月別アーカイブ / 2009年10月

図書館で借りたのだけれど、
この本は買っちゃおうかと思ってますよ。

劇的クリエイティブ講座
佐藤 可士和 川上 未映子 松任谷 正隆 大宮 エリー 藤村 忠寿 FROGMAN 石川 光久 堤 幸彦
イースト・プレス
売り上げランキング: 12397
おすすめ度の平均: 3.0
5 ライブ感が伝わってくる。
1 誰のために働くのか?


2008年10月に行われた「劇的3時間SHOW」を書籍化したもの。

このイベントめっちゃ行きたかったけれども、去年の10月といえば1週間に1回自分がイベントを主催していて、司会やら催眠術トークやら人集めやらで大いにてんてこまいだった上にスポンサーキャラバンをしつつ10月15日に世界一周に向けて出発したわけで。スケジュール的にどうしても行けなかったのです。

(その様子は本で!ちゃっかり宣伝→わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?

でも「あれ、本になってるじゃない」と思って借りてきまして。
これがやばい。良かった。今更ながら行きたかった。

トップクリエイターの方々の口から発せられる言葉はそれぞれに重みがあります。本でこんなにぐわーんってなるなら生で聞いたらきっとすごい衝撃だったろうなぁ。

佐藤可士和さんのインタビューなんてあらゆるところで読み尽くしてるのにそれでもまだ刺激をもらうし、川上未映子さんって喋り方から小説みたいだなって思ってすごく好きになってしまったし、「生きるコント」を読んで以来大ファンの大宮エリーさんの「そもそもなんで作品を作るのか」という話は私自身の「なんでブログを書くのか」ということと繋がったし。ほんと、最初から最後までメイン料理!って感じの本でした。いやぁー満腹。☆5つ。

ちょっと脱線するけれども藤村忠寿さんのインタビューのところで、映像ディレクターの嬉野雅道さんが「いっしょにいる理由が無かったら誰だっていっしょにいないのよ」と発言しているのですが。この一言が妙に心に残ります。先々週くらいから仲良し達と「人はなぜ結婚するのか」という議論で盛り上がっていたのです。で、これを読んだとき「そっか、結婚とか付き合うって一緒にいる理由を作るってことだよね」ってすとんと腹に落ちました。別れた人とか昔仲が良かった人と疎遠になるのは一緒にいる理由がないからなんだよね。今でも好きなことに変わりはないんだけど。理由があるって、大事だなぁ。



あとね、いい話繋がりで。大好きな岸大先生のインタビューが公開されているのでリンク。

岸勇希 | 1-click Award

ここで紹介されている「A Blind Call」っていうキャンペーン、知りませんでした。目の付け所がすごいですね。アイデアの世界の戦いって世界レベルなんだわね。世界で通用する物を私もいつか、作ってみたいです。作ってみたいですじゃなくて作りますとか言った方がプレッシャーかかっていいのかな。まあいいや。

勉強になるのが岸さんの語る「広告は妄想が重要」論。

誰が見るのか、どうやって見るのか、いつ見るのか、どんな気持ちで見るのか、誰と見るのか、見てどんな気持ちになるのか、その人はどんな性格で、どんな洋服を着ていて、見た後に何をするのか、誰かに話すのか、後から思い出すのか…を考える。自分が動かないキャンペーンで、人が動いてはくれない。広告はアートではないので結果が出せるかどうかが重要…という岸さん語録。もう何度読んで何度聞いたかわからないけれど、まだまだ自分には出来ないわけです。これが、能力と経験値の差なんだな。分かることと出来ることは違う。圧倒的な壁を感じます。

はあちゅうはこの方から、たまに愛のある(?)電話を頂いたりしますが、それはそれはびしばしと容赦なく言って下さいます。

「お前は端的にいうと…頭が悪い!」とか言われます。父はどうかわからないけど、母は恐らく私は頭が良いと思ってますからね。そんなこと親にも言われない。頭が悪いって、どうしようもない、笑。

でも、どういう風にどこが悪いのかっていうこともちゃんと教えてもらってるので、そこを強化するのが、ここんとこの課題です。あ、ここに書いてるのは文句じゃなくて、その逆。すごくありがたいんです。

私はたまに、自分の置かれている状況が恵まれすぎていて、、このままどんどん楽な方へ楽な方へ流れてしまわないか心配になるのですが、ちゃんとこうやってダメ出しをしてくれる人がいて、しかもそのダメ出しを素直に100%受け入れられるような人から貰えているので、めちゃくちゃ幸せです。

だからちゃんとその人達に「伊藤はやっぱだめだな」って思われないように。見捨てられないように頑張らねばと思います。「プロセスにプレジャーを」を持ちつつね。

岸さんの本も、最後に宣伝。売れすぎです。↓広告の本なのに、元気が出る本。

コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)
岸 勇希
電通
売り上げランキング: 3296
おすすめ度の平均: 4.5
4 ローカルの広告営業では必須のスキルでしょう
4 共有させることに上手な人
5 プロセス設計を広告を題材として学べる教科書
5 社内の勉強会で使いました。
4 これからのCDは、コミュニケーションデザイナー?



(余談)岸さんの電話の後のはあちゅうメモって後から見ると笑えます。例えば、「ばかでかい毬藻(まりも)、ばかでかい土偶」とか書いてあります。ばかでかい土偶の話、今思い出しても笑える。ふふ。

(余談その2)
このキャンペーン、すっごいやられた感がある…根本とかは共感してくれるんじゃないでしょうか。素人美少女、ひくてあまたですね。

.LOVEオフィシャルサイト



.LOVE more
.LOVE more
posted with amazlet at 09.10.31
オムニバス


サニーサイドアップの成功報酬型PR代行↓も先をこされた感満々。(参照:東京ミッドタウンではたらくビジネスマンのブログ: 成功報酬型PR代行)思いついたことは先手打たないとだめですよね。ほんとスピードって大事。

今日はいいことが多かったです。あたしはわかりやすいですね。反省。とりあえず今日ははしゃぎすぎてしまったので寝ます。ツイッターやられてない方は、ここからつぶやき、見れます↓やられてる方はもしよかったらフォローしてください♪そして話しかけて頂けたら嬉しいです。メールとかより返しやすいので・・・

伊藤春香(はあちゅう)(@ha_chu) - Twilog

**以下、知り合いから頼まれた告知です。↓**

11月3日(祝火)『レゴブロック 宇宙エレベーター クライマーレース2009』開催!
http://jsea.jp/files/LASER09-Handbill01-v01-4.pdf

次世代の宇宙輸送手段として注目されている宇宙エレベーター(以下SE)。その研究や情報収集、国内での情報発信を行っている一般社団法人「宇宙エレベーター協会」では、SEのコンセプトの普及と啓発活動の一環として小中学生から一般の方々までを対象として教育向けレゴブロックで自作したクライマー(人や物を搬送する昇降装置)モデルのスピードレース『レゴブロック 宇宙エレベーター クライマーレース2009』(略称LASER)を開催し「ものづくり」の楽しさを伝えるとともに、SEについて学べる機会を提供いたします。
  
◆開催概要
日時:09年11月3日(祝火) 11:00~16:00
場所:東京都江東区青海2-79 東京国際交流館 
http://www.jasso.go.jp/tiec/index.html
※入場無料
主催:日本大学、宇宙エレベーター協会
http://jsea.jp/
協賛:神奈川大学

※(独) 科学技術振興機構「サイエンスアゴラ2009」内の出展イベントです。
http://www.scienceagora.org/

やっぱゆっくり本を読む時間って好きだなーと思う日曜の夜。最近、読む本が多くてブログに全然書いてないのでたまには書きます。


【地域ブランドマネジメント】



事例をただ集めただけではなく、具体的なwhat to doと、そのバックボーンとなる考え方まで全方位から地域ブランドについて触れた本。読む前にぱらぱらめくってみて結構硬い本なのかと思っていたら、すごく整理されているせいか読みやすくて、思いがけず短時間で読み終えました。広告、マーケティングに携わる方は必見です。

以下、読書メモです。私による私のためだけのメモなので、読んでも他の方はわからないと思いますが…。もしキーワードに何かひっかかるものがあれば、買って読んでみたりググったりしてみてください。

あ、ちょっと脱線するけれども。本って、やっぱりちゃちゃーっと書けるもんじゃないよね…しみじみ。内容・重みのある本が書きたい!とか考えたりもしますが、時間をかけないとどうにもならないことは多いです。経験のアウトプットが本になるわけだから。はあちゅうは今、熟成期間なのだと思います。この本を書くために5年に及ぶ地域インタビュー調査を実施した執筆陣には頭が下がります。きっと本を仕上げるまでに、いろんな心の触れあいとドラマがあっただろうなぁなんて、読みながら思ったりも。

(メモ)

・マーケティング=売れる仕組み作り、ブランド構築=売れ続ける仕組み作り
・コンセプトメーキング×→地域資産から生まれる体験価値を含んだコンセプトメーキング
・「場」を通じたブランド体験の提供が重要な鍵
・ブランドの価値構造
1:基本価値、2:便宜価値、3:感覚価値、4:概念価値
・企業は社会のために貢献すべき
・名古屋市民が歴史的・文化的つながりを感じる範囲
尾張地方(名古屋)、尾張地方(知多)、尾張地方(海部)、
西三河地方、東三河地方という順番
・PR+広告で話題性のある情報の提供→検索して貰い、受けどころのウェブサイトへ
・「ブランドが立つ」:高知名、高シェア、高愛顧

●事例
(以下ははあちゅうアンテナにひっかかったもののピックアップで、本書内にはもっと多くの事例が載っています)
・のれんプロジェクト
・美し国
・モクモク手づくりファーム
→もの作り、イベント開発、PR戦略等の全てのコミュニケーション活動が
「顔が見える農業」というコンセプトのもとに管理
・直島・建築家&アーティスト(ベネッセ二代目社長・福武さん)
→「よく生きるとは何かを考える島」
・気多(けた)神社
→ウェブサイトで積極的に発信。「気麗(きもちきれい)処」
・金沢21世紀美術館
→統一感はブランドイメージ形成をスムーズにする
「タレルの部屋」
・アーティスト・イン・レジデンス
・ゲネス・レギオン(オーストリア)


地域ブランド・マネジメント
和田 充夫 菅野 佐織 徳山 美津恵 長尾 雅信 若林 宏保
有斐閣
売り上げランキング: 15656
おすすめ度の平均: 4.5
5 地に足が着いた本
4 地域活性の裏が見える


この1冊で、地域ブランドは構築できる。
地域資産を活かし、体験の「場」の提供を通じて、「買いたい、訪れたい、交流したい、住みたい」まちづくりを実践するための手引書。産品ブランドを超えて、地域アイデンティティを確立するためのマネジメント手法を伝授する。
<主な目次>
第1章 地域ブランド・マネジメントの視点
第2章 地域ブランドの計画プロセス
第3章 地域ブランドの評価と目標設定
第4章 地域ブランド・コンセプトの開発
第5章 ゾーニング戦略
第6章 コミュニケーション戦略
第7章 アクター戦略:担い手づくりとコミュニティの役割
第8章 地域ブランド創造の新時代:地域と企業の関わり




はあちゅう世界一周本・一言感想キャンペーン、昨日締め切りました。

どうもありがとうございました!応募して頂いたものをもっとブログで掲載していこうと思っていたのですが、私自身のキャパが狭くて出来ず。ごめんなさい。でも、これから全部に再度目を通して、5名様にちゃんと手紙とお土産、届けますね!応募者の方は、当選メールがスパムBOXに行かないように設定しておいてくださったら嬉しいです。はあちゅうのプライベートgmailからメールします。

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?
伊藤春香(はあちゅう)
ポプラ社
売り上げランキング: 27554
おすすめ度の平均: 4.0
5 すごい!!良くやった☆
1 ただで世界一周
5 プロローグ
5 元気いっぱいになります。
5 学生時代に読みたかった。。



あ、あと、はあちゅう本について取り上げてくださっているブログを教えて頂いたので、嬉しいのでリンクしちゃいます。

次世代の風に押されて、動け。「はあちゅう」さんの本。|One!

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか (伊藤春香) : tokuriki.com


会社の先輩方がとあることのお祝いとしてミステリーツアーを企画してくれました。どこに行くか、何をするのかはおろか、泊まりなのかどうかということすら全く事前告知の無い徹底ぶり。

「南国でも北国でも対応出来るような準備とパスポートを持参。おやつは300ドルまで」との号令。集合場所及び時刻の発表は前日の23時55分でした。

そして昨日。6時に名古屋駅集合という体育会的スケジュール。前日3時半に就寝とかお構いなし。(約1名、完全徹夜のまま参加。)

新幹線でまずは京都駅で下車。
東本願寺に参拝。



このまま京都観光かーと思いきや、
まさかの逆戻りで駅に戻り、朝ご飯に駅弁を購入。
行き先がわからないまま、特急に乗せられ、
降りるぞーといわれたのは終点の富山。
一体どこに行くんだ・・・。

(同期・Y村と新婚旅行風写真を撮るという個人的ミッションをつくったため、以下、ちょっぴりハネムーン風の写真が続きます)



ちなみに行き先ばれをふせぐため、チケットは常に
先輩が管理して
目的の駅に到着してから渡されました・・・。




電車を乗り継ぎまくって、立山に到着。ここら辺で、今日のメインは黒部ダムだとうすうす感づきました。






ほらねやっぱり。いぇいいぇい!
めっちゃ迫力ありました。黒部の太陽読みたくなっちゃった。



黒部の太陽
黒部の太陽
posted with amazlet at 09.10.25
木本 正次
信濃毎日新聞社
売り上げランキング: 37513
おすすめ度の平均: 3.5
4 名作です。非常にお薦めです
5 小説を通して、「黒部」の厳しさを知ることができました
4 一気に読める秀作
4 酷評されている方もいらっしゃいますが…
1 少し気の毒ですが


で、ダムを堪能してから下山し、時間も時間だし今日の目的は達成かと思いきや、「今日帰れるとは誰もいってないよ・・・」とのお言葉。一体ここから何が・・・。もう空真っ暗なんですけど。



今日は泊まりなのか?そんなはずないと思って着替えも化粧道具もなんも持ってないのに、という不安を胸に松本に移動。先輩が「ちょっと次の電車まで時間あるからコーヒー飲もう」っと入っていった先の駅内スターバックスに…別の部署の先輩が!!めっちゃびびりました。なんで長野に!あまりのさりげない登場っぷりに、一瞬誰だか分からず、はあちゅう放心。何このスーパープレイ。

(先輩の写真は掲載許可を取っていないので、グランデサイズを頼んでいるY村とのまったり写真↓この人、前の駅で立ち食い蕎麦食べて、この後松屋のカルビ丼と駅弁的釜飯を食べてましたよー)



でもってお茶した後、先輩も合流して電車に乗って名古屋駅にちゃんと到着して一安心…

と、ここで


記念撮影部隊が登場。
「おかえりなさーい」と一眼レフでばしゃばしゃ写真を撮る人たちが!!

ええええ
ただの内輪旅行かと思いきや会社の人総出…!!どんだけ。「ここから世界に行くよー」といわれ世界の山ちゃんで、打ち上げでした。ほんとにまさかの展開だらけだったわ・・・!!


(↑いろんな問題があるかと思うので、モザイク処理しました)



ちなみに利用した公共交通機関の数は12機関で合計乗車時間は7時間11分だったそうです。ほーんとフェイントありまくりでどこ行くか謎だったもんなぁ。楽しくてめまぐるしく、思い出に残る1日をどうもありがとうございました!>企画者の皆様

それにしても別の部署と年次までを巻き込みまくってのファンタスティックプレーはすごすぎです。これぞまさにうちの会社的お祭り精神というか。仕事でお返ししていかなくっちゃ!今週も伊藤、頑張りまーす

【うっかりはあちゅう】
今回のミステリーツアーは、先輩が事前アンケートを取ってくださって、私は47都道府県のうち12県だけ行ったことが無いのでその県名を書いていたのですが、実はダム、慶應湘南藤沢高等部の時に学年旅行で行ってました・・・。(毎年修学旅行があるという学校でした)なので途中から修学旅行と全く同じルート。(でも本人、途中まで全く気づかずという頭の悪さを発揮)完全に私の中で「長野」枠に入っていたため富山は行ったことがない県としてカウントしてました。

旅行はどこに行くかじゃなく誰と行くかなので、全くそこは気にせずに楽しんだんですけどやっぱり先輩には詰められました・・・。「お前、ちゃんと事前アンケートしただろ-」って。うううすみません。(その時の写真とかもうっかり見つけちゃったし↓あたし若ーい。)



【旅行にiphoneはめっちゃ便利!】
iphoneを持っていると旅行がかなり楽しくなることを発見。
twitterはリアルタイムで更新出来るし
私はそんなに更新してないと思うのですが、先輩方の
実況中継っぷりが半端なかったです)
空き時間にgmailとかgoogle reader使えるし
撮った写真を加工できるし。

(こんな写真が・・・)

(ミニチュアのように写真を加工出来るTiltShiftGenでこんなふうに☆)


それからセカイカメラ!
山の中でもけっこうタグがついていることに
感動しました。私も「はあちゅう」って名前のタグを
つくって記念撮影をしてみたり。こんな使い方も楽しいですね-。
即席プリクラ的で。


うーん未来的。ますます可能性を感じるわー。


お知らせが続きますが・・・知り合いから告知文をもらったのでまた掲載しまーす。

マスコミ就職フォーラム2011』ご案内

2009年10月25日(日)に2011年度新卒学生のための『マスコミ就職フォーラム2011』を東京・飯田橋駅下車の東京しごとセンター講堂で開催します。

主催は、マスコミ各社の主要従業員団体である新聞労連、出版労連、広告労協で、民放労連が協力しています。現場社員自身が主催・運営する唯一のセミナーで、今年で6回目を迎えました。

約4時間に及ぶ充実したセミナーです(途中休憩あり)。
・マスコミで働くことの魅力やマスコミに属する各業界の紹介
・現場社員による報道、制作、広告企画など、職種別のパネルディスカッション など。

・参加料:資料代・ホール使用代などとして1000円頂戴します
(参加費は開催当日に会場受付でお支払いください)。
・応募資格:
(1)2011年度新卒予定者の皆様 
(2)現在大学2年生、1年生の皆様
(3)第2新卒としてマスコミへの転職を希望される皆様

マスコミ就職フォーラム2011

告知文頂いたので、載せます。

秋採用で内定を獲得したい大学4年生の方へ

こんにちは。
就活コンサルタントの稲葉昌典です。


今日は、「あなたの就活を刺激するプレゼント」のお知らせをするために、
はあちゅうさんに呼びかけをお願いしました。


今年の就活シーンは最悪です。
正直言って、ここまでとは思っていませんでした。


なにせ、現在就活を継続している人の人数は、
昨年比120%以上という統計が出ています。


しかし、以下の傾向は例年通りです。
・就活がうまくいく人は内定を数社から獲得する。
・そうでない人は、なかなか満足できる内定を獲得できない。


内定もらう人はたくさんもらう。
そうでない人はあまりもらえない。
つまり、内定が偏ってしまうのは、
景気が良かろうが、悪かろうが、同じようです。


あなたが、現在就活を続けているのであれば、
”幸せ指数の高い内定”を獲得したいと思いませんか?


「秋採用だから、もう諦めようかな…」
秋採用だからって、簡単に諦めちゃう人がいますけど、
そんなのダメですよ。


就活って、私が思うに、「自分が幸せに仕事をするには、一体どうすべきか」
ということに思考をフォーカスするのが最も大切。


内定を獲得するのは、やりたいことを実現する手段にしか過ぎません。
就活において、内定獲得を目標とすべきではない。


あくまでも、幸せな内定を目指して、満足のいく形で就活を終えてもらいたい。


そのための、サポートとして、2つのプレゼントをご用意しました。


1.無料プレゼント第1弾!
 【あなたの就活がほんの1g軽くなる7つの秘密】をもれなく差し上げます。
2.無料プレゼント第2弾!
 【倍率100倍でも内定するメールセミナー】の受講権利を差し上げます。


お申し込みは、氏名・メールアドレスを入力するだけ。
10秒くらいでできますので、忘れないうちに、今すぐこちらからどうぞ!
詳細についてもこちらから。
http://www.inabamasanori.com/fwd3/present


あなたの就活が、満足できる形で終えることができますように。
是非、2つのプレゼントで就活を加速させてください。


就活コンサルタント
稲葉昌典

今まで写真集はあんまり所持していなかったのですが、ぱらぱら眺めると、脳みそが良い感じに落ち着くなぁと思い直して、いい写真集を何冊か買おうと思い立ちました。

それで下調べをしようとアマゾンにいったところ、トップバナーで紹介されていた写真ではやくも胸キュン。

生き物がデール・チフリーのガラス作品みたい。




[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~
冨田 伊織
小学館
売り上げランキング: 465
おすすめ度の平均: 4.0
5 ハッとする美しさ。
4 綺麗です
4 太古の地球に思いを馳せる本
2 これはアート本,解剖学の本ではありません


うーん綺麗。思わず画像を光速保存したので、ブログでも紹介してしまいました。

Dale chihuly(デール・チフリー)はベラージオの花天井とかで有名なアメリカのガラス工芸作家で、左目の視力がなくて、海賊のような眼帯をしているのが有名。ラスベガスで泊まったときに、ファンになりました。↓ベラージオの天井写真



あんまり芸術家の名前とかわかんないけど、デールチフリー、ピーター・リック、蜷川実花さんの作品はたくさんPCに保存してあるなぁ・・・。カラフルなものに惹かれる傾向があるかも。





会社の近くでMary'sチョコレートのサンプリングをしていて、
(まあ実際はちょっと並んだんだけど。チョコ欲しさに)
何気なく受け取ったらリーフレットのコピーが秀逸。

「トーキョーは甘くて、少しせつない」

切ないをひらがなにしてるところ。
東京をトーキョーにしてるところ。
すごくタイプな表現

美少女図鑑みたいな女の子の写真とリーフレット内のコピーがまた、印象的。

「誰かにメールするのを、がまんしてみるのだ。

鏡のなかの自分とにらめっこするのだ。

背伸びしてもまだ届かない目標や、

忙しさが忘れさせようとしてる恋だって、

これからの自分の力になっていくんだから」




心に刺さってしまいました。リーフレットを部屋にある「好きな広告保存BOX」に即保存・・・する前に、ウェブのクリエーティブもこれは凝ってそう、と思って検索してみました。

Mary's | トーキョーチョコレート

そしたらそしたら!

ショートムービーがやばかった!
こうくるかぁ!
と感動。
これ、何テイクしたんだろう。

ネタバレになっちゃうので書かないけれど、
感激する仕掛けがあるので、
もしよかったら見てください。

こんな子、ありえないけど。
こんな彼女いたら毎日楽しいだろうな

それにしても、Mary'sチョコレート、いいキャンペーンするなぁ。有名タレントを使わずにクリエーティブで勝負するってやっぱりかっこいいです。

ムービーの最後のクレジットに「制作 電通」って表記があったのにはびっくりしたが。
広告会社って、こういうところに名前出すんだね。映画では見たことがあったけど。



ところで、ところで、
このエントリに載せた写真、全部iphoneのトイカメラ(有料アプリ)で撮ったんだけど、
結構素敵じゃないですか!?

↓トイカメラだと、日常の見慣れた風景がドラマチックに写ります・・・ちょっと前までほんまもんのデジタルトイカメラを買おうと思っていたけどiphoneで充分間に合っちゃうな。カメラ持ち歩くの重いしね。こっちはそのままフリッカーにアップとかも出来るし。





↓写真をムンクの叫びっぽくするやつもはまっちゃう。椎名桔平そっくりの同期の顔も台無しです。これ、笑う~。(※許可を得て掲載してます。勝手に載せるほど鬼じゃないよ)





iphone、文字化けしちゃったりメールが届かなかったりで
完全に電話としての機能は破綻してるんだけど、
(それって電話として失格だが)

アプリがやっぱ楽しいです。
キスするアプリとか、
写真加工のアプリとか、
セカイカメラとか
(↑幸運が重なって、なかのひととご飯を食べることが出来ました。セッティングしてくださった方に感謝だなぁ。詳細は伏せますが、刺激受けましたー)

とにかく話題のアプリは全部入れたはず!

俄然はまってます。
(購入をすすめてくださったさとなおさんは神様)
まだまだわかんないことが多いけどね。画面キャプチャの方法もセカイカメラの人に教えて貰って初めて知ったし!

もしランキングとかに入って無いけどおすすめっていうのがあったら教えてください
あ、iphoneがあるとツイッターも楽しさが3割増しですね。

はあちゅうはここにいます。
ツイッターは結構鬱モードが炸裂してるんですが、今さっき、大好きな人からのすごくためになる電話があって、ある決心をしたので今後は愚痴は控えます。強くてしなやかな女になるぞー

よかったら、フォロってください。

伊藤春香(はあちゅう) (ha_chu) on Twitter

ではでは皆様ものこり一日、良い休日を☆

↑このページのトップへ