月別アーカイブ / 2010年12月

待ちに待ったミステリーツアー当日。

朝6時、名古屋駅の時計台前に集う、
私、T先輩(私のトレーナー)、
Y村、E先輩(Y村のトレーナー)。

前日、私は飲み会により3時半に就寝。
Y村は完全徹夜。
鬼の体育会スケジュールです。

E先輩が、私とY村に切符を渡します。
切符…ってこれは、新幹線の切符ではないですか!
行き先は、京都。

私「先輩、今日は京都観光なんですね!」
E先輩「さあ」
私「え!」
E先輩「行き先がミステリーだからミステリーツアーなのだよー」
T先輩「フフフフフ…」

E先輩と、T先輩が…なんだかとっても生き生きとした表情をっ…!!こんなに楽しそうなら、もう旅行会社に転職した方が…なんて思ってません、先輩。

「京都で降りるとは限らないよ」と言われつつも、
京都駅で下車しました。
朝ご飯はここで食べるのだろうか…。

E先輩の「寺にいくぞ!」という号令で
一同、徒歩で、
東本願寺に移動します。

う…朝の京都、寒い。
不思議な状況ながら、Y村とキャイキャイ言いながら、
(2人とも寝不足によって異常にハイテンションでした)
楽しみます。
まだ、朝早いので、人通りはまばらです。

「お昼は湯豆腐とか食べたいな−、おばんざいもいいなぁ。
抹茶パフェとかお菓子のためのお腹のスペースも確保しなきゃ。
朝ご飯はお粥とかなのかなぁ…」
と早くも京都・食リストを脳内で作り始める私。

しかしっ!!
参拝して、記念写真を撮るやいなや、
E先輩が、走り始めるではないですかっ!!
しかも、もときた方向に!!

「せせせ先輩っ。どこに行くんですか!!」
あたふたする私とY村。

「駅に戻るぞ!」

ええええっ!?
今日は丸一日京都観光じゃないの!?

駅に駆け戻ると、今度は別の切符が手渡されます。
なんたるフェイント。

「また電車に乗るから、朝ご飯を買いたまえ」と言われて
私たちは駅弁を購入しました。
次の切符には、行き先がかいてありません。

わけがわからないまま、「これだ乗れ〜」と言われて特急に乗せられ、
「おっしゃ、降りるぞ〜」といわれたのは終点の富山。
とやま…って何があるんだろう。何が美味しいんだろう。
いや、むしろまたこれから移動だろうか。

やはり「じゃじゃーん、まだ乗ります!」と次のチケットが配布されます。

「E先輩、T先輩、ホントに、どこに行くんですか」
「教えないよん」

そこから、電車をいくつ乗り継いだでしょうか…もはや「今日は本当は目的地なんてなくて一日中電車を乗り続けるという趣旨なのだろうか」と思い始めた頃、立山に到着しました。ここら辺で、今日の目的地にうすうす感づく私。

「T先輩、今から黒部ダムに行くんですよね?」
「さあどうかな」

「いや、絶対黒部ダムですよね」
「そうかもねえ」

そんなこんなで、ダムに到着。読みは当たりました。なぜなら私は、来たことがあったからです。

「E先輩、私、ここ、修学旅行で来たことがあります」
「は?メールで行ったことない県聞いたじゃん!」
「はい、黒部ダムって富山にあるってこと、忘れてました」

しかし、人生2回目の黒部ダムも、
それはそれで悪くないです。

みんなで仲良くカレーを食べ、
Y村と新婚旅行風写真を撮ったりしながら
ルンルンと遠足気分は続きます。

そんなこんなで、ダムを堪能して、下山。よーし、本日の目的、達成!!日はとっぷりと暮れて、辺りは真っ暗です。時間も時間だし、このまま名古屋に帰れるかと思いきや!E先輩が恐怖の発言をしました。

「今日帰れるとは誰もいってないよ・・・」

一体ここから何が・・・。もう空真っ暗なんですけど。油断していたため、泊まる準備がありません、先輩っ。

「はい、次の切符」

行き先は、松本でした。なななな…長野っ!?これから長野で何をっ。

「E先輩、長野から名古屋に帰るんですよね?これ、帰路ですよね!?」

「どうかなー」

それまでミステリーツアーというものに参加したいと常々思っていた私ですが、
行き先がわからないというのはめちゃくちゃ気持ち悪いことがわかりました。

「どこですか、なんですか」と止まらない私を「まあまあ」とE先輩がなだめるうちに、松本に到着。

駅に着くなりE先輩は
「おや。早く着いたなぁ…」とひとりごちています。そして「ちょっと次の電車まで時間あるからコーヒー飲もう」となり、スターバックスへ。

はい、コーヒーを買って、
みんなで席につきましょ…
おおおお!?

なんと、隣の席には、
3年目のM先輩がいるではないですか。
M先輩の実家って松本なのか?
いや、でもこんなところに都合良くいるはずがないし、
他人のそら似!?双子っ…!?

口をぱくぱくする私。
それを見て満足そうに笑うE先輩&T先輩。
「ハハハハ!びっくりしただろう!!」

なんとこのためだけに、日帰り旅行を兼ねて松本に来たというM先輩から、松本城のお土産をもらいました。

「びっくりしましたぁ」と口々にいうY村と私に満足げな先輩方。和やかな雰囲気が流れます。

お茶の後は、みんなで夕食のマクドナルドを買って、電車に乗り込みました。長い一日でした。

夕食も食べたし、
もういい時間だし、
今度こそ、ツアー終了でしょう。

さあ、やっと名古屋駅に到着、
家に帰るまでが遠足ですねっ、
ではサヨウナ…

「おかえりなさーい!」

なんということでしょう。

改札を出るなり、撮影部隊が目の前に現れたのです。パシャパシャと私たちの写真を撮りながら「おかえりなさーい」と迎えてくれたのは2年目の先輩と4年目の先輩でした。

内輪旅行かと思いきや、先輩方、総出…!!たかが私たちの社員登用のためにそこまで…っ!!!!

そしてそして。

「今から世界に行くぞー!」といわれ、「世界の山ちゃん(※)」で、山盛りの手羽先を前に打ち上げとなりました。

※名古屋を代表する居酒屋。手羽先が有名。

打ち上げの後は、ほんとのほんとに終了。「月曜、ちゃんと会社来いよぉ」なんて言われながら、Y村と一緒に家まで帰りました。

ほんとにまさかの展開だらけでした。ここまでやってくれる先輩、いますか?普通は「そういえば今日から正社員だっけ?おめでと」って言って終わりですよね。

最後まで予想できないツアーを企画するのに、先輩方はどれほど骨を折ってくれたのでしょう。激務なのにも関わらず…。泣けます。

利用した公共交通機関の数は12機関。合計乗車時間は7時間11分だったそうです。

私とY村にとっては一生忘れられない、一日となりました。

ごきげんよう、はあちゅうです。
久しぶりに更新します。
去年の秋のおはなし。

***

うちの会社では、入社時の新入社員の肩書きは「社員試用」となっています。

そして、研修期間中に行われる社員登用試験に受かり、普段の仕事ぶりに問題が無ければ、正社員になれるのが10月1日。

社員になれない人はめったにいないのですが、めでたく正社員になった暁には、先輩方が盛大に祝ってくださいます。

うちの会社の先輩が「祝う」という単語をつかった場合、それは「一大イベントにする」という意味です。

ひとつ上の先輩は、一晩中同期と一緒に歩き続けるというイベントだったらしいです。それ祝ったっていうより罰ゲームじゃないかと思…思いません、先輩。

私にはどんな災難…じゃなかった、イベントが用意されているのでしょうか。ドキをムネムネさせながら、先輩からのティザー(予告)を待っていると、

秋も深まったある日、何の前触れもなく、ぽーんと、E先輩からメールが送られて来ました。E先輩は、同期Y村のトレーナーです。

なになに?行ったことのない都道府県を答えよ…?

どうやら、E先輩はY村のお祝いもかねて私のトレーナーであるT先輩と一緒にイベントを企画してくださっている模様。

数週間後。
Y村と私は、会議室に呼び出されました。

「これから言うことに対して、質問や反論はしないように」と一言発すると、E先輩はおもむろに、ホワイトボードに日本地図を書きました。
そして、今回の企画のオリエンテーションが始まりました。

その内容を完結にまとめると「社員登用の儀式として、今年はミステリーツアーを検討中である。そのため、南国でも北国でも対応出来るような準備して、集合場所に○月×日に現れたまえ。ただしパスポートは必要無い。おやつは300ドルまで」ということでした。

おやつは300ドルって…。
これは何かボケなければならないのだろうか

などと細かいところが気になりつつも、
「わかりました!」と元気よく返事をする私とY村。

そして、「集合場所などは、後日連絡する」
といわれて、大人しく待機…しましたが、
待てど暮らせど発表がない。

本当にツアーは行われるのだろうか。
むしろ、「ツアーするから」という盛大なドッキリで、
他の企画が用意されているのではないだろうか…
心配になる、私とY村。

せっかちかつ心配性な私は
どこに行くのか何が待ち受けているのか
気になって気になってたまりません。

「今日の日報です、先輩。ところで来週、どこに行くんですか。」
「お昼行きましょう、先輩。ところで来週、どこに行くんですか。」
「お電話です、先輩。ところで来週、どこに行くんですか」。

と執念深く聞き続けましたがついぞ聞き出すことが出来ず。

「せめて準備があるので、寒いかどうかだけ教えてください」というと、
「寒いと思われる」という回答が帰ってきました。

行き先のヒントを得たはいいものの、その他の情報は依然謎のまま。
結局、集合場所及び時刻の発表は前日の23時55分でした。

一体どうなるんだろう…。社員になったばかりの私は、
生きて会社に戻ってくることが出来るのであろうか…。

というわけで、次に続く。
ちゃお。

前にこの記事

一周忌からの恋-~はあちゅう主義。~

ですっごいおすすめした感動本

一周忌からの恋
一周忌からの恋
posted with amazlet at 10.12.28
山内ゆう子
ポプラ社
売り上げランキング: 127926


の著書の山内さんから、なんと「ブログに載せて頂いてどうもありがとうございました」とお礼のメールを頂き、(ブログやっててよかった…)

メールのやりとりをしているうちに山内さんの現在のお仕事がお掃除コンサルタントだということが判明。

板橋の家事代行|おそうじカフェ~一緒におそうじ、お片付け~

「うちのお掃除もみてほしいです」とポロっと口にしたら、ほんとにうちに来てくれました。

そしてそして、

重曹とクエン酸をつかった
排水溝のお掃除の仕方を教えていただきました!

排水溝の汚れを取るときは、
重曹をがばがばっと適量、
排水溝にふりかけてから
クエン酸水
(お湯200CCに小さじ1のクエン酸)
をざーっとふりかけると、







ぶくぶくぶくっと泡が出て、
その泡で排水溝がピカピカに

クエン酸…水垢
重曹…油汚れ、皮脂汚れ

に良いそうです。

五徳のお掃除も教えていただいたのですが「なんかキレイで全然汚れが出ない…」とのことでした。たぶん、今のマンションに住んでまだ半年だからだと思います。









こっちも、熱いお湯+重曹につけこんでおんでから磨くだけ。重曹って万能ですね!





ついでに、いろんなところを磨いてくれる山内さん。キャアアア









コンロの隙間はいらないカード+タオルで意外なほど汚れが取れました!

最後に、重曹水とクエン酸水をいれておける容器と山内さんのつかっているお掃除キットを頂きましたキットがあるだけで、お掃除へのモチベーションが全然違うので、お掃除用のひと揃いを、こんなふうに私もまとめておこうと思います。
(写真は山内さんのお掃除キット)



重曹とクエン酸は、さっき、閉まる間際の薬局で買ってきました☆明日の朝は家中の排水溝をぶくぶくさせてから、出かけます。



山内さんについてはこちらの記事をご参照ください:

一緒におそうじ!お片づけ!おそうじインストラクター 山内 ゆう子 Osouji Cafe [おそうじカフェ] 読売新聞 マイベストプロ東京

追記:さっき書き忘れましたが、重曹もクエン酸も、余ったら入浴剤に出来ます。

名古屋の結婚式場・ゲストハウスウエディング「マリエール」のCMがとってもいいので、

ツイッターでも何回かつぶやいてしまったのですが、こちらにも載せておきます。

マリエールCM「ふたりとみんなの間に」スペシャルサイト

見ているほうが笑っちゃう、胸キュンCMばかりです。



私は特に「車」篇と「屋上」篇が好きです。

いろいろな方から評判をきいていて、一度行ってみたかった「よろにく」に連れて行って頂きました。

よろにく - 表参道/焼肉 [食べログ]

焼き肉自体が久しぶりで、嬉しすぎてここ一週間メールで「よろしく…」と書く度に
頭の中で「よろにく…」に変換されていたくらい一大イベントでした。









肉は予想通り言うことなしで、
デザートのほうじ茶かき氷が絶品でした。

…せっかく写真を撮ったので載せたかっただけです。

NAVERのまとめが好きで、よく見ているのですが、今日はこんなものを発見!!

女子必見!美容・メイクの裏技(雑学・お役立ち) - NAVER まとめ





・オロナインを目の下に塗り続けると、涙袋が作れる。

・精製水の蒸気を顔にあてると、2万8000円の美顔器と同じ効果。


の2つを信じてやってみようと思います。

…というわけで早速薬局にひとっ走り行ってきました!!




オロナインとか、初めて買いました涙袋ほしいよう。

1ヶ月後に期待。



ぱっと開いて、ちょこっと読んで
すぐに優しくのびやかな気分になれるので、
母と妹にこの本をプレゼントしました。

ツイッターにかいたら結構質問がきたので、リンク貼っておきます。

暮らしのヒント集2
暮らしのヒント集2
posted with amazlet at 10.12.26
松浦弥太郎
暮しの手帖社
売り上げランキング: 9698


暮らしのヒント集
暮らしのヒント集
posted with amazlet at 10.12.26
暮しの手帖編集部
暮しの手帖社
売り上げランキング: 4657



前にも書きましたが、今年のクリスマスケーキはラブケーキプロジェクトのケーキにしました!

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン - ラブケーキプロジェクト - LOVE CAKE PROJECT

あらかじめワンカット分足りなくて、
その分が寄付されるケーキです。



地元のデフェールというケーキ屋さんで
オーダーしました。
予約した人に、クッキーもサービスしてくれました↓わーい。







ディナーは家族+彼氏+妹の友達の韓国人留学生のジーンちゃんと。が腕によりをかけてつくってくれた料理を堪能しました。









↓ケーキはこんな感じです。可愛い。この1ピースがどこかで誰かの役にたつと思うとほっこりします。素敵なプロジェクトですよね!



ホワイトチョコのムースとシュトーレンを母がつくってくれたので、ちょこっとずつ全部。



幸せなクリスマスでした。



前から気になっていたこれを買いました。

ちょっと迷ったのだけど、ツイッターでつぶやいたら
意外に愛用者が多くて全力でオススメされたので。



雑誌のダイエット特集に「これで耳かきすると耳がかーっと熱くなって、耳ツボ効果があってイイ!!」ってなかんじで載っていたので気になったのです。綿棒につけて試してみたら超爽快でした。いやー思い切って一番大きいサイズ買ってよかった!ついでに痩せ効果もあったらさらに嬉しいです。どうなのでしょう。



無印良品の、携帯も出来る小型アロマディフューザーを買いました。
これがすごい良くって!

家に帰ったらまっしぐらに走ってまずこれのスイッチをいれます。
旅行にも持って行けるなんて嬉しすぎるっ。



ゆずの香りが今一番好きです。
今年買って良かった物ベスト10に入るわ…!!


↑このページのトップへ