万引き犯は高齢で車椅子の男性

店員の目視現認にて現行犯逮捕

犯人はお金がなく身寄りもないと泣きじゃくる





まぁ、身近で聞いた話ですが。

悪いことをした人が辛い身の上話で同情を引いたところで信じてもらえるとは限らないし

罪は軽くはならない

本当だったらかわいそうと思う

でもどうにもならない




知ってますか

万引きが発覚して起訴された場合


10年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金

rg_ABGVYHl.jpg

お金がないからと単価500円程度の物でも盗んでしまえば

何倍もの罰金を払うことになる




盗る者が知恵を絞るように
盗られる者もバカではなくなっている

さらにシステムも向上してる

今回は泳がせて裏をかいて現認に至った次第




それでも、知らないところで万引きは起こりまくっている


常習犯はどんな気持ちで万引きをして生活をしているのか

一度の過ちは、一つ、大事なねじをはずしてもう戻らない

足りなくなったねじを駆使して懸命に生きてほしい

しかし

本当にお金がない場合は、生きるために繰り返さざるを得ないのだろうか


子供達がたくさん出入りするお店で

ものを盗むなんてしないでほしいとも思うが



そうでもしないと生きるのに必死な人たちが実際にいてる現状を我々はどう考えるべきなのか

生活保護はどうなのだ、と
気になって調べて見たら

思ってるより受給の条件は厳しい

貧困だからと、簡単に受給できるものではない

最悪は家の売却、失うものも大きい


生活保護ももらえない、と嘆き万引きをすることに

もらうための行動は駆使したのか、とやはり腹立たしい気持ちになった






一日に何件も起こっているであろう万引き事件だが

こうして触れなければそんなことに見向きもしなくなっていた私
 


改めて世界の汚い部分に触れた気持ちだった

そしてそれは自分が見てる明るくて温かい世界の裏側だった



こうやって簡単に生きれない人たちがたくさんいる世界を

私は見つめ直した


自己責任によってなのか

はたまた
生まれ持った運命がそうさせたのか


人間は結局

平等なのか、平等ではないのか

答えを見失ったが


ただ一つ言えること

明日生きる金もなく鬼気迫る人間も

なんとなくの人間も

老人でもガキでも



やっぱり人のものは盗っちゃいけない

罰が降りるからではなく

きれいなまま育てていくはずの人間の心が汚れるからだ



子供のころに学んだことは

結局いくつになっても破ってはいけない

そこだけは平等なのだと思う



_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8654.JPG



4月1日
梅田シャングリラにて行われる
Boiler陸亀のワンマンライブ



Boiler陸亀 公式アカウントより

ちらちら告知されていますが


まだよくわかってない人が大半でしょう


今回、Boiler陸亀は
新たな試みとして大きな挑戦をします

劇場版、激情サファリパークバンドへの一歩を

この日、踏み出そうとしています



前回のワンマンライブとは180度まるで違う

エンターテイメントと激情を融合したライブ、いや、ショーを繰りひろげようとしています



全身全霊、今のBoiler陸亀のベストを届けたいと思います


この日、一つのストーリーに基づいてショーは進行します

以下、当日の舞台のあらすじを一部、公開…。



舞台は梅田シャングリラ……ではなく

そこはテーマパーク
その名も『the サファリパーク』




一部改装の為、しばらく閉園されていたテーマパーク『the サファリパーク』が‬
‪4月1日、創立7周年を記念しリニューアルオープンすることを発表した。‬

‪設営には有名なアート集団「ミラーボーラー」が加担し、パーク内はさらに幻想的な世界に。‬
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6244.JPG


‪オープン初日にはゲストに人気タレント「サックスおじさん」が海外から来園されるなど、世間の期待は高まる。‬

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5771.JPG


‪その一連の発表に、何よりも日本中が騒然とし、一躍話題となったものがあった。‬


‪なんと‬
‪"史上初?!生の動物たちが歌って奏でる音楽ショー!"‬
‪と銘打った、前代未聞のショーが開催されるという。‬

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6333.JPG




また、期間限定で
アジアンフードコート
『中華スタジアム』が同時開催。
アジア各国から集まる腕に自信を持ったシェフが、自慢の一品で魅了する。


さらにオープン初日限定の7周年記念グッズが販売

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6427.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6428.JPG

既存のパープルに加え、New colorのイエロー&ブラックが登場。

数量限定、売切必須。


日常では味わうことができない、そんな新感覚
テーマパークの再来を、街の人々は今か今かと待望していた。‬





さて…

閉園中のパークでは、毎日のように人間に音楽を教えられ、楽器を奏でて、歌を歌えるようになった動物達の姿。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6336.JPG


実は、このパーク内には、訳あって人間により封印されていた"ある歌"が存在した。

なんとその歌を動物達が自ら歌ってしまうと、忘れ去っていた野生心が取り戻され、取り返しのつかないことが起こってしまうという。


‪理性を失った動物たちにパークを荒らされることを恐れた人間は、誰もがその歌には触れないことを暗黙のルールとしていた。‬


‪動物達は、教えられた通りにロックショーを習得し‬、ついに、オープン初日を迎える。


打ち上がる花火、華々しく開催を宣言するアナウンス。

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6408.JPG


盛り上がりも絶頂のまま、ショーは終わろうとしていた。



しかし

残り一曲、というところで、事態は急展開



この日、特別に海外から来園していたスペシャルゲスト「サックスおじさん」が、ふらっとやってきて、あろうことか、ステージに紛れ込んでしまったのだ。


突然の人気タレントの登場に、もちろん会場からは驚きと歓喜の声。


気分が良くなったサックスおじさんは、ショーをさらに盛り上げる為にと、何も知らず例の"禁断の歌"を動物たちに歌わせてしまう…


徐々に動物たちの様子はおかしくなり…?

慌てて止めに入るスタッフの動物たちへの制圧虚しく、手がつけられない緊急事態に


テーマパークは一体どうなってしまうのか…?!







そこから繰り広げられるこの日限りのストーリーを存分にお楽しみ下さい

そして楽しませるだけでなく
心に訴えかけるメッセージを込めています

ワンマンのタイトルは

『閃け、人類』です

私たちの挑戦の中の挑戦です

どうか、予定が空いてる方は

新しい世界の一面を見に来て下さい

小さい劇場は私たちにとっては大変大きく、

たとえどんな小さい劇場であろうと、

私たちが創り出し魅せる世界はいつだって壮大なものでありたい

そう思っています


OPEN 18:30
START 19:30
前売り 2000円(ドリンク代別)


ちなみに、オープン時間より
すでにテーマパークが始まってます

扉を開けるともうそこから夢の世界の始まりです

できるだけ早い時間に来てもらった方がより楽しめると思います

よろしくお願いします

ちなみにメンバーが各所で手売りチケットを持ち歩いていますが

取り置きは可能です


よろしくお願いします!


最後に、トレーラームービーを。






超えました。

人の言葉に救われはしません

自分を救うのは自分の行動やから


でも確かに心が軽くなった


心を綺麗にしてくれるのは

本音以外にない




そう思った





私が真剣に悩むことは
当たり前やけど、自分にとって大事なものだけ


たった1日の間にその全部のことで悩んで

その全部に本音をぶつけ合ったことで


一日中働くよりもなんだか疲れた

でも、確実に気持ちいい方の疲れ方

頭も心もクタクタやったけど笑って眠れた気がします



聞きたかったことを聞けて喜んだり
聞きたくないことを聞いて凹んだり

言いたくないことを言って気づかせたり
言われたくないことで自分が気づかされたり

言って初めて気づくすれ違いもある



結局1人で泣いたけど1人でもなかったような気分

苦しむこと、もうどうしたらいいんやって自暴自棄になることも全部

人と人が生きるために必要なことやと思うと

すごい大事な日やったんやなぁと思う








作りたての自分のあの歌
メロディもない歌
頭に流れるだけで

涙が溢れてきそうになる


突き刺すのは心
考える前に突き刺さる言葉
嘘ひとつない本当の言葉は
どんなに下手くそでも伝わる

いつか喉が壊れて何も放てなくなったとしても
このギターがボロボロになって
何も鳴らなくなったとしても
それでもこの衝動とこの感情だけで伝える
体が動かなくなってもここにある心が生きてる限り歌う




だからどうしようもない時はそいつを声にだして歌うようにしてる

1人の時じゃないと歌えない

全部出てしまうから



無理矢理、泣くってわけでもないが



本心を全て詰め込んだ6分余りのこの歌は
我慢してこらえて塞き止めてる栓を引っこ抜いてくれる

後は勝手に流れ出すだけだ

全部出してしまえばリセットされることをしってる
また前を向けることも。

そうやって自分を少しずつコントロールしてるのかも

でもやっぱり
1人で泣くのは嫌やと思ったわ







放つ言葉は自分の理想
嘘にならないくらい少しだけ前にそれを置く
それを毎日追いかける


理想に近づく

それは簡単に見えて壮大な作業


今日も前に進みます




また明日!

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6376.JPG

↑このページのトップへ