ハリー杉山 公式ブログ

ハリー杉山です!僕のローラーコースターのような毎日をハロハロ!イギリス、サッカー、ハングル、ファッション、音楽、そしてお仕事の舞台裏!素敵なスマイルを沢山作れるよう日々努力するしかナイスワン!!


ハロハロ

どんな国、文化、言語でも

"突っ込みの一言" はあります

それに対しての返し
英語で言うと "come back"

それによって友情が芽生えたり

笑いが生まれたり

最悪 喧嘩が勃発する事も 😱

頭の回転が試されます(^_^)

先日 友達の結婚式でこんなシーンが

二次会ですれ違った女性に

"oh my god that is a hideous shirt"

"なんて 気持ち悪い シャツなの"

笑笑笑

日本では中々言われる事はない
とがった一言
おそらく海外で生まれた方です

うむうむ
海外ではよくある事

なんて可愛らしい 笑

これに対してのカムバック

A. " look who's talking!
your face is hideous"

"どの口が言ってるんだ?
おまえの顔こそ気持ち悪い"

うん。おそらく彼女が
持っていたドリンク
顔面に向かってくるでしょう

不正解。

B. "is that the only thing you can
say to feel good? try again."

"そんな事しか言えないの?
もうちょっと頑張りなよ"

これも不正解。
刺激するだけです。

C. " i shall indeed take your valuable
opinion into great consideration.
thank you."

"あなたのなんて貴重なご意見を
最大限の敬意を払って検討します。
感謝"

長い。いやらしい皮肉が
炸裂してるけど イラっとさせるだけ"

不正解。

答えはスマイルを見せつつ

"thanks for the compliment dear.
have a fab day"

"素敵なご意見をありがとう!
またね(^_^)"

シンプルに
コンパクトに
優しくほどよいウィットを

海外でもし
このような挑発を受けたら

逆上せずに

ユーモアを持って
一方引いて接すると

意外と友達になったり
まさかの化学反応が生まれるかも(^_^)

めんどくさい!
わかる! でも全てが経験だから!

客観的に見て留学 海外生活楽しんでね

さて今夜は2100から
ナイナイアンサー!

キャスター特集で
先輩の羽鳥さんとも初めてお仕事!

そして同じく 日テレ 0129 〜
ハリポタ祭りに向けての事前番組!!

がんがん ハリポタ祭り
盛り上げていくぞ〜!!

here we go!!!! 

やるしかナイスワン!!!



ハロハロ

僕のお仕事は

色んな環境に常に身を投じ

色んな方と出会う機会があります

情報、スポーツ、ファッション、
バラエティ、音楽、報道

伝える仕事でもあり

見られる仕事でもあれば

"見る" 仕事でもあります

仕事しながら相手を見て
常にある事を僕は考えます

この人の本質とは何か

何をしたいのか

何が彼 彼女の生きがいなのか?

ポーカーフェースな人

情で動く人

徹底的なプロな人

色んな人がいて
その人とどう触れ合ったら
化学反応が生まれるのか

そう本質を探しながら

気がついたらインタビュアー
であるはずの僕が

完全に悟られて
本質を丸裸にされる時があります(^_^)

清川あさみ さん

糸を武器に写真に
新たな命を吹き込み

もはや一枚の写真から
空間を感じます

穏やかな風が飛んでるのか

嵐のようなカリスマ性を
感じる時もあれば

変な話 "音" や "香り" までも
伝わってくる

"その人の内側をほじくり出すのが
私の仕事"と話す清川さん

彼女の魅力は唯一無二な作品
だけではなく

人を見る力にもあります

今夜0000から
BSフジ ANSWERSの インタビュー

良かったら是非(^_^)

明日のハリポに備えます(^_^)

night



ハロハロ

昨日の"ぱるりんがる"や

最近色んな現場で イギリス英語
と アメリカ英語の違いを聞かれます

"can't" の発音

"bathroom"と"loo"

SHELLYと一緒のハロワ
を見て頂くとわかります(^_^)



それ以外に良く聞かれるのが

"何故イギリス人の英語
は難しい長い言葉をとにかく使うのか?"

確かに。

僕も良くやります。

"美味しい"

アメリカだったら普通にdelicious

僕だったら

"that was absolutely scrumptious.
quite delightful!"

ちょっとは自分の語彙力を
アピールしたい所もあるが 笑

単純に嬉しい "happy"でも

"over the moon"
月を超えるほど嬉しい

"exhilerated"
超絶嬉しい

"smashing"
壊れるほど嬉しい

その時の気持ちを
より正確に表したいの

我々日本人もそうだと思うけど

ディテールにこだわりたいのです

後はあえて鼻に付くように言って

相手のリアクションを
楽しむ時もあります

なんて嫌なやつ 笑

そんな英語を使うお仕事

パリポで乃木坂46の齋藤飛鳥ちゃん
に教えるHARRY'S ENGLISH CLASS

ニホンバシーモ

ノンストップ ハリコレ

ANSWERS

ENGLISH JOURNAL 7月号
(全編英語でインタビューされます
音声あり)

さらに、ハリポタ祭りでも
名言集をやりますよ!

お楽しみに〜

take care!!!

オブリビエイト!!

↑このページのトップへ