今日も歌います。



美しい砂浜。
戦争で多くの方が亡くなった砂浜。

美しい沖縄。
戦争で多くの方が犠牲になった沖縄。

そして尚今も、米軍基地という負担を背負っている沖縄。


私には分からない事も多すぎるけど、
向き合っていきたい。


また沖縄に行きたいな。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:

制服向上委員会のドキュメンタリー映画「脱原発へかけた少女たちの青春」のクラウドファンディングを行っています。ご支援ご協力の程よろしくお願い致します!


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*


橋本美香CDアルバム
〜寺山修司未発表作品を含む全17篇〜
『空からの伝言 
   もしママになろうとしていたら』

生誕80年を迎える『寺山修司』の人気は未だ絶大であるが、昭和の時代、詩、短歌、俳句、演劇、映画、評論、写真等々、また、稀代の論客として、あらゆるジャンルでその才能をいかんなく発揮した。そのパートナーとして、共に駆け抜けた『田中未知』、ミリオンセラーになった『時には母のない子のように』をはじめとして、二人のコラボレーションによる『歌』の作品は、現在も尚生まれ続けている。そして今、『田中未知』と『橋本美香』の新たな出会い。一音一句を大切に構築してゆく田中未知の繊細な歌作りの手法は、橋本美香の若々しい清らかな声を得て、寺山修司の詩に翼を与え、風にのせて人々の胸に贈りだす。未発表曲を含む楽曲集は30年の時を越えて、ここに完成した。


『グレイトフルデッドを聴きながら』


=著書=
『脱がない媚びないNOと言えるアイドル』
(ヤマハミュージックメディア)

 おはようございます


昨日は埼玉県の上福岡にて

キャンドル9フェスタ

に参加させて頂きました。


家族連れの方も多かったです(*^^*)


LOVE 

9

PEACE


平和を願い灯されたキャンドルが

とても幻想的で美しかったです


※終演後にパチリ


セットリストは

1 戦争と平和

2 学びたいのに学べない

3 Teach your children

(CSN&Y のカバー)

4 World Peace Now


そして最後は。。。


先日、

永六輔さんがお亡くなりになったこと、

坂本九さんが日航ジャンボ墜落事故で

お亡くなりになった8月12日


そんな想いで選ばせて頂いた名曲

「見上げてごらん夜の星を」を

みなさんと歌って終わりました(^-^)



実は私は何回か永六輔さんに

お手紙を送った事があります。



新作CDが完成すると

「ぜひ聴いてください」

とお手紙を添えて。



すると葉書に手書きで一言添えて

お返事をくださったのです



全国から沢山送られてくるであろう

お手紙の中の、その1通に

そうしてお返事くださった事に

感激しました




本当にありがとうございました。



どうか安らかにお眠りください



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 




8月15日は終戦の日



今年は3回も広島で歌わせて頂く機会を頂き、原爆の恐ろしさ、戦争の恐ろしさに触れました。



うまく言葉に出来ないけれど




人と人が殺し合い

罪もない人々の命を奪う戦争は

絶対にいけない。


この世から戦争がなくなりますように





私にできることからやって行きます。



さぁ今日も歌います!

お近くの方はぜひ いらしてください



2016 平和のつどい」

ずっと戦後であり続けるために 
平和の歌声に耳をすまして、
語りあおう!

日時:8月14日(日)14時〜
会場:志村コミュニティホール3階
(レクレーションホール)
東京都板橋区小豆沢1-8-1/都営三田線本蓮沼下車徒歩8分(志村図書館に併設・小豆沢病院斜め前)

参加費:300円~500円(資料代含む)
主催:「2016年平和のつどい」
実行委員会
連絡先:
日本共産党板橋宿後援会
(小林おとみ事務所)03-3962-7382

第1部 平和コンサート
橋本美香と制服向上委員会の元気が出るコンサート 

第2部 平和への私のメッセージ



こんばんは

月をまたいでしまいましたが、

5月21日〜22日にかけて広島県にて歌わせていただきました。

はじめて訪れる福山市と三次市で、なんとソロライブ。

お客様がどのくらい来てくださるのかと不安だったのですが。。。

「中学生がお友達と一緒に」
「恋人と」
「ご家族で」

といった参加者もいて、たくさんの方がご来場くださいました。

主催の方も「いつも集会をやっているけど、今日は半分くらいが、はじめての方だったなぁ」

とおっしゃっていて、とてもありがたかったです。


観に来てくださった方、本当にありがとうございました



まずはセットリストです


5月21日 広島県福山市

"5.21〜奏でよう!平和な世界、廃止しよう!戦争法〜橋本美香ライブ&トーク"

M-1「戦争と平和」
M-2「原発さえなければ」
M-3「ALIVE」
M-4「World Peace Now」
M-5「脱原発を目指して」

◎ 対談 橋本美香、奥野様  

M-6「種子」
M-7「質問」
M-8「一番高い場所」
M-9「望郷かぞえ唄」
M-10「学びたいのに学べない」
M-11「彼女が言うように」

〜アンコール〜

M-12「戦争と平和」





5月22日 広島県三次市

"~原発も戦争もいらない~平和大好き!橋本美香ライブ&トークinみよし"

M-1「戦争と平和」
M-2「原発さえなければ」
M-3「ALIVE」
M-4「World Peace Now」
M-5「脱原発を目指して」
M-6「理想と現実」

◎ 対談 橋本美香、松本みのり様

M-7「種子」
M-8「質問」
M-9「一番高い場所」
M-10「望郷かぞえ唄」
M-11「学びたいのに学べない」
M-12「彼女が言うように」

〜アンコール〜

M-13「戦争と平和」



今回、福山に観に来てくださった方の中で、私にこう言った方がいます。


『「戦争はいらない、原発はいらない」なんて、そんな当たり前の事を歌にされたって、くだらなくてひくわ。』

私は

『当たり前なことなのに、戦争もなくならないし、原発もなくならない。だから歌うのです。』

と伝えました。


ステージでの対談中に客席からの突然の発言で驚きましたが、そのおかげでその後は皆さんが積極的に挙手されて活発に意見をかわしてくださいました。

意見交換をできて、結果的にとてもよかったのではないかと思います。




そして、
今回関わってくださったみなさんから、原爆の話をたくさん聞きました。


被爆地、広島で代々話し継がれている、原爆の恐ろしさ、戦争の恐ろしさ。 


戦争で亡くなっていった方、家族を奪われた方の辛さや無念さを思うと、苦しくて苦しくて、、、

涙なしでは聞けませんでした。


あらためて、二度と戦争はしてはいけない、平和を守っていかなければと強く感じました。


このような機会をいただき、本当にありがとうございました。



PS.三次市の街中のコンビニやお好み焼き屋さんに私のポスターが貼ってあったりして、照れくさいような嬉しいような。。。せっかくなので写真も貼ってみます(^-^)

本当に感謝しています。



↑このページのトップへ