白金にある老舗ヘッドスパサロンの美容研修を担当していた時に、『毛髪診断士』の資格を取りました✨

zde_71i8ma.jpg

そこで、今回は第一三共ヘルスケア様からお声をかけていただき、カロヤンのキャンペーンサイト「HAIR SAVE」内にて、毛髪診断士として監修及び動画出演に挑戦(笑)

サイト内では、いくつかの設問に答えていくことで、近い将来の自分の頭髪像を垣間見ることができます。男性の皆さまは是非のぞいて見てほしいです(笑)🐼

wcckvfuuy1.jpg

そして、このキャンペーンに合わせて動画撮影も行ったのですが、モデルやお笑い芸人などに、ヘアカタログの撮影という話で撮影に来て頂き、

h3N8fVQErQ.jpg

実はドッキリだったという内容のものなのですが、ドッキリを明かすシーンで私が、毛髪診断士として「ドッキリでした〜」というネタばらしにいくという、何ともちょっぴり罪悪感を感じる役を務めさせて頂きました😳☀️笑

Ado0ocH_AV.jpg

撮影でドッキリを仕掛ける。というのは初めての経験でしたので、ある意味失敗の許されない撮影で、非常に刺激的なお仕事になりました\(^-^)/

※ここだけの話、撮影中に思いもかけないドッキリに、キャストの方の反応が良すぎて、一瞬キレられる?!なんて本気で思ってしまう瞬間も😂

動画もちょこちょこネットで流れると思うので、是非チェックして見てくださいね。

HAIR SAVE|カロヤン プログレ|第一三共ヘルスケア
未来の毛髪状況を診断しよう!顔写真をアップし、毛髪診断士監修の質問に答えると未来の毛髪がジェネレートされる!SNSから応募で抽選でQUOカード4,000円とカロヤンのスカルプシャンプー&コンディショナーをプレゼント!
karoyan-hairsave.com


皆さま、こんにちは

明日からの上海出張でバタバタしてしまい、
すこしあいだが空いてしまいましたが、

クマ悩みのスキンケアシリーズ🐻第3弾✨
『茶クマ悩みのスキンケア』をご紹介したいと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0728.JPG

目の下まぶたを上に向いても引っ張っても薄くならない厄介な「茶クマ」

茶クマの原因は、メラニンによってできるシミの集まりだったり、目元をこすったりするゆえにおきる摩擦や角質肥厚、そしてアイメイクの不十分なクレンジングによる色素沈着などが考えられます。・°°・(>_<)・°°・。

そこで、スキンケア対策として出来るのが、美白対策同様のケア!
つまり、美白成分が配合された化粧品を使うことです。ちなみに効果的な美白成分としては、ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノンなどがあります。

個人的には刺激が強めなハイドロキノンよりも、ビタミンC誘導体が断然おすすめです。

ちなみにわたしは、チューンメーカーズのビタミンC誘導体をストックしています。(オバジなども試したことはあるのですが、わたしには刺激が強かったです。) 化粧水と混ぜて使うこともあれば、そのままこれだけで使うこともあります。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0735.JPG

もしクマに悩んでいて、今までなんとなくアイクリームを使っていた方は、アイクリーム代わりにビタミンC誘導体や美白系コスメをアイクリーム代わりに使ってみて下さいね💕

※ただし、黒クマの場合はレチノールなどが入ったエイジングケア製品のがおすすめですよ。


以上!
全部で三回に分けてクマ悩み別のスキンケアをお伝えさせて頂きました🐻⚡️

いかがでしたか?
皆さまはどのタイプのクマが当てはまったでしょうか?
せっかくスキンケアを一生懸命頑張っているのに、全然違うことをしていたらショックですよね。是非、参考にされてみて下さいね💕

それではまた更新します

昨日、公式アカウント内でもお伝えさせて頂きましたが、本日の夜に、

私が通っている会員制の小顔美容鍼サロンについての会員招待と限定クーポンを配信するので、まだ公式アカウントの追加をされていない方はぜひこの機会に追加をされてみて下さいね💕

それでは、午後も良い日曜日をお過ごし下さい🌿🐼

日中美容研究家
濱田文恵

最後に、お友達登録していただけると嬉しいです。 お友達登録者様には優先でレッスンのモニター募集やそのほかプレゼント企画などを告知させて頂いております

友だち追加数 


皆さま、こんにちは

今日の美容バナシは、『黒クマ』について!

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0349.JPG

まず、適切なスキンケアをする前にまずは、黒クマができる原因を知っておきたいですね

黒クマの原因、それはズバリ『肌の老化』の現れなんですね。

私たちの下まぶたには涙袋というものがありますよね。老化が進むと肌を支えるためのコラーゲンなどが減ってきます。


そして肌の支えが無くなれば、肌はたるみますね


その結果、涙袋が大きい人や目鼻立ちがくっきりしている人ほど、たるみが陰になり、さらに目元周りの皮膚は薄いので、結果的に黒クマの出来上がりというわけです

※皮膚のたるみが原因なので、そこにむくみが加わると重みが増してさらに陰は目立つ

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0350.JPG

そこで、黒クマにならないために、スキンケアで気をつけたいのが、

まずは、コラーゲン生成を促すケアをすること

ex レチノール、FGF(線維芽細胞成長因子)、マトリキシルが配合されたコスメの使用など

また、目元のむくみ対策を積極的に行いましょう。

青クマのとき同様にマッサージを取り入れるのもいいのですが、日頃の生活の中で、塩分の摂りすぎや冷たい飲み物は控えたり、運動を定期的に行うのもおすすめです。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0351.JPG

ただ、黒クマはどうしても細胞自体がすでに元気なくなっているので、基本的には化粧品では限界があるのです。

そこで、どうしても気になるという方は、美容外科でヒアルロン酸注射や下眼瞼手術をするのも一つの考え方

ということは!!
黒クマに限っては出来てからではなく、出来る前からしっかりスキンケアで気をつけて行きたいものですね

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0352.JPG

さて、週明けは冬から開講してきた日本化粧品検定養成講座の最終模擬試験

6Mw2Ie6_rw.jpg

いま、一生懸命試験勉強をしている私の生徒さんたちのために、私も試験準備には励んでいます(笑)

それでは、次回は《茶クマ》についてご紹介しまね

また更新します。

日中美容研究家
濱田文恵

\講座受講希望の方はこちら/

※この講座は今期の募集で実施が最後になります。
私のように、こうして美容ブログや美容記事を書きたい方

日本化粧品検定の資格取得を通して、1から美容について学んでみませんか?
独学で検定を取得した方にもおすすめです

レッスンでは、テキストに載っていない美容知識をふんだんにお話ししています!

近日中に日本化粧品検定1級&2級を同時に学ぶコスメコンシェルジュ養成講座の募集を始めますので、少しでも興味のある方は、

♡優先案内♡

私のLINE@にお友達追加してくれた方に、優先的に開講予定や講座詳細、優先割引などを行なっていく予定です。

LINE Add Friend QR code
line.me

現在登録をして頂いている公式アカウントではなく、レッスン専用のアカウントになります。

_var_mobile_Media_DCIM_124APPLE_IMG_4173.PNG

もちろん今後、さまざな美容レッスンを開催していくので、レッスン系に興味がある方は、ぜひぜひお友達追加を宜しくお願いします。

さらに、お友達追加後、お好きなスタンプを一つ送って頂くともっと嬉しいです

日本化粧品検定養成講座の過去の開催レポートや生徒様の声はこちら





↑このページのトップへ