いつも応援ありがとうございます。

先日、口内炎に悩んでいたスタッフに
我(大河)が、栄養ドリンクをくれました。

そんな我の「恋するおやすみコール」公式ファンミーティングが開催されます。

詳しくは、こちらを見てね!
https://oyasumi-call.com/news/2017/05/fanmeeting_mishima_shuhei

応募締め切りは、2017年5月29日11:59です。
こちらのイベント、先日「照らされていた」フッキーこと藤原祐規も一緒です。

さて!
本日は、おまけにボツになった写真をお送り致します('▽'*)ニパッ♪


IMG_3382.JPG

<タイトル:主役はパンケーキに>
ボツ理由→「俺わい!」と言われたから。

IMG_3329.JPG

<タイトル:そこに階段があったから>

おや、大変!これは、先日受けた取材のオフショットだ!
こちらは、情報解禁のタイミングで
またお伝えします。

(スタッフ)









  皆さんは、買い物の際にをついた事がありますか?


  子どもなんかは良く、

「買ってよ!みんな持ってるし!

なんていう、即座に嘘だとわかる事を言いますが、それとは違う、大人になってからの嘘。


  良くないですよね、嘘。
  嘘ってのは、事実でない事。また、人を騙す為に言う、事実とは違う言葉。偽り。なんですって。


  嘘をつく男。


  個人差はあれど、この言葉に良いイメージはそう無いですよね。人によっては全身が震えを起こし、発光される事もあるかもしれません。

  この仕事、イメージというものがとても重要だと個人的に思っていますので、この話はしない方が良いのではないかと、偉い人達による会議が五時間にわたり脳内で行われましたが、マネージャーの「そろそろブログ書けよ」の一声で採用となりました。ので、ここに綴らせていただきます。


  皆さんのカオスソートがビシバシ伝わってまいりますが、そう慌てなさんなサンタさん。


  始まりは、SNSでこの記事を見た事からでございます。



  な……なんだ、これは!

  最高にファンタジー!!


  テンションの上がった僕は、苦手なネットで調べに調べ、入手できる場所を見つけ出したのです!



  コレだぁ!!!

  新宿!なんて行きやすい!!

  落ち着きもなく、すぐさま店に向かいました。そりゃあもう、足早に。側から見れば、今の我、確実に競歩の人。ロス・オブ・コンタクト(どちらかの足は地面に着いてなきゃいけないよっていうアレ)を無視しつつ、それでも別に焦ってないよ感を醸し出しながら、遂に到着しました、新宿マルイ本館!!


  ……うわぁ!売ってる売ってる!!イベントも終盤、だいぶ売れてしまってる物もあるけれど、まだまだ選べるぞぉ!!


  なんて高揚感は、次の瞬間に粉々に打ち砕かれます。

  驚くべき事に、いや、当然か、商品を手に取り、はしゃぐお客さんの99.89%女性!!


  ……考えればわかる事だ……。そんな事で逃げる我ではない!!

  というか!

 一人だけ男性がいる!!!


  きっと彼もSNSか何かを見て足を運んだに違いない!!何の面識も無ければ、共通点すら無いかもしれない、それでも同じ物に何かを感じ、ここに来ているという事実が、我らを誇り高き仲間として結び付けているのではなかろうか!!


隣の女性「○○くんはどれがいい?」

その男性「んー、俺はよくわかんないかな……」


  ……裏切り者めっ!!!



----------------------------------------------------

孤独は人を弱くすると同時に、育て上げる事もある。

時に受け入れ、身を任せると良い。


- フィリップ・リバフィールド -

----------------------------------------------------


  適当に作り上げた架空の人物の適当な格言に勇気を貰いつつ、商品を選ぶ我。

  …………

  ………………

  ……………………


  ヤバい……


  想像以上に肩身が狭い。


  「マジで肩幅狭くなってんじゃねえかな。グレイタイプエイリアンみたいになってんじゃねえかな。あ、『エイリアン:コヴェナント』早く観たいな」とかよく分からん事を考えながら、早く選んでしまおうと店内を歩く我。

  どうか誰にも気付かれませんように……。

  
  ……そんな考えが良くなかったのでしょうね。それは突然訪れます。


  何かお探しですか?


  うぅぅわあぁぁぁ!!


  店員さん(女性)だぁぁぁ!!!



  殆ど女性しかいない空間に、こんな怪しげな男がいたら、嫌でも目に付くか!
  しかし何故話しかけた……!?そっとしておけば良いものを…………そうか!先程自分でも書いた通り、今の我は怪しいのである!これは話しかける事により、「見ているぞ」というプレッシャーをこちらにかけているのだな!チィッ!先手を取られた!!


「いや、あの、へへへっ……」


  ……くっそう!!変な感じになった!!!


----------------------------------------------------

己の内にある矮小さと卑屈さは、

虚勢と被害妄想を生み出す。


- フィリップ・リバフィールド -

----------------------------------------------------


 フィリップ黙ってて!!

  どうしたらいい……!?どうやってこのピンチを乗り切る!?何か……!何か手を打たなければ!



贈り物ですか?



  打たれたぁぁぁ!!


 先手打たれたぁぁぁぁぁぁ!!!!!


  贈り物ではない……!しかしこの空間において、「自分のです」とも言いづらい……!どうする……どうする……!!



  「……はい」





  やりおったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


  つきおったーーーー!!


  嘘つきおったーー!!!



  フィリップの言う通りだよ……。
  自分の中の矮小さと卑屈さが、我に嘘をつかせたよ……。

  もう、その瞬間から、気道の奥、肺の内側、心臓の周囲に、不快な温度の鉛が纏わり付いて、まぁ離れない。そして後に引く事も出来ない。


でしたら、こちらの棚にある物は云々かんぬん……


  素敵な笑顔から発せられる説明も、今の私には何も伝わらない。後悔と懺悔のみが思考を支配しているからだ。

  いくつかの商品を手に取り、精算へと向かうと、ここで更に追い討ちが待っておりました。


プレゼント用の包装、致しますね!


  やめろやめろやめろやめろ!!
 いい!いい、いい!!
 いいっていうのは‘‘良い’’じゃなくて遠慮するほうの‘‘いい’’!!



「……お願いしまーす」



  ………………



  我の馬鹿!!何よ意気地なし!!もう知らない!!


  鉛の温度が少し高くなった気がしたよ。

  しかし、もう、どうにでもなれと考えていた次の瞬間、この矮小で卑屈な我に天罰が下ります。


それではお包み致しますので、しばらくの間、店内でお待ちください



----------------------------------------------------

賽は投げられた。


- フィリップ・リバフィールド -

----------------------------------------------------



  それテメェの格言じゃねえからな。

  この、女性がキャッキャと眩い輝きを放つスペース。しかも新宿のど真ん中、マルイ本館の入り口すぐの、このスペースに、一人で佇む事になった我……。
  この状況、誰がどう見ても、「勇気を出してプレゼントを買いに来た一人の男」じゃないか……。


  …………

  …………

  ………………ん?


  勇気を出してプレゼントを買いに来た一人の男……?



  あれ!?


  響きとしては悪くないぞ!?


  場合によってはコレ、良い感じに見られるぞ!?



  よしよしよしよし!!罪悪感と後悔はあれど、そこまでの罰では無いぞ!!なんだそこまでの罰ではないなフフハハハ!!



  いや待てよ……!


  冒頭にも記した通り、この仕事はイメージがとても重要……。

  もしこれをファンの方が目撃し、「うわ、大河が女落とす為にプレゼント選んでるわ(笑)」なんて事になったら……。




  詰んだ。








----------------------------------------------------

どれだけ小さな嘘でさえ、神は見逃さない。


- フィリップ・リバフィールド -

----------------------------------------------------

 

  店内で包装を待つ十分間、フィリップは我に説き続けました。


  このままで良いのか……?


 いや、良いはずがない!


  これは、嘘でなくせば良いのだ!!
  確かに、自分で買うつもりだった物を、咄嗟に贈り物だと言ってしまった……。
  それに応えてくださった店員さん(女性)の笑顔と、包装にかけてくれた十分間、無駄にしてはいけないのだ!!


  幸い、今週は母の日だ!!

  はー!偶然にも母の日だなー!!!

  贈り物にはピッタリだな!!












  という事で、行ってきました、実家。


  直接渡すなんて事はとてもできないので、黙って置いて来ましたけどね。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2806.JPG


  自分に買うのだと言い張って、でもすぐに贈り物だと見抜かれて、ただ恥ずかしい思いをして、しかもそれを直接渡せないとは、我はやはり矮小で卑屈であるのだと思いました。


  皆さんは、母の日、何かされましたか?






iVJthKbV7v.jpg


(帰った記念に、実家の猫と。逆光半端ない)











  五月!!!



  皐月Mayなんて呼び方もあるんですね。

 サツキメイね……。



  話変わりまして、皆様、今、パッと頭に浮かんだジブリ作品は何ですか?

  実は我、超能力を持っておりまして、皆様の頭の中を覗く事……


 あ、うん、そう。

 サツキとメイで、うん、トトロって。

 うん、ごめん。






 ………………



  ……突然ですが、


親知らずを抜きました。


  しかも、難関と言われている下顎



  マネージャーとは前から話をしていて、舞台が終わったらいいですよとの事で。



 やりました。


  やってきました。





  はー、




  大した事ねえな。


  我はもっと、こう、激烈痛みとかを想像してたので、抜く時はもちろんなのだけれども、その後も大した事ないわ。どれくらい大した事ないのかと言うと……




  親知らず抜いてね、麻酔はまだ切れていないのに、鈍痛があるんです。
  あれー、おかしいなー、なんて思いながら買い物行ったりしたんですけど、徐々に、徐々に徐々に痛いんです。


  あー、やだなー、まだ麻酔が切れてないのになー……。


  しばらくするとね、切れるんですよ、麻酔。
  わかってたんです、麻酔切れるって。でもあんなスパッと切れると思わないじゃないですか。
  切れた瞬間から、もう、


  痛いなー!痛いなー!


  食事なんてできたもんじゃない。家に帰っても何もできない。
  少しでも気を紛らわせようと猫撫で回すと、換毛期なんですよ。冬毛から衣替えしようとしてるから、まぁ、毛が抜ける抜ける。


  こちとら親知らず抜いて、猫は冬毛抜いて


  こいつぁ、ちょっとした祭りだぜ!


  ……なんてしょうもない事考えられるのも一瞬だけ。

  抜け落ちた冬毛が我の鼻ダイレクトアタック!!


  この瞬間っ!


 クシャミ、発動!!




  ……どうなったかは、おわかりいただけただろうか……。もう一度ご覧いただいてたまるか。



  そこからはしばらく痛みとの戦いです。
  ほんと、何をしてても痛い。寝転がっても、ゲームやっても、本を読んでも、紛れる事はない!!



  ……というか、これはおかしいのじゃないか?


  こんなに痛むものなのかい?


  そういえば、受付で何か紙を貰ったぞ!
  あれを読んでみよう!!



『ひどい痛みが続くようでしたらご連絡ください』



  これだぁぁぁ!!!



  と、いうわけで、早速電話。



➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

「はい、○○歯科です」

「あの、先程親知らずを抜いたものですが……」

「はい、いかがなさいましたか?」

「痛みが酷くてですね、何も手につかないと言いますか……ここまで酷くなるものなのでしょうか……?」

「そんなにですか……!痛み止めはお飲みになられましたか?

……痛み止め……!?」.


「はい、受付でお渡しさせていただいたのですが……」


「えぇっと……(ガサガサ)……あり、ます、ね……」


「そちら、お飲みになられました……?」


「……飲みます……」


「はい、そちら服用してもまだ酷い痛みが続くようでしたら、またご連絡ください」



➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖




……これくらい大した事なかった!!!



 ふぅーっ、危ねえ危ねえ!!痛み止め飲んで事なきを得たわー!!盲点だったわー!!マジ、事なきを得たわー!!





  というわけで、麻酔が切れる前に飲むはずの痛み止め(説明されていた)を、おもちゃ屋によっていたせいですっかり忘れていた我は、無駄な戦いを繰り広げ、お忙しいであろう歯医者さんにまで迷惑をかけるという大失態

  自分でなかったらバカにしまくるやつだな。


  ……ホント、丁寧な対応ありがとうございました……。



 そんなこんなで、今度こそ本当に大した事ないと言い切れるようになった我。

  今回の教訓は、

先生の言う事は最後までちゃんと聞こう。

でした。





  マジで。




↑このページのトップへ